岩崎啓眞氏によるゲームの声優ギャラについてのお話し

CD-ROM採用により声優の生ボイスが使われ、その元祖とも言えるPCエンジン版イースI・IIの開発者である岩崎啓眞氏がゲームにおける声優のギャラはどう決めていたか、簡単ですが語られていたのでメモがてらまとめました。
ゲーム 岩崎啓眞 PCエンジン
30
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
あーなんでゲーム業界の声優のギャラの話が出てるのかと思ったら・・・野沢さんがしゃべったんだ。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
ゲーム業界に声優さんが本格的に入ってきたのは88-89年で、価格を主導的に決定したのは多分ハドソン=青二プロダクションの流れ。ただ、ゲーム>パチンコ>アニメ>洋画の順の理由はわかる。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
初期に高い値段がついちゃって、以降変わってないってことだけど、それ以外にもゲームって問題があって、シリーズ通して同一人物とかいないと「一本だけ」だから高くなるのもしょうがないんだよなーと。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
洋画の吹き替えだと俳優さんに声がつくことになるから、仕事が長くなる。アニメはキャラにつくし、長く仕事出来る。パチンコは仕事したことないけど演出の制限とかから「比較的音声が短い」んだと思う。となると、ゲームが高くなってしまうのは結構しょうがなかったなあと。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
覚えている限りのことを書くと、天外1&2では広井さんと桝田さんが声優さんを扱ってくれていた。正確には多分だけど1は広井さんで、2では桝田さんと広井さん。どちらかというと、広井さんが中心だった。88-89年のハドソンの人の大半は「声」については全くの素人だった。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
実際、ほんのすこしかじっただけの僕が声優さん用に書いた&書きなおしたシナリオが、そのまま正式になって、声優さんの録音の指導やってるような状態なんだから、88ー89年のハドソンは、全員素人といって全く間違いなかったろうw
三原さん。@ARIKA @miharasan
@snapwith とある時代、とあるプロダクションが起因で、その後、平均的になったとは思いますよ。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
@miharasan あっしがヨーク知ってるのは94年までで、そのあと一度ドカっと間があくんですよw 仕事が増えて調整されたんですかね。ただゲームは安いと声優さんに悪いんじゃないかなーとは思います(;´Д`)
三原さん。@ARIKA @miharasan
@snapwith いえ、ご指摘のプロダクションの言い値市場に大手がキレて、キャスト変えてでも使わなくなったので。

コメント

幸福太郎 @koufukutarou9 2013年11月25日
ゲームって一番、文字数というか喋る量が多いから高いと思ってたんだがそうでもないのかしら。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith 2013年11月26日
まとめられていたので、ちょっtp追記しとくと、なぜハドソン=青二が値段を決めたのかというと、最初に大規模に声優さんの入ったゲームを作ったのがハドソンで、そのときハドソンが使ったプロダクションが青二だったからです(PCエンジンCDROMは史上初のCD搭載コンソールゲームマシン。ついでに書くと、パソコンCDROMすらほとんどない時代)。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith 2013年11月26日
なぜ青二プロダクションだったのか、当時、ハドソンが関係が深いところとまるで繋がっていない気がするので、いまだ不思議だったりしますw 値段の決定を行ったのは、当時のハドソン東京の企画営業本部ですが、どのようにして値段が決まったのかは知りません。ただ当時のゲーム業界は「とても景気のいい業界である」と認識されていたので、かなりふっかけられたのをアッサリ払ってしまった…なんてのが真相な気がしますw
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith 2013年11月26日
もひとつ追記しとくと、イース1・2やってたとき、ハドソンでそういうことになってるのを知らなくて(誰も教えてくれなかった)、山根と進藤がレンタルビデオ借りまくって声優さん決めたら、東京から「青二で一本化してくれ」と連絡がありカタログが送られてきたので、青二プロじゃなかった声優さんを青二の方に置き換える作業をした。これ、面倒くさかったんだよねーw
吉岡たかを @takawoy 2013年11月26日
当時は声だけでなく、版権イラスト、キャラデザ、原画なども、場合によってはCM並の相場だったりしました。今は全然知りませんが。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith 2013年11月26日
takawoy キャラデザとか原画あたりは知らないっす(;´Д`) まあ高かったんだろうなあ…とは思いますがw
吉岡たかを @takawoy 2013年11月26日
でもイラストレーターの高荷義之さんは「いつもの額でいいです」と仰ってくださいました。高荷さんのご都合で〆切りが一ヶ月遅れたら「お詫びとしてそちらの言い値で」と、白紙の請求書が送られてきて、こちらが逆にビビりました(笑)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする