10周年のSPコンテンツ!

ひだまりサロン先生のツイート”今こそ知りたい!「子宮頸がんについて考えよう」"

小児科予防診療中心のひだまりクリニックの院長@hidamarisalon先生がNPO法人子宮頸がんを考える市民の会と性と健康を考える女性専門家の会共催のセミナー"今こそ知りたい!「子宮頸がんについて考えよう」"に参加されてのつぶやきをまとめました。
健康 医療
38

ひだまりクリニックの院長で小児科医@hidamarisalonさんが、NPO法人子宮頸がんを考える市民の会性と健康を考える女性専門家の会共済のセミナー"今こそ知りたい!「子宮頸がんについて考えよう"を受講されてのつぶやきをまとめました。

ひだまりサロン @hidamarisalon
子宮頸がんの勉強してきた。 私はきちんと子どもに説明して、ワクチンを受けさせたいと伝えるつもり。親が判断していいなら、私は受けさせる。 しなくていいってはずがない。 副反応の映像も恣意的なものを感じる。実際講師の先生に匿名の痛がらせ電話がじゃんじゃんかかってきたそう。
ひだまりサロン @hidamarisalon
もっとマスコミ関係の人は正しい情報をきちんと届けてほしい。 あの映像みたらとても受けなきゃって思えないと、予防接種に関して普通の感覚の人たちも言ってる。 そして、なぜ子宮頸がんワクチンに関してだけなのか? あまり大きな声で言うと報復がありそうという話も出てくる。異常事態では?
ひだまりサロン @hidamarisalon
昨日のシンポジウム・・・いろいろな健診の問題点も指摘されててすごく納得。20歳で頸がん検診のクーポンが配られるけれど、性経験の前では健診の意味がない。逆に10歳代で経験してる人にはそのタイミングでは遅いのだと。例として15歳で経験19歳で癌発見22歳で死亡という女性の話があった。
ひだまりサロン @hidamarisalon
逆に、セックスパートナーが変わらない女性が70歳になっても律儀に健診を続けているのも意味がな医療費がかかるだけという話も。 もうしなくっていいですよ、と声をかけると、みなさんホッとされるのだと。つまり、人それぞれの性行動に沿ったオーダーメイドの健診や医療が必要ということ。
ひだまりサロン @hidamarisalon
性行動はそれぞれなのに、一律に健診を何歳でということもおかしいし、クーポンやポスターに「セックスしてない人には健診は意味がない」なんて一言も書いてない、セックスと癌と健診とどんな関係があるか明らかにしない、教育もない、そんなところでどう自分を守るのか? もっときちんと知らせないと
ひだまりサロン @hidamarisalon
予防接種だけでは防げない、そして、健診でも見つけにくい癌がある。健診だけでは安心でない。予防接種だけでももちろん安心ではない。きちんと伝えた上で、デマはデマと伝えていかなきゃ。正しいこと今わかっていること、健康を守るために大切な情報はちゃんと伝えないと。
ひだまりサロン @hidamarisalon
副反応で苦しんでいる人が1000人もいるんですよ!と匿名の電話でヒステリックに言われるのだそう・・・ でも、実際に23歳という若さで頸がんになった女性の話を聴いたら、どう思うだろうか、その人・・・ それはそれは輝いている日々からいきなりの本当に苦しい日々に変わってしまったのだから
ひだまりサロン @hidamarisalon
子宮頸がんを経験したお母さんは何としても子どもにはうけさせます!という人ばかりなんだとか。 それはそうだろうとわかる。小児科医でも経験すること。上の子が細菌性髄膜炎になったので、絶対にこの子には受けさせるという方々がいましたから、有料の任意接種だった時代。
ひだまりサロン @hidamarisalon
年間7000人が子宮頸がんの診断で子宮全摘をして子宮を失っている。それも、妊娠可能な若い女性が。今、20年前と違って、子宮頸がんのピークはずっと若い層に変わっている。これは初交年齢がずっと若くなっているからだとのこと。
ひだまりサロン @hidamarisalon
日本はとにかく健診率、特に若い女性の健診率がずっごく低い。 婦人科は、妊娠したら行くところではない。女性の健康、特に性に関することの健康のための場所。子どもを産むことに繋がる性の健康。敷居が高くない場所にしないとという医師の話も。もっとこちらからも歩まないとと。
ひだまりサロン @hidamarisalon
女性に多い癌の中で、唯一予防接種で守ることもできる(全部ではないが)のが子宮頸がん。それは間違いない。とするならば、やはり、せっかくのメリット。こわがって受けないでいるというのはもったいない。 実際、アメリカコネチカット州の子宮頸がんがワクチン導入で減ったという報告がされていると
ひだまりサロン @hidamarisalon
癌化するのに、時間がかかるので、ワクチン受けてから効果がはっきり疫学データにでてくるまでに時間がかかる。その点ヒブや肺炎球菌ワクチンとは異なる。細菌性髄膜炎ではすぐにワクチンのメリットが出てくるから。だけど、データがないからといって接種しないと、それだけ癌患者が減らないわけだ。
ひだまりサロン @hidamarisalon
前がん状態で、経過観察が必要ということになったという人だって、精神的な負担はとても重い。数か月に一回の経過観察が必要で、その後によくなっていく人もいれば、癌の状態になって切除することになる人もいるとのこと。HPVテストって習わなかったなぁ~古い知識しかないんだなぁ、私。
ひだまりサロン @hidamarisalon
@hidamarisalon 今メモを確認したら、癌でなく、中等度高度異型性、でした。 でも、確実にがんいつながる異常状態であり、経過観察が必要な状態でいろんな面で負担が大きい病変であることはまちがいないです。
堀 成美 @narumita
「ずっと若い」ですかね? 昔は結婚も早かったですが。2005年以降、初回性交の年齢は上昇傾向なので、この世代の全体のトレンドも注目したいと思います。 RT @hidamarisalon: これは初交年齢がずっと若くなっているからだとのこと。
ひだまりサロン @hidamarisalon
@narumita 多分、セクシャルデビューの年齢だけの問題ではないのだと思います。どういった子たちがという話がありましたが、性虐待、家に帰れないで男性の家を転々、貧困、そしてパートナーもどんどん変わるとてもリスクの高い女の子たちの話が出てました。
あさぎ🎏🎏🎏 @asagin
初回性交の年齢ってどうやって調査してるんだろう RT @narumita 「ずっと若い」ですかね? 昔は結婚も早かったですが。2005年以降、初回性交の年齢は上昇傾向なので、この世代の全体のトレンドも注目したいと思います。
ひだまりサロン @hidamarisalon
@asagin @narumita 高1の段階でぐっと上がる経験率、高3では半数近くの経験率という折れ線グラフが示されていました。どこからの出展かと言われれば、ちょっとはっきりいえないのですけど・・・
ひだまりサロン @hidamarisalon
慢性疼痛症候群って、予防接種だけが原因なんではない。採血でもなるし、献血でもなる。自院の採血のマニュアルにもともと書いてあったと婦人科の医師は調べてみて改めてびっくりしたという話。 早めに、軽い症状のうちに、専門家の診断、治療を受けるのはとても大事なんだとのこと。
ひだまりサロン @hidamarisalon
@Yu_Miriel そうですよね。 シンポジウムには「23歳で子宮頸がんを体験して」ということで、日本対がん協会の方がお話ししてくださいました。 その辛さ、切なさ、そして支えられて立ち直ってくれて、話をしてくださってありがとう~と思いました。
ひだまりサロン @hidamarisalon
@Yu_Miriel 治癒に向かう人もいるけれど、進行していて治療をしても効果がなくてという人ももちろんいますね。 若くして癌になる女性の背景の問題に触れた話もあって、結局、社会の問題(虐待・貧困・DVなど)が若い女の子に現れているのだと感じました。
ひだまりサロン @hidamarisalon
@Yu_Miriel 15歳でセックス、多くの男性と経験、19歳でがんがわかり、22歳で死亡・・・その女性を診た先生は、中学生に向けての講演会でその話をしたとのこと(学校側からワクチンの話はしないでと言われたけど)ちゃんと生徒はわかってくれたワクチンを受けにきてくれたと。
ひだまりサロン @hidamarisalon
昨日勉強した会は、「今こそ知りたい!子宮頸がんについて考えよう」 性と健康を考える市民の会 NPO法人子宮頸がんを考える市民の会共催のシンポジウムでした。 子宮頸がん体験者やその家族知人にしたら、ワクチンバッシングはいてもたってもいられない事態なんだと実感しました。
ひだまりサロン @hidamarisalon
「今こそ知りたい!子宮頸がんについて考えよう」とても勉強になりました。私の知識の浅さは他科だから仕方ないのかもしれないけれど、自分の身体のことでもあるし、お母さんの悩みに応えたいということもあるし、もっと勉強しないとなぁと反省。
残りを読む(1)

コメント

luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年11月26日
HPV は、外陰がん、腟がん、陰茎がん、肛門がん、中咽頭がんなどの原因にもなります。 http://www.shikyukeigan-yobo.jp/qa.xhtml の Q7。 (女性だけでもない)
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年11月26日
とはいえ、男性側の発症確率はその部位を洗浄することが容易であることが多いため、非常に低く、キャリアになり得る男性のワクチン接種は低いです。 ただし、接種推奨になってくる国も出てきているようです。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年11月26日
女性に感染するという事は、それに男性が介在している、という事です。 その点も、ちゃんと把握されるのが良いかと思います。
いくた♥️なお/C97土南ツ30a @ikutana 2013年11月27日
もちろん、子宮頸がんになるリスクがあるのは女性の方だけど感染は男性もするわけで、ワクチンの供給量が充分なのであれば男性も接種した方がいいのは確かですね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする