221
結城浩 @hyuki
たぶん十年以上前、山形浩夫氏が「翻訳したいんですがどうすれば」という方からのメールに「やれば?まずやれよ」という主旨の答えをしていたのをときどき思い返します。
結城浩 @hyuki
何を言ってるかというと、結城のところにもときどき(ごめん、うそでした。頻繁に)、「本を書きたいんですが、どうすれば?」という質問メールが来るのです。
結城浩 @hyuki
おそらくは結城が書いたプログラミングの本や、数学入門書を読んで、自分も書きたいと思われた刀のだと想像しています。
結城浩 @hyuki
でも、あまりにも多いので、個別に答えることはちょっと難しいのです。「どうしたら本が出せますか」「どうしたら本が書けますか」「どうしたら結城先生のような本が出版できるでしょうか」とやつぎばやに聞かれても、私としても答えようがない、というのが本音のところではあります。でも。
結城浩 @hyuki
でも、お気持ちはわかります。本を書くことに特別な何かが必要ではないかと思う気持ちもよくわかります。どこかのだれかに「はい、あなたは本を出してもいいんですよ」と許可や承認をもらいたくなるような気持ちもわかります。私もそう思っていましたから。でも、そんなものはどこにもないんです。
結城浩 @hyuki
出版社さんや編集者さんはいつも、いつでも鵜の目鷹の目で「よい著者はいないか」「いい本はないか」と探し回っています。許可も承認もあったもんじゃありません。とにかく他の人に読んでもらえるような本、いい本、人気がありそうな本を24時間求めています。ほんとです。
結城浩 @hyuki
そこには決まった手順もなく、マニュアルもありません。コネが有効になることもあまりなく、ただ、ただ、おもしろい本、すばらしい本、読者を魅了する本を求める人がいるばかりです。
結城浩 @hyuki
ですから結城に「どんな本を書いたらいいですか」と聞かれても困るのです。「どうしたら本が書けますか」と聞かれても困るのです。気持ちは分かります。でも結城は答えを持っていません。
結城浩 @hyuki
いえ、答えは持っています。読者が読んでおもしろいと思う本、ためになった、感動した、すばらしいと思う本を書いてくださいということです。それ以上具体的なことは書けません。書くことができないからです。あとは各著者が自分で作品を通して読者に語るだけだからです。
結城浩 @hyuki
20代の若い方で本を書こうとしている方にお伝えしたいのは、だから、とにかくおもしろい本を書くことです。お金でも読者さんでも、それは後から付いてくるものです。まずは作品ありき、本ありきです。あなたが書いた現物が勝負です。全精力を注いで本を書く。現時点での最善を尽くす。
結城浩 @hyuki
そうやってどんな著者さんも本を書いているのです。ベテランの方も、新人さんも。まとまった何かを書かないで「どうしたらいいだろう」と悩むのは無意味です。まず、書きましょう。あなたが考えている最高の題材でかまいません。どんなに短いものでもかまいません。
結城浩 @hyuki
どんなに短くてもかまわないので、ひとまとまりになったもの。一つの独立した、タイトルもついた何か。自分から独立して読まれる何かを作り終えること。それが大事です。自分の言い訳や解説を付けずに、読者に「はい、これです。お読みください」と言えるもの。それをまとめることに全精力を注げ。
結城浩 @hyuki
タイトルを付けて、ひとまとまりの内容を持った作品を作り、「はいどうぞ」と渡すことのこわさ。「あのね、そこはちょっと、まだ、ちゃんと書けてないんだよね」と言い訳はできないこわさ。自分のことを少しも知らない人に読まれ、勝手に批評されるこわさ。作品を世に出すというのはそういうことです。
結城浩 @hyuki
〆切に追われる怖さ。最近落ち目だよねと言われる怖さ。作品数が少ないと言われる怖さ。作品が多くて雑になったと言われる怖さ。……さまざまな怖さに直面しても、おびえることなく、自分の意思を持って次の作品を作る強さ。書き続けるというのはそういうことです。
結城浩 @hyuki
他人と比較していたらきりがありません。自分よりも良い本を作る人は無数におり、悪い本を作る人も無数にいる。誰と比較するかで、自分の評価はまったく変わる。そんな比較は無意味です。
結城浩 @hyuki
基準をしっかり持つこと。自分がいままでできなかったことが、次の作品ではできるようになったか?これまでの良さを生かしつつ、さらになにか一つでもプラスできたか?他の作家さんと比較するのではなく、自分の基準と比較してどうだったか?読者さんは喜んだか?不満は想定内のものだけだったか?
結城浩 @hyuki
そんなふうに基準をしっかり持ち、まず《読者さんのことを考える》という態度でいるようにしよう。そうすると、他の作家さんがいい作品を書いてもショックを受けない。かえって喜べる。誰から批判を受けても、謙虚に学べる。そのような執筆生活を心がけることはとても大事だと思っている
結城浩 @hyuki
つまりは、執筆も、自分の人生の一部であるということ。自分は誰であるか。何をしようと思っているか。何がよいことであり、何がよくないことであるか。そのような、一般的には「イシキタカーイ」とか「コムズカシー」とか「クラーイ」とか言われそうなこともきちんと考えること。それが大事。
結城浩 @hyuki
そもそも、文章を書くことは楽しい。自分が考えたことを自分一人のものにするのではなく、誰にでも読め、誰にでも理解できる形にするということは、大きな喜びである。自分の読者に伝えること。自分の読者に大切な一言を伝えること。それはとても大事なことだ。
結城浩 @hyuki
読者を言い負かそうとか、読者を使って一儲けしようとか、そういうことを考えているうちは二流三流だと思う。そんなレベルではダメなんだ。自分の持っている最上のものを差し出すような心づもりが大事なのだ。読者自身が気づかなかった読者の価値に光を当てるような……いや、それも望みすぎか。
結城浩 @hyuki
せっかくこのような、ネットで世界中がつながるような時代に、テキストを使って思いを伝えることができる立ち位置にいるのだから、たくさんの人に喜びを。励ましを。感動を。新しい発見を。楽しみを……伝えるような文章を書いていきたい、と切に思う。
結城浩 @hyuki
もう二十年近く前のことだろうか。当時吉祥寺に住んでいた。京王井の頭線、吉祥寺駅のホームでもだえるようにしながら「神さま、神さま、どうか本を書かせてください!」と祈った祈りを私は忘れない。神さまはその願いをきちんと叶えてくださっている。 http://t.co/bnQJsBgD3p
結城浩 @hyuki
そう。実は人生は祈りなのだ。誰に対して何を祈るか。あなたは「誰」に「何」を祈るか。私は「神さま」に「幸福」を祈った。そしてまた、本を書けるようにと祈った。神さまはそのすべてを祈り以上にかなえてくださっている。 http://t.co/63iUi2pWt8
結城浩 @hyuki
2003年に私は「神さまは私の10年前の祈りを聞いてくださった」と告白した。 http://t.co/63iUi2pWt8 2014年のいま、私はまた「神さまはさらに10年も祈りを聞き続けてくださった」と告白しよう。結城が最初の書籍を刊行してから二十年が過ぎている。
結城浩 @hyuki
そのほぼすべてが読者さんの大きな応援を受けている。読者さんに深く、深く感謝します。そしてまた、二十年前に(今日のような)大風が吹く日に、吉祥寺駅のホームで泣きそうになりながら祈った自分の祈りに感謝したくなる。よくぞ、祈ってくれた、あのときの自分。
残りを読む(17)

コメント

結城浩 @hyuki 2014年1月30日
s/山形浩夫/山形浩生/ です。ごめんなさい。
山元 太朗 @tarogeorge 2014年1月30日
書いたものがある人に、文○社商法にひっかからない方法をアドバイスしないと不親切な気がする。数百万単位のぼったくりです。
山元 太朗 @tarogeorge 2014年1月30日
あと、翻訳は当然、原著者の許諾が必要。これは通常出版社間での処理になるはずだけど。
たられば @tarareba722 2014年1月30日
100%非の打ち所なく同意します。出版社はいつも、いつでも、作品を待っております。
セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2014年1月30日
昔つきあってた人(漫画雑誌編集)に「お前手先器用だから絵描けるだろ。マンガ描いてウチで出せ」って言われたのを思い出した。
KIMATA RobertHisasi @robert_KIMATA 2014年1月31日
文章を書きたい、発表したい、と言うだけならblogで誰でもできちゃう時代なので、「blogじゃなくて、本を出したいんです」という事であれば最終的には「出版社に持ち込む」しかないよなあ……多分
地元密着なび新谷貴司(パゴちゃん応援中) @localnavi 2014年1月31日
tarogeorge それは「自費出版」「共同出版」には近付かないとか、金を請求してくる出版社には近付かないとかでいけるはず。あとは新聞に載ってる「あなたの原稿を本にしませんか」という広告にも近付かなければたぶん大丈夫。
地元密着なび新谷貴司(パゴちゃん応援中) @localnavi 2014年1月31日
ほかに出版がらみの悪徳商法で怖いのは「自称出版プロデューサー」かな。最近は出版したい人向けのセミナーを色んな人がやっていて玉石混淆みたいだし。
Shiro Kawai @anohana 2014年1月31日
翻訳するのには原著者の許諾はいりませんよ。翻訳したものを公開する時に必要になりますが。
むささび屋(,, -`x´-) @Josui_Do 2014年1月31日
myISBN使ってAmazonでプリント・オン・デマンドによる出版・販売も可能だから、売れるかどうかはともかく本を出すハードルとリスクは下がってると思いますね。
なみへい @namihei_twit 2014年1月31日
「本を書きたい」に留まらず、『何かをしたい』『何かになりたい』全てに通じる何か。やりたいと口にする、のは、やってみる、こととは別物。どれだけやる気をアピールしたところで、とりあえずやってみる、という一歩を踏み出すためには、自分の中のなけなしの勇気を振り絞る以外に無い。
結城浩 @hyuki 2014年1月31日
s/思われた刀のだ/思われた方なのだ/でした。ごめんなさい。
ざの人 @zairo21 2014年1月31日
最近はアマゾンのキンドル関係だと、出版も容易なコンテンツがありますな。https://kdp.amazon.co.jp/
ざの人 @zairo21 2014年1月31日
Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP) 、Amazon Kindleストアで本を出版するためのサービス無料で簡単 出版にかかるコストは無し。世界中で販売 Amazonの販売経路を通じて、世界中の読者に本を提供 今すぐに出版 出版手続きにかかる時間は5分、本は48時間以内に販売され70%のロイヤリティを獲得 最大70%のロイヤリティオプションが適用。とのこと。->抜粋  電子書籍という形だけど同人レベルでも手軽に販売できる点が◯ 
ざの人 @zairo21 2014年1月31日
あと 個人の趣味で 無料でも良いなら、ChainLP というソフト、もしくは PDF変換ソフトを使うと?パソコンで処理できる画像と文章を自分で用意すれば、気軽に電子書籍の作成はできる。 それで作ったデーターを「ファイル共有サイト」に保存して、その告知をブログやツイッターで行うことも可能、
冷たい熱湯 @Tuny1028 2014年1月31日
どういう本が書きたいかというのがなくて単に「本が書きたい」と言ってる人は厳密には「本を書いて暮らしてる人」になりたいんだろうね
山元 太朗 @tarogeorge 2014年2月1日
anohana 著作権法第27条、第43条、第63条を嫁。自慰のために「チャタレイ」の自分訳を作って楽しむのは、あくまで私的使用としての例外。
山元 太朗 @tarogeorge 2014年2月1日
出版社は、企画や営業の面からそれぞれ自分のコア分野をもっていて、出版不況の中でもその限界領域、いわば土俵際の部分でどうビジネスを成り立たせようか考えていると思う。やみくもに持ち込んだってエネルギーの無駄。
山元 太朗 @tarogeorge 2014年2月1日
科学研究費を始め、多くの研究者向け補助で「出版助成」があるのは、専門書だって(というか専門書だから)著作者が初版の出版費用を背負わないと、その分野の専門出版社だって出版しないという悲しい現状を示している。
山元 太朗 @tarogeorge 2014年2月1日
大学公募等の教員公募では、業績一覧から絞り込む段階では、どこの出版社から出しているかは当然見られていると考えるべき。全部、中身を読んでもらえるはずがない。
山元 太朗 @tarogeorge 2014年2月1日
localnavi 全国紙に大きい広告を打ち続け、新宿御苑前に立派な本社を建て・・・誰の金でなりたっているのか。近づくなとtogetterの片隅でつぶやくだけで救いになろうか。
Shiro Kawai @anohana 2014年2月1日
@tarogeorge ありがとうございます。許諾なく翻訳できるのは、あくまで43条に定めのある場合のみというわけですね。
結城浩 @hyuki 2014年2月2日
補足ツイートを含めて、まとめを更新しました。みなさんご愛読ありがとうございます。
月音 @tukuneko1225 2014年2月2日
色々と為になるお話しありがとうございました。
山元 太朗 @tarogeorge 2014年2月2日
anohana こちらこそ。anohanaさんと結論は同一になるのですが、原則は許諾なのです。出版社が出版を受けてくれれば、原著者と翻訳者の間の権利処理は双方の出版社間でやってくれるはずです。
佐倉和音🥴 @O_Flow 2014年2月5日
出版社に持ち込むにしても「門前払い」が怖くて持ち込めない方もいる。そういう方はブログの中に特別にページを設けていたりしてるなぁ。そういうのが出版の方の目に止まれば幸いだけれどもやっぱり運なのかなぁ?それを補強する自己手段としての祈りがあるのかな?僕は仏教徒なので坐禅して自分をニュートラルに持ち込んで合掌するんだけど。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする