秘密保護法、米国の制度と比べてこんなに酷い(深草徹先生)

深草徹先生の、「秘密保護法の日米比較をまとめました。 深草先生による改訂版は、 http://fujisawa.deca.jp/9jo/himitsu-america9.pdf をご参照ください。
政治 秘密保護法
108
深草 徹 @tofuka01
秘密保護法、米国の制度と比べてこんなにひどい① 米国ではオバマ政権のもとで、「透明性があり開かれた政府」をめざし情報開示のための積極策がとられている。「情報自由法」の活用、「過剰機密削減法」の制定など。米国では国家情報は国民のもの。情報開示を進める方向を鮮明に。日本とは正反対。
深草 徹 @tofuka01
秘密保護法、米国の制度と比べてこんなにひどい② 米国では秘密保全法制の柱は「機密指定された国家安全情報」と題する大統領令13526号。 これによると機密指定対象事項は8項目に類型化されており、非常に限定的だ。わが秘密保護法案の秘密指定対象では23項目、あいまいで、実質上無限定だ。
深草 徹 @tofuka01
秘密保護法、米国の制度と比べてこんなにひどい③ 米国①法令違反、非効率の助長又は行政上の過誤の秘匿②特定の個人、組織又は行政機関に問題が生じる事態の予防③競争の制限④国家安全保障上の利益の保護に必要ない情報の公開を妨げ又は遷延させる目的の機密指定禁止。秘密保護法はこんな規定なし。
深草 徹 @tofuka01
米国では機密指定権者は「正当な権限によらず開示されたときは国家安全保障上の利益に損害がもたらされる結果が生じつ頃を合理的に予期し得ると決定し、かつその損害を特定・記述できる要件」を充足しなければ機密指定できない。厳格だ。秘密保護法案では行政機関の長の考え次第でどうにでもなる。
深草 徹 @tofuka01
秘密保護法、米国の制度と比べてこんなにひどい⑤ 米国では①上・下院の特別委員会が機密指定の濫用を審査する②指定に対する内部からの異議申立が奨励され、内部措置に不服があれば省庁間審査委員会(合議制機関)への申立ができる。秘密保護法案では秘密指定は国会をも拘束、異議申立の手続もなし。
深草 徹 @tofuka01
秘密保護法、米国の制度と比べてこんなにひどい⑥ 米国では①国立公文書館の情報保全監察局長から、②市民・研究者らから、③国立公文書館に設置された国家機密解除センターから、それぞれ機密解除請求できる制度があり、省庁間機密審査委員会が裁決する。秘密保護法案には解除請求の道は一本もない。
深草 徹 @tofuka01
秘密保護法、米国の制度と比べてこんなにひどい⑦ 米国では機密期間は10年未満、10年、例外的に25年、例外は限定列挙。特別の期間を定めるには合議制機関の省庁間審査委員会が審査する。国立公文書館移管文書については同館長が機密解除の措置をとる。秘密保護法は杜撰な規定。解除の保障なし。
深草 徹 @tofuka01
秘密保護法、米国の制度と比べてこんなにひどい⑧ 米国では情報保全監察局(長)による機密指定の行政監察が行われ、毎年大統領宛機密指定実施状況の報告書が作成・公表される。機密文書等の保管も監督される。秘密保護法では秘密指定実施状況は公表されず文書の廃棄防止措置なし。現状は殆ど廃棄。
深草 徹 @tofuka01
@tofuka01 訂正:私の小論「アメリカと比べてこんなにひどい特定秘密保護法案」の全面改訂版です。アメリカの制度とのトータルな比較ができるようにしたことと、なぜアメリカと比較するのかという点を補強しました。是非ご一読下さい。http://t.co/udLzqTXzP2

コメント

瀬戸内海アマ(国民の生活が第一) @12koku 2013年11月22日
まとめを更新しました。私以外編集不可にしましたので、ツィートの追加等要望がありましたら、私あてにお願い致します。
佐々伸也(kmyno…) @naoskihund 2013年11月23日
以上、スパイのお仲間の妄言でした。
マルンボーリ @tandaji 2013年11月24日
まぁ…あっちはあっちで守ってないという実態がバレて慌ててるけども、日本はそれを踏まえてしっかり作成せんとダメだわな。
子ぬこ @konukopet 2013年11月24日
アメリカは日本と違って民主党も共和党も愛国者だからなぁ… 単純に比べるのは無理
義忠@諸々活動中「物語工房」 @yoshitada_n 2013年11月24日
どんなに法できつく縛っても、自爆覚悟の「覚悟の士」が出てきたらどうもならん。そういうのを防ぐには国民一般の規範意識まで高めねばならないし、それには法律への国民の理解と納得感を高める必要があるのだけど……。
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2013年11月24日
色々批判はあるようだが、初めて真面目に聞くに値する批判を見た気がする。これまでは諸外国での同趣旨の法の存在を無視して「軍靴の足音」一辺倒だった(おかげで批判論を真面目に検討する気が起こらなかった)。
山元 太朗 @tarogeorge 2013年11月25日
Executive Orderは憲法か法律からの直接委任がなければ、単なる行政府内への大統領命令なんだけどね。防諜法とも接続してないはずだし。プロなんだからごまかさない方がいいと思う。
瀬戸内海アマ(国民の生活が第一) @12koku 2013年11月25日
まとめを更新しました。深草徹先生ご自身による、 「アメリカと比べてこんなにひどい特定秘密保護法案」の全面改訂版 http://fujisawa.deca.jp/9jo/himitsu-america9.pdf を追加致しました。
もなか工房@もふもふ @kitijouji 2013年11月25日
アメリカと比較してひどいというなら そもそも秘密保護法が今まで無かったことが一番ひどいのではないか? こういった時に比較論を持ちだす奴は、殆どの場合 自分の意見に都合の良いことしか言わない
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年11月25日
アメリカの制度は確かに立派ではあるのだけど、それ相応にコストもかかってることを考えると、手放しに日本も真似すればいいって話じゃなくなるんだよなぁ。議員の特別委員会による監査にしたって、国会議員がルールねじ曲げて天皇に手紙渡したり、無許可で北朝鮮に行ったりする程度にモラルがぶっ壊れてる国で果たして機能するのか、って問題があるわけで。マトモでない奴が議員になってるのに、法律だけはマトモであるべき、ってのは難しい。なにせ法律を作るのも議員の仕事だから。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2013年11月25日
「だからやめろ」じゃなく「だからこうしろ」で始めて議論になるんだがなwもっともココではこうだから根拠や国民性も考えずうちもこうしろ、じゃなぁ。
べれお @GregoryWagiro 2013年11月25日
こういう言説でいつも気になるのが、「例えばその国の制度・法律であなたが考えるデメリットや欠点はなんだと思いますか?」っていうところで。完全無欠の法・制度なんてないですし、また別の利点や法・制度とのトレードオフな部分もあったりしますから。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2013年11月26日
他国の同制度と比べて「これこれこういう問題がある」ではなく「ひどい」という表現を用いる辺り、最初に否定から入ってるので、その辺りは差し引きしないとダメよね、これ。
s.j. @uo_kawa 2013年11月26日
なるほど、米国に比べて、日本の秘密保護法にはまだ改善の余地があるのですね。これは、日本に秘密保護の考え方を定着させるのに有益な論点ですね。でもそのためには、廃案にするよりも、現場で運用しながら、そこから浮かび上がってきた問題点を改善していった方が良いのではないでしょうか。
男爵芋 @hidepon1976 2013年11月26日
ネトウヨの人ってほんと脳天お花畑。将来、民主党が再び政権を取って秘密保護法を悪用するとなぜ想像しないの?それとも永遠に自民党政権が続くとでも思ってるの?
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年11月26日
共産党が政権を取るよりあり得ないんですけど… 「将来、民主党が再び政権を取って」
Rain、本名:金正雨(46歳無職) @kim_jong_wu 2013年11月27日
我らが究極無敵銀河最強神聖大正義自由民主党は絶対にして神聖不可侵ニダ!物申すなど不敬の極みニダ!楯突く不忠の輩は片道切符のシヴェリア送りニダ!
ひつまぶし @Una_botella_ 2013年11月27日
バカには三行で書かないと分からないよ。単語3つくらいを赤字で太くするといいですね。
鮎川佑@鍵島3B05でした @summer_lights81 2013年11月27日
自民党が悪用しないという保障もないですけどね。
万打無 @mandam111 2013年11月27日
だったらもっと前からこういう機密保持のための法律を整備しろと言えば良かったのに。もう、この手の主張は機密保持のための法律の整備を以前から求めていた奴しか信じるつもりはないね。実際「はいはい今度はそういう口実でくるのね」としか思われてないじゃん。
言葉使い @tennteke 2013年11月27日
つくづく、日本人の中には「ワースト」が嫌いで「ベスト」大好きな人がいるのね。当然「ベター」も「バッド」も嫌い。
八代泰太 @clockrock4193 2013年11月27日
hidepon1976 確かにそうですね。民主党が対案として丸呑みしろと言ってた代物は、防衛秘密を守るべき対象から外してあったそうですから。他党が国の重要な情報を守る為のシステムを調整している間、民主党だけは自分たちに都合の悪い情報を国民からどうやって隠すかを考えてたわけです。そんな連中に二度と議席なんて与えるべきじゃないですよ。
sis_sis @sis_sis 2013年11月27日
民主党は国防・防衛関連と、国内テロ活動情報を外すように迫っていたから、彼らとしてはここに罰則が科せられると困る何らかの理由があるんだろうね。罰則が科せられそうなお仲間が大勢いるので配慮したとしか思えないけど、それは邪推ですよね。
γさくらい ゆかきちγ @sakurai_yuka 2013年11月27日
『野田内閣が一昨年10月に成立させたがっていた秘密保全法が、ようやく成立するんですよ。良かったですねぇ』
西大立目 @relark 2013年11月28日
ここは日本だ!外国の話を持ち出すな!この反日スパイめ!だいたい、日本の秘密保護法案は売国奴に甘すぎる!アメリカのように死刑を盛り込むべきだ!
*団長さん @dancyou_san 2013年11月28日
「現場で運用しながら、そこから浮かび上がってきた問題点を改善していった方が良い」 って仰る方がいらっしゃいますけど、その問題点が「秘密」になっちゃうんじゃないの? って思いますっ
かえでこ @KaedekoSakura 2013年11月28日
「問題になった」ということは、問題にする人が居て、問題を知り得たということで、それはもう「秘密」にできませんよ。そして、問題を知りえない状況では、この法律が「あろうがなかろうが」、好き勝手秘匿できますね。よく反対派の人が例示する、「SPEEDI」のように。
kawonasi @kawonasi4989 2013年11月28日
当時、公安から要注意人物とされていた岡崎トミ子を公安委員長にしたのが民主党政権です qt clockrock4193 民主党が対案として丸呑みしろと言ってた代物は、防衛秘密を守るべき対象から外してあったそうですから。
kawonasi @kawonasi4989 2013年11月28日
当時、公安から要注意人物とされていた岡崎トミ子を公安委員長にしたのが民主党政権です qt sis_sis 民主党は国防・防衛関連と、国内テロ活動情報を外すように迫っていた
kawonasi @kawonasi4989 2013年11月28日
因みに岡崎トミ子氏はこういう議員です→ http://twitpic.com/dmvab0 これは今まで新聞報道された事はなかった。にも関わらず新聞各社は『健全な報道』『知る権利』が侵される!と大騒ぎしている。間違ってるよね!
రాం చరణ్ @sepiairo 2013年11月28日
9条の会という単語にアレルギーを起こしたのは私だけですかね。
八代泰太 @clockrock4193 2013年11月28日
保護法が無くても民主党は政権を握った時に情報隠蔽を繰り返しましたが。私はこの法律が悪用される可能性より、法案の目的に骨抜きにした対案の丸呑みを要求する野党の存在が恐ろしいです。〉RT hidepon1976 : この手の法律は、厳格な明文化こそが条件であって、運用によってなんとでもなる玉虫色の法律は危険だと言っています。
八代泰太 @clockrock4193 2013年11月29日
自分としては、秘密情報を国民が知れなくなることより、政府が主導して情報流出させる方が問題だと思う。
超icbm @ssicbm 2013年11月29日
防衛機密とかは現行法でもある程度厳しいから外した所で大差無いがな。
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2013年11月29日
日本でアメリカのように「国家情報は国民のもの」という意識が普及しないのは、そもそも「日本という国家自体が国民によって(あるいは、国民のために)建国されたものではないから」と考えるのは穿ち過ぎでしょうか。
人生の風見鶏色 @moscow_0_0 2013年11月29日
確かに日本の民主化過程が民主主義に対する態度に影響しているだろうということは、よく目にしますね。
人生の風見鶏色 @moscow_0_0 2013年11月29日
アメリカは日本よりずっと前から秘密保護法制を積み重ねてきたので、参考にする意義は大きいと思う。まあ、オバマもそうだけど民主党政権のときは秘密の範囲を狭め公開する傾向、逆にブッシュとか共和党政権のときは秘密の範囲を広げる傾向にあるらしいので、その点は注意が必要だけど。
人生の風見鶏色 @moscow_0_0 2013年11月29日
そもそも日本には知る権利を活用して政治をより良くしようとかいうことを考える人が少ないから、どうせ知る権利を確保したところで使わないだろお前らって話ではあるんだけどさ。だからこそこれを機に市民の義務として政府を監視することを覚えましょうとも言えるけど。
Akisute @take12024 2013年11月29日
真に「国民のために建国された国」なんて世界中にどんだけ存在するんだか。ほとんどの国が一部指導者の恣意的な制度設計で誕生したとしか思えないが。大久保利通等の維新の志士だって「君民共治」を理想としてただけで、国家建設が国民のためではなかった訳ではない。大正デモクラシーの歴史もあるしね。この先生もそうだけど、なんで比較対照が米国だけなんだろう?
人生の風見鶏色 @moscow_0_0 2013年11月30日
日本の安保外交の立場上、アメリカの政策がよく研究されてるとか、そもそもアメリカに合わせるための法案だからってことだと思う。PDFだけどこれとか分かりやすい。米国における国家機密の指定と解除http://t.co/gMf670WM22 逆にアメリカ以外の秘密保護法制について詳しく書かれた奴があれば教えて欲しい。
Akisute @take12024 2013年11月30日
すでに上の人が挙げてるよ、米国以外の例は。つか米国に合わせるためじゃなくて、普通にどこの国にもあるものを造ろうってことだと思うが。資料にもあるように、米国以外のものも研究されてるみたいだし
mae @coco5xs 2013年12月15日
「米国における国家機密の指定と解除」を書いた永野秀雄さんはこんなこともいっているんだがなあ。国家安全保障に関する特別委員会 12号より「本法案における秘密指定の範囲は、米国における大統領令による秘密の指定の範囲に関する規定よりもかなり厳格なものとなっております。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする