10周年のSPコンテンツ!
30
三島和久・アニリン・レモンパスタ部 @C6H5NH2
【倉敷科学センター】プラネタリウムロビーにて上映している、劇団・雑貨団さん制作の解説ビデオ「マッチ棒劇場・アイソン彗星がやってくる」を最新情報に更新しました http://t.co/ZcdJ49hBqu
拡大
三島和久・アニリン・レモンパスタ部 @C6H5NH2
【倉敷科学センター:アイソン彗星0】初心者がアイソン彗星を観測するにはどうしたらいいのか,科学館にも問い合わせが増えてきたので,ちょっと解説してみたいと思います。
三島和久・アニリン・レモンパスタ部 @C6H5NH2
【倉敷科学センター:アイソン彗星1】明日18日早朝,19日早朝とおとめ座の1等星スピカのそばにちょうどアイソン彗星が位置しているため,初心者がアイソン彗星を見つけるには大変よい目印となります。おそらく11月中でもっともオススメできる観測のチャンスです。
三島和久・アニリン・レモンパスタ部 @C6H5NH2
【倉敷科学センター:アイソン彗星2】明け方の東の空におとめ座の1等星スピカとアイソン彗星がどのように見えるか,国立天文台がわかりやすい図を用意してくれています。 1.http://t.co/TkRwyXg2EO 2.http://t.co/eJnC28j6CS
三島和久・アニリン・レモンパスタ部 @C6H5NH2
【倉敷科学センター:アイソン彗星3】現在のアイソン彗星の明るさは5等級。もうすぐ4等級台に突入しそうです。しかし,我々が初心者向けに「肉眼で彗星が見える」と説明するのは,おおむね彗星が4等級以上に達したとき。つまり,現状アイソン彗星は双眼鏡や低倍率の望遠鏡で探す必要があります。
三島和久・アニリン・レモンパスタ部 @C6H5NH2
【倉敷科学センター:アイソン彗星4】双眼鏡の天体観測には,カメラ用三脚に取り付けるアダプターで双眼鏡を固定すると,手ぶれの影響を受けずにすむため見え味がすこぶるよくなります。ない場合は,養生テープで三脚にぐるぐる巻きにする非常手段も。 http://t.co/BFYYrRVTPN
三島和久・アニリン・レモンパスタ部 @C6H5NH2
【倉敷科学センター:アイソン彗星5】アイソン彗星を見つける目印となる1等星スピカは東南東の低空に位置するため,東の見晴らしがよい場所を選びます。観測時間は地域によって異なりますが日の出60分前ごろが目安です。 日の出時刻がわかるページ:http://t.co/vMyUMaRPX6
三島和久・アニリン・レモンパスタ部 @C6H5NH2
【倉敷科学センター:アイソン彗星6】低空の彗星は見つけにくいので,都会の明るい夜空や,かすんだ空の中ではどうしても見つけにくくなります。可能であれば郊外の街明かりの影響を受けにくい場所,空気が澄んだ朝もやが出にくい場所に出かけてみることをオススメします。
三島和久・アニリン・レモンパスタ部 @C6H5NH2
【倉敷科学センター:アイソン彗星7】双眼鏡で探したがわからなかったという声もよく聞きます。彗星の姿は写真でみかける「はっきり」「くっきり」した姿をイメージしてはいけません。とても淡くて暗いため,初心者にとっては見えるかどうかギリギリぐらいの姿をイメージしてください。
三島和久・アニリン・レモンパスタ部 @C6H5NH2
【倉敷科学センター:アイソン彗星8】双眼鏡で見た彗星の姿を画像で表現してみるとこのようになります。ただの真っ黒な画像のように見えますが,よく見ると星もかすかに見えてます。実際こんなイメージだということをご理解ください。 http://t.co/06QXQb8d9l
三島和久・アニリン・レモンパスタ部 @C6H5NH2
【倉敷科学センター:アイソン彗星9】彗星を探す際は尾が伸びた姿を意識すべきではありません。星のように見えるが,ぼんやり光がにじんだような場所があれば,それが彗星の頭の部分。さらにもっと注意深く見て上方に淡く尾が伸びる姿を確認ましょう。 http://t.co/06QXQb8d9l
三島和久・アニリン・レモンパスタ部 @C6H5NH2
【倉敷科学センター:アイソン彗星10】大彗星の冠がつくことが多いアイソン彗星がこの程度の見え味?とがっかりしないでください。実際の夜空で見るホンモノの彗星の姿は,かすかで繊細で,見る人に感動を与えてくれます。双眼鏡や望遠鏡を使える方は,このチャンスにぜひ挑戦なさってみてください。
NYAO @nyao3094
@C6H5NH2 三脚は持ってないけど双眼鏡をベランダの手すり等に固定できるようなクランプ的な何か、ただし位置決めとかの自由度はあるような…ってな感じの都合のいいアイテムなんてのはあるのかなあ?
三島和久・アニリン・レモンパスタ部 @C6H5NH2
@nyao3094 手すりとかいろんな形状があるので,落下のリスクを考えると,なかなかオススメしにくいかもしれませんね。(´・ω・`)

コメント

あるぺ☆ @alpe_terashima 2013年11月18日
個人的にはこの時期よりも、太陽接近後の12月上~中旬がお勧めなんですけどね。もっとも、太陽に寄り過ぎて霧散する可能性もありますが。
あるぺ☆ @alpe_terashima 2013年11月20日
あと、相変わらずマスコミの情報が酷い。多分星を見た事が無い人が記事を書いているのだろう。それらと比べると、このまとめの情報は非常に素晴らしい。アイソンに限らず3~6等級の彗星を観測する場合には必読ともいえる。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年11月21日
昔から、マスコミの星に関しての情報は酷くて。 以前、地学観測(星ではない)の取材を受けたことがあるのですが、見事にポイントを外して報道されちゃいました。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年11月21日
いわゆる、科学学習用の会館とかの学芸員さんのコメントを読むのが、吉、でしょうね。 専門家が一番頼りになる。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年11月21日
彗星は場合によっては構成要素が変化して、等級落ちたりするからなあ。 接近時は明るくなるのが一般的ではありますが。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする