東京都の水道水・測定機器の汚染について

cmk2wlさんによる、東京都の水道水・測定機器の汚染についてのツイートまとめ。 もう、無理っしょ。
国内
14
cmk2wl @cmk2wl
最新のが出ました。 東京都水道局 浄水場発生土の放射能測定結果につい 平成25年12月2、5、9、12日(の試料混合) 三郷浄水場 は セシウム計 313Bq/㎏ ! http://t.co/GyMBGrs69M
拡大
cmk2wl @cmk2wl
1. 浄水発生土は当然のことながら水道水ではない。しかし、水道水を製造する過程で出る「残さ」にセシウムが含まれていて、水道水に含まれないということがあるだろうか?実際、東京都水道局で水道水は不検出となっているが、国は検出。 http://t.co/ADD4V5veeM
cmk2wl @cmk2wl
2. 東京都水道局の依託で、水道水を測定していた首都大学東京のゲルマニウム半導体検出器は、空気からのセシウム汚染によって 0.5Bq/Kg が検出限界値となってしまっていた現在の東京都水道局の検出限界値は 0.5〜1.0Bq/Kg http://t.co/KmgDtISdwd
cmk2wl @cmk2wl
3. 東京の水道水は 0.5Bqより高い精度での測定はできなくなっているというこ本来、相対効率の良いゲルマなら、2Lの試料なら約30分で 1Bq/L未満を定量できる。しかし機器汚染によって、どんなに時間をかけても0.5Bqの壁を超えられない。
cmk2wl @cmk2wl
4. 国の測定では、東京の水道水はセシウム計 0.0053Bq/Kg。飲食で取り入れる水は普通一日およそ2.5リットル。一日に 0.01325Bq、月に 0.3974Bqを取り入れる計算になる。しかもこれはセシウムだけ。 水溶性の、β核種は測定の対象になっていない。
cmk2wl @cmk2wl
5. 核分裂生成物としてセシウム137と 水溶性のストロンチウム90 は同量あってもおかしくない(水源まで同じように飛ぶかは不明)そして、ストロンチウム90の毒性は、セシウムの300倍との説も http://t.co/5T0MKkQjV7(ヘリの Sr90)
cmk2wl @cmk2wl
6. 東京の水道水のストロンチウム90の測定はなされただろうか?寡聞にしてデータを見た事がない。かてて加えてトリチウム。まったく測定されていないのではないだろうか? もし、セシウムと同量のストロンチウム90があったら…。さらにトリチウム…。 必ず入っている。
cmk2wl @cmk2wl
7. 測定に対する懸念も深まる。汚染が酷い東日本関東で、長期に渡り汚染されない状態で測定機器を動かすことなど不可能に近い現に大学の研究室レベルでも汚染は起きてしまった。しかもバックグラウンドが高く、低い下限で定量することは難しい。汚染のない地域でも、測定所には汚染物が集まる。
cmk2wl @cmk2wl
8. 放射線を検出する装置が汚染されてしまったら、除染は難しい。機器の内部であったり、金属に付着したものは容易に除染できないし、もしその状態のままなら測定と言えるものではない汚染がセシウムでなかったとしても、強い放射線を出す核種なら、スペクトル全体に影響する。
cmk2wl @cmk2wl
9. 測定機器を持つラボは、早急に対策をとらなければ試料を測定しているのか機械の汚染を測定しているのかわからなくなる。東日本、関東での測定は無理なのだ。早晩、機械は汚染されてしまう。移転移設をしないで、汚染されたまま測定を続ければ「BGを見せろ」と言われた時に窮地に陥る。
cmk2wl @cmk2wl
10. 移転以外は何をやっても無理だと思う。ミクロン単位の放射性物質など、半導体工場のようなところでない限りブロックできないし、高濃度の汚染物を扱ってきたラボは、よほどマメに掃除をしていない限り、既に室内が汚染されている。いずれ測定機器に入って同じような事態になってしまう。

コメント

絶望型超現実主義 妖怪まみー @youkai_mommy 2014年3月4日
だからこのまとめにコメントは不要です。って言ってるじゃん。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする