夢日記

寝起きにツイートした夢をサルベージ
日記
1552view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
「千年毛皮の話をすると、夜ごとに少しずつあったかくなるらしいよ」
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
この毛皮は雪の世界に住んでる細身で毛が豊かなある種の狐の毛皮なんだけど だだっ広い雪原のど真ん中で女の子と男の子が焚き火をしながらそんな話をしていたら、連れているアルビノのその狐がスポッと腕に頭を通してきて ふたりがくすっと笑って「今夜はどんな話をする?」
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
そんな一幕のあるマンガを、きょう夢の中で読んだ

節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
( ^ω^)そうそう、今朝っていうかもうきのうの朝、すごくきれいな夢を見たの 左側がぽかんと開けた高架の道路をみどりが車運転して走ってるのね、助手席と後ろの席にふたりくらい乗ってて
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
高架の上と下はけっこう高さに差があって、ふっと左側に目をやったら、道路の下は頁岩みたいな明るい薄茶色の構造物なの 窓が学校みたいに規則正しくついた円形の建築や、その他にもメインの色を統一した何か色々な歯車のようなもの
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
それらが精密なアナログ機械みたいにみっしり水平に積み上げられて、途方もなく大きな構造物になってひとつの土地を覆っているんだ  時計を上から見たときの隙間のようにあちこちへこみのある表面、円形の穴(何かがあった跡?)は澄んだ池になって魚が泳いでる
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
メインの色は見る限り統一されていて、つまり相当に高い技術力の文明が短期間に計画的に造ったものだってわかる 印象としてはジブリのラピュタ城の外壁のような、木や草は見当たらなかったけど そんな、継ぎ目のない石造りに見える遺跡のような何か  でもそこはまだ「生きてる」
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
それ全てが南西に傾き始めた黄色っぽい午後の光を浴びて、まるで輝いているようだった 池の周りには散歩してるらしい人が2、3人いて、どうも観光できるっぽい 今度そこに行ってみる、と乗ってる人に話したところで目がさめた

節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
時計のような鐘の音が五つ鳴り響いた。 覚悟を決めた王子様に、仕掛師は五つの仕掛け扉を全て解いた。 五つ目の扉を開いたとき、何かが絶えず滑るような異音と赤い色が目に入った。
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
中は人がふたりも膝を曲げて寝転べないような独房で、壁には横三縦五に太い四角錐形の杭が先端を見せて据え付けられ、それが半永久的な動力によって、呼吸のようなリズムを持ちながらてんでばらばらに突出と埋没を繰り返していた。 義父にあたる王はミイラ化して、動力に体を賽の目に千切られていた
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
王子は後方に左手を突き出すと、美しい豊かな肩の侍女がピストルを差し出した。無造作にそのグリップをつかむと、彼は王の割れた額に発砲した。死の張りついた眼窩の間で鳥が一声鳴くような高い音がし、弾は跳弾した。 儀礼的な介錯だった。少年は振り向かず銃を侍女へ戻した。
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
それから彼は王の両側に同じく磔にされた青年ふたりに目を向けた。 背から杭に貫かれ続けながら、驚いたことに彼らは生きていた。何年いや十何年も王を監視していたとは思えない若さだった。 「君たちは自由になりたい?」声変わりもまだの声がかけられた。
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
右奥の男が静かな表情を向けて「いや……いい」と言った。 「これでいいんだ」(字幕:ぼくは説教を選んだ)と左手前の男が続いた。 王子は「そう……」とだけ返すと、片手を掲げてその部屋の呪いを解いた。 そんな夢を見た。
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
( ^ω^)それより前にストーリーもずっとあったし全編吹き替え+字幕だったけど、おきたら最後のこのへん以外わすれちゃった

節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
( -ω-)そういえば、今朝方みた夢  特殊なメイクをした男が首まで地面に埋められてるの、その周囲数メートルを囲むように注連縄のようなもとが張ってあって、内側に男が何人かいる、みんな柄が身の丈くらいあって頭部が小さい金鎚を持ってる

×注連縄のようなもと ○注連縄のようなもの

節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
その金鎚で地面に埋められた男の頭を殴っていくの、苦痛に満ちた顔で泣きわめく男の頭を、死なないように時間をかけて、少しずつ出血していって、何度も何度も  白か青かに塗られていた男の顔が少しずつ崩れていって、顔の皮膚が削り取られて真っ赤な肉色になっていって
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
そんな儀式が収められたVHSを居間のテレビで、わたしひとりで見てるの。途中で見ていられなくなって顔を両手で覆って、ゴシャッベシャッって音と時折あがる男の声だけ耳の穴に入れて  真っ赤に崩れた男の頭っていう結末は実は最初に見たから分かってるの、そこから巻き戻して見始めたから

節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
( ^ω^)きょう見た夢をおもいだした、近場に喫茶店ができてそこでパンを買ったり焼き物を見たりしてる夢だった  どこかのパン屋さんのパンとか陶芸してる人の作品とかをお店において売ってるあれ、木調の内装がすてきで二階建てだったな
残りを読む(186)

コメント