10周年のSPコンテンツ!
40
リンク Wikipedia 高畑勲 高畑 勲(たかはた いさお、1935年10月29日 - 2018年4月5日)は、日本の映画監督、アニメーション演出家、プロデューサー、翻訳家。畑事務所代表、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。日本大学芸術学部講師、学習院大学大学院人文科学研究科主任研究員などを歴任、紫綬褒章受章。 類型化された抽象的ファンタジーで喜怒哀楽が極端だったアニメに、悲しいのに笑っているな..
リンク Wikipedia Isao Takahata Isao Takahata (高畑 勲, Takahata Isao, October 29, 1935 – April 5, 2018) was a Japanese film director, screenwriter and producer. In 1985, he co-founded Studio Ghibli with his long-time collaborative partner Hayao Miyazaki and Miyazaki's collaborators Toshio
リンク Wikipedia かぐや姫の物語 『かぐや姫の物語』(かぐやひめのものがたり)は、『竹取物語』を原作としたスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画。監督は高畑勲が務めた。2013年11月23日に公開された。キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」。 高畑による監督作品は1999年の『ホーホケキョ となりの山田くん』以来、14年ぶりとなる。 高畑は本作公開から4年半後の2018年4月5日に死去し、本作が最後の監督作..
映画「かぐや姫の物語」公式サイト

姫の犯した罪と罰。− 高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』2013年11月23日(祝)全国ロードショー。

TAAF @TAAF_official
『かぐや姫の物語』3/21 土 14:45-17:15 第87回 米アカデミー賞・長編アニメーション賞部門ノミネート作品!日本最古の物語文学「竹取物語」に隠された人間・かぐや姫の真実の物語。 #TAAF2015 animefestival.jp/screen/list/13…
リンク Wikipedia 竹取物語 『竹取物語』(たけとりものがたり)は、平安時代初期に成立した日本の物語。成立年、作者ともに未詳。 竹取の翁(たけとりのおきな)によって光り輝く竹の中から見出され、翁夫婦に育てられた少女かぐや姫を巡る奇譚。 『源氏物語』に「物語の出で来はじめの祖(おや)なる竹取の翁」とあるように、日本最古の物語といわれる。9世紀後半から10世紀前半頃に成立したとされ、かなによっ..
リンク アニメ!アニメ! 「かぐや姫の物語」高畑勲の最新作がBD/DVD発売、「高畑勲監督作品集」も発売決定 | アニメ!アニメ! ジブリがいっぱいCOLLECTION”の最新作として、『かぐや姫の物語』のBlu-ray DiscとDVDの発売が決定した。2014年12月3日にリリースされる。
ローソン @akiko_lawson
スタジオジブリ「かぐや姫の物語」(高畑勲監督)DVD&ブルーレイディスクが12/3発売!ローソン・HMV限定特典付商品は、絵柄がすてきな2015年卓上カレンダーです♪ lawson.eng.mg/7c435 pic.twitter.com/qTlPtmMJBZ
拡大
リンク www.yk.rim.or.jp 高畑勲・宮崎駿作品研究所
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh

映像研究家。亜細亜大学・大正大学・東京工学院アニメーション科講師。 「高畑勲展」展示アドバイザー・図録執筆担当。 著書『日本のアニメーションを築いた人々 新版』発売中。 「論座」原稿はこちら。 https://t.co/kwdaGHkFV1

http://t.co/2rEQyDrJ1l
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh
◆『かぐや姫の物語』ノート(1)◆映画公開応援の新連載! 公に出来る範囲で映画関連情報や取材裏話をツイートします。原稿の追い込み中なので、時々ですが(苦笑)。 まずはタイトルから。「竹取物語」は後年の略称。正式には「竹取の翁の物語」、別称が「かぐや姫の物語」。(角川文庫版解説)
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh
◆『かぐや姫の物語』ノート(2)◆15日、auの映画「かぐや姫の物語」キャンペーンサイト「高畑勲展」内の叶の作品解説テキストが一部更新されました。今後も少しずつ更新(増築?)されて行く予定です。どうぞお楽しみに。 http://t.co/yKKorhIDLo
リンク 「au loves ジブリ」サイト 「au loves ジブリ」サイト 「au loves ジブリ」サイトには、「かぐや姫の物語」の情報が盛りだくさん!通信事業者だからこそ、できることを。auは、これからもスタジオジブリを応援します。
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh
◆『かぐや姫の物語』ノート(3)◆キャンペーンサイト「高畑勲展」への協力の依頼は9月下旬。西村PDの御推薦とのこと。企画始動から2回の会議を経て、10月下旬の入稿までわずか1ヶ月、映画初号試写前に脱稿という短期高速日程。電通の皆さんのご尽力で何とかあそこまでの形にして頂きました。
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh
◆『かぐや姫の物語』ノート(4)◆「高畑勲展〜高畑作品を読み解く」 1. 水彩画風の「アニメーション」 2. プレスコ(声の先行録音) 3. 座付き作家 4.「観客に見つめさせる」(長回しと固定カメラ)  5. ファンタジーはきらい 6. 人間を描く 7. 考えさせる結末 続)
叶 精二(Seiji Kanoh) @seijikanoh
◆『かぐや姫の物語』ノート(5)◆このスマートフォン用完全版では、7つのキーワードで作風を解説し、統計資料「スタジオジブリ作品 歴代長回しカット ベストテン」をオマケに付けました。「ベストテン」動画がワンカットそのまま閲覧出来れば面白いと考えましたが、当該画像も添付出来ず。残念。
残りを読む(336)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする