カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
0
浦賀わさび @u_wasabi
劇団しようよ『スーホの白い馬みたいに。』観た。 いろんな要素が詰まってるんだけど、どうもそれがしっくりとまとまっていないような…。初演(京都)の印象が強いからか、遠方まで観にいくことで無意識にハードルを上げていたのか。あと母と娘を1人が演じることの効果もあまり見えなかった。
おーかわさとし @Lai0915
劇団しようよを観ました@王子。劇団初見だけど、とても好印象。ラストのラストはなんでそこで終わるのっていうちょっとミスってる感ありましたが、そこの不自然さを除けば、全体でひとつの舞台というか、物語というか空気というかが、共有されていると思う。次の東京公演はいつなんだろう?楽しみ。
ミドル英二@ @middle555
「観てきた!」にはいろいろ書いちゃったけど、この芝居、若い女性がみたら舞台に浸り感動できるのかもしれない。おじさん余計なこと書いたかも(笑)■□■こりっち「観てきた!」更新⇒劇団しようよ 「スーホの白い馬みたいに。」http://t.co/UqMXmg547Z
演劇感想文リンク @kansolink
今週更新された劇団 7 劇団しようよ @gkd_444 http://t.co/m5yeYiwNrn 最新作「スーホの白い馬みたいに。」他2作品の劇評をお読みいただけます。 http://t.co/LlLljjYnZZ #演劇 #舞台
佐々木敦 @sasakiatsushi
でもとにかく劇団しようよはすこぶる素敵な劇団だと思う。また東京に来て欲しい。
佐々木敦 @sasakiatsushi
王子小劇場にて劇団しようよ『スーホの白い馬みたいに。』。2011年旗揚げの京都の劇団の東京初公演。昨日は舞台中央に半紙=水があったが、今日の王子には真ん中にぽつんと洗濯機があった。とても魅力的な劇団だと思った。途中何度も胸が詰まる感じがあった。とてもをすごくに変えてもいい。
大西智子 @ooi_douda
王子で劇団しようよ「スーホの白い馬みたいに」を観た。吉見さんの生演奏がかっこよ過ぎて最初からもうヤられた。さまざまな人の痛みが洗濯機回る音のなかくるくると描かれて。大原さんの演出はとても演劇的でそれは舞台でしか観られないものをみてるザワッとした快感に溢れてた。そんで優しかった。
MoriManami @mannami_n
「言葉の乱れ」とは別次元の話として。現代劇ではいとも簡単に娘が母親を傷付けることができる。「死ね」て言葉を言わせることはその言葉が偏在する現代ではたやすい。けれどそのせいで東京暮色の喜久子明子のいさかいのような豊かな「傷」はかえって描きにくい時世になった気がする。
MoriManami @mannami_n
『スーホの白い馬みたいに』→洗濯機という「水」のイメージと火事の「炎」のイメージ両方の渦が、バラバラのエピソードをつなぎながら冒頭の「出来事」へ向かっていく。それがステージングで視覚化されてたのが好きでした。
MoriManami @mannami_n
劇団しようよ『スーホの白い馬みたいに』今年の学外観劇一本目。なんなんだ、娘が母親の「女なとこ」を憎む話が流行ってるのか!?母親の言動が娘を追い詰める、娘が成長した娘(=母親)を追い詰める、あの二人の愛がある追い詰め合い。洗濯機の渦と炎を囲む群舞の渦の核。運命の渦の核。→
宮崎信廣 @nobuhiro1948
劇団しようよ『スーホの白い馬みたいに』観劇。床に敷かれた黒いシートの四隅から天井へ斜めに伸びた白い紐その外側を歩きながら踊る人々、中央には洗濯機が置かれ周りで物語は展開する。良かった―!様々な人物の内面がいきいきと演じられ舞台に自然と引き込まれて行き、終わっても興奮状態は続いた。
SHINO(えすえいちあいえぬお) @shino_4001
王子小劇場にて「劇団しようよ・スーホの白い馬みたいに。夜公演」見る。京都の劇団。ギター生演奏の音楽劇の再演。役者さんの演技力が。。元ネタのモンゴル民話も知らないので伝わってこなかった感。アフタートークはのこされ劇場の市原幹也×大原渉平×稲垣貴俊。個性的が調和へ、はたして正なのか。
Uemura Junko @junkosans
劇団しようよの東京公演を観て、今日も「仲間」と話せて、何だか昨日の続きみたい。 自分のやれてきた成果とその責任とここまでである不甲斐なさを思い知ります。いい意味です。
山田百次 @nono_ue_momo
劇団しようよ@王子、オープニングからブワッと1年前の記憶が蘇って懐かしさ全開でございました、明日まで!
MYKS @MYKSTTY
@SUIGADOU 感想をそのまま言えば、若いって弱いんだなと思いました。演出とかキャスティングは上手かったし見やすかったんですが、それは良さとは別の話で、話全体の空気が凄く不安定で、それが若さにも人間ぽさにも感じられましたけど、自分はわりとリアクション困る作品だったなと。
MYKS @MYKSTTY
劇団しようよ、見てきた。
chaghatai @chaghatai_khan
劇団しようよ『スーホの白い馬みたいに。』王子小劇場。…何で一番絵になるシーンで終わらせないんだろう。あそこから反復してもそれは蛇足でしかなく、もったいない限り。
yukiko @yukinko517
@doro8mitsu @TARO_______ お二人が呟いていた劇団しようよ「スーホの白い馬みたいに。」を王子小劇場で観てきましたよ。物凄くシンプルなセットだった分、想像力が掻き立てられました。
りいちろ @riichiros
劇団しようよ、あまり体験したことのない質感が舞台にあって、観ることができてよかったです。 直近で観たクロムモロブデン、青☆組もそれぞれの秀逸さや強い印象があって、ふくよかな年明けでございます。RT @komayumiaki: いいなぁ観られたんですね!観たかったなぁ…
りいちろ @riichiros
劇団しようよ『スーホの白い馬みたいに。』更、エピソードの紡ぎ方やその繋ぎ方にはばらつきもあり必ずしも端正ではないのだが、だからこそ訪れる刹那それぞれのリアリティがあり、ありふれた表層の内側に群像劇の中にロール達の抱く時間の歩みや揺らぎや幾つもの俯瞰が生まれる。ほんと観てよかった。
りいちろ @riichiros
劇団しようよ『スーホの白い馬みたいに。』続、空間に美術や光が強かにエピソードを置きうる場を生みだし、音たちが場にニュアンスを作り、役者達の身体が時間の流れを刻み続ける。質感の異なるロール達の想いの細やかな表現や時に大胆な突き抜けをも一つに取り込んでしまう空間の包容力に嵌まりこむ。
りいちろ @riichiros
王子小劇場で劇団しようよ『スーホの白い馬みたいに。』、立ち上がり編まれる場や時間に淡々と繊細で自然体の肌触りがあり、差し込まれていく異なる質感を持ったエピソードたちがひとつの空間にそれぞれの居場所をもって広がっていく。時間の行き来や重ね方にも違和感がなくすっととりこまれてしまう。
いそべ(iPodの充電器) @isobe_nyon
念願の劇団しようよ「スーホの白い馬みたいに。」を観ました。途中から悲しくて悲しくて涙が止まりませんでした。生演奏も素晴らしくて、最高です。いっぱい感想ありますが、まとまらないよー。
落 雅季子 @maki_co
劇団しようよ『スーホの白い馬みたいに』続き。さまざまな登場人物が絡まり合うのだが、いちばん肝心の男女の関係には収束できずにほわほわ漂っているようだ。そこに作家の性格というか性質みたいなものまで見えた気がして、今ここには書かないけど、でも、中学生同士のあの感じとかは好きだった。
落 雅季子 @maki_co
劇団しようよ『スーホの白い馬みたいに』を観た。水彩みたいな淡さは言葉の細やかさのためと、モチーフの醜いところまで踏み込んでいないため。演劇に伴奏するギター、よかったな。ラスト間際のあのシーンは、これが娘の母親越えか!と思った。
残りを読む(8)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする