@dameponchi 流ダンスパフォーマンスの作り方。

俺用めも。DDRパフォーマンスに流用できるよ!
DDR
3
@dameponchi
真面目にどうやって作っているかを文章にしてみよう。ダンスショータイムの。
@dameponchi
Twitterだから推敲しないで、そのまま垂れ流してみよう。
@dameponchi
まずは起承転結のある曲を探します。複数曲で踊る場合は、いくつか候補を出して全体の流れを作るべく、色々な組み合わせと順番を考えます。
@dameponchi
このとき、客層を考えます。どんな曲が受けそうか、どんな曲ならみんな知っているか。知っている曲というだけでものすごく有利です。
@dameponchi
曲の候補がきまってきたら、単曲での起承転結、全体の流れでの起承転結をうすらぼんやりと考えます。間違っても全部を盛り上げようとしないこと。抜くところは抜いて緩急の差をつけること。
@dameponchi
ネタを使う場合は、そのネタが客層にわかってもらえるか、わかってもらえたとして、それが受けそうかをひたすら検討します。このとき、何人かで話し合わないと暴走してしまって、伝わりにくいネタを作ってしまう可能性あり。(俺が)
@dameponchi
煮詰まってきたら、実際に振りを作り始めます。客の物理的な視点も考えて振りを作らないと、せっかくのカッコいい振りが見えづらくなることがあるので注意。
@dameponchi
振りを作る前にはとにかく曲を聴き込むこと。聴きこめばこむほど曲の起承転結が明確になり、振りのイメージも浮かびやすくなります。
@dameponchi
また、振りとともに大切なのがフォーメーション。いくら振りが良くても、フォーメーションに変化がないと飽きられます。綿密にフォーメーションを考えましょう。
@dameponchi
最後にカッコいい衣装を着ましょう。衣装を着て実際に踊るのも大切です。テンションをあげて本番に臨みましょう。
@dameponchi
あとはひたすら踊り込みます。完成度はいかに踊り込んだかで変わります。みんなの動きをなるべくそろえて、微調整をしつつ完成度をあげましょう。
@dameponchi
「自分の表現したいもの」と「客が喜んでくれるであろうもの」の落とし所を探るのが一番の勝負ポイントです。自己満足にならないように、客によりすぎないように。このふたつがピッタリ重なるのが一番幸せですが、なかなかそうはいかないのが悩みどころです。
@dameponchi
どんなに技術がすごくても、どんなにすごいことをしていても、見せ方が下手だと台無しです。技術だけを延々見せられてもよほどのレベルでないと飽きられます。しっかり構成を作って自分の良いところを最大限見せられるようにしましょう。
@dameponchi
というのを踏まえた上で、つれーわー、実質5日しか練習する時間ないからつれーわー。5日しかないからなー(チラッチラッ
@dameponchi
Dew君がフリーダムなのはいつも通りです。
@dameponchi
@senobeya リズムに乗って動けばダンスさ!
@dameponchi
@EDA_ZO 頑張りましたが、ダンスショータイムの作り方です!w 正確に言うなら、秋葉原ゲーマーズのショータイムの作り方という話もある!w
DDR

コメント

@dameponchi 2010年11月5日
追加で、「技術」を見せようとすると失敗します。 「技術」は手段であって目的にしないほうがいいです。(ショータイムの場合) 技術をどう見せるかが重要!だと思う!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする