「1回の放出時間は30分くらい」を認めるわけにはいかないのだろう。

・放射性物質の大量放出は原子炉爆発のときに発生したのではない。3月12日から22日ころまでの間に、何回か静かに出た。 ・「1回の放出時間は30分くらい」の根拠は、原発近傍の汚染等値線の形状である。1)分布軸が原発を通らない。南に4kmシフトしてから北西に直進してる。2)等値線が同心円状ではなく放射状。 ・定常放出を仮定したSPEEDIシミュレーションは、汚染地図のその特徴をまったく表現できてい続きを読む・放射性物質の大量放出は原子炉爆発のときに発生したのではない。3月12日から22日ころまでの間に、何回か静かに出た。 ・「1回の放出時間は30分くらい」の根拠は、原発近傍の汚染等値線の形状である。1)分布軸が原発を通らない。南に4kmシフトしてから北西に直進してる。2)等値線が同心円状ではなく放射状。 ・定常放出を仮定したSPEEDIシミュレーションは、汚染地図のその特徴をまったく表現できていない。 福島第一原子力発電所1~3号機の 炉心・格納容器の状態の推定 と未解明問題に関する検討  第1回進捗報告 平成25年12月13日 東京電力株式会社 重要図面切り出し http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-636.html
HayakawaYukio 2856view 7コメント
7
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「コラム」に関連するカテゴリー