日本初・イケてる社会起業家の祭典R-SIC 実況まとめ

西の総本山・京都大学にイケてる社会起業家が結集!11時間にわたるジャンルを越えた横断的なトークの実況ツイートまとめ
起業 ベンチャー 経営
1

9:10~10:30 地域課題の解決に向けた官民交えての地域イノベーション

10:45~12:05 教育事業のアプローチの多様化:IT教育からキャリア教育まで

12:10~13:10 ランチタイム

13:10~14:30 参加者を交えたセッション

14:45~16:05 8団体による社会課題への面白いアプローチをショートトークで共有

16:20~18:00 理念に基づく事業の立ち上げとそのスケールアウトに関する葛藤・・・社会的事業と個人のキャリア

一般社団法人リディラバ | 株式会社Ridilover @ridilover
【申し込み締め切り迫る!】NPOの祭典R-SIC。 著名な登壇陣が繰り広げる、ジャンルを超えた熱い議論!社会事業の今が分かる、またとないチャンス!お申込みはこちらからhttp://t.co/y4QrObRKds  #RSIC
Yasu@育児と仕事と自然と @yasu_cs
京都に社会的事業経営者が集結する #RSIC はいよいよ明日。今日、登壇者の何人かとご飯ご一緒したけど、みなさん個性的すぎて、これは面白くなりそう。
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC 始まりました。リディラバの安倍さんからご挨拶。「本日は長丁場ですが、よろしくお願いします。本日の内容は基本的にツイッターはフェイスブックで共有していただいて構いません。積極的な質問も歓迎です。」
Misa Maeda@South Africa @mi__saaaa
今日は1日「R-SIC:"社会起業"の最先端を知る」で京都に来てます。いけてるNPOたちがこう集まるなんて素敵な良い時間になることでしょう。とっても楽しみ。 http://t.co/74478lLhI7 #RSIC
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC セッション①【官民交えての地域イノベーション】:モデレーターはYouth Create原田さん。登壇者はシチズンシップ共育企画の川中さん、ETICの宮城さん、つむぎやの友廣さん。
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC 川中さん:おはようございます。1991年に活動を始めたが、時代が変わっているのを感じています。なぜ官民を交えるのか?という話をしたい。
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC 川中さん:本題に近いところでは、市民と行政の力を重ねあわせる恊働まちづくり推進事業も行っている。市民と職員が考えるワークショップ、「円卓会議」を開催。NPO、行政、社協、学校…地域で縦割りが起きている。ここを繋げる活動。
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC 川中さん:問題提起。官民交えてのイノベーションについて。我々はまだアダプテーションに近いのでは。イノベーションはOS開発のようなもの。アダプテーションはアプリ開発。システムそのものを変える提案していく必要があるが、まだまだ不十分だと思っている。
Yasu@育児と仕事と自然と @yasu_cs
#RSIC 続いて、つむぎや代表 友廣さん<地域の未利用資源を活用した地元住民が主体の事業づくり>「震災後、牡鹿半島の女性の方と漁網を使ってミサンガ製作。50%を給料、50%をチームで貯金。 その貯金で、「ぼっぼら食堂」をオープン。現在は後援無しで、自立した法人となっている」
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC 友廣さん:具体定期には、石巻の牡鹿半島に主に関わっている。ふたつの浜で事業をつくっている。漁協の女性部の方と2011/4に知り合い、そのなかで漁網の補修糸でミサンガづくりの事業をはじめた。女性7人で手仕事づくり。
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC 友廣さん:1本1000円で販売。半分はつくった人の給料、残りはチームでの貯金に。もっとやりたいことが出てくるかもしれないから貯めていこう。これはよく売れた。何か自分たちもできるかもしれない、と思ってくれはじめた。
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC ETIC宮城さん:おはようございます。私は地域のテーマが好きなので、このセッションに参加しました。ETICの仕事は1993年に学生時代にスタートしました。今年で20年。
鬼頭佳代☀編集者&コワーキング運営 @Kayo_Kitoh
#RSIC 宮城さん:大学時代、みんないろいろな夢を語りながら、偏差値で選ぶような就職活動をしているのがもったいないと思った。豊かな社会で生まれて、あえて窮屈な人生を選ぶのは何かおかしいと感じた。起業家という言葉や選択をを聞いたら燃える奴がたくさんいると思った。
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC 宮城さん:これまで300人くらいの起業家を応援してきました。今日紹介したいのは地域のお話。私は起業家の応援をしながら、「地域」もテーマとしてきました。ETICの事業をスケールアウトする取り組みをしている。
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC 宮城さん:今、約50くらいの地域にノウハウを提供して、仲間が広がっている。地域コーディネーターという言い方をしている。地域のなかで社会起業家的に活動していく人たち。彼らを応援しています。
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC 宮城さん:震災復興にも力を注いでいます。5年間で300人のリーダーを送り込む事業。平均年齢30歳くらいの社会人たちを、青年海外協力隊のようなかたちで1年単位で送り込んでいます。92のプロジェクトに200名近い若者を送り込んできた。
Yasu@育児と仕事と自然と @yasu_cs
#RSIC 「自らの責任で未来を切り開いていく起業家精神は、どんな立場にいる人にとっても重要なテーマ。公共依存体質を打破し、起業家精神を育み、共有される環境を創っていきたい」#ETIC 宮城さん
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC 宮城さん:最終的には現地で自分たちで組織をつくって、被災地から起業家精神が育まれる環境をつくってもらいたい。自分で自分の地域をよくしていこう。行政のお金からの依存からどう脱却するか、ということに挑戦している。
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC つづいてSFCの松井教授:私は京都の宿屋のせがれ。兄貴と弟がいる。親からのリクエストは世のために仕事をしなさい。商売はお兄ちゃんに任せなさい、と言われて育ってきた。高校を卒業して東大、通産省に入った。
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC 松井さん:公のこと、民のことがある。私は1995年当時、首相官邸に勤務していた。阪神大震災。そのときショックを受けたのは、公の私たちが力があるわけでもない。ちょうどその頃、情報革命が始まり、民の人たちが公をやっているじゃないか、と気づいた。
𝙽𝚘𝚋𝚞𝚏𝚞𝚖𝚒 𝙷𝚒𝚐𝚊𝚜𝚑𝚒 / 𝚃𝚑𝚒𝚗𝚔𝚎𝚛 @maxtsubuyaki
慶應義塾大学松井孝治さん: 政府だけが社会的課題を解決するという時代はなかった。 公共的な事柄に市民が関わっていかなければならない。 当事者意識を持つための仕組みを作っていく方法を考えている。 #RSIC
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC 松井さん:個人的には、もっともっと行政とNPOの人々が人事交流した方がいいと思っている。実例を増やしていき、そのためのルール、ガイドラインをつくっていく。寄付税制はこのままでもいいのか、という話もしていく必要がある。
イケハヤ@YouTube登録17万人 @IHayato
#RSIC 松井さん:どういう政権であったとしても、公共というのを行政で担える時代は終わっていることを認識しないといけない。今はSFCの学生に、こういう構造を理解したビジネスパーソンとして社会に出て行ってもらおう、と考えて教育に取り組んでいる。
永田賢介(ジン) @gine_joybox
松井氏「今は慶應SFCで学生に教えています。彼ら彼女らの大半はビジネスパーソンになるが、その時にもパブリックの構造を理解していることが重要。若い世代が日本を変える、その手伝いが今後のライフワークです。」 #RSIC
残りを読む(145)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする