2013/11/15)深闇のセレファイス(2014/03/27

まとめました。
ログ
2

深闇のセレファイス

セレファイス:.
カルシェール同様Ifの世界の物語(というか設定).
C84にてペーパーが配布された。

特に作品展開は無い模様…だったが…

深闇のセレファイス ~What a beautiful apocalypsis~

時に、西暦一九〇八年── 。
我々の知るものとは異なる歴史を歩んだ世界、 我々の見たものとは異なる物語を選んだ世界。
あらゆる邪悪を凝集させた超国家間巨大組織《結社》こと《西インド会社》の最終計画によって、欧州は、否、地球全土には巨大にして超大な未曾有の危機が迫っていた。
すべては一八六六年の■■■■■■■■■によって始まった。このままでは世界は崩壊の一途を辿る。
しかし──此処に、邪悪へ立ち向かう勇士の一団が在った。無辜の人々を襲う悪逆と不正に立ち向かう、最後の《希望の砦》! 彼らを率いるのは黄金の輝き纏いし仮面の戦士、 その名は──

http://ulthar.sblo.jp/article/72394086.html

桜井光 @h_sakura
赫色と蒼色が交錯する混沌の戦場。神聖都市ローマに建造された第一大機関塔(メガエンジン・タワー)の最上階で、ふたつの勢力はとうとう刃を交えることとなった。
桜井光 @h_sakura
多くの人間が死んでいた。《結社》の魔人たちは恐るべき力で僕ら《希望の砦》正規メンバーを屠っていった。だが、メンバーもただ殺されるだけではない。既に、魔人アステアと魔人コーネリアは斃されている。代わりにこちらも半数を失ったが。
桜井光 @h_sakura
残ったメンバーは精鋭だ。《結社》の操る超常の機関兵器(エンジン・アーム)、たとえば《機怪》にも後れを取らないだろう。それでも、あまりに《結社》の頂点に君臨する者どもは強力だった。
桜井光 @h_sakura
魔人ゲオルギウスの放つ現象数式(クラッキングエフェクト)は空間固定の術式や式増幅用の碩学機関ごとメンバーの数名を消し炭に変える。ケルカンさんの冷気がなければ、僕らは二十秒前に全滅していただろう。
桜井光 @h_sakura
何よりも、あの男──マギ──レオナルド・ダ・ヴィンチは、別格に過ぎた。行く手を阻む《機怪》の群れをくぐり抜けて接敵を果たしたメンバーがことごとく砕かれていく。文字通りに。奴の左手を向けられたメンバーは、幾つかの構成要素へと還元されて、かたちを失って消失していく。
桜井光 @h_sakura
それでも、僕らは諦めなかった。彼が、僕ら《希望の砦》を率いるクリスチャン・ローゼンクロイツの存在が僕らの最後の希望だった。
桜井光 @h_sakura
赫色と蒼色がぶつかり合い、互いを砕き続ける戦いの果てに、ローゼンクロイツ師はマギと相対した。
桜井光 @h_sakura
黄金の籠手が輝き、マギへと輝きが注がれる。世界を呪う獣の咆哮が鳴り響く。そして、僕は、この身に備わった雷電を解き放つ。 「今だ、マキナ」 師の声に導かれるように、最大電力。全身全霊。この日、この時のために僕のすべてはあったのだから。雷が、世界を書き換える"煙”がマギを貫いて──
桜井光 @h_sakura
勝った。そう思った。そう思ってしまった。それは、僕の生涯で二度目の慢心だった。直後、僕の体は宙を舞っていた。衝撃波。ゲオルギウスの空間破壊! 僕は、弾き飛ばされる。ローゼンクロイツ師の右半身が消し飛ぶ。
桜井光 @h_sakura
「命題は既にない。証明は終了している」 マギが哄笑する。無傷。そんな、莫迦な。僕はお前を殺すためだけに── 「マキナ。お前は生きろ」 ローゼンクロイツ師が、半分だけの体で立ち上がり、マギに組み付く。肉体を瞬時に、ショゴス化させて、ぐるりと、正確には「巻き付いて」──
桜井光 @h_sakura
一瞬、青空が見えた気がした。それに、高らかに咲き誇る薔薇の花も。錯覚だ。瞬きをした次の瞬間には、ローゼンクロイツ師はたちまち収縮し、マギの肉体をばらばらに引き裂いていた。自分自身を崩壊させながら。
桜井光 @h_sakura
「父さん……!」 僕は叫ぼうとするが、声が出ない。胸が潰れていた。目前には、瞳を赫色に輝かせる魔人ゲオルギウスの姿。彼は言った。遅い、と。
桜井光 @h_sakura
ここで死ぬのか。駄目だ。まだ、死ねない。マギを殺すだけではなく、稼働を始めた《真・大数式》を止めなくては、地球もカダスも光の果てへ消え去ってしまうのだから。僕は、手を伸ばす。右手を。
桜井光 @h_sakura
ゲオルギウスの破壊の左手に、僕の力がどこまで通用するのか、自信はなかったが、やるしかない。右手が砕けても左手が残る。そう、覚悟を決めた、瞬間。視界の端にあの男の姿が見えた。
桜井光 @h_sakura
十字騎士ツァラトゥストラ。この最終局面にあたって、狂ったように叫びながら何かの碩学機関を弄り続けていたあの男が、「成功だ」と声を上げながら機関を起動させていた。何だ。何をしていたんだ、あの男は。《大数式》にまつわる邪悪の気配とは違う、あの機械は、何だ。この僕に把握できない機械?
桜井光 @h_sakura
「喚くな」 叫びに苛ついたのか、ゲオルギウスの破壊の手が振るわれていた。ツァラトゥストラが砕け散る。僕の体ごと。いや、僕は、まだ、砕けていない。誰かが──リザさん?
桜井光 @h_sakura
「きみは、生きろ。あちらへ渡ったミスター・ヴァイスハウプトを追え」 誰かが、倒れたはずの僕を抱え上げていた。アスルさん。黒い血を、魔人に引き裂かれたリザさんの血を顔に浴びながら、僕を、碩学機関の方へと──
桜井光 @h_sakura
駄目だ、僕は、この世界を。 「きみが最後の希望だ。何ひとつ、この世界の外に出してはいけない」 アスルさんがコンソールを操作している。僕の周囲が淡いクラッキング光を放ち始める。 駄目だ──
桜井光 @h_sakura
──目覚めた時、僕の視界には灰色があった。見慣れたはずの灰色の空。けれど、僕は、理解していた。ここは違う。違う場所だ。違う世界だ。
桜井光 @h_sakura
地上に突き立って空を貫く、世界の何処にいても目に見えるはずの《大機関時計》の姿がない。《真・大数式》を示すクラッキング光の数式も空には浮かんでいない。ここは、そう、別の世界、なんだ。
桜井光 @h_sakura
涙が溢れた。僕ひとりが、消えゆく世界から逃れて、ここへ──
残りを読む(29)

コメント

ぽんたろ @nyanyano 2013年11月15日
他にもまとめられた方がいらっしゃったようでなんか申し訳ない。あとで付け足しが発生する場合もあるので二番煎じゴメンネ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする