南ソウル大学の櫻井@sakurainobuhide 先生による【日本の嫌韓デモ及び反対運動の展望】

櫻井先生による韓国日本言語文化学会(11月9日、サイバー韓国外国語大学)のスライド及び概要の連続ツイートをまとめました。
政治
60
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【1】韓国日本言語文化学会(11月9日、サイバー韓国外国語大学)で発表した「日本の嫌韓デモ及び反対運動の展望」のスライド及び概要を連続ツイートします。発表は日本語で、会場からの質問は韓国語で行われました。 http://t.co/rxZ7L0TYXj
 拡大
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【2】今年に入り韓国人をはじめとする外国系住民が住む東京の新大久保、戦前から在日コリアンが暮らす大阪の鶴橋等で日の丸や旭日旗、プラカードを掲げ「韓国人を殺せ」「在日朝鮮人は日本から出て行け」と叫ぶいわゆる嫌韓デモが頻繁に行われました。 http://t.co/DsQaq7tM2F
 拡大
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【3】デモの中心には「在特会」という組織があります。’06年に会長の桜井誠が設立した在特会は、在日コリアンが日本社会で日本人以上に優遇される特権を有して日本人が被害者になっているとし、それを無くすことを目的とする団体です。 http://t.co/EnpnDORtYZ
 拡大
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【4】日本の大都市部に支部を置き、会ホームページによれば現在の会員数は約14,000人です。そのうち実際にデモに参加する人員は100名程度です。
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【5】在特会の特徴は民族、国籍等生まれ持った属性を理由として執拗に攻撃を行う、度を越えたレイシズム(人種差別)と過激な行動です。在日コリアン以外にも中国人、不法滞在とされた外国人、教職員組合、博物館、企業等に対する攻撃を行っています。 http://t.co/NetMrXR9yw
 拡大
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【6】また在特会はデモを動画サイトで公開し支持者を集めました。彼らは「行動保守」を自称し、行動によって社会を変革できると信じる市民活動的な発想を持っていますが、動画サイトを利用したその手法は行動の過激さと差別を楽しみとして行う嗜虐性を強調するばかりで、真摯なものとは言えません。
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【7】在特会の行動を愛国心によるものと見るのは難しく、日本の趨勢である左翼・戦後民主主義・グローバル化社会への反発と被害者意識、弱者攻撃の口実を見つけ差別を楽しむ嗜虐性により、自尊心を充たそうとする新しい種類の行動と見るのが妥当です。 http://t.co/cV43XN5aqm
 拡大
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【8】樋口直人によって2012年6月までに行われた在特会及び関連団体の会員33名に対するインタビューがあり、インタビューに応じた者の性別は女性4名・男性29名、年齢は20代4名・30代12名・40代11名・50代4名・60代2名、 http://t.co/z8ChyqGA4z
 拡大
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【9】学歴は高卒7名・専門学校3名・大学23名、職業は大学在学中2名・ホワイトカラー21名・ブルーカラー7名・自営ブルーカラー3名で、うち非正規雇用者は2名でした。樋口は在特会を「中間層の運動」とし「階層の低い者の不安が排外主義運動」を生むという仮説を否定しています。
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【10】今年10月7日には、2009年に在特会会員らが京都朝鮮学校前で行った街宣活動などについて、京都地方裁判所が在特会側に約1,226万円の賠償と同校付近での街宣の禁止を命じました。 http://t.co/PXvJuHd2W3
 拡大
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【11】判決文には在特会のヘイトスピーチは、日本も批准する「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」(「人種差別撤廃条約」)が禁止している人種差別にあたり、高額の賠償額(直ちに強制執行ができる仮執行宣言付き)が算定されたことが明記されています。
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【12】デモが繰り返された理由として、在特会が被害者意識と市民活動的な発想により支持を広げ運動への参加の敷居を下げたこと、民族攻撃を楽しんで行う新しい差別の登場、日本のマジョリティがレイシズムの隆盛を傍観していることが挙げられます。 http://t.co/KbhfuWbN05
 拡大
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【13】差別的なデモの横行を許すことができず、嫌韓デモ追放のために立ち上がったのは日本の一般市民たちです。嫌韓デモに現場で直接反対する市民たちの数はデモ隊の人数を超えることが多くなりました。ここでは新大久保を中心に発達した反対運動の勢力について述べます。
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【14】レイシストをしばき隊はフリー編集者の野間易通が今年2月に結成した組織で、在特会追放運動の中心的役割を果たしてきました。新大久保の沿道からデモ隊へ抗議を行ったほか、デモ当日にコリアンタウンに展開し韓国系商店への攻撃を防ぎました。 http://t.co/dAGXQdqgZa
 拡大
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【15】警察に行政警察活動を行う根拠を作らせるため暴力的なイメージをまとい、しばき隊も在特会も同様の暴力集団だとする「どっちもどっち論」を引き起こしました。しかし在特会が「お散歩」と称して繰り返してきた韓国系商店への攻撃を根絶したのは、しばき隊の大きな功績です。
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【16】プラカード隊は、嫌韓デモ当日に沿道で反対意志を示すプラカードを持って立つ人々の総称です。しばき隊のメンバーであった木野トシキが今年2月に、プラカードによる差別反対の意思表示をツイッター上で呼びかけたことから運動が始まりました。 http://t.co/tTafVPWM7J
 拡大
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【17】当初は沿道にまばらにプラカードが見られるだけでしたが、平和的な抗議活動を志向する市民を取り込み、参加人数は次第に増えていきました。6月30日の新大久保デモでは反対側市民とプラカードが沿道を埋めつくすに至り、7月7日に予定されていた次回デモを中止に追い込みました。
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【18】男組は、元は嫌韓デモ参加者でしたが差別に加担したことを反省し、反対運動に身を投じた高橋直輝により6月に結成されました。デモへの直接抗議、「差別撤廃東京大行進」運営、街宣等を行ってきました。現在最も先鋭的に活動するグループです。 http://t.co/ZsKjv2U5Ba
 拡大
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【19】嫌韓デモへの反対運動として、デモ隊への直接抗議が続けられてきましたが、最近になりそのようなリアクションにとどまらない、市民の側からの能動的な運動が始まりました。 http://t.co/2LYdWyrnq3
 拡大
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【20】今年7月14日に「仲良くしようぜパレード」が大阪の御堂筋で行われ、9月22日に行われた「差別撤廃東京大行進」では今まで嫌韓デモ隊が蹂躙してきた新宿の街を、日本政府に人種差別撤廃条約の誠実な履行を求めるという趣旨の下、約2000人の参加者が歩き差別反対の意思を表明しました。
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【21】また男組は10月15日から週1回、ヘイトスピーチ規制を訴える都庁前街宣を行い多数の参加者を集めています。今後は更に、ヘイトスピーチ規制を訴える大阪市役所前街宣、日韓友好と差別反対のためのソウル街宣を行うことが予定されています。 http://t.co/Gt0drUvhx4
 拡大
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【22】これら能動的な運動の多くは、行政に対して人種差別への対応を求めるもので、市民の力で嫌韓デモを食い止めることの難しさを知った者の苦肉の策、いわば”悲鳴”のようなものであると言えます。
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【23】小規模な嫌韓デモが地方や郊外都市に拡散しつつある今、その全てに反対運動側が直接抗議するのは困難であることからも、現行法及び条例によるヘイトスピーチ規制や、行政の助力を求める運動は今後も続くことが予想されます。
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【24】私も嫌韓デモの現場に足を運び、反対運動を続けています。また韓国でも光化門広場での1人デモを行っているほか、来年春に「日韓友好ソウル平和行進」(仮称)を開催することを計画しています。 http://t.co/Tl1CMOBa7r
 拡大
Sakurai Nobuhide @sakurainobuhide
【25】この状況を傍観している日本のマジョリティに、レイシズムを許さない社会的合意の形成を呼びかけるため「反レイシズム言論」が必要であると考えられます。社会的合意がない限り、在特会が解散した後にも第二、第三の在特会が登場するでしょう。 http://t.co/v8skVGqGqD
 拡大
残りを読む(3)

コメント

とげとげ @togetoge10 2013年11月13日
在なんとか会のひとも、普通の一般市民のような気がします。
ケイ @qquq3gf9k 2013年11月13日
相手の言い分を一方的に断罪するのは解決の放棄にしか見えない。
0ep30t1178z3r4a @0ep30t1178z3r4a 2013年11月14日
自分達にも原因があるという発送が皆無なのが朝鮮人の精神構造、都合の悪い事は全て他人のせい。5000年の奴隷根性(w
sv400s_déraciné @sv400s_dracin 2013年11月14日
無意味に貶められて、在日の人は、本当に本当に気の毒だとは思う…が…できれば、どちらにも関わりあいたくないと改めて思う。
ozero dien @ozero 2013年11月15日
大学出てまで「ネットDe真実」とか何やってんだと思ったが、大学出てオウム言った奴もいるしまぁそんなもんなのかな。はやいこと更生しなよ。
guanoman @guanosymphony 2013年11月17日
韓国を愛する櫻井先生がただのコメント荒らしに堕ちるまとめはこちらになります。http://togetter.com/li/538203
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする