編集可能
2013年11月10日

If notの用法について~ベネディクト・カンバーバッチ編

ベネディクト・カンバーバッチに関する記事の翻訳から派生した、if notの用法についての解説と議論です。
43

@eastofthesunJP さんによるif not...のわかりやすい解説

❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

これからしばらく、English Journalのベネディクトインタビューの件で連投します。http://t.co/qynOAAQC4y #EJベネ

2013-11-09 22:04:00
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

ベネディクト・インタビュー、スピードは非常に早い、語彙は難易度が高いし、リスニング教材なのに、スクリプトに先に目を通すのを勧めていたり。英語「教材」としては最難易度といっていいんじゃ。#EJベネ

2013-11-09 22:06:46
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

正直、あの雑誌の購読者層の教材としては難しすぎる素材だなと思います。「いずれこれが聞き取れるように!」とモチベーションあげるためには良いのかも…(^_^;) #EJベネ

2013-11-09 22:07:55
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

肝心のインタビューのスクリプトと対訳ですが、一カ所非常に気になる箇所が。はっきり言って誤訳です。しかも大抵の日本で出ている文法書でも間違っているのですが、間違いを踏襲した解説をわざわざつけているので、ちょっと解説です。#EJベネ

2013-11-09 22:12:07
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

インタビューの最初の方、オーディションの話のところで、ベネが控室で待っている他の候補者のことを「equally, if not better, suited for the part than you」と言うところがあります。#EJベネ

2013-11-09 22:13:05
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

ここの訳として、「自分以上ではないとしても、自分と同程度には適役」となっています。カンバーコレクティブのみなさん、変だと思いませんでした? ベネディクトらしくない発言だと思いませんでした? #EJベネ

2013-11-09 22:14:09
Yuko Kato @yukokato1701

@eastofthesunJP えええええええ。"if not〜" がまったく訳せてない、逆の意味にとっちゃってるんですか。ええええええええ。

2013-11-09 22:16:15
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

@mizukawaseiwa はい、やっちゃったんです(^_^;) しかもコレ、ベネディクトがちょっとイヤな子になっちゃってる感じで、気になります。

2013-11-09 22:17:51
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

「自分以上ではない」とか何だかエラそうですよね。「同程度」だけでいいのに、しかもワザワザ付け加えること? いいえ、ベネディクトはそんなイヤミなことじゃなくて、いつものベネディクトです。#EJベネ

2013-11-09 22:18:19
Yuko Kato @yukokato1701

ご関心の方はぜひ、みこさんの連投をご覧下さい→ @eastofthesunJP これからしばらく、English Journalのベネディクトインタビューの件で連投します。http://t.co/D6Zj9XvybB … #EJベネ ("if not〜”が訳せてないのかと目が点)

2013-11-09 22:19:23
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

ここでif notの意味をOxford Dictionaryで確認してみましょう。http://t.co/FpwXrGmeoO #EJベネ

2013-11-09 22:19:55
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

「perhaps even (used to introduce a more extreme term than one first mentioned)」との定義。「もしかすると~であるかもしれない(最初に言及した用語よりもさらに極端な用語の導入に用いる)」 #EJベネ

2013-11-09 22:21:41
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

ベネは最初に「equally (suited)」(=最初に言及した用語)と言おうとしたけれど、謙虚な彼は「better suited」(=さらに極端な用語:より意味が強いくらいの意味です)と言い直すことにしました。こういう時につなぎに使うのがif notです。#EJベネ

2013-11-09 22:26:09
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

ベネは「控室には、自分と同じくらい…いやボクなんかよりももっと上手な、もっと適役な人たちが待ってるんだよ!」と言いたかったんです。ほら、いつものベネディクト。#EJベネ

2013-11-09 22:28:06
Yuko Kato @yukokato1701

「if not 比較級」の意味を逆に取っちゃダメだよお。まして英語や英会話の専門誌が……。

2013-11-09 22:28:21
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

このif notですが、実際に今日本で出ているほとんどの文法書や辞書で間違っているのですが、英会話の専門誌でワザワザ間違った解説をつけているのが残念でした。#EJベネ

2013-11-09 22:31:28
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

ALCと言えば、英辞朗なんですが、ここの「if not」の訳は合っているものと、間違っているものが混在しているんですよね。どうにかならないものか。今回は解説で間違えた。#EJベネ

2013-11-09 22:32:57
Yuko Kato @yukokato1701

@eastofthesunJP 丁寧な解説、お疲れさまです。なんだか、脱力しますね。ここのところなぜか連日、日本に輸入される英語に「えええ」という間違いが目について、脱力しまくってます。

2013-11-09 22:32:57
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

例えば「・I love you as much as, if not more than, John. : 私はジョンと同じくらい、ことによるとジョン以上に、あなたを愛しています。」これはOK http://t.co/ZVr5CTvIDf

2013-11-09 22:35:29
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

「as important, if not more so, than 《be ~》~よりさらに重要かは分からないがそれと同じくらいに重要だ、〔主語の〕重要性は~の重要性に勝るとも劣らない」これはダメです。http://t.co/ZVr5CTvIDf

2013-11-09 22:36:20
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

Oxford Dictionaryは「hundreds if not thousands of germs」という例文をのせています。これも日本の文法書に倣えば、「何千とは言わないまでも何百もの菌」となりますが、そうではなく「何百どころか何千もの菌」となります #EJベネ

2013-11-09 22:39:52
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

「If it is not」の省略された形としての「If not」かどうか見分けるコツは、「同一線上にあって比較対象となる表現が2つ並んでいるか」です。equallyとbetter, hundredsとthousandsなど。 #EJベネ

2013-11-09 22:42:07
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

if notの後には比較級(better)とかが来ることが多いですが、必ずしもそうとは限らないので、これも注意ですね。#EJベネ

2013-11-09 22:42:54
❄️Miko❄️ @eastofthesunJP

if notはベネディクトのように言い直しする場合に良く使います。その他に、ちょっともってまわって強調した表現にもよく使われます。本やアルバムのレビューでもよく見かけますね。 #EJベネ

2013-11-09 22:46:37
残りを読む(34)

コメント

Jose @longopenroads 2013年11月11日
英語の"If not"がそもそも曖昧さを伴うフレーズですから(Ambiguity: "If not" http://www.economist.com/blogs/johnson/2012/10/ambiguity 参照)、文字の上で訳の正誤を判断するのは難しいと思います。
1