2013年11月10日

大学の学費は高いのではないか!?

日本の大学の学費は高いのではないか、という疑問が、私の中でなかなか消えません。 追記: 「(続編)大学の学費は高いのではないか?」http://togetter.com/li/588676
89
スライム反原発垢凍結組 @kyarasouzyu2

ホントに高い! RT @y_mizuno 日本の教育費が高いかどうかを見るための指標、ここでは大学の学費を縦軸、横軸に奨学金がもらえる比率。日本だけが突出して、「高い学費を私費=家計で」払っている、という傾向にある。これが周知の事実。 http://t.co/mdvnQebPJq

2013-11-10 04:57:23
拡大
吉川幸次 @yskwkj

@y_mizuno @May_Roma フィンランド等の北欧が学費0。日本も英国も教育改革でフィンランドを模範として取り上げ、教員資格に大学院などを論じているが、学費に触れることは絶対にない。

2013-11-10 07:27:04
成澤英明 @null_1986

それでも進学率が高いわけなので正しいんではないですか? RT @y_mizuno 日本だけが突出して、「高い学費を私費=家計で」払っている、という傾向にある。

2013-11-10 09:03:12
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

いえ、実は、日本の大学進学率は伸び悩み、OECD先進諸国では最下位グループになりました。http://t.co/hWw8aVvajv @null_1986 それでも進学率が高いわけなので正しいんではないですか?@y_mizuno 日本だけが突出して「高い学費を私費=家計で」

2013-11-10 12:02:34
むらやまこういち @murapyon71

@y_mizuno @null_1986 年金や介護の社会保障目的で消費税上げるのにも賛否両論の衝突が激しいですから、教育費補助となると更に厳しい批判が予想されるので、政治家は腰が引けるでしょうね。

2013-11-10 12:12:03
tanaka (モデルナ💉2回済) @jeonjung212

このデータ、日本は短大と専門学校が入ってないので、ちょっと公平な比較になっていないと思ってます。“@y_mizuno: いえ、実は、日本の大学進学率は伸び悩み、OECD先進諸国では最下位グループになりました。http://t.co/KZZ6BHTZRJ @null_1986

2013-11-10 12:10:25
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

御意です。でもそれは、逆に日本の「大学4年制課程の」学費が比較的に高い(又は2年でよい)ことを意味すると思います。高等教育の要望はあるのに対応できてない…。@jeonjung このデータ、日本は短大と専門学校が入ってないので、ちょっと公平な比較になっていない@null_1986

2013-11-10 12:15:14
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

日本の高等教育というと、先進諸国と同程度。http://t.co/FmpI6NK5FXこれはどう解釈するか? @jeonjung このデータ、日本は短大と専門学校が入ってないので、ちょっと公平な比較になっていないと思ってます。“OECD先進諸国では最下位" @null_1986

2013-11-10 12:27:26
拡大
成澤英明 @null_1986

直感的には分類とかで切り取り方が違うのではないか?と感じますが。廃校になった学校もありますし。 RT @y_mizuno 高等教育の要望はあるのに対応できてない…。@jeonjung

2013-11-10 12:19:19
成澤英明 @null_1986

この記事が私の感覚に近いです。http://t.co/p3Fl4QXdMA RT @y_mizuno 高等教育の要望はあるのに対応できてない…。@jeonjung このデータ、日本は短大と専門学校が入ってないので、ちょっと公平な比較になっていない

2013-11-10 12:23:04
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

廃校を(結果的に)歓迎し政策を進めさせたのは我々でして、政治は新自由主義的政策を大学新設にも認めました。2008年には大学全入を知っていて2000年に規制緩和。@null_1986 直感的には分類とかで切り取り方が違うのではないか?廃校になった学校もありますし。@jeonjung

2013-11-10 12:24:00
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

誤解なきよう補足すると、私はこの政策に反対でしたが、結果的に、大学新設の規制緩和に反対できず、また反対する立場にもありませんでした。分かっていて何もできなかった。@null_1986 廃校を(結果的に)歓迎し政策を進めさせたのは我々…新自由主義的政策 @jeonjung

2013-11-10 14:14:10
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

データ分析は私も同様ですが、文教政策の分析がないと思うので、判断が異なりますが→「特に定員割れしている大学に対して、政府は何らかの形でビジネスモデルの転換を促す」@null_1986 この記事が私の感覚に近いです。http://t.co/oezVGcU1w6  @jeonjung

2013-11-10 12:46:49
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

@null_1986 さん、貴重な情報とご意見をありがとうございました。参考になりました。@jeonjung

2013-11-10 12:51:46
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

@null_1986 さん、それと一つの情報提供ですが、すでに非常に多様な形で、大学モデルの転換を、政治も行政もされているという現状もございます。でもそれは、本質を見ていない目先の政策である可能性もあるかと…。 http://t.co/oezVGcU1w6 @jeonjung

2013-11-10 13:00:48
tanaka (モデルナ💉2回済) @jeonjung212

@y_mizuno 例えば国立大学に入る実力がありながら、家計的事情で進学を断念するケースがどれくらいあるかを検証する必要がありそうです。@null_1986

2013-11-10 13:40:02
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

そうですね。でも断念せず入学しても、非常に苦学している学生、家庭の事情でかなり無理して大学に通えている学生も多いです。@jeonjung 例えば国立大学に入る実力がありながら、家計的事情で進学を断念するケースがどれくらいあるかを検証する必要がありそうです。@null_1986

2013-11-10 13:49:21
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

@jeonjung お言葉を返すようで恐縮ですが、日本の世帯年収が中央値で400万円程度の時代http://t.co/MNGHAPnlT2に、年間学費150万円を要求する時代というのは、いかにも無理があると思います。日本は恵まれた人にしか門戸を開いていないのが現状に見えますが。 

2013-11-10 14:43:54
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

教育というのは人間形成過程だと思えば、理想的には、140年前の理想であった門地家柄に関わりなく 「邑(むら)に不学の戸なく、家に不学の人なからしめん事を期す」というのを現代風に言い換えて「家計収入に関わりなく、能力や意欲があれば学修研究の機会が得られる」ことを目指すべきだと思う。

2013-11-10 14:56:35
tanaka (モデルナ💉2回済) @jeonjung212

@y_mizuno 日本はほとんどの高等教育を私学に押し付けているので、150万円の負担というのは確かに高いですね。なので、国の財政が火の車の中、国立大学をもっと有効に使えないかと思います。支払い能力の低い人には学費減免がありますし。

2013-11-10 15:12:47
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

@jeonjung 年間学費150万円というのは少し高めの私学でして、平均では120万円程度だと思います。それでも高いと思います。まして遠方に下宿させる場合も多いですし。その大変さは例えば学生委員をやって給付奨学金書類審査をやるとよくわかります。国立でも年間60万円程度ですよね。

2013-11-10 15:20:12
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

もともと、大学の学費がこんなに高くなってしまったには、政府の政策誘導の結果だ。1972年の大学入学者まで、国立大学の学費は年間1万2千円、月謝千円の世界だった。しかしその年に国立大学の学費値上げの方針が出て、以来、毎年2倍くらいだったと思う、あれよあれよという間に上がっていった。

2013-11-10 15:25:04
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

大学学費値上げの背景には、教育の受益者負担という考え方があった。つまり教育費は個人的投資であり、その受益者も個人とする考え方だ。しかしこれは間違いというのが最近のOECDによる批判。「高等教育を受ける人が増えれば社会への利益還元も大きい。公的な経済支援を充実させていくことが重要」

2013-11-10 15:35:39
谷梅之助 @umenosuke_tani

@y_mizuno 30年くらい前、大学で教育を受ける人は強者であり、収入も将来高くなるから、学費も高くなるのは当たり前、という主張がまかり通っていて、まさに受益者負担ですね。あの頃から日本の教育は変になったような気がしています。

2013-11-10 15:38:32
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

再掲するなら『日本では高等教育機関の授業料が高いにもかかわらず、奨学金を受けている学生が少ないことも指摘しており、OECDは「高等教育を受ける人が増えれば社会への利益還元も大きい。公的な経済支援を充実させていくことが重要」としている。』http://t.co/4S0CM0X6vO

2013-11-10 15:37:36
残りを読む(4)

コメント

mnnkaanjinno @mnnkaanjinno 2013年11月10日
これからますます少子化が進む以上、一人当たりの生産性を上げないと日本は沈没する。そのための必要な投資として、教育にはもっと国が金を突っ込むべきなんだが。
17
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月10日
まとめを更新しました。少し、追加しました。
0
谷梅之助 @umenosuke_tani 2013年11月10日
必ずしも、本人の経済的成果と学術的な社会への貢献は正比例しませんからね。能力さえ有れば、誰でも安い学費で良い教育が受けられる・・・そうでなければ国は発展しない、と思います。
7
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月10日
まとめを更新しました。米国の私学の部分を追加。
0
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2013年11月10日
少し前に話題になった大学生の知能低下を絡めると、大学教育が必要でない人までが大学に行っていることの方が問題なんじゃねって思うがなぁ。そこに例え授業料を安くした所で馬鹿な生徒が増えるだけで、社会的公益性に一切加担しないように思うが。
11
neologcutter @neologcuter 2013年11月10日
結婚にまで影響する?奨学金の返済問題が深刻らしい http://goo.gl/x46zlj 奨学金にも安易に頼れないんですよね…
6
neologcutter @neologcuter 2013年11月10日
その結果奨学金を使わないためにバイトする→勉強する時間が無くなって学力低下…という本末転倒な事態に。
6
mota @motashment 2013年11月10日
基本的には金利と返済義務がある訳で、奨学金って実質借金だろ
4
やまなみ @Yamanami_ZAION 2013年11月10日
学費が高くて経済的な理由で大学に行けない子が出る現状はもちろんいけないが、昨今の学力低下の惨状を見るに、進学率の上昇とイコールにしてはいけないと思う。
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月10日
なるほど。そうですね。ただ、大学教育が必要かどうかは、学力平均偏差値できめられないと、多くの学生を見ていて思います。進学率が上がると学力偏差値は必然的に下がりますが、でもよいものを一杯持っていて、偏差値ってあまり関係ないとも思う。もちろん基礎学力は下がりますが、例えば英語が苦手でも優れた学生は多いとの印象です。France_syoin 少し前に話題になった大学生の知能低下を絡めると、大学教育が必要でない人までが大学に行っていることの方が問題なんじゃねって思うがなぁ。
2
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月10日
奨学金は、貸与の場合はそうですね。家計的に苦しい時に助かるという程度。でもないよりは助かるかと。他方で給付奨学金というのもありえて、これは学費減免などと同じく、数は少ないです。 neologcuter 結婚にまで影響する?奨学金の返済問題が深刻らしい http://goo.gl/x46zlj 奨学金にも安易に頼れないんですよね…
3
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月10日
平均学力低下問題は、進学率上昇と少子化の必然的結果・論理的帰結なので、私は何も心配してません。むしろ受け入れるならどうすると考えるべきで、ご指摘の問題はありますね。neologcuter その結果奨学金を使わないためにバイトする→勉強する時間が無くなって学力低下…という本末転倒な事態に。
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月10日
ご指摘の問題は、大学入試がどんどん甘くなっていることの結果であって、これもはっきり言って政府・行政の文教政策の必然的帰結です。「ゆとり」が詭弁であったことを認めるところから、です。「結局、勉強しないといけない」と、学生たちは言っていて、彼らの方がよく分かってます。Yamanami_ZAION 学費が高くて経済的な理由で大学に行けない子が出る現状はもちろんいけないが、昨今の学力低下の惨状を見るに、進学率の上昇とイコールにしてはいけないと思う。
3
りょうと @ryoto_bs 2013年11月10日
最低限で国立大はどの人でも入れるようにしておかないと。母数を減らせばそれだけ優秀な人間は減るし。私立だって優秀な教授の所に研究生を送り込まないとだめなんだけど…学生不足研・究費不足で嘆いてた人がいたなぁ…
4
言葉使い @tennteke 2013年11月10日
学費が高いという議論は、'60年代学生運動では直接なきっかけだったように聞いているけど、あのときは結局どうなったんだろう?政治闘争になって有耶無耶?
0
言葉使い @tennteke 2013年11月10日
これ、前半はともかく、後半が『ゆとり教育』の発端なんで、やる気のある子供は勉強し、やる気のない子供がますます勉強しなくなる構図だと思う>>「家計収入に関わりなく、能力や意欲があれば学修研究の機会が得られる」
1
ウラオモテクロネコ @tonkosama 2013年11月10日
人材育成のための投資だしなー。進学する方にはもっと費用対効果って意識が必要なんじゃないか。小中までの感覚引きずりすぎなんだよ
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月10日
1969年のは学費値上げとは関係なかった(値上げは1973年からだったと思います)。高度成長を経て様々な社会矛盾や冷戦・ベトナム戦争反対、大学講座制など権威主義への反発、大学マスプロ教育など、戦後社会の広義の改革運動で正義感や理想主義が先行した。でも現実を簡単には変えられず、挫折し、極端に傾斜して連射テロ事件や連合赤軍事件等につながったと思います。tennteke 学費が高いという議論は、'60年代学生運動では直接なきっかけだったように聞いているけど、あのときは結局どうなったんだろう?
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月10日
的確なご指摘だと思います。高校までは事実上、義務教育化しているので、ここまででしっかり教育をやってほしいです。tennteke これ、前半はともかく、後半が『ゆとり教育』の発端なんで、やる気のある子供は勉強し、やる気のない子供がますます勉強しなくなる構図だと思う>>「家計収入に関わりなく、能力や意欲があれば学修研究の機会が得られる」
3
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月10日
昨今の学生は(それこそ学費の割高感からか)かなり意識していると思います。以前、卒論学生で苦労した実験がうまくいった時「やった~、これで学費が無駄にならなかった!」と叫んでいて思わず苦笑。tonkosama 人材育成のための投資だしなー。進学する方にはもっと費用対効果って意識が必要なんじゃないか。小中までの感覚引きずりすぎなんだよ
0
たくろう @takurou_f 2013年11月10日
私の息子が行っている高校で大学進学する子の8-9割が奨学金を受けているという話に先日ビックリした所です。(個人的には授業料は高いと思うけど、客観的にはどう判断するのがいいのかなぁ。)
0
ネット・アイドル界の重鎮だんごむしさん☀ @sengodebu 2013年11月10日
欧州の大学は私立でも国公立でもなく 教会 が運営してる大学が多い、日本でいえば上智青山を思い浮かぶかもしれないが、実情は池田大作大学が半数近くあると思えば欧州がマトモだとは思えまい
4
うみんちゅ@Pfizered💉💉 @DEEPBLUE1219 2013年11月10日
全部は無理にしても、日本に一つくらいは学費が無料の大学があっても良いと思います。本当に優秀な学生に無料で学んでもらうくらい、国としては安い投資。4年おきぐらいに、その間の研究成果で、次の期間に無料化する大学を決めるとかね。
3
ヤマダサトシ @yamasato777 2013年11月10日
授業料免除も、「入ってから申請すれば免除になるかもよ」ではなく事前に判断出来るように出来ないものか。例えば東大がやっているように。
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月10日
気になって調べてみました。貸与率はいまぐんぐん上がっているようです。ここ6年で40万人も受給者が増えていてびっくり。http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shougakukin/main.htm でもまだ平均受給率は半分程度。大学生は毎年65万人程度で、4年で260万人、院生も入れて270万人として、今年度で144/270~平均50%程度。takurou_f 私の息子が行っている高校で大学進学する子の8-9割が奨学金を受けているという話に先日ビックリ
5
たくろう @takurou_f 2013年11月10日
50%なら私の感覚に一致してますが…。息子の高校なぜだろう?奨学金は日本学生支援機構以外もあるけど、違い過ぎる気はしますね。y_mizuno
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月10日
防衛大学校が無料だったと思います(確か手当ももらえます)。 DEEPBLUE1219 全部は無理にしても、日本に一つくらいは学費が無料の大学があっても良いと思います。
1
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月10日
同感です。もう一つの事例としては、自治医科大学というのがあって、ここは全額無料、ただし卒業後、地域医療に従事することが条件で、そうでないと後で返還と聞いてます。 DEEPBLUE1219 本当に優秀な学生に無料で学んでもらうくらい、国としては安い投資。
1
ドテラ撲滅工作員な冷泉さんw @JosephYoiko 2013年11月10日
【参考】防衛医科大学校と気象大学校も学費無料で手当が出ます。
2
大山椒魚(I'm waiting for you look into my eyes only.) @beszamel 2013年11月10日
高いといえば高いのかもしれない。けど、実験や実習の内容からすると今から思えば安かったと思うのも、社会に出てからの正直な感想です。実際には学費以上の授業も聴講できたし、図書館の利用料を考えれば元は取れました(80年代後半です。)
2
游鯤 @yusparkersp 2013年11月10日
偏差値50以下の大学潰して、その資源で公立大学増やしたら良いんじゃないの?学費も下げてさ。
4
津田💉フルチン💉和俊 @kaztsuda 2013年11月10日
省庁大学校の他には、私学だと伝統的に神奈川大学給費生などの制度がありますが、まぁ例外的ですよね。
0
PlatoonLeader @442ndCombatTeam 2013年11月11日
大学進学後の専門教育や研究の充実も良いんだけど、その前に小・中・高及び大学の教養課程の充足を図ったほうが・・・ここを怠ると橋にも棒にもかからない人間になりかねないですし。
8
eternalwind @juns76 2013年11月11日
残念ながら高等教育拡充の費用対効果については統計学的に見ても否定的なのよね。 特に文系は。だから、アメリカは公立大学の機能を縮小して、半分職業訓練校になってる。「大学にいく」ことは個人にとってのラベリング効果以外に費用対効果を見いだせるものはないんですよ。だからみんなが高卒になって、一部が大卒でも、社会全体としては構わない。まあ、実際に大学で行われてる教育を見て、あれに費用対効果があるとか笑止千万だとわかるはずですけど。
3
kumonopanya @kumonopanya 2013年11月11日
投票するのは老人たちで、子供を持つ親たちは忙しく投票にいかない。つまりそういうこと。
0
eternalwind @juns76 2013年11月11日
ちなみに初等教育の拡充については、これは費用対効果が大きいのが立証されてる。平等の点から考えてもこっちのほうが重要なはずだけど、ツイッター界隈は大学教員多いからねえ。そりゃ、大学教授はひと月やったらやめられない楽な商売とか言われてますもんね 自分たちのアカポスのために事実を捏造してるんでしょうな彼らは。
4
えすてい @MDtypeS 2013年11月11日
高卒で十分だというとそれも眉唾と言わざるを得ない。というのは、グローバル化だから皆海外に出よというのに、先方の国で就労ビザを取るには大卒という「資格」が必要で高卒・専門卒なのでビザが下りないという国・ビザの条件のジレンマがある。これではますますグローバル人材は大学に行けれる金持ちエリート子息の特権に成り下がるだけだろう。そこもちゃんと忘れ去られてほしくない。
2
eternalwind @juns76 2013年11月11日
MDtypeS 海外で就労できる人材を育成するために国家が金を出すというのは本末転倒だろ。あくまで国内の労働生産性向上の為に税金を使うからこそ国費の支出が正当化される
3
eternalwind @juns76 2013年11月11日
MDtypeS 後、元外資系投資銀行の底辺IT土方だからわかるが、英語べらべらな日本人は90%以上がアメリカンスクールか帰国子女。日本人にとっての英語の壁はでかい。悪いが努力してグローバル人材になれるってほとんど幻想だと思う。当時は、情報処理系系の学会は仕事の名目で自由に出席できたので、単に仕事をサボるだけのためにそういうところに行ったが、日本人は、大学教員の肩書があっても、ほとんどがろくに英語が喋れないのだということが発表を見てよくわかった。
2
eternalwind @juns76 2013年11月11日
もちろん俺も英語ダメだしな。日本土着の貧乏人が大学行ってグローバル人材とかそれこそ幻想だろ。俺だって最初は毎日英会話のCD聞いて勉強したもんだ。でもダメなものはダメなんだよ
1
闇のapj @apj 2013年11月11日
小中高と、学力チェックをザルにして卒業させてるからねえ。大学は金のかかるシステムだから、高校までの内容なら高校でやった方が安上がりなんだけど、高校の内容の修得も怪しいのが全入時代で大学に来てしまうなら、そりゃ払う側にとって教育費も上がる結果になる。進学率だけ上げて出口の学力チェックをしないで卒業証書の大盤振る舞いしたツケじゃないですかね。
3
闇のapj @apj 2013年11月11日
私学については学費が高いとは思えないんですよ。非常勤の方が多い、つまり多くの人を不安定雇用に落とし込んで搾取することでどうにか成り立ってるわけでしょ。これはどう考えてもまずい(大学に限らず他の業種でもだけど)。例年開講するものは全部常勤にしてその費用を学費に転嫁したものが教育の適正なお値段じゃないかと。
1
kazkuro @kazkuro 2013年11月11日
費用対効果だけで教育の価値を評価するのはどうかな。初等中等教育に投資した効果が高等教育に投資した効果と同等とは個人的に考えづらいような…
0
kazkuro @kazkuro 2013年11月11日
蛇足だけど就労ビザって日本企業が海外に駐在員を派遣するような場合は要らないの?
0
齊藤明紀 @a_saitoh 2013年11月11日
最初の図、おかしくないですか?横軸は奨学金をもらえる比率ではなくて「% of students who benefit from public loans and/or scholorship/grants」ですが。だとしたら日本は奨学金を借りてる人と政府の教育ローンを借りてる人がカウントされるはずで、2012年報告に載った数値がに30%台って少なすぎでは?。国公立大だけ調査したらこの程度なのかなぁ?
1
齊藤明紀 @a_saitoh 2013年11月11日
y_mizuno 現状の大学進学率50%あたり、つまり最底辺の大学生でも18才人口全体では釣り鐘分布の中央のボリュームゾーンの人がのはず。それにしては学力低すぎ。原因候補A「人間の平均知能はその程度なもの」、候補B「小中高での教育が失敗している」
0
eternalwind @juns76 2013年11月11日
apj 非常勤が不安定なのは常勤が仕事をせずに給料ばっかり高いから。 いまはかなり定年で減ったけど、団塊世代の大学教授は、博士号も取らないどころか 博士課程満期終了すらしておらず、紀要論文以外の業績も全くないのに、戦後の大学大量増設の時に大学に入って、そのまま定年まで遊んで暮らした人が多かった
1
eternalwind @juns76 2013年11月11日
apj 日本の子供の学力が低いというのはなんの根拠に基づいて行ってます? 俺はアメリカのまともな大学に留学などできなかったのでアメリカのコミュカレに 言ったけど、アメリカの底辺大なんて、英語の綴りもまともに覚えてないような奴ばっかりですよ。日本の「英語できない大学生」とかいうレベルじゃない。むこうにとっては国語だから
1
闇のapj @apj 2013年11月11日
juns76 返信相手を間違えてませんか。私は、日本の子どもの学力が低い、とは言ってないですよ。学力が低い人にまで卒業証書を与えている、とは書きましたが。
0
eternalwind @juns76 2013年11月11日
apj そうですか、失礼しました。なら良いです。ただ、大盤振る舞いというのは 何と比較していってるのかがわからなかったので。
1
kartis56 @kartis56 2013年11月11日
y_mizuno 士官学校の扱いなので、自衛官に任官しない人には学費の償還義務があったはずです
0
強酸 @AcidSpray 2013年11月11日
防衛大学校はあくまで防衛省の設置する大学校で、文部科学省の管轄である大学ではないから授業料無料など自由にやれてるという要素もあると思う。そもそも文部科学省の行う学校基本調査では、防衛大学校に進むのは大学進学ではなく、就職扱いだったような。
1
いくた♥️なお featuring Tricity155 @ikutana 2013年11月11日
防衛大学校、防衛医科大学校は「入学試験」ではなく「採用試験」になってる。あそこは強制の部活動とか訓練、教練とかあるし、1回しか留年できないとかいろいろシステムが違う。
0
いくた♥️なお featuring Tricity155 @ikutana 2013年11月11日
個人的には5年生以上(医学、薬学は7年生)の学費を上げて、通常の年限は安くするとかできないものかな、と思う。
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月11日
昔の日本育英会奨学金、今の日本学生支援機構の奨学金は、public loansだとすると、政府の教育ローン、というのは何でしたっけ?(何か別にありますか?) a_saitoh 最初の図、おかしくないですか?横軸は奨学金をもらえる比率ではなくて「% of students who benefit from public loans and/or scholorship/grants」ですが。だとしたら日本は奨学金を借りてる人と政府の教育ローンを借りてる人がカウントされるはずで
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月11日
平均は変わらないかもしれない(Aではない)としても、幅が広がって、極端にいうと2極分化してる、つまりある種の「失敗」。でもこれこそ、わが日本政府がやりたかったことだから「成功」でございましょう。(で、それではいけないわけで、、、)a_saitoh 現状の大学進学率50%あたり、つまり最底辺の大学生でも18才人口全体では釣り鐘分布の中央のボリュームゾーンの人がのはず。それにしては学力低すぎ。原因候補A「人間の平均知能はその程度なもの」、候補B「小中高での教育が失敗している」
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月11日
y_mizuno 「つまりある種の「失敗」。でもこれこそ、わが日本政府がやりたかったことだから「成功」」の意味は、文部省が1996年ころ、塾を正式に認めると発言し、同時並行的に「ゆとり」と言い出し、しかも時間数を減らしたほうが学力があがる、というキャンペーンもやった。これを言っています。誰が考えたって、時間を減らして学力があがるはずはない。だからこれは意図的で、2極分化を暗に認めたわけです。露骨にいうと、お金がないと学力がつかない時代の始まり。でもこれは本来は、子どもとは関係ない。
0
游鯤 @yusparkersp 2013年11月12日
学問なんて金持ちの道楽。そんな時代が普通なんじゃない?歴史的には。そして、今後の世界的にも。
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月14日
昔は、学問が生活に直接には関係なかったと言えたでしょうが、今後の世界は知識基盤型社会つまり、無関係ではなくなってきている。知的生産を誰もが無意識にやっているのでは?ここで知識=science=学問と思ってます。知識=情報の組織化・構造化。 yusparkersp 学問なんて金持ちの道楽。そんな時代が普通なんじゃない?歴史的には。そして、今後の世界的にも。
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月14日
本当は、昔も学問は生活に直結してましたが、みな気づいてなかった。例えば、電磁気学の基礎方程式は1864年、そこで電磁波が理論的に予言されました。その24年後、1888年にヘルツが電磁波を発見し、その10年後、マルコーニが海洋横断の無線通信に成功し、その7年後、1905年には日本海軍が日露戦争で無線通信を駆使できて、それで戦勝となりました。
0
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2013年11月14日
もちろん、日露戦争の勝利には最終的に、背後の日英同盟とか、米国の仲裁とか(政治的動き)が重要だったことはよく知られる通りですが、それでも、無線通信の威力の重要性も広く知られるところです。でもそれが、数学的な4本の連立微分方程式系(電磁気学の基礎方程式)を人類が発見した結果だとは、あまり気づいてなかったと思う。
0
齊藤明紀 @a_saitoh 2013年11月14日
y_mizuno 小学校あたりでは「おちこぼれ」と「浮きこぼれ」(成績の悪い子に先生がかかりきりになって、伸びるべき子供が面倒を見てもらえなくて伸びてない)両方が問題になっているように漏れ聞きます。それでも教員数を減らすと財務省は言ってるようで。
1
游鯤 @yusparkersp 2013年12月6日
つまり、社会に出てもペイしない学問をするヤツを税金で救え!という結論ですかね。誰が賛成するの?それ。
0
🚉Hugo✈🍈委託中 @Hugo_Kirara3500 2019年4月19日
yusparkersp 某大学バンザイの保守系の人には絶対に飲めないですね。
1