編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!

普天間・辺野古・高江、オスプレイに関する情勢 2013.12.28-

2013年12月28日からの動きです。(2014年1月20日の名護市長選挙を含む) 以前の動きは、以下にまとめています。 2013年12月23日からの動き(12月27日、仲井真知事、辺野古での埋め立て承認を含む) http://togetter.com/li/606752 続きを読む
政治 普天間 平和 米軍基地 米軍 高江 反戦 辺野古 在日米軍 オスプレイ 沖縄
3916view 0コメント
4
ログインして広告を非表示にする
2013年12月28日(土)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】九州読売→ http://t.co/JAzBlMDjfB 政府は年明けから本格的に名護市辺野古沿岸部での代替施設建設に向けた作業に着手する。(続く)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】九州読売(続き)今回は、滑走路の設計変更などで建設予定地が米軍キャンプ・シュワブの管轄地域内に変わり、無断での立ち入りができないため、「抗議活動は無理ではないか」(政府関係者)との見方が出ている。(続く)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】九州読売1月19日投開票の名護市長選の結果も工事の行方を左右する可能性がある。水道利用などでは市当局と調整が必要になる。仮に移設反対派市長となった場合、「地元自治体がいくらでも工事を遅延させることは可能だ」(防衛省幹部)との声も出ている。
2013年12月29日(日)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】沖縄タイムス→ http://t.co/1a2UoHfyej 辺野古沖は県の環境指針で厳正保護する「ランク1」に指定されている。元世界自然保護基金(WWF)ジャパンの花輪伸一さんは「承認ありきで自ら作った環境指針を否定する。何のための指針か」と嘆いた。(続く)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】沖タイ(続き)承認の理由に、同じくランク1の泡瀬干潟を埋めた「実績」も挙げられた。泡瀬干潟を守る連絡会の前川盛治事務局長は「泡瀬を口実にして、過ちを上塗りする。二重に憤りを感じる」。(続く)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】沖タイ(続き)県は承認に当たって、日米両政府が環境協定を結ぶことなどを国に要望した。沖縄環境ネットワークの真喜志好一世話人は「埋立法でできるのは、現状についての判断だけ。今後の条件を付けたことが、不完全な申請だったことを証明している。県の承認は支離滅裂で無効だ」(続く)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】沖タイ(続き)。日本自然保護協会の安部真理子さん「埋め立ての可否が知事の独断で決まるなら、埋立法は要らなくなる」「知事はせめて、どう判断したのか説明すべきだ」。
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】沖縄タイムス→ http://t.co/xStxzye86F 仲井真弘多知事は、17年間も県民が悩み苦しんできた重大な問題の決定過程で、まったくといっていいほど説明責任を果たしていない。(続く)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】沖タイ(続き)埋め立て承認への条件提示ともいえる要求を沖縄政策協議会へ出した17日以降、安倍晋三首相との2度会談を経ても、県民への説明はなかった。会見ではなく「ぶら下がり取材」で各10分程度、記者の質問に応じただけである。(続く)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】沖タイ(続き)唐突に県民のあずかり知らない要求を掲げ、反対の声から遠ざかるように東京の病院に入院する。官邸とは連絡を取りつつも県民蚊帳の外。記者会見では厳しい追及に感情をむき出しにした。会見は県民の疑問に答える場でもあったのに、高圧的な態度ばかりが目についた。(続く)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】沖タイ(続き)有権者と正面から向き合い、真実を伝えるのが民主主義の大本である。こんなに聞く耳を持たず、説明責任を軽んじた知事は過去にいない。
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】沖縄タイムス→ http://t.co/Zaz2nD40fy 「沖縄県知事が年内の埋め立て承認約束したそうだ」-。ある米有力議員から、そう聞かされたのは11月末。米上下両院軍事委員会の幹部らが、2014会計年度の国防権限法案の一本化作業に着手したころだった。(続く)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】沖タイ(続き)米政府関係者らへの取材を進めると知事と政府側が「県内移設」を念頭においた協議を重ねているといった情報が集まり始めた。「普天間は年内に決着したい。沖縄の自衛隊配備増強も必要だ」と説く菅官房長官の言葉に知事は深くうなずき、カジノ誘致沖縄振興を語り合う。(続く
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】沖タイ(続き)ヘーゲル国防長官27日に発表した承認を歓迎する声明は、実は25の安倍首相と仲井真知事の会談が開かれる用意されたものだった。仲井真知事の埋め立て承認は、本人がいくら説明を重ねようが明白な「県内移設容認」であり「県外」を望む県民の声とは相反するものだ。
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】琉球新報→ http://t.co/oexnvyXRFv 沖縄県議会野党4会派や平和団体らが28日、県庁前県民広場で抗議集会を開いた。年明けの1月7日にも再度抗議集会を開く。県議会1月9日にも臨時会が開催される見込み。野党多数の議会は仲井真知事を厳しく追及する構え。
2013年12月30日(月)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】毎日新聞→ http://t.co/I2quXOS4bY 名護市長選に出馬予定の前自民党県議、末松文信氏は27日夕、「知事の判断は追い風だ」と語った。当初は候補者選考さえ難航した容認派が弾みを付けている。(続く)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】毎日(続き)末松陣営幹部は「知事のゴーサインで移設問題は決着したということだ。もはや市長選の争点は移設問題でなく、経済問題になった。どちらが国、県とのパイプがあるかだ」と強調する。(続く)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】毎日(続き)知事承認で市民のあきらめムードを誘い、経済振興を強調すれば勝てる--。これが容認派が描くシナリオだ。(続く)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】毎日(続き)稲嶺氏陣営幹部は「県外移設を主張していた知事は県民を裏切ってイエスと言った。市民の怒りは強く、むしろ移設問題最大の争点であることを知事がはっきりさせた」と一刀両断にする。(続く)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】毎日(続き)知事承認は出たが、普天間は動くのか。県幹部は「稲嶺氏勝てば県内は混乱する。地元が反対しているという民意は重く、本当に着工できるのか疑問だ」。自民党県連幹部も「すべては市長選にかかっている」と語る。(続く)
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】毎日(続き)市民投票を含め、返還合意から市民が辺野古移設への賛否を迫られるのは6度目。辺野古に住む男性はこう漏らした。「17年間、地域は移設問題に翻弄(ほんろう)されてきた。住民同士の対立も生んだ。私たちは新しい街づくりをしてほしいんです」
小林アツシ(あつこば) @atsukoba
【辺野古】沖タイ「検証 埋め立て事務審査」→ http://t.co/7xtopzgl8f 県関係者は「(適合と)認めたくない気持ちもあるが、認めざるを得なかった」として判断への迷いをのぞかせる。背景には那覇空港第2滑走路や、沖縄市泡瀬干潟との整合性にも配慮したとみられる。(続く
残りを読む(250)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする