カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

『「地球最古の生物」誕生と同時に死亡』という記事の不正確さについて(訂正あり)

このまとめの間違いや続報を含め、以下に訂正を描いておきます。 「「世界最高齢の動物」のまとめに関する訂正と続報」http://togetter.com/li/591852 下記文章は経緯を保存するためそのまま残しております。 http://japanese.ruvr.ru/2013_11_15/124440870/ 続きを読む
自然 アイスランドガイ
175
このまとめに関する訂正のまとめ
ツイートまとめ 「世界最高齢の動物」のまとめに関する訂正と続報 先日まとめた「『「地球最古の生物」誕生と同時に死亡』という記事の不正確さについて」(http://togetter.com/li/590510)に関して、私自身の責任も含め間違いがあり、更に続報も加わったため、ここに謝罪して訂正いたします。 ちなみに日本語版Wikipediaの「アイスランドガイ」の記事(https://ja.wikipedia.org/wiki/%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%.. 3042 pv 17
以下当時のまま
エビフライ @kiruria281
まずはこちらの記事をご覧いただきたい。 『「地球最古の生物」誕生と同時に死亡』 http://t.co/V8kRf6wTYv 11月15日3時57分に書かれたこの記事、私がチェックした時点で1627件のツイートがあり、大反響と言って差し支えないだろう。
エビフライ @kiruria281
2chのまとめサイトにも転載されており、Twitterも2chもおおむね反応は「なんてかわいそうな事をしたんだ!」とか「人間のエゴの象徴」だとか散々な言われようである。しかしこの反応は、正直言ってこの記事があまりにも不正確な記述を行っている事に端を発している。
エビフライ @kiruria281
以下の記述は記事を並行して読んでいる前提で書くのでその点をご留意いただきたい。まず、この記事にはアイスランドで採集された貝という記述があるが、いったい何の貝であるかという事が一切書かれていない。種とは言わず科や目レベルで書いてもよさそうなのにそれすらない。
エビフライ @kiruria281
この貝の学名は「Arctica islandica」。英語名が「ocean quahog」であり、直訳すると「海ホンビノスガイ」となるの勘違いされるが、和名でのホンビノスガイとは科レベルで異なるまったく別種の貝である。

上記ツイートに誤記「となるの勘違いされるが」→「となるので勘違いされるが」

エビフライ @kiruria281
Arctica islandicaは和名を「アイスランドガイ」と呼び、アイスランドガイ科に属する唯一の現生種である。日本では全く馴染みがないが、地元ではハマグリレベルでよく食べられる貝である。
エビフライ @kiruria281
まずこのことで1つの事が言える。貝を「殺した」と書けばセンセーショナルだが、日常的に食べている貝を「(高齢だったのに)殺されてかわいそう」などというのは全くナンセンスで、人間のエゴなぞという意見こそエゴでしかない。あなたが貝の愛護団体会員ならば別だろうが。

「でも500年も生きた貴重なサンプルを殺したのはまずいんじゃね?」という意見もありますが、この個体は市場に出回っている一般的なサイズであり、特別な特徴もないようです。したがって、貴重なサンプルかどうかは不明で、むしろ食卓でごく普通に食べている中にそういった高齢の個体がゴロゴロ混ざっている可能性はあるかと思います。

エビフライ @kiruria281
さらに言えば、この記事はひどい勘違いをしている。記事を見ると、生きている状態で調べて405歳、殺した後調べたら507歳だと読み取れる書き方をしている。西暦1499年生まれとは恐れ入る。有名な戦国武将、毛利元就より2歳だけ年下なだけである。
エビフライ @kiruria281
ん?ちょっとまて、今年の記事なのに計算が合わないぞと思った方、その気づきは正しい。なぜなら、このアイスランドガイは2006年に死亡しているからである。実は最初の405歳という年齢は、2006年に貝殻と肉を分離して測定した結果判明した年齢である。
エビフライ @kiruria281
実は最初の405歳という年齢は、2006年に貝殻と肉を分離して測定した結果判明した年齢である。貝の年齢は、貝殻の成長に伴って現れる木の年輪のような模様を数えることで判明するが、それを調べるにはどうしても肉をはがすしかないのである。その時点で貝は死亡する。

コメント欄でご指摘の通り、上記の訳に一部間違いがありました。研究者は当初、この個体の年齢測定に、二枚貝の蝶番部分であるヒンジの部分を測定しようとしたが、それがうまく行かなかったので外側、即ち縁の合わさった部分で数えようとしたようです。この時、誤って必要以上に貝の肉体部分を傷つけてしまったが故に殻が開いて死亡してしまったです。最も、それを鑑みると、故意に開けようとして殺したというのは、研究の理屈関係なく積極的に殺すみたいな印象を抱かせるので一部違うような気がするのですが…

エビフライ @kiruria281
ではなぜ507歳になったかと言えば、炭素14と呼ばれる放射性物質の量を調べて、より正確な年代を測定したのである。炭素14を用いた年代測定法の説明は省くが、要は年輪では明瞭に見えない部分があるので、炭素14年代測定法がそれを補完したわけである。

この文にも、元とした英語記事と論文の表記にずれがあることに由来する間違いがある(英文の訳自体は間違っていないがその英文自体が間違っていた)。
炭素14を用いた年代測定では、おおよその年代しか判明しない。それだけで正確な年代を割り出すのは無理がある。結局主体となるのは年輪を数える事であり、他の貝の年輪のデータ、および炭素14で推定した年代を掛け合わせることで正確な年代を算出している。
年輪自体は、木と同じく季節や海水温(地球の平均気温とかかわりがある)の変化により幅が変化する。気候変動があれば、その幅の変化パターンが別の個体や地域の貝でも共通してみられることから、逆算で年代の算出ができる。
アイスランドガイを用いた年輪の幅による古い時代の気候変動の推定は、古くは1868年(!)に374歳の個体を用いて行われており、1550年から1620年と1765年から1780年における小氷河期、および1815年のタンボラ火山噴火による気温低下を反映していたことが判明している。

エビフライ @kiruria281
つまり、記事にある「生きた状態で405歳と測定→殺して再計測→507歳と判明」の順が間違っているのである。正しくは「殺して405歳といったん判明→よく調べてみたら507歳でした」である。
エビフライ @kiruria281
じゃあ研究者はなぜ、言葉を借りればそんな「かわいそうな」ことをしたのだろう?単に年齢を調べるだけでは道楽である。実は、貝殻を構成する炭酸カルシウムを使えば、古い時代の気候が判明するという研究手法があるのである。
エビフライ @kiruria281
炭酸カルシウムは炭素・酸素・水素・カルシウムで構成されている。さて、図らずも原発事故で有名になってしまったが、元素には同じ種でも重さの違う「同位体」という仲間がある。セシウム134やセシウム137のような、元素名の後の数値は同位体の種類を表しているのである。
エビフライ @kiruria281
全ての元素は同位体を持っており、特にいくつかの元素は天然でも複数の安定した同位体を持っている。そして、同位体が異なると、原子の重さがわずかに異なる。これは日常生活ではまったく気にならないレベルだが、化学反応や融点・沸点に少しだけ差をもたらす。
エビフライ @kiruria281
貝殻を使った年齢測定の場合、酸素の同位体を使う。酸素が水素と結合して水となった場合、少し重い酸素と少し軽い酸素を含む水分子を考えると、重い方が軽い方と比べて蒸発しにくく、逆に雨となりやすい。このことは、重い酸素は海の方に、軽い酸素は山などの高所に移動しやすいことを示す。
エビフライ @kiruria281
そしてここに気温が関わる。気温が下がれば、高所にある水は氷となって、雨や蒸発のような循環から切り離される。すると、軽い水は氷となって固定され、重い水ばかりが循環するようになる。これを取り込んだ生物の体は、重い酸素の量が気温が高いときと比べて増えるのである。
エビフライ @kiruria281
貝殻は先ほど述べたように酸素を含むので、年輪ごとに酸素の同位体の比率を調べれば、その年の平均気温がわかるのである。しかも、2006年に死亡して年齢が507歳だとわかる、すなわち1499年から数えられるピンポイントに正確な資料はほとんどない。
エビフライ @kiruria281
アイスランドガイが使われる理由は他にもある。アイスランドガイは機械ではなく生物なので、当然ながら若い頃と年寄の時があり、その時々で栄養分の摂取や殻の生成などに差が出るはずである。これは古気候の推定に影響を及ぼすはずである。
残りを読む(6)

コメント

エビフライ @kiruria281 2013年11月15日
デコレーションおよび注釈追加。
WicKid @wickid101 2013年11月15日
あー 確かに、植物を入れると5000歳とか9000歳とか現存しますからねぇ…
エビフライ @kiruria281 2013年11月15日
追記を一番下に加えました。
@sbayasi 2013年11月15日
2chにしろまとめサイトにしろツイッターにしろ、そもそもVoice of Russiaの記事をそのまま一次ソースとするって前提自体が間違いなような・・・全部が全部とは言わんけど、説明不足な超訳やトンデモ記事の割合が妙に多いし。
MIZUHARA Bun @bmizuhara 2013年11月16日
労作だと思いますが、「貝の年齢は…それを調べるにはどうしても肉をはがすしかない」と言う部分は間違いですね。UPIの記事 http://bit.ly/18wn9vG やThe Telegraphの記事 http://bit.ly/1gK0d4q を読むと、研究者たちはまずヒンジの部分で年輪を数えようとしてうまく行かず、貝殻の外側で数えて正確な年齢を算出した、とありますから。
٩(๑❛ᴗ❛๑)۶™ @maru62 2013年11月16日
そもそもマスコミというのは逆にどこまで炎上させられるかを競って株を売る業者みたいなもんだから「気候を調べるためにその辺の貝解剖したら500歳でちょっとビビった」なんてのよりも「傲慢な科学者がまた500年生きた霊獣を殺した!!!糾弾せよ!!!」と書いた方が"正しい"に決まってるしそういうスコアがどうやって決まるのかを逆に観測したほうがいい。
エビフライ @kiruria281 2013年11月16日
結構重要な部分に誤解を抱かせる文章がありましたので、注釈にて訂正させていただきます。
市川絡繰 @awajiya 2013年11月16日
数年前にナショナルジオグラフィックかAFPのニュースで,推定400歳ほどの貝を調査(もちろん貝は死んだ)というニュースを見たけど,これがそのニュースの貝だったのかもなぁ,とは.
ともはる @tomoharuhare_m8 2013年11月16日
だいたいが「誕生」と同時に、じゃなくて「発見」と同時にだろうに(´Д`)
はりねずみ/ねず太@無職の派閥 @erinaceus 2013年11月16日
どちらかというと生命倫理云々以前に「希少価値の高いものが失われた」って部分の議論な気がしないでもない
ナイアル @nyal013 2013年11月16日
Overcount タネ記事(すでにリンク切れらしい)が同じようですね
五円玉(餡は脳に優しいスイーツ) @Goendama 2013年11月16日
サザエは300年生き延びると「サザエ鬼」と言う妖怪に進化できるらしいが「彼」は「人外」ならぬ「貝外」の存在になれたのだろうか・・・
吟剣詩舞人 @ginkenshibu 2013年11月16日
つ 空飛ぶゆうれい船のラスボス
@yuma0013 2013年11月16日
何て言うか、貝で騒げる人ってすごいなぁと思いました
kitty guy @namaegawakannai 2013年11月16日
Goendama うそヤダ何それおもしろい。。。初めて聞いたし。 …と思ったら深い経緯があるんですねぇ。造化の不思議は人の言葉にこそ、でしょうか。 それすらも楽しむべく精進して行ければ、と勉強させて頂きました。
エビフライ @kiruria281 2013年11月16日
erinaceus もしこの個体が見るからに大きいとかそういう事情があれば「貴重なサンプルが!」と言えるかと思いますが、この個体は市場に出回っているごく普通のサイズのようです。したがって普通に食卓で食べているアイスランドガイに、今回のような高齢の貝が混ざっている可能性はかなりあり得る話かと思います。
はりねずみ/ねず太@無職の派閥 @erinaceus 2013年11月16日
kiruria281 それじゃあもっと問題は簡単ですね。「色付きそうめんがもったいない」。
mnnkaanjinno @mnnkaanjinno 2013年11月16日
長寿の動物は一般に、成熟が遅くて繁殖速度が低いんですが、アイスランドガイ普通に食べてて資源枯渇しないんですかね? 数百年生きる個体がいるということは、成熟に数十年かかりそうです。
しゃいん @shine_sann 2013年11月16日
私も詳しくないのですが、記事中にリンクのある元論文をチラ見した限りでは、貝の年齢測定法の説明に、2点、誤りがあるように思います。(サイエンスノルディックの記事のせいでしょうかね。)
しゃいん @shine_sann 2013年11月16日
日本の考古学でもよく木の年輪年代法の補助に使われる炭素14年代測定ですが、これは「大雑把な"年代"を割り出すもの」です。資料によって14C含有量の差等が大きいためです。1年単位までは測れません。従って「14C測定で507歳と分かった」というのは誤りです。
しゃいん @shine_sann 2013年11月16日
正確な年齢は、貝殻の年輪で測ったものです。ここで「輪の数を数えて測った」というのが2点目の誤りです。輪の数だけですと、既に死んでいる貝が何歳まで生きたかは分かっても「何年~何年まで生きた」かは分かりません。後者が大事なのです。貝殻収集の動機は気候変動の解明なのですから。
しゃいん @shine_sann 2013年11月16日
年輪は、夏に成長し冬に鈍化することで発生します。その季節が貝にとって過ごしやすければ成長は大きく、逆であれば成長は小さくなります。その季節が快適かは、特定種の貝や貝一般にある程度共通するので、ある年は輪の幅が広く、次は狭いといった、共通の年輪パターンが生じます。
しゃいん @shine_sann 2013年11月16日
年輪の一般的なパターンを割り出し、いつ死んだか不明な貝と照合することで、その貝が何年から何年まで生きていたかが分かります。もっとも、パターンも環境要因等で個体差が出るので、大きく間違っていないか、14Cで補助的に確認しているのです。
しゃいん @shine_sann 2013年11月16日
年輪年代法の優れた点は、一部のパターンが一致すれば全体の年齢が分かることです。これにより、どんどん過去に遡ることができます。もっとも、積み重ねると誤りが蓄積しかねませんので、正確な資料で、パターンの寄せ集め方に誤りが無いかを確認できるのが望ましいです。
しゃいん @shine_sann 2013年11月16日
今回の貝は、1499年から2006年までのパターンと概ね一致しました。06年まで生きていた事が分かっているので、これは、今までに集めた資料から推測されていたパターンが正確だったことを証明する資料となります。勿論、パターンを修正し補完する資料でもあります。
しゃいん @shine_sann 2013年11月16日
この論文は、何か画期的な新発見をしたわけではありませんが、今使っている貝の年代測定法の正確さを示し補強するものです。地味ですが、後の発見の土台となる、大事な成果です。それも、このアイスランドガイが長生きしてくれたおかげです。謹んでご冥福をお祈りします。
たま @nac03056 2013年11月16日
なるほど。勉強になりました。
nekosencho @Neko_Sencho 2013年11月16日
木を切って年輪を数えましたってくらいのニュースだってことだな
nekosencho @Neko_Sencho 2013年11月16日
というか、木なら500年くらいのはそう珍しくもないし、最古の静物ってのもへんだよな。せめて動物とか貝とかにしないと
nekosencho @Neko_Sencho 2013年11月16日
あとあれだ、500年も成長にかかるなら、漁業資源的な意味で採りつくさないか心配ではあるね
南山まさかず @minamiyama1994 2013年11月16日
最古云々だったらうろ覚えだけどン億年前の岩塩の中の微生物が水を与えたら復活した的な話を聞いたことが
闇ときどき豚 @yami_buta 2013年11月16日
「The Voice of Russiaは正確さよりも面白おかしさを優先するサイトなんだ」ということを、みんなが知っていればいいんですけどね。
エビフライ @kiruria281 2013年11月16日
shine_sann すいません、即ち私のどこら辺が誤りなのでしょう?C14に正確な年代割ができないのは分かりますし、あくまで補助的役目なのは本文に書いたつもりです。また、この貝は調べる直前まで生きていたので、正確に死亡年代が判明するケースかと思うのですが。むろん私が勘違いをしている可能性もありますけど。
エビフライ @kiruria281 2013年11月16日
minamiyama1994 2.5億年前のHalosimplex carlsbadenseのケースかと思います。アレは休眠状態と見なされているので生きていたとはカウントされていません。また、発見に関して追試が成功していないことから、発見自体を疑問視する見解も存在します。
しゃいん @shine_sann 2013年11月16日
kiruria281 貴方というより、英文記事の誤りではないかと思っています。誤っている点は鍵括弧で示しました。改めてtogetter本文に即しますと、1点目は「炭素14と呼ばれる放射性物質の量を調べて、より正確な年代を測定したのである。(中略)年輪では明瞭に見えない部分があるので、炭素14年代測定法がそれを補完したわけである。」の部分です。http://twitter.com/kiruria281/status/401314088170430465
mnnkaanjinno @mnnkaanjinno 2013年11月16日
それにしてもハマグリ型の二枚貝が数百年生きられる環境というのは、よほど嵐などの擾乱が少なくて、ヒトデやエイなどの外敵が少ない場所なのだろうか。
しゃいん @shine_sann 2013年11月16日
kiruria281 貴方のコメントの「C14に正確な年代割ができない(中略)あくまで補助的役目」という理解が正しいと思います。これは上記の本文の記載と反対ですね。炭素14年代測定では正確な年齢までは出ません。また、あくまで、炭素14年代測定ではなく、年輪(貝殻の模様)の測定が主です。
しゃいん @shine_sann 2013年11月16日
kiruria281 2点目は「貝の年齢は、貝殻の成長に伴って現れる木の年輪のような模様を数えることで判明する」という部分です。http://twitter.com/kiruria281/status/401313414380662784
しゃいん @shine_sann 2013年11月16日
要約すると、模様の縞を数えるだけではなく、ある年の夏はたくさん成長したので縞が広く、逆にある年の縞は狭い、というパターンが、年齢だけでなく、生息年代を特定する資料として重要なのだということです。
しゃいん @shine_sann 2013年11月16日
「この貝は調べる直前まで生きていたので、正確に死亡年代が判明する」からこそ、年輪年代法を適用することで、今まで蓄積されてきたアイスランドガイのデータが正確だと分かった。それがこの論文の意義です。
エビフライ @kiruria281 2013年11月16日
shine_sann なるほど。確かにC14の下りは私も違和感があったのですがこれではっきりしました。脚注にて訂正させていただきます。幅に関する年代測定に関しては理解しておりましたが本文にて抜けておりましたのでそれについても追加しておきます。
エビフライ @kiruria281 2013年11月16日
mnnkaanjinno あくまで調べられた個体が小数なのではっきりしたことは言えませんが、冷たい海や深海では天敵も少なくて生き残りやすいのもあるようですが、それより貝自体の老化スピードが極端に遅いため、500年はともかく100年くらいはザラに生きる種類が多いようです。
mnnkaanjinno @mnnkaanjinno 2013年11月16日
そういや、深海から古い海水(C14が少ない)が上がって来てドリフトをかけてくれるせいで海産物のC14分析は難しいと聞いてたんですがそのへんは解決したんでしょうか。
エビフライ @kiruria281 2013年11月16日
炭素14年代測定法に関する追記を挟みました。
横上とよ @toyo_yokoue 2013年11月16日
全く生物学の知識がなくても理解して納得出来るいい記事でした。でも思考停止して「意味わからん!」て喚くアホもいるんだろうなぁ。
ガネオ・トカゲ @Ganeosaurus 2013年11月16日
アシナシイモリがヘビ扱いされたりハゴロモの幼虫がバッタ扱いされたり、多くのネット民の生物知識がメタメタなのを見てると理科離れを実感しますね・・・
neologcutter @neologcut_er 2013年11月16日
マスコミなんて大半は科学者や技術者の足引っ張るしか能がないんだから。アイツらこそ淘汰されればいいのに。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2013年11月16日
真相はさておき、この手の実験や調査、食事のための殺害は許されないと生きていけないよな。動物を一切食べないヴィーガンですら、「植物という生命体を殺している」事からは目を逸らしているワケだし。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年11月16日
で、この貝うまいんですかね? と、新明解国語辞典の人は聞くんじゃないかな。
耳の人 @he_noki 2013年11月16日
そこは寿命で死ぬまで飼育して記録更新狙おうぜ。
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2013年11月17日
あー確かに、あの記事で「最古の生物」が500歳くらいと聞いて、あれ、縄文杉って樹齢数千年じゃなかったっけ?と思ったな
Gさん @Growth14 2013年11月17日
まあ、所詮はガジェ通だしな・・・、ツイッタラーも阿呆は御満といるわけだし。この記事やそれに対する反応を見て、飛ばし記事に対してしっかり考えてコメントする人がたくさんいると知って安心した
小動物を愛するしんさん @aphros67 2013年11月17日
アイスランドガイというといい男が脳裏に(・ω・)
(´・ω・`) @ocelot33 2013年11月18日
「数百年生きた貝、死す」とかで良かったと思う
エビフライ @kiruria281 2013年11月18日
このまとめにおける間違いの訂正と続報に関するまとめ (http://togetter.com/li/591852) を加えておきました。
Conte @__conte__ 2013年11月20日
ヒンジの年輪を調べて出た年齢が405歳、後に外側の年輪を数えて507歳だったと判明したはずですが、ここの本文中の記述だと2006年に貝殻の外側を調べたというように読めます
万打無 @mandam111 2013年11月20日
国語力の無さをアピールしている見出しといい、自分の善人の立場においてむやみやたらと叩きたがる連中といいなんとも酷い物ですな。ちゃんと調べたからわかったことなのにその点に対する思慮がまるで無いのかよ。
おがたけ👻🏳️‍🌈@埼玉県東松山市 @ogatakehikky 2013年11月21日
キャンディーヌに初めて会ったのは7123年前。かおのえきまでは切符を買うのに二千年かかり改札まで行くのに二億年かかる。恋人の種は二億年生きてたし、テングサは何億年もぼんやりできる。SAKANA-GIRLはほんの数億年忘れてただけなのに罰を受け、それからふたりの午後は76億年つづいている。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2013年11月21日
まあ人の手にかかったので500年そこらってことはもっと他に上には上の年齢の貝がいてもいいって事よね…生命の力を軽々ナメちゃあかんぜな。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする