Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

131209 岩上安身による海渡雄一弁護士緊急インタビュー(実況)

記事・映像はこちら→http://iwj.co.jp/wj/open/archives/115742
0
岩上安身 @iwakamiyasumi

以下、連投。RT @IWJ_ch1: 1.12月9日20時より、岩上安身による海渡雄一弁護士への緊急インタビューを実況します。国会で成立した秘密保護法について、いまだ解消されない問題点・矛盾点と、これからの懸念について、うかがいます。 #iwakamiyasumi

2013-12-10 01:26:01
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投2 RT @IWJ_ch1: 2.岩上安身「12月6日、秘密保護法が可決した直後『バーナムの森は動いた』とする檄文を発表した。温厚な海渡氏が『ふざけるな』と何度も口にされている。これをキーワードにインタビューを進めていきたい」 #iwakamiyasumi

2013-12-10 01:26:22
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投3 RT @IWJ_ch1: 3.海渡氏「シェイクスピアのマクベスの一節。『国民は馬鹿だからすぐに忘れるだろう。後は経済対策とオリンピックだ。と安倍さんは思っているが、これが終わりの始まりだ』と思ってこのタイトルを付けた」 #iwakamiyasumi

2013-12-10 01:26:42
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投4 RT @IWJ_ch1: 4.海渡氏「日比谷野音で集会で登壇した際に、みんなの党と維新の会の修正案で『首相を第三者機関にする』『原則60年』を紹介した時に、思わず『ふざけるな!』と口に出してしまった」 #iwakamiyasumi

2013-12-10 01:27:00
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投5 RT @IWJ_ch1: 5.海渡氏「法案成立後に廃案運動というのは過去にあった。盗聴法(通信傍受法)の際にも反対法案を出し続けた。廃案にはならなかったが、国民の権利を奪う内容を妨げることができた。この法案も施行までの1年は簡単に廃案にできる」

2013-12-10 01:27:18
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投6 RT @IWJ_ch1: 6.海渡氏「まずはこの法案に誰が賛成して誰が反対し、誰が棄権したのか。これを覚えておき、次の国政選挙で賛成した人間は落とすような国民運動にしなければならない」

2013-12-10 01:27:39
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投7 RT @IWJ_ch1: 7.海渡氏「自民党で唯一反対したのは二之湯智議員。報道を見ると『勘違いだった』と。しかし勘違いするものかな。民主党は全員反対。みんなの党は、真山勇一議員、寺田典城議員、川田龍平議員が反対した」

2013-12-10 01:28:03
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投8 RT @IWJ_ch1: 8.海渡氏「しかしみんなの党の他の議員も欠席した。これも驚き。国民の訴えかけがあったからだろう。また自民党で欠席した赤池誠章議員も、理由が分からない。これも明らかにする必要がある」 #iwakamiyasumi

2013-12-10 01:28:18
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投9 RT @IWJ_ch1: 9.海渡氏「民主党の全員反対。実は当初は欠席方針だった。しかし一旦全員議場の外に出た際、廊下で蓮舫議員はじめ『反対票を入れたい』との声が起こり、その場で決を採ったところ出席すべしが圧倒的多数だったので議場に戻ったという」

2013-12-10 01:28:37
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投10 RT @IWJ_ch1: 10.岩上「公明党はやはり創価学会。創価学会といえば創始者んぼ牧ロ常三郎氏と、戸田城聖二代目会長も治安維持法で逮捕・投獄されている。牧口氏は拷問の末、栄養失調で捕まった。この背景をふまえ公明党ももっと動いて欲しいところ」

2013-12-10 01:29:00
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投11 RT @IWJ_ch1: 11.海渡氏「福島みずほ議員が出させた内閣官房の逐条解説。古い資料だが、解説資料はこれしか存在しない。前から何度も開示要請していたにも関わらず、採決直前ギリギリに持ってきた」

2013-12-10 01:29:18
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投12 RT @IWJ_ch1: 12.海渡氏「資料をみると、逐条解説には『適正評価を拒否した場合など、不利益な取り扱いを行わない』などの条項があるが、現法案では無くなっている。どんどん条文が書き換えられている。これは恐ろしい話」

2013-12-10 01:29:40
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投13 RT @IWJ_ch1: 13.海渡氏「省庁間のやり取り(法令協議)の資料も出てきたが、これはごく一部。省庁間のやり取りでどんどん条文が書き換えられているが、これは『官僚だけ』で決めている。国会にも出されていない」 #iwakamiyasumi

2013-12-10 01:29:56
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投14 RT @IWJ_ch1: 14.海渡氏「この資料について審議されていない、ということが、この法案成立過程に瑕疵があると言えるのではないか。今後もこの資料を分析し、さらに他の資料も請求していく」 #iwakamiyasumi

2013-12-10 01:30:11
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投15 RT @IWJ_ch1: 15.岩上「いまだ残る様々な問題点。参議院採決の際の速記録に『議場騒然、聴取不能』としか書いていない」 海渡氏「盗聴法の採決の際も『聴取不能』の速記録だったが、後で委員長が言い加えて、書き換えられた」 #iwakamiyasumi

2013-12-10 01:30:27
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投16 RT @IWJ_ch1: 16.海渡氏「しかし今回の速記録は、『何を言ったか』を後で聴き取れるかが問題。石井浩郎議員が『議長!』と言った発言が唯一書かれている。サインプレーもどうやら失敗している。失敗した強行採決だったのではないか」 #iwakamiyasumi

2013-12-10 01:30:47
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投17 RT @IWJ_ch1: 17.海渡氏「法案の差し止め訴訟というのがカナダで起きている。弁護士を密告者に仕立てあげようという法律案を作ろうとする動きがあった。英国には存在する法案。カナダで法律が作られ、法律施行前に弁護士会が一斉に反対した」

2013-12-10 01:31:06
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投18 RT @IWJ_ch1: 18.海渡氏「弁護士会は法律の差し止め訴訟を起こし、勝った。ただ、日本で今まで成功した例はない。『はいやります』と安請け合いはできない。これについては、もっと勉強していきたい」

2013-12-10 01:31:27
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投19 RT @IWJ_ch1: 19.海渡氏「この法案が存在し、黙々と密告状を書いているのが英国の弁護士。英国の弁護士は信用しない方が良い。『依頼者の秘密は守るが、疑わしい行動をしている場合は、たまに政府に密告しているよ』と」 #iwakamiyasumi

2013-12-10 01:31:45
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投20 RT @IWJ_ch1: 20.海渡氏「少し脱線しました。海外からの批判について。国連の特別報告者が懸念表明。続いてモートン・ハルベリン氏という元NSCの安全保障の専門家が『21世紀最悪の法律だ』と強烈に批判した」

2013-12-10 01:32:11
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投21 RT @IWJ_ch1: 21.海渡氏「ハルベリン氏は核密約の米国側担当者。彼は核密約についても『日本国民は知るべきだ』と言っている。そして極めつけはピレイ人権高等弁務官が懸念表明した」 #iwakamiyasumi

2013-12-10 01:32:28
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投22 RT @IWJ_ch1: 22.海渡氏「すると安倍総理が『電話で修正案を説明したらピレイ氏は「評価する」と言った』と答弁した。これは検証しなければならない。外務省に会談記録が公電として残っているはず。情報開示請求もできる」 #iwakamiyasumi

2013-12-10 01:32:46
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投23 RT @IWJ_ch1: 23.海渡氏「ピレイ氏の発言の全体を明らかにすべき。これに対する総理答弁の前日、自民党の部会では『国連の分担金を引き上げるべきだ』『罷免すべきだ』などと発言している。恐ろしいこと」 #iwakamiyasumi

2013-12-10 01:33:06
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投24 RT @IWJ_ch1: 24.海渡氏「これは1933年の国連脱退と同じ雰囲気。国連にはここまで文句を言って、しかしハルベリン氏には一切文句を言わない」

2013-12-10 01:33:28
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投25 RT @IWJ_ch1: 25.岩上「すでに秘密保全に関する日本の法制度には、国家公務員法、自衛隊法、日米相互防衛援助協定(MDA協定)、日米刑事特別法などが整備されている。重罰規定もある」 #iwakamiyasumi

2013-12-10 01:33:45
残りを読む(15)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?