2013年12月14日

國分功一郎さんのツイート

1冊の本を読みこむという話と大学での哲学教育への気概
1
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

日本の大学での哲学教育には俺も責任があるわけで、いま、それを何とかしようと教科書製作の企画を練ってます。概念操作と読解の両方が学べる教科書。指導要領付き。あとニ、三年待ってください。

2013-12-14 13:18:44
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

逆に、大学の哲学はもっとアンソロジーを読んでいい。固有名を離れて概念を概念として操作する能力の育成が、日本の哲学教育には徹底的に欠けている。

2013-12-14 13:16:46
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

アンソロジーじゃなくて、一冊にするなら、先生たちも相当に勉強して本を選ばないといけないし。

2013-12-14 13:16:03
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

更に一冊を読むとずっと同じ本だから想像が広がる。今と違って四国ってすげー遠いよなぁ、とか。それが実感できる。

2013-12-14 13:14:39
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

アルバイトで塾講師として中学生に古典を教えていた時、夏休みを使って『土佐日記』を彼らと読み通したことがあった。因みにたいして勉強ができる奴らじゃない。でも、奴らはすっごく面白がっていた。あの本、冒頭がおもしろいんだよね。飲み会ばっかりやってて笑。

2013-12-14 13:13:36
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

一冊を読み込むと他の本も読もうという気になる。一冊も読んだことがないと、そのまま一冊も読めない。

2013-12-14 13:11:29

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?