連作小話「合唱団ピアニスト物語」

ピアニストの恋の遍歴。全てデタラメ、虚構です。念のため。
doyoubi 728view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • 土曜日 @doyoubi 2010-10-13 07:43:37
    #twnovel 十年勤めた学校を辞めちゃった。彼との関係が薄々知られていて彼が辞めた後、風あたりがきつくなったのよね。上司も庇ってくれないし生徒にもいびられるし耐えられなかった。母は年金受給資格も貰えてないのにと嘆いたけれど。今は合唱団のピアニストや個人レッスンでしのいでるの。
  • 土曜日 @doyoubi 2010-10-14 07:27:53
    #twnovel 躓きの最初は芸大受験失敗。片思いしていて練習、勉強に集中できなかった自分が今でも悲しい。別の音大に入って大学院まで進んだけれどプロへの道は諦めて私立高教師に。集中力と根性なのよね、私に足らないのは。私立高で出会ったのが彼。ワンマン経営に反発する彼が眩しかった。
  • 土曜日 @doyoubi 2010-10-15 07:32:35
    #twnovel そんな正義感の強い彼と、彼に家庭があるのを知りながら深い関係になった私。今、思うと彼はいったいどうするつもりだったのかしら。単に私の体が欲しかっただけじゃないかとさえ思う。学校を辞めたのも私から逃げる口実だったのかも。ああ駄目駄目、思い出は美しくしておかなきゃ。
  • 土曜日 @doyoubi 2010-10-16 06:36:10
    #twnovel 父も母も面と向かっては何にも言わないが、本音は早く結婚して欲しいということ。父は私がプロになれるかもと舞い上がっていただけにその反動の失望が大きい。経済的に面倒かけたしなあ。両親を安心させたい気持ちはあるけれど、胸ときめくような男でないと私、駄目なのよ。贅沢ね。
  • 土曜日 @doyoubi 2010-10-17 05:49:11
    #twnovel 実は今、ある合唱団指揮者にちょっとめろめろ。苦みばしったイケメンだけど指導は懇切丁寧、優しい人なの。こないだもN響アイーダに誘われちゃった。でも、恋愛で男が求めることは女と違うのがようやく分かったから深入り避けて断ったの。ああ、どうして惚れる男が女房持ちなのよ。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「写真」に関連するカテゴリー