「SIをダメにする負のスパイラル」

きしださん(@kis)による「SIをダメにする負のスパイラル」のつぶやきをまとめてみました。
kanu_ 34311view 21コメント
75
ログインして広告を非表示にする
  • きしだൠ @kis 2013-11-15 08:12:16
    「SIをダメにする負のスパイラル」っていうタイトルのブログ思いついた。だれか書いて
  • きしだൠ @kis 2013-11-15 08:17:14
    SIの、元請はユーザー企業の業務をよりよくするために、プロダクトを作るんじゃなくて契約書をつくる。で、元請はそれを下請けにつくらせるんだけど、そのときはユーザー企業の業務をよりよくするためではなく契約を満たすためにプロダクトを作らせる。これが負のスパイラルの発端。
  • きしだൠ @kis 2013-11-15 08:23:58
    契約を満たすことが目的でプロダクトを作ってるから、実装段階で気づいたアイデアや欠陥は報告されない。納期や金額なんかの契約は満たさないといけないのに追加仕様や変更が発生してやぶへびだもん。品質は悪くなる。
  • きしだൠ @kis 2013-11-15 08:28:31
    品質が悪くなってとられる対策は、技術向上ではなく契約の厳密化。設計書を「きっちり」つくるとか、テストのエビデンス(画面キャプチャのかっこいい言い方)をとるとか、不具合報告をきっちり書くとか。手間ばかり増えて品質向上にはほとんど寄与しない。品質あがらず手間がふえるからデスマ常態化。
  • きしだൠ @kis 2013-11-15 08:34:59
    契約のためのプログラミングで技術向上のモチベーションがなくなってるところに、デスマ常態化で教育の時間がとれない。事実、IPA調査での2011年度の人件費に対する教育研修費の割合は、1割の企業が0%。全体の3割が1%以下。これでは技術力は向上しない。もちろん品質も向上しない。
  • きしだൠ @kis 2013-11-15 08:38:27
    品質低下→契約厳密化→生産効率悪化→技術力悪化→品質低下。くりかえす。これで「SIをダメにする負のスパイラル」が完成。結局、契約をみたすことだけにたくさんの時間が使われて、ものが作られない。
  • きしだൠ @kis 2013-11-15 09:57:17
    元請ベンダーから下請開発企業に渡される「設計書」というのは、中間成果物ではなくて、契約書なんだよな。「こうやって作りなさい」ではなく「これを作りなさい」。そうすると、ちゃんと開発できる「設計書」を作るためにはあらかじめ実装しておく必要がある。非現実。開発できない「設計書」ができる
  • きしだൠ @kis 2013-11-15 17:11:28
    まとめてもらってた。「じゃあどうするのさ」てコメントついてるけど、1兆円規模の業界全体がこういう体質なので「どうにもならない」が答え。この枠組みに入らない新しいSIerが力をつけて業界を侵食するしかない「SIをダメにする負のスパイラル」http://t.co/J6eFVOfhx4
  • きしだൠ @kis 2013-11-15 17:19:07
    ユーザー企業・元請け・下請けだけの問題じゃなくて、人材派遣、資格学校、そういうの全部含めての業界エコシステムだからね。これを変えるのは並大抵じゃないと思われ。であれば、そのエコシステムから外れたところが競争力をつけてシェアを奪っていくしかない。

コメント

  • とげとげ @togetoge10 2013-11-15 13:33:17
    そうは言っても、「じゃ、どうすればいいのさ?」ってところだと思います。
  • 狭川 雀 @SagawaSuzume 2013-11-15 14:30:24
    この問題に対する解答、というだけなら簡単で、「下請けを無くせばいい」。つまり受注した企業の社員だけで作る。でもそうすると、従来下請けでやってきたSE抱えてる中小企業は生き残れなくなるし、大企業は案件に備えて沢山、社員を確保しないといけなくなるから色々うまくいかなくなる。なので togetoge10 さんの言うように「じゃ、どうすればいいのさ?」になるよね。
  • Aki@めもおきば 技術書典2:あ-06 @nekoruri 2013-11-15 16:21:07
    プロダクトの価値そのものに責任を持つ顧客もしくは顧客プロキシをプロダクトオーナーとして開発チームに入れろって話ですね。 http://www.ryuzee.com/contents/blog/4301
  • @yamadastar 2013-11-15 18:32:58
    で、最終的には内作しろという話になる。 まあ当然の結論
  • 星山 等(E-SW20改) @H_Hoshiyama 2013-11-15 22:48:49
    というか、根底にあるのは技術軽視だろうこれは。昔から経営者というのは誰がやっても同じ品質になる銀の矢が大好きで、その残滓に苦しむ人も多いはず。確かに気持ちは分かるが、それは製造では可能でも開発では難しすぎるんだよね。
  • 狭川 雀 @SagawaSuzume 2013-11-16 00:29:27
    品質を均質化したいってのは判らなくもないんだがね。個人の能力を最大限に生かすということは、その個人が稼働できなくなった時に代替の要員を用意するのが困難になるってことだから。どちらかっていうとアレだ、技術的な色々を伝えられない技術者と、技術者視点を無視する非技術者。これらを何とかしなきゃいけない。どっちが先かはタマゴと鶏の論争なので何とも言えんけど、この溝を埋めなきゃSIに携わる人が幸せになれない。
  • 狭川 雀 @SagawaSuzume 2013-11-16 00:33:31
    技術的に不可能だったりコストがかかりすぎることを理解せずに「どうしてやって欲しいことをやってくれないんだ、あいつらは駄目だ」と自身の考えに固執してしまう非技術者とか、きちんと説明ができないために「何を決めて貰わないといけないのか」「どんなリスクがあるのか」「不可能な要求に対する代替提案」等が伝わらず、結果としてプロジェクトが炎上に向かったり「コレジャナイ」なシステムができちゃったりする要因となり得る技術者。どっちも困りものだよなぁ、とは思う。
  • たかが @yukke128 2013-11-16 02:12:12
    契約・制約が緩すぎる(曖昧すぎる)仕事はしたくないなぁ。どちらの立場でも
  • Oakbow @Oakbow7 2013-11-16 12:05:19
    たまに不思議に思うのですが、実装時点で見つかった設計書の不備は改修できないものなんでしょうか。幸運な例かもしれませんが、私は実装者の立場から設計にはかなり口を出し、こうした方がいい/こうするべきという意見を多く採用してもらいました。開発チームの規模のせいもあるのかな。
  • Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013-11-16 13:15:20
    Oakbow7 おなじく意見はけっこう出した/出たね。ただ部分部分を受け持つことになるような下請けが発生すると、全体の見通しや方針がよくわからない、ゆえに提言しにくいは発生するかなぁ..
  • 芝尾幸一郎 @shibacow 2013-11-17 01:03:07
    ゲーム業界やWeb業界は結構内製が多いので、そういう意味では楽です。契約書よりもプロダクトオーナーとのラフなコンセンサスで動くコードを早く作ることを要求されます。 SI業界を変えられないなら、隣接したスキルセットが生かせる業界に転職するのも一つの手だと思う。 そんなにしんどい思いをしてまでSI業界に居続けたい理由はなんなのだろう?
  • trycatch777 @trycatch777 2013-11-18 10:38:37
    システムインテグレーターは、顧客のソリューションを提供している筈。その提供する「手段」が、「利益を十分に得られる条件の下に調達可能」であれば問題なかったのだろう。しかし、もう世の中そういうのが主流で居られなくなってる。安価に解決できる手段があっても「調達できない」「提案できない」のがSIであるならば、滅びるのも仕方ないでしょ。だって無料〜月々数千円程度で、痒い所には手が届かなくても手段はあるわけだし。顧客が賢くなったらSIはやる事なくなっちゃうのでは?
  • Masayoshi Nakamura @masayang 2013-11-18 12:32:01
    基幹業務はできるだけパッケージで我慢する。独自色出したい部分は自社システム部門で頑張る。ただ、自社で頑張るとなると繁忙期と閑散期の労働力調整が難しいので「プロジェクト単位雇用」みたいな採用を許可して欲しいところではある。それが実現できればSI屋なんていらなくなるし、なくなるべき。
  • 乳牛 @NewGyu 2013-11-19 08:38:12
    H_Hoshiyama 確かに「開発」行為を「製造」に無理やり当てはめようとするからおかしな事になるんですね。設計書通りに同じものを大量生産してるわけじゃないっての。
  • 中田吉法 @ynakata 2013-11-19 10:48:27
    工業的な「製造」プロセスってソフトウェア開発では精々コンパイルやパッケージングに過ぎず、設計書見てプログラム書いてるのは「試作開発」ぐらいに思っておくべきだと思うんですがね。
  • trycatch777 @trycatch777 2013-11-19 17:03:43
    あとITの世界で「品質を均質化」というような事を言う人に限って、本当の意味での「均質化」なんて考えていやしないと思います。彼らにとっての品質は「限りなく良い」ので、指標を出して均質化なんてせずに感覚的に物事を決める。その結果開発者は出来上がってもいないプログラムをこねくり回してバグを生むという悪のスパイラルに……
  • 明後日の方向に全力疾走したいy @yabtter 2013-11-20 01:34:15
    これ、人間の頭からプロダクトを作り出す別の業界でも似たようなトコロがあると思います。たとえば広告制作なんかでも「代理店のプロダクトは企画書」「制作会社が作ったのは企画書を満たすだけのクリエイティブ」「何だか納得しないクライアント担当者」みたいな感じで。
  • 明後日の方向に全力疾走したいy @yabtter 2013-11-20 01:45:30
    SIにしろコンテンツ制作にしろ、見聞きした範囲の失敗事例は、「そこがしっかりしててくれてれば」と思うケースが多いです。発注元や元請が適当な仕事をしてると下請も仕事にならんもんね。
  • セルフ執事 @SF_yomi 2013-11-21 07:26:14
    解決策は国語教師を死刑にする法律を作る事です。契約=ユーザーにメリットと開発者に利益をもたらす為に作成されていない事が一番の害悪なのです。契約を満す為には、よりよいシステム開発を目指すって契約になって無いのが駄目なのですね。
  • セルフ執事 @SF_yomi 2013-11-21 07:28:34
    では何故言った言わない、こう書いてある、書いてない、というシステム開発とは関係無い議論する契約になるのか?って言うと、国語教師が橋本文法を使って子供に日本語を理解させない教育を行っているからです。で、読書感想文で筆者の表現読み国語教師の気持を、「作者の気持ち」という表現で答えさせたりするからなのです。
  • セルフ執事 @SF_yomi 2013-11-21 07:29:28
    日本の全ての駄目には、かならず、国語教師の無知蒙昧とそれに依拠した教育学部の卑怯教育があるのです。

カテゴリーからまとめを探す

「アート」に関連するカテゴリー

「その他」の注目キュレーター

カテゴリーを見る