2013年12月4日

特定秘密保護法案に関する小倉弁護士とSignorTakiさんの対話

人権擁護法案に共産党は一貫して反対しています。 [赤旗] 人権擁護法案 恣意的な運用の恐れ http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/02_01.html [赤旗] 人権脅かす「人権擁護法案」 続きを読む
1
小倉秀夫 @Hideo_Ogura

http://t.co/MhUoIwaVrg とはいうものの、「国の存立に関わる外部からの侵略等に対して国家及び国民の安全を保障する」ことという定義では厳密でも何でもないよね。「等」が入っている以上、定義としては、「国家及び国民の安全を保障する」との部分しかなくなっているわけだし

2013-12-01 10:42:19
リンク 池田信夫 blog 秘密保護法の超簡単な条文解説 : 池田信夫 blog 秘密保護法についての騒ぎはまだ続き、きょうは特定秘密保護法案の廃案を求めるアピールなるものが出るそうだ。「憲法の定める基本的人権と平和主義を脅かす」という決まり文句も笑えるが、上野千鶴子、内田樹、金子勝、姜尚中、小森陽一、高橋哲哉など、絶滅危惧種のオール
小倉秀夫 @Hideo_Ogura

つまり、修正案では、「安全保障とは、国家及び国民の安全を保障することである」といっているだけなんだよね。

2013-12-01 10:44:05
小倉秀夫 @Hideo_Ogura

っていうか、まずい運用が可能な法律でも、まずい運用さえ避けられれば問題がない、っていうなら、「悪い奴は、適宜処罰する」って条文を1個置いておけば足りちゃうよね。

2013-12-01 10:49:15
小倉秀夫 @Hideo_Ogura

防衛省が秘密裡に戒厳令計画を立てていたとして、内部告発に基づきこれを報道したメディアは、がさ入れくらいのは間違いないし、本当に正当業務行為として無罪としていただけるかは疑問ですけどね。

2013-12-01 11:25:04
小倉秀夫 @Hideo_Ogura

新型戦闘機が墜落事故を起こし住民がこれに巻き込まれた死亡した場合に、①墜落事故が起きたこと自体を特定秘密として指定できるのだろうか、②墜落したのが自衛隊機だったことは指定できるのだろうか、③墜落したのが新型戦闘機だったことはどうだろうか、③墜落した戦闘機の欠陥はどうだろうか。

2013-12-02 00:07:38
小倉秀夫 @Hideo_Ogura

公安警察が野党内にスパイを送り込んでいた場合、これに気付いた政党職員がそのスパイに対し、誰に頼まれてスパイ活動をしているのかを問いただそうとした場合、そのこと自体が処罰の対象とならないだろうか。

2013-12-02 00:10:50
小倉秀夫 @Hideo_Ogura

「サヨクどもから国家を守るため」として、将来国政選挙で左翼政党が勝利した場合に備えて自衛隊がクーデター計画を仮に作成していた場合に、この計画自体を特定秘密として指定しておくことは可能だろうか。条文上可能な気がしなくはない。

2013-12-02 00:13:04
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

特定秘密保護法案の話は、中身の問題はちゃんとした専門家の議論に委ねたいと思うんだけど、よくある反対論なんか聞いてるとうんざりしてくるのはあるね。人権擁護法案反対運動でそりゃ聞き飽きた、みたいな印象を強く持った。それはある。

2013-12-02 08:46:58
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

何かの法律の反対運動で「恣意的な運用が」「市民の権利が」とか言われると、反射的に「はいはい」とならざるを得ないんで。そのへん、まともな法律家が善導しなきゃいけないはずなのに、そのまともな法律家ってのが日本にどのくらいいて、そりゃ少なくない数いるとして善導してくれるのかどうか。

2013-12-02 08:55:18
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

法律の反対運動で無茶苦茶な議論があるとして、それをちゃんと訂正して善導するのが大変なのは分かるんだ。あたしもそういうことをやったことあるから。専門家だったら、もうアホくさくて「バカはほっとけ」で済ましたくなるの、よく分かる。

2013-12-02 08:59:23
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

そのうえ、まともに議論してもアホには絶対に勝てないんだよな、これが。そりゃあ、いくばくかの人の意見は変えることができる、あるいは認識を多少はまともにすることができるかもしれないが、そんなものは微々たるもので。

2013-12-02 09:01:16
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

その辺の大変さは容易に想像できるうえ、国家機密の問題はデリケートに過ぎるからこんな問題はタッチできない。だから、意図的に中身にまで立ち入らなかった。条文も読んでないよ。読みだすとまた面倒すぎるから。

2013-12-02 09:03:03
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

まあ、某法案の反対運動では俺が苦労して善導してやったと本音では思っておって、「専門家はいったい何をしとるのか」「何で専門家がやらねばならんことを俺が」と思ってたし、今でも思い出すとそういう気になるね。

2013-12-02 09:05:48
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

だから、問題は民主主義を運営する精神だろうと。

2013-12-02 09:25:47
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

ナポリターノ大統領の演説は、いつも民主主義とは何かを一般人に教えてくれるのな。ナポリターノは民主主義の精神についての洞察を、格調高く語ってくれる。あんな演説は、日本では誰も語ってくれないし、教えてもらったこともないよ。

2013-12-02 09:28:26
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

ナポリターノだったら、石破さんのブログの不適切発言を当然とがめるだろうが、その片方で石破さんが書いていた前半の部分、ちゃんと民主主義的な手順に則れという部分をきちんと評価して認めるんじゃないだろうか。 日本ではそういう議論は、法律家ですらやってくれんわけだ。

2013-12-02 09:31:03
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

ナポリターノの、二期目の就任演説の、初登院以来民主主義の礎を築くことに日々努力してまいった者がこのように語ることをお許しいただきたいのです、というくだりは、あれは泣くよな。泣く。

2013-12-02 09:36:43
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

民主主義の精神を教えてくれているナポリターノには、だから最大級の賛辞を惜しまないね。 ああ、それに比べて日本の議論のなんと薄っぺらいことか。あんまりこういうこと言いたかないけど、どっかにナポリターノみたいな日本人がいてちゃんと語ってくれたりしないんか。

2013-12-02 09:40:16
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

ナポリターノは右派とはいえとにかく栄光のイタリア共産党で、その人が俺みたいなガチガチの保守派で左翼嫌いに凝り固まった人間もうっとりさせるんだから、まあいかに偉大かという話ですな。

2013-12-02 09:44:42
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

ナポリターノだったら、デモやストライキなどの権利は十分に認めたうえで、議会制民主主義はまず国民の多様な代表者が集った議会における討議を経ることが重要だ、とか言いそうだ。拡声器もって連日物理的に妨害せんとするアホのことは、お前はアホだということをエレガントに言うんじゃないか。

2013-12-02 20:22:40
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

ナポリターノは、若いころはわしもいろいろやったから、お前さんがたの気持ちも言いたいこともよく分かる、とか言い出す永遠の青年闘士だから、説得力があるんだよ。

2013-12-02 20:25:54
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

特定秘密保護法案で法律家がやいやい言っても極めて呆れてるのは、人権擁護法案反対運動の時にまともな解釈をして善導してくれる法律の専門家があまりにも少なかったからで、なーにをこの人たちは言ってんのかと思うわけ。

2013-12-02 20:30:11
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

人権擁護法案なんか、あんな法律、二日あったら通るしょーもない法律なのに、右翼が扇動のネタに使って、それを専門家でない連中が止めにかかってたのに、善導してくれる専門家とか本当に少なかった。そのせいで、いまだにあの法律は通ってない。

2013-12-02 20:31:36
Signor Taki Gottoso @SignorTaki

そのうえ、ざっとネットを見回して、小倉先生が「まし」とかそれ一体どういうことなんかという現象が、現実の法律家のレベルを反映しているのであるとすれば、んなもん、よほど注意せんと法律の専門家とか信頼するに値する存在とは言えんやろ。割に怒ってる。

2013-12-02 20:34:04
残りを読む(152)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?