情報ネットワーク法学会第13回研究大会ツイート #inlawjp

標題のとおり。検索したハッシュタグは #inlaw, #inlawjp, #inlawA, #inlawB, #inlawC, #inlawD, #inlaw1, #inlaw2, #inlaw3, #inlaw4, #inlaw5 第13回研究大会開催案内 http://in-law.jp/taikai/2013/index.html
9
だんどじみつ @Toshimitsu_Dan

サイバー・セキュリティにおける情報共有 #inlaw c

2013-11-23 09:32:36
川添 圭 @kawazoelaw

情報ネットワーク法学会。電問研メンバーによる発表「インターネット上における情報の削除請求と『忘れられる権利』」スタート。 #inlawA

2013-11-23 09:38:21
Shinya ICHINOHE/一戸信哉 @shinyai

情報ネットワーク法学会第13回研究大会、個別報告A会場で司会をやってます。現在、「インターネット上における情報の削除請求と「忘れられる権利」について」蔦大輔(弁護士)、田保雄三(弁護士)、岡田健一(弁護士) #inlawA

2013-11-23 09:46:13
弁護士南川麻由子 @lawyerMAYUZO

まずは個別報告A『インターネット上における情報の削除請求と「忘れられる権利」について』 。ネット上に流れた個人情報について、EUでは昨年、Right to erasure、いわゆる「忘れられる権利」を定めるEUデータ保護規則案が可決されています。 #inlawA

2013-11-23 09:46:22
吉井和明 @kgoodwell

情報ネットワーク法学会、午前の個別報告は教室ごとにハッシュタグが設定されています。A会場はinlawA、B会場はinlawB、C会場はinlawC、D会場はinlawD(それぞれ頭にシャープ)をお使いください。#inlaw

2013-11-23 09:46:55
平 和博@『#悪のAI論』好評発売中 @kaztaira

「パーソナルデータ取引における本人同意取得の際の経緯に関する考察」6月の総務省報告書をめぐって #inlawB

2013-11-23 09:53:21
弁護士南川麻由子 @lawyerMAYUZO

ちなみに、案の段階では”Right to be forgotten”というワードが使われていたので、日本では「忘れられる権利」と報じられたりしましたが、可決段階では"Right to erasure"とされたんだそうです。消す権利(削除権)と訳すのがよいのかも。 #inlawA

2013-11-23 09:55:14
弁護士南川麻由子 @lawyerMAYUZO

Googleのサジェスト機能にまつわる裁判(検索語を入力すると関連するワードが自動表示されてしまうことについて削除を求める)について、今年、裁判所がgoogle側の削除義務を認めた例と否定した例が出ています。 #inlawA

2013-11-23 10:02:48
弁護士南川麻由子 @lawyerMAYUZO

この問題は、個人的に動画サイトからの動画削除請求事案を扱っていたりもするので、まだまだつぶやき足りませんが、既に次の個別報告に移っています。慌ただしい^^; #inlawA

2013-11-23 10:08:38
川添 圭 @kawazoelaw

次は部屋を変わって,板倉先生,壇先生の「民事・刑事上のWebサイトリンク行為の違法性に関する比較についての試論」 #inlawC

2013-11-23 10:08:50
平 和博@『#悪のAI論』好評発売中 @kaztaira

次は「ビッグデータビジネスにおける個人情報の容易照合性に関する考察」 #inlawB

2013-11-23 10:09:50
平 和博@『#悪のAI論』好評発売中 @kaztaira

朝からすごく混んできたB教室 「ビッグデータビジネスにおける個人情報の容易照合性に関する考察」 #inlawB

2013-11-23 10:11:38
弁護士南川麻由子 @lawyerMAYUZO

次は個別報告C会場で『民事・刑事上のWEBサイトリンク行為の違法性に関する比較についての試案』。違法なコンテンツの掲載されたサイトへのリンクを張る行為(例えば、児童ポルノ画像へのリンクや、著作権法違反コンテンツへのリンクを張る等)の違法性についてのお話です。 #inlawC

2013-11-23 10:12:28
平 和博@『#悪のAI論』好評発売中 @kaztaira

個人情報保護法2条1項 容易照合性のご説明中 #inlawB

2013-11-23 10:14:06
平 和博@『#悪のAI論』好評発売中 @kaztaira

交通系ICカードの他社販売事例の容易照合性のお話 #inlaw #inlawB

2013-11-23 10:17:19
弁護士南川麻由子 @lawyerMAYUZO

いわゆるまとめサイトやネットニュースサイトなどで、違法コンテンツへのリンクを張ったり、フレームリンクでサイト上に違法コンテンツが表示されるようになっていたり…というのは日常的に目にしますが、そういうサイトを通じた情報のネット拡散で被害を受ける人もいますから。 #inlawC

2013-11-23 10:18:12
平 和博@『#悪のAI論』好評発売中 @kaztaira

レンタルビデオ店とドラッグストアで共通で利用できるポイントカードの例 k-匿名性のお話 #inlaw #inlawB

2013-11-23 10:21:11
弁護士南川麻由子 @lawyerMAYUZO

壇先生、「名誉毀損罪との関係では、単にURLを示すだけのリンク行為が「公然と事実を摘示」に該当するというのは難しいのでは。ただし、クリックを誘導するような文言(●●のセクハラ××等)が付されているような事案では該当するとされる可能性も。」 #inlawC

2013-11-23 10:24:25
平 和博@『#悪のAI論』好評発売中 @kaztaira

容易性の検討/データのマッチングの容易性:当該情報のメタ情報の入手の容易性:「他の情報」の入手の容易性 #inlaw #inlawB

2013-11-23 10:30:58
平 和博@『#悪のAI論』好評発売中 @kaztaira

従来、データの性質を考慮せず、照合の手段の観点のみで容易照合性が論じられてきた #inlaw #inlawB

2013-11-23 10:36:02
(:]ミ(:]ミ(:]ミ @KTets

これより吉井さんの報告。遺族によるCGMにおける故人情報へのアクセスの可否 #inlawB

2013-11-23 10:46:31
平 和博@『#悪のAI論』好評発売中 @kaztaira

「遺族による閉鎖的CGMにおける故人情報へのアクセスの可否」#inlaw #inlawB

2013-11-23 10:51:36
残りを読む(94)

コメント

A.Wada @senryoAIIT 2013年11月24日
まとめを更新しました。
0