10周年のSPコンテンツ!

クリストファー・バズビー氏による大阪の大気の分析結果を検証する

大阪での震災瓦礫焼却に反対する「大阪の公害問題を考える会」(http://osakakougai.blog.fc2.com/ )が大阪市と大阪府下各地の大気を吸引してエアフィルターに捕集し、ECRRのクリストファー・バスビー氏のもとに送って分析を依頼。届いた検査成績報告書(英文http://bit.ly/1bp5dI2 和訳http://bit.ly/1gh0OdU )を検証しました。 放射能測定法シリーズ14「ウラン分析法」http://bit.ly/1dbSQ0E
科学 同位体 放射平衡 質量分析 エアフィルター ウラン 天然存在比 焼却 震災瓦礫
49

第1部

nao @parasite2006
驚いた!いまでもまだバズビー氏の信奉者がいようとは!http://t.co/EDfMWHn915
nao @parasite2006
大阪の大気を吸引してエアフィルターに捕集しバズビー氏のGreen Auditに送って分析http://t.co/cdXnS3gt73 (英文検査成績書http://t.co/iqU6shItPl )質量分析(ICP-MS)でU235検出とあるけれど結果一覧表だけでスペクトルなし
nao @parasite2006
バズビー氏のGreen Auditによる英文検査成績書http://t.co/iqU6shItPl (2013年6月づけ)の最後でU235とRa226を定量するための精密測定をすすめられ、10月には2次測定に出して結果待ち中らしいhttp://t.co/1ksLIObbu3
nao @parasite2006
しかしこのブログ記事http://t.co/cdXnS3gt73 はウラン235(U235)を人工放射性物質と書いているけれど、実際には3種類の天然ウラン(U234、U235、U238)のひとつ。
nao @parasite2006
3種類の天然ウラン(U234、U235、U238)の天然存在比はWikipediaの「ウランの同位体」の解説によればU238が99.28%、U235が0.71%、U234が0.0054%だから、天然のU238/U235比は99.28/0.72=137。
nao @parasite2006
これに対しバズビー氏のGreen Auditによる英文検査成績書http://t.co/iqU6shItPl の実測U238/U235比が116.5で、天然比137より高いからU235が濃縮されており、天然由来でないことを示す結果だと考察しているが(続く)
nao @parasite2006
(続き)逆数をとってみると、天然U235/U238比が1/137=0.0073すなわち0.73%に対し実測U235/U238比は1/116.5=0.0086すなわち0.86%。これが果たして意味のある差なのかどうか、放射化学の専門家に伺ってみたいものです。

第2部:追加調査してみました

nao @parasite2006
バズビー氏のGreen Auditによる大阪の大気を吸引したエアフィルターの英文検査成績書http://t.co/iqU6shItPl 質量分析で(ICP-MS)でU235を検出し実測U238/U235比が116.5で天然比137より高いというけれど(続く)
nao @parasite2006
(続き)各同位体ごとのフィルター重量か吸引大気の容量あたりのグラム数もBq値も示さないのは何とも奇妙。
nao @parasite2006
天然ウラン由来かどうかを判定するチェックポイントは2つ。1)U234とU238が放射平衡に達し放射能濃度(単位試料重量または単位試料容量あたりのBq値)が等しいか2)U235/U238の存在量(単位試料重量または単位試料容量あたりのg数)が天然存在比0.0073にほぼ等しいか
nao @parasite2006
福島第一原発事故後の海底土http://t.co/gclJtnrxhe や陸上土壌http://t.co/l0jAB7MOyi の分析結果。いずれもU234とU238の放射能濃度が等しく、前者ではU235/U238の存在量比は0.0082で天然比0.0073に近いと判定。
nao @parasite2006
福島第一原発事故後の海底土で同じ日に2カ所で採取した試料の分析結果を示したものhttp://t.co/UxDWe1JpgF U235/U238の存在量比は1つの試料では0.0066、もう1つの試料では0.0088。天然比0.0073からの実測比のぶれはこの程度はあるもののようです
nao @parasite2006
福島第一原発事故後の海底土4試料中のウランの分析結果http://t.co/HbhDzOhaF9 4試料中2試料はU235が検出限界割れしており、残る2試料のU235/U238の存在量比は0.010と0.0048。天然比0.0073からのぶれがやや大きいが、平均すると天然比に近い
nao @parasite2006
放射能測定法シリーズ14「ウラン分析法」http://t.co/S6NygzrXeD p.71:核燃料関連由来のウランは234U/238U及び235U/238U放射能比が天然のそれらと比べると数倍から数十倍高いことが予測されるが(続く)
nao @parasite2006
(続き)、天然ウランで希釈されるとそれらの識別は困難と考えられる。そこで使用済みウラン燃料などに存在する人工的に作られた半減期の長い236U(半減期2.342×10^7年)などが施設からの汚染を評価する上できわめて重要な核種とされる。

第3部:@guwati さんとのやりとり

guwati @guwati
@parasite2006大阪を代表地点に選んだ理由は何でしょう。事故由来というなら他の場所でもサンプリングして平均を取るべきですよね。普通に見かける天然存在比はU235/U238で出しますけど、これを逆にする表記もよくやるのですか?わざとU235が多いように見せかけてるのでは?
nao @parasite2006
@guwati 大阪で震災瓦礫焼却反対運動をしていた団体が大阪市内と府下の大気をフィルターに捕集しバスビー氏のGreen Auditに送って分析を依頼したのですhttp://t.co/cdXnS3gt73
nao @parasite2006
@guwati 確かに普通はU235/U238で出しますよね。数字を大きくして差が目立つよう意図的に分子と分母を入れ替えて計算したのは明らか。それに最終判定にはU234まで出してからBq数に換算してU234とU238の量を比較し、放射平衡が成立しているかどうかまで見るものですよね

天然におけるU234の存在量はU238の(0.0054/99.28) =5.43x10^-5、すなわちU238の4桁下よりまだ少ないのですが、どうして放射平衡が成立してBq数が等しくなるかというと、半減期に大きな差があるからです。
U234の半減期:2.455×10^5年
U238の半減期:4.468×10^9年

「ウラン分析法」p.73には放射能A(Bq)と重量m(g)の関係を表わす式が書いてあります。
A=[(In2)/T] x (m/M) x Na
A:放射能(Bq)
T:半減期(秒)
m:重量(g)
M:原子質量
Na:アボガドロ定数=6.0221×10^23 /mol

すなわち放射能Aは重量mには比例し、半減期Tと原子質量Mには反比例します。

U234の原子質量は234.04、U238の原子質量は238.05ですからその比は234.04/238.05=0.983となり、桁が動くほどの大きな差ではありません。
たとえU234の重量mの値がU238の4桁下だったとしても、半減期Tの値が4桁下ならm/Tの値は桁が動くほど大きくは変わりません。実際にm/Tの比を計算すると
5.43x10^-5 x (4.468×10^9/2.455×10^5) =5.43x4.468/(2.455 x 10) = 0.988
全体としてAの比はm/Tの比を原子質量Mの比で割って
0.988/0.983=1.005

nao @parasite2006
@guwati 検査成績報告書http://t.co/iqU6shItPl には各同位体の定量結果の実数値をg数、Bq値とも一切出さず、ただ分子と分母を入れ替えたU238/U235比を出しているだけ。
nao @parasite2006
@guwati U234は天然存在比ではU235(0.71%)よりさらに2桁小さいので(0.0054%)、実際には質量分析で検出限界割れしたから検査成績報告書で何も言っていないのかと勘ぐりたくなります。
nao @parasite2006
@guwati この分析結果が8月中旬に出たのを受けて、この団体は共産党大阪市議とともに大阪市の焼却場の排気の放射線計測を強化するよう大阪市環境局宛の要望書http://t.co/yakjzrl1e1 を提出していますが(続く)
残りを読む(311)

コメント

長月トッケーあるいは雛菊葎(愛スシ:スシ28) @picsacu_tokek 2013年12月9日
相変わらず、「不安になる情報=真実」と信じ込んでる人がいるんだなぁ。それにしても瓦礫処理反対はとんと聞かなくなったねぇ。
neologcutter @neologcuter 2013年12月9日
#反原発 って「一般庶民は科学なんぞ知らない」「日本人は権威に弱い」ってタカくくってるんだろうね。だからあんな無茶をする。
nao @parasite2006 2013年12月21日
久しぶりに「大阪の公害問題を考える会」http://bit.ly/1bp67UN のブログを見に行ってみましたが、12/22現在2次測定結果が返って来た様子はなく、ブログ自体の更新も止まっているようです。まさか試料のエアフィルターと測定費用のカンパをバズビー氏にただ取りされただけ?
nao @parasite2006 2013年12月21日
バズビー氏による大阪の大気の検査成績報告書(英文)http://t.co/iqU6shItPl を読み直してみたところ、結論に「Cs134もCs137も検出限界の1.5 Bq/kgを越えず、試料上に福島由来の降下物がないことを示唆」と明記。@jsdfq43wtr さん、ご議論有難うございました。
泉㌠智紀 @jsdfq43wtr 2013年12月21日
naoさんいつもいろいろありがとうございます.
nao @parasite2006 2013年12月21日
jsdfq43wtr 検査成績報告書http://t.co/iqU6shItPl をさらに読んでいくと、サーベイメーターを試料と一緒に遮蔽箱に入れてα線とβ線を検出していますよ。
nao @parasite2006 2013年12月21日
jsdfq43wtr ご確認有難うございました。国選択ページにリダイレクトされたら、北米を選べば戻れるのですね。
泉㌠智紀 @jsdfq43wtr 2013年12月21日
あ, 初アクセスの場合には言語選択に飛ばされるんですね. すみません. バズビーさん, なんだか日本から手を引きたがってるのではないかと思ってしまう.
nao @parasite2006 2014年3月26日
「大阪の公害問題を考える会」が2013年10月に依頼したエアフィルターの2次測定結果がバズビー氏のところから届き、一部が公表されましたのでhttp://bit.ly/OQVVwT 関連議論をまとめに追加しました。
nao @parasite2006 2014年3月26日
@kazooooya さん、@jsdfq43wtr さん、どうも有難うございました。
nao @parasite2006 2014年5月10日
「大阪の公害問題を考える会」のブログhttp://bit.ly/1j4lIyE を久しぶりに見に行ってみましたが、年度がわりから1カ月以上過ぎたにもかかわらず、大阪市に申し入れをする時に公開される予定のエアフィルターの2次測定結果の完全版は一向に公開される様子がありません。最新記事のテーマは大阪市の水道事業民営化反対の陳情でした。
nao @parasite2006 2014年5月13日
「大阪の公害問題を考える会」が5月8日に大阪市環境局に申し入れをしていたことがわかりましたので、関連ツイートをまとめに追加しました。
nao @parasite2006 2014年5月13日
大阪市への申し入れの時に公開される予定のエアフィルターの2次測定結果の完全版はまだ公開されていませんが、公開されしだいまとめを更新して検証する予定です。
nao @parasite2006 2014年5月16日
「大阪の公害問題を考える会」が大阪市環境局に出した要望書全文が公表されましたhttp://bit.ly/RHcigH 原発由来の放射性物質を大阪の大気から検出する試みなら、1次測定で放射性セシウムが検出限界割れした時点で勝負がついています。
nao @parasite2006 2014年5月16日
「大阪の公害問題を考える会」は大阪市環境局に対し2週間以内の文書による回答を求めています。原発由来の放射性物質を大阪の大気から検出する試みには勝負がついている以上、なんとかして瓦礫を焼却した工場から有害化学物質が出ていると主張することに方針転換していることがうかがえます。
nao @parasite2006 2014年5月24日
まとめを更新しました。
nao @parasite2006 2014年5月24日
クリストファー・バズビー氏が実際には所属していなかったドイツの大学を所属に記載して論文を投稿し、大学の申し入れにより雑誌に掲載された論文の所属が訂正されていたことが判明しましたので、関連ツイートをまとめに追加しました。
nao @parasite2006 2014年5月28日
@kumicit さんのブログ「忘却からの帰還」http://transact.seesaa.net/ をキーワード「バズビー」で記事検索すると、2011年9月~2012年1月の記事16件がヒットします。このうち9月21日づけの記事に出て来る髪の毛のウランの検査は、まさに2011年にバズビー氏が出したこの論文http://bit.ly/RZ3cMf でドイツのMicroTrace Mineralsが担当していた測定と同じものです。
nao @parasite2006 2014年6月25日
「大阪の公害問題を考える会」が大阪市環境局に出した要望書への回答書が会のブログhttp://bit.ly/VmpZnz と大阪市HP http://bit.ly/U3uiTN に公開され、関連議論をまとめに追加しました。@jsdfq43wtr さん、ご議論有難うございました。
nao @parasite2006 2016年8月12日
大阪での震災瓦礫焼却差し止め訴訟は2016年1月27日に原告敗訴の判決が出たものの、原告側がこれを不服として控訴し、公判が始まっていたとの情報を得ましたので関連ツイートを記録として追加しました。