じごぼうさんkinkuma0327の「性教育非難は「不当な支配」 都議らへの賠償命令確定 - 47NEWS(よんななニュース) 」

都が95年に出した、性器の名称を小学生に教えるべきとした学習指導要領について、「知っているが、それは間違い。発達段階の子に性行為について教えるのは許されない」と語ったという。つまり、土屋都議は個人的な思想を達成する為に、都議の権力を利用して学校に乗り込んだ、ということになる。 by じごぼう
コラム 都議員 性教育 賠償 じごぼう kinkuma0327
11
じこぼう @kinkuma0327

のんだくれの激モテサラリーマン。たまに更新されるヘッダー画像を美味しそうと褒められると内心喜びます。 基本、絡み方が気持ち悪い人はブロックします。改変ツイートは見つけ次第、ブロックする仕様です。リプライにあまり返信しないのはシャイだからです。ごめんなしゃい。

m.twilog.org/kinkuma0327
じこぼう @kinkuma0327
性教育非難は「不当な支配」 都議らへの賠償命令確定 - 47NEWS(よんななニュース) http://t.co/oczpLPNoXA
じこぼう @kinkuma0327
97年に在校生同士が性的関係を持ったことを問題視し、都立七生養護学校は保護者との協議を重ね、歌や人形を使い、生徒らに男女の体の仕組みを教える独自のプログラムを導入した。知的障害を抱える児童の性の問題に悩んでいた全国の養護学校からも、この性教育プログラムは注目を浴びることとなった。
じこぼう @kinkuma0327
この性教育プログラムに対し、都議会議員の土屋氏、古賀氏、田代氏ら保守系議員が、不適切で行きすぎた性教育だとし介入しようとした。彼らは視察と称し、産経新聞の記者を引き連れて七生擁護学校に現れ、学校側に無断で資料を押収しようとし、教員をやめさせてやる、などという意味の恫喝を行った。
じこぼう @kinkuma0327
都教委は学校側の性教育を不適切と認定し、教材を没収。当時の校長を別件で懲戒処分(教諭への降格と停職1ヶ月)とし、性教育にかかわった教員31名を、やはり性教育プログラムとは関係のない理由で厳重注意処分とした。なお、この校長に対する処分は裁量権の乱用として、違法判決が確定している。
じこぼう @kinkuma0327
過激な性教育批判はジェンダーフリー批判とあいまり、道徳を破壊し家族制度を崩壊させるなどといったよくわからない議論を呼んだ。05年には「過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態調査プロジェクトチーム」が立ち上げられた。座長は安倍晋三、事務局長に山谷えり子。豪華な(?)メンバーである。
じこぼう @kinkuma0327
以上、ウィキを駆使して事件の経緯をまとめてみたが、ぼくが気になるのは、七生校に対する過激な性教育批判が、ジェンダーフリーに対する批判へとシフトするところである。彼らの行きすぎた性教育批判は、ジェンダーを教えることなく、男女の身体性を教えることに対する不快感が根本にあるらしいのだ。
じこぼう @kinkuma0327
こうした性教育に対する保守系議員からのバッシングの背後にあるのはたぶん、「社会的な性」を教え込むのよりも先に「身体的な性」を教えることは、子供たちに男女の固定的役割分業意識をスムーズに受忍させるための障害になりかねないし、家族制度の崩壊を招く…みたいな意識があるのだろう。
じこぼう @kinkuma0327
知的障害を持つ児童の中には、「性」に対する知識不足から、性的な 暴行の被害にあっていてもそのことの意味を理解できないでいる子供たちがいるということも事実だ。彼ら、彼女らに対し、自身の身体的な性について知ってもらうため、苦心の末にたどり着いたのが、七生校の性教育プログラムである。
じこぼう @kinkuma0327
今回の裁判で、視察と称してマスコミを引き連れて学校側を恫喝し、権力を振りかざし一方的に資料を押収した都議会議員3名の行動について、裁判所が「教育への介入で不当な支配に当たる」と認定したわけである。
じこぼう @kinkuma0327
教員の日々の創意や工夫が、声が大きいだけの恫喝議員によって潰されてしまう。政府は教育再生だと鼻息荒いけれども、はたして現場の声を積極的に聞こうとしているだろうか。教科書採択の問題もそうだが、現場の声を無視してでもイデオロギーを果たしたい、という勢力が跋扈していて、嫌な感じがする。
じこぼう @kinkuma0327
七生養護学校事件の裁判における、原告の都議および産経記者の抗弁内容について。/産経記者「記憶なし」連発 養護学校の性教育裁判 http://t.co/ixr3VKIZi5
じこぼう @kinkuma0327
前TWのリンク先の記事によれば、医師である田代都議は、性教育について問われ、「知識をもつこと、意義(生殖)をもつこと、道徳的規範をもつこと」の3つのうち、1つだけを教えるのはバランスがとれない、3つ一緒にやることが大事」と語ったという。
じこぼう @kinkuma0327
性の意義を「生殖」に限定するような言説にも容認できないが、知的障害のある子供に生殖に対する知識や自らの身体を守るための知恵をつけさせるため、いちばん身近にある自分自身の身体性と向き合うように促す七生校の性教育は、田代都議の考える観念的で抽象的な性教育観よりもはるかに有意義だろう。
じこぼう @kinkuma0327
また、書類を押収する際に「国税と同じ」と言ったという。あたかも自分たちに自力執行権があるかのような強権的態度で振舞って、資料を取り上げていくような行為は横暴きわまりない。そういう横暴をしたのは、彼ら議員の中に、養護学校に対する見下した感情があるからなのではないかと訝ってしまう。
じこぼう @kinkuma0327
しかし、田代都議よりもひどいのが、土屋都議である。保健室の教員を問い詰め泣かせたことについて、「うちの家内なんか、水戸黄門を見て泣くことがありますよ」と述べ、「彼女が泣いたのは答えに窮し、口惜しくて泣いたんだ」と答えたという。一般の教職員が、都議に対し強く反論などできるだろうか。
じこぼう @kinkuma0327
都が95年に出した、性器の名称を小学生に教えるべきとした学習指導要領について、「知っているが、それは間違い。発達段階の子に性行為について教えるのは許されない」と語ったという。つまり、土屋都議は個人的な思想を達成する為に、都議の権力を利用して学校に乗り込んだ、ということになる。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする