編集可能
2013年12月9日

UFC以前にグレイシーを知ってた作家・漫画家の話~そして彼らの人脈と関係

UFCが始まって、ことしで20年。神秘のグレイシー一族(ブラジリアン柔術)が登場したときの衝撃は、今でも語り草です。 その一方、まだインターネットも普及する前、格闘技を愛し、語り、作品にしていた作家や漫画家、記者、文化人のネットワークがあり、彼らの中にはUFC前にグレイシーを知っていた人も多数…「俺はもっと前から知ってたよ!」という自慢とも愚痴ともつかない回想の中に、それ自体も興味深い80年~90年代の「格闘技マニアネットワーク」が見えてきます。ある意味「アオイホノオ(島本和彦)」「「最狂超プロレスファン烈伝(徳光康之)」などにも通じる、オタク的文化の黎明期。ネット普及前の、情報への飢えが激しい時代・・・ そして「俺のアイデアをパクリやがって!」「何を言いやがる!!」といった確執も…(笑) そんな話をまとめました。
30
我乱堂 @SagamiNoriaki

グレイシーが世に出た頃、しばらくは「うちが最初に紹介した」みたいなこと、あちこちの格闘技雑誌で主張してた気がするけど、どうだったかな…ゴング格闘技が最初だった気がするが…ちなみに、ゴング格闘技は当初はバーリ・トゥード否定派だったんだな。

2013-12-08 17:54:34
Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt

@SagamiNoriaki 舟木さんが黒崎健時先生を引っ張って来て、結構叩いてましたねw 最初に紹介したのはどこかなぁ、「格闘技通信」の最初の頃にコンデ・コマネタがあったけど、「ゴング格闘技」にもあったし、どちらもグレイシーを紹介するというほどの物でも無かった気が。

2013-12-08 18:03:09
Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt

昔の「ゴン格」はテーマに沿って昔の試合を紹介する歴史系と、是非論争が面白かったなぁ。

2013-12-08 18:04:28
我乱堂 @SagamiNoriaki

@Leo_thunderbolt コータローまかりとおる!でグレイシーが登場したことがありますけど、あれは参考テキストは何処だったっけ。ホイスが出る直前に漫画になったので、技法はほぼ想像で補ってたみたいですけど。「サンボに近い」とかなんとか言ってたかな

2013-12-08 18:08:23
Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt

@SagamiNoriaki あぁ、あれって前なんですか。 私、その頃には海外にいたので、単行本で読んだw 私の場合は"Black belt"誌かな、「グレイシー・イン・アクション」のビデオ広告。 次に"INSIDE KARATE"誌に毎月各流派の護身があってそこに出てました。

2013-12-08 18:12:29
Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt

"INSIDE KARATE"の護身記事では、毎月「この状況どうする?」というテーマに沿って、8流派くらい4コマみたいな感じで披露する記事でした。 ロン毛ヒクソンと、ホイラー、ホイスも出てたかな、90~91年頃。

2013-12-08 18:14:42
我乱堂 @SagamiNoriaki

@Leo_thunderbolt 作中で最初にグレイシーが登場したのは、ホイスの前ですね。コータローが基地で戦ってる最中に丁度…だったと思います。私の記憶では。

2013-12-08 18:16:21
Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt

この記事は後にA4の本になってたけど、タイトルは忘れた。 出てたのはグレイシーの他にロスの極真、ケンポーカラテ、合気道、カジュケンボー、後何だったかな…。 永春拳か太極拳もあった気がする。

2013-12-08 18:17:04
Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt

@SagamiNoriaki 面白いですね、当時著名な格闘漫画の作者の多くがUFC前にグレイシーを何らかの形で知り、出そうとしてたというw

2013-12-08 18:18:32
我乱堂 @SagamiNoriaki

@Leo_thunderbolt 修羅の門のあとがきだったかにも、「グレイシーの登場から急遽何人もの格闘技漫画家が渡米して…みたいなこと書いてた人がいましたけど、自分はあらかじめ出す予定でしたよ」とか書いてたかなあ…当時は獏先生を中心として格闘技知識を共有するサークルあったらしい

2013-12-08 18:21:17
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

かいてたかいてた。ただ夢枕獏は川原氏の漫画について「このやろう印税の何割かよこしなさい、と思ちゃう」「アレンジがあるならまだしも、そのままだから許さない」と温厚な氏にはめずらしく怒りをあらわにしてたからサークル外? @SagamiNoriaki @Leo_thunderbolt

2013-12-08 18:23:38
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

確か町山智浩氏が「ホテルに夢枕獏さんや板垣恵介さんと集まって、UFC前のVTのビデオを見たのを鮮明に覚えている」と書いてたなあ。ブログかツイッターだから探せるかも。 @SagamiNoriaki @Leo_thunderbolt

2013-12-08 18:25:03
我乱堂 @SagamiNoriaki

双龍脚はね… @gryphonjapan: 略)ただ夢枕獏は川原氏の漫画について「このやろう印税の何割かよこしなさい、と思ちゃう」「アレンジがあるならまだしも、そのままだから許さない」と温厚な氏にはめずらしく怒りをあらわにしてたからサークル外?@Leo_thunderbolt

2013-12-08 18:26:40
我乱堂 @SagamiNoriaki

獏先生の『外道教養文庫』にも書いてると思う RT @gryphonjapan: 確か町山智浩氏が「ホテルに夢枕獏さんや板垣恵介さんと集まって、UFC前のVTのビデオを見たのを鮮明に覚えている」と書いてたなあ。ブログかツイッターだから探せるかも。@Leo_thunderbolt

2013-12-08 18:27:15
Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt

@SagamiNoriaki 蔓技がパクリだって言われて川原先生も怒ってたので、あのサークルとは関係無いですねw 板垣先生は獏先生とは別ルートで知った様な事言ってた様な。

2013-12-08 18:27:18
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

あった@SagamiNoriaki @Leo_thunderbolt    http://t.co/kQRrHi8JvB 【グレイシー柔術、日本上陸の瞬間】 「大槻ケンヂのプロレス・格闘技世紀の大凡戦! (洋泉社MOOK)」に、 1993年秋、グレイシー柔術の映像が日本で初めて…

2013-12-08 18:28:08
リンク ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記 グレイシー柔術、日本上陸の瞬間 田野辺君が日本から持って来た本その2. 「」に、 1993年秋、グレイシー柔術の映像が日本で初めて見られた..
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

“それは夢枕獏さんが原稿を書くためにカンヅメになっていた京王プラザホテルの部屋でのビデオ会だった。 大道塾の市原海樹選手がアルティメット大会に出ようかと考えていたので、UFCで最強だったグレイシー…” / “町山智浩アメリカ日記-…” http://t.co/C7i27pHvcg

2013-12-09 08:27:19
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

資料“猪木VSアリ、馬場VSラジャ・ライオン、海賊男、TPGの両国大暴動、小川VSガファリ、曙、サップにアルティメット・ロワイアル! 誰もが愛してやまないプロレス&格闘技の迷勝負・珍勝負の数々を大検証。” http://t.co/Ll36o7QI0M

2013-12-09 08:29:43
リンク t.co Amazon.co.jp: 大槻ケンヂのプロレス・格闘技世紀の大凡戦! (洋泉社MOOK): 大槻 ケンヂ: 本 Amazon.co.jp: 大槻ケンヂのプロレス・格闘技世紀の大凡戦! (洋泉社MOOK): 大槻 ケンヂ: 本
我乱堂 @SagamiNoriaki

@Leo_thunderbolt でしょうね。ただ、この手の知識はいつの間にか漏れ伝わるものですし。多分、コータローの蛭田先生もサークル外だったと思います。そういう時期だったんでしょう。

2013-12-08 18:28:55
Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt

@gryphonjapan @SagamiNoriaki あのサークルはレアな格闘技のビデオを出して来て皆で見てたんですよねw 「猛牛と闘う空手」も見たらしいし。 VTの、というのは「グレイシー・イン・アクション」かなぁ。

2013-12-08 18:29:26
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

ついでに『夢枕獏氏は「修羅の門」に関しては怒ってる』の資料も見つかりました(笑)。 『そういえば夢枕獏も、技やキャラがパクられてる、とぼやいてたなあ 』 http://t.co/n2mstqgnwW    @SagamiNoriaki @Leo_thunderbolt

2013-12-08 18:30:14
リンク はてなダイアリー そういえば夢枕獏も、技やキャラがパクられてる、とぼやいてたなあ - 見えない道場本舗 つうわけで、ビスピン・メイヘムはコーチとなるTUFがスタートっす。 http://www.wowow.co.jp/extra/tuf14/..
Leo (「拳の眼」管理人) @Leo_thunderbolt

@gryphonjapan @SagamiNoriaki それを受けて川原先生が「ある作家がね…」と怒ってたw キャラのパクリは誰も物言えないですよ。 だって、主役や一部以外は殆ど元ネタあるしw 獏先生だって、何回マス・オーヤマをモデルにしたよってw

2013-12-08 18:33:05
残りを読む(23)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2013年12月9日
今回のテーマは「格闘技マニア」の話ですが、そもそもの話でいえばインターネットの普及前、その初期などは、マニアは集まってビデオや書籍など貴重な資料を見せたり、歓談したりする文化が今以上に盛んでした(というかネットがない以上そうするしかない)。そんな時代の証言が最近は出ているけど、そろそろ記録にまとめたほうがいい(その試みが岡田斗司夫や島本和彦だと思う)
1
とげとげ @togetoge10 2013年12月9日
前田対アンドレの裏ビデオ(笑) とか見てました。
0
玲央@俺節R ⊿⁴⁶ @leo_orebushi 2013年12月9日
K-1以前にオランダ通信を観てました的なアレ。
0
ザビガじんをたおした ◯5001点 @moon_chakra 2014年1月23日
個人的な記憶だとコータローのアレは第1回アルティメットの後だったような…当時読んで確か「今の時流を取り入れるとはさすがコータロー」とか思いましたので…(記憶違いかもしれません…)。確か外人柔術家がコータローを仰向けにして裸絞めっぽい技で苦しめてたような。見た目は裸絞めというよりは当時パンクラスとかがよくやってたチョークスリーパー(喉元に前腕部を当ててもう片方の手で引く形)に近かった記憶がありますが。
0
ザビガじんをたおした ◯5001点 @moon_chakra 2014年1月23日
…とか語ってたら片羽絞めだったような気もしてきた…(笑) (´ε`;)ウーン…
0
ザビガじんをたおした ◯5001点 @moon_chakra 2014年1月24日
1987年のフルコンタクトKARATEにもコンデ・コマの名前がありました。まあ前田光世の名前だけならどんな昔の格闘技雑誌や本にも出てたでしょうね……90年代初頭の手持ちの雑誌を漁りましたがブラジリアン柔術の話はみつかりませんでした http://twitpic.com/dt4did/full ついでに昔の松原隆一郎先生(と岩上安身)の写真も出てきました(笑) http://twitpic.com/dt4bsp
0