伝説巨神イデオン感想

イデオン全39話+劇場版2作の視聴感想を予定としています。イデオン関係の知識は第3次スパロボαでしか知らない状態での視聴となります。今年最後の最大級の感想かもしれないです。
アニメ 80年代アニメ 富野由悠季 湖川友謙 サンライズ スペース・ランナウェイ 富野作品 伝説巨神イデオン
6
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
さて、アイアンリーガーに変わりまして、伝説巨神イデオンの視聴感想でも呟きましょう。今年ももう終わりだぁ!ということですので、終わりに相応しいイデオンな訳です。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
今日は触りの1~3話について述べていこうかと。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
いろいろ呟く事になりそうだが、まずはスパッと書くと、今の所ソロ星脱出までに至るドラマがイデオンら遺跡のメカが未知のメカということもあり振り回されている人々の描写、そして何時襲いかかるバッフクラン側の脅威。また刹那的な死の描き方もありスリリング!の一言を述べます。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
この二点に関してはザンボット3と1stガンダムを足して二で割った所がある背景かもしれない。発掘されたメカに関しては前者、地球外の世界を舞台として突然の空襲により始まる物語は後者の要素かもしれない。いずれにせよこれもまた経験が浅い面々の群衆劇が引き継がれたかと。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
あと富野監督の作品は1stガンダムのスペースコロニーから始まってVガンの頃まで地球外の世界を舞台としているような気がする。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
この件に関してはスターウォーズ関係の影響もあったのかもしれない。地球外を主な舞台とした作品だとダイケンゴーが皮切りで、ガンダムとイデオンの間にゴッドシグマも物語のメインではないが木星の衛星・イオの移民についての設定がそこそこ重要なウェイトを占めているかと。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
翌年になるとダイオージャやゴライオンがほぼ地球外の惑星を舞台とした作品でもあり、ブライガーからのJ9シリーズも広大な太陽系を物語の舞台として置いているかと。ロボットアニメの舞台が地球から離れていった時期なのかもしれない。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
あと、イデオンのソロ星については、スペースコロニーと同じく地球からの移民という設定はあるものの、惑星は未開で現住生物もちらほらいる環境と惑星ゾラに似ている所があるかもしれない。未来派と自然派の中間に値する舞台だろうか?
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
続いて、空襲の件に絡めてイデオンの世界でも死を当たり前のように突き放して書く所があり、それが空襲や戦闘の恐怖をちょっと駆り立てさせる描写かもしれない。いわば戦死に関してドラマの場を設けないような。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
3話まで見てきたが殆どの人が死ねば遺言や断末魔をあげる間もなく画面から消える。コスモの父さんもいきなり塔の下敷きとなっていたし、シェリルの父も何か話した直後に吹き飛ばされて岩の下敷きになったカットが映るだけと一瞬にして終わってしまう。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
さらに加速すればレギュラー陣の家族関係についても死んだ描写すらはさまずいつの間にか死んでしまった的な流れになる所から、1人1人の死を特別視する姿勢がないのかもしれない。その死に対してせいぜい3話でコスモが涙ぐんでいた所が例外だがそれも悩んでいる場合ではないと言わんばかり。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
個人的にゾッとした死については、第2話の「やったぜお母さん!」と敵機を撃墜した移民兵が喜んだ瞬間に撃墜されるシーンだった。ここは当時にしても相当グロテスクに描かれていた為思わずびくっとしてしまう。(若干グロがありますので閲覧注意) http://t.co/ZKcx3IvewC
拡大
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
この殺伐とした空襲・戦闘関係の描写と、センチになっている暇はない!と言わんばかりなキャラの動かし方が、突然の空襲の上に訳の分からない(失礼)メカを手さぐりで操らなければならない状況から緊迫感というものをじわじわと上げているのではないかと。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
そんでもって、台詞に関してはこれはちょっと勘ぐりすぎ?かもしれないが、ロボットアニメ像に対するメタ、アンチテーゼ的な台詞もちらほらと聞こえる。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
個人的に3話まで見て感じた台詞については初合体直後であおむけ状態のイデオンに対して、「ロボットなら立ちあがって戦えってんだ!」とのコスモの台詞、第2話で合体した際の「おい(Bメカのモニター)前が見えなくなっちゃったぞ!」(合体箇所の都合で)「ミサイルを変な所で取りつけた」とか
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
あと第3話でAメカの名前がイデオ・デルタと判明するが、メカの解明に忙しい為「名前なんかどうでもいい!」とコスモがデクに当たる台詞とかも合体メカに対しての一種の皮肉っぽいところがあるような気がしなくもない。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
あとイデオンに関しては……地味という印象が否めないメカアクションだと思う。個人的に戦闘シーンが面白くない点が今の所抱える問題といった認識がある。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
正直、この件に関しては葦プロロボットアニメに並ぶサッパリ感があると思う。これに関してはイデオンの武器に魅力を感じられない点やまた敵メカがかなり小型のメカによる編隊なのであんまりカタルシスがないってところがあるかなぁと。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
1stガンダムに関してもビームサーベル、ビームライフルといったちゃんとした武器があったこともあり、相手が同じサイズの例が多い故にそういうことは感じなかったが……イデオン、個人的には2、3個武器とか持たせてもありだと思うけれど駄目だったのだろうか?
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
いずれにせよまだ相手側の重機動メカが本格的に出ていないので、それらが登場するようになれば色々と見所があるのかもしれない。それ以外のところは悪くはないのでここは様子を見た方が良いかと。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
と戦闘シーン関係でちょっと苦言したが、メカ関係は面白いアプローチをされているのでそこについても触れなければならない。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
玩具寄りの話だが、イデオンは2段変形+3体合体とダイターン3やザンボット3を彷彿させるギミック。同期のロボットアニメ(ゴーディアン、ゴッドシグマ、バルディオス等)と3体合体が多い時代だが、ユニークなギミックを持っているかと。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
そして発掘された”未知の文明のメカを人類の手で武装化していく発想”について。第2話で各メカに追加されたミサイルがそれに当てはまり、先ほど地味とは言った物の発想自体は新しい試みではないかと思う。神秘のメカに人類の科学が加わる瞬間……とか?
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
富野作品的には前例にライディーンやザンボット3が当てはまると思うが、前者は人類の手でパワーアップしようとして失敗したエピソードがあり、長浜監督編だがデータを解明していくことで追加される仕組み、後者に関しては武装追加イベントが即席のイオン砲しかないので……
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger
そういう意味で非武装のイデオンを人類が武装化する発想は思い切った挑戦だと……ゴメン、良く考えたら、地球外のメカを人類の手がパワーアップさせた作品だとグロイザーXが先にあった。これは完全に忘れていた。
残りを読む(276)

コメント

じゃらく @jaraku 2013年12月1日
ふふふ…呑気なことを言ってられるのも、全方位ミサイルのビジュアルにひっくり返るまでですよ。( ̄ー ̄) RT @nanashiborger あとイデオンに関しては……地味という印象が否めないメカアクションだと思う。個人的に戦闘シーンが面白くない点が今の所抱える問題といった認識がある。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger 2013年12月5日
第4~6話の感想を追加しました。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger 2014年2月9日
第7~13話の視聴感想を追加しました。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger 2014年2月9日
第14~19話までの感想を追加しました。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger 2014年2月9日
第20~22話までの感想を追加しました。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger 2014年2月11日
第23~30話の感想を追加しました。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger 2014年2月12日
TVシリーズ第31~39話までの感想を追加しました。近いうちに接触編へスペース・ランナウェイします。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger 2014年2月16日
接触編の感想を追加しました。
(新)名無し・A・一郎 @nanashiborger 2014年3月10日
発動編と総論を追加しました。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年12月9日
「あんな…機械的な巨人がイデの伝説の巨神であってなるものか」ギジェもカララも、ファーストコンタクトの時にそれぞれ同じ事を呟くのが印象的(1話、2話)
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年12月11日
15話(脱走回)を改めて見て、子供の頃ストレスでしかなかったシェリルに共感できるようになっていたのは意外だった。サラリーマン物語みたいな要素もあり、いろいろ子供向けじゃないよなあ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする