ストライキを打たれないが故に増長する日本の経営者とストに臆病な日本の労組・そして現場の惨状! by 野川忍明大教授(@theophil21)

小沢征爾が『日本経済新聞』で現在連載中の「私の履歴書」で取り上げたボストン=フィルの楽団員処遇についての話を枕に、あまりストライキが起きない日本の労使関係が結果的に経営者の増長と現場の惨状を生んでいる、と野川忍明大大学院教授(@theophil21)が解説。
労働 野川忍 theophil21 小沢征爾 争議 ストライキ
mtcedar1972 9002view 30コメント
49
ログインして広告を非表示にする
  • theophil21 @theophil21 2014-01-29 11:41:17
    争議リスク(1)今朝の日経「私の履歴書」において小沢征爾は、ボストンフィルを30年以上指揮した回顧話の一つとして、できるだけ団員の処遇をよくすることに気を使ったことを記している。その理由が「ストライキを避けるため」。彼は厳密には使用者ではないが、これは非常に正常な認識である。
  • theophil21 @theophil21 2014-01-29 11:44:07
    争議リスク(2)労働者の処遇の改善は、労使交渉の中で勝ち取られるべきものであるが、交渉が進まない場合には労働組合は権利の行使としてストライキを打つ。だから交渉の前に、「いざとなればストライキを打つ」ことを使用者側に通告しておく。使用者は本気で交渉に臨まざるを得なくなる。
  • theophil21 @theophil21 2014-01-29 11:45:54
    争議リスク(3)使用者としては、ストライキを実際に打たれて打撃をこうむることは避けたいので、交渉の中でできるだけ適切・妥当な合意点を探ることとなるし、労組もストは痛手となるので使用者側の譲歩がある程度引き出せればそこで合意する。争議リスクが両者を歩み寄らせるのである。
  • theophil21 @theophil21 2014-01-29 11:47:52
    争議リスク(4)ところが、絶対にストライキを打たない、争議行為はしないことが明らかな場合は、どれほど交渉をしようと、使用者は労組の要求を突っぱねても構わないという判断に導かれる。争議リスクがないのだから、労組の要求など「余裕のあるときに聞いてやってもよい」程度の位置づけとなる。
  • theophil21 @theophil21 2014-01-29 11:50:37
    争議リスク(5)加えて、「労働者をあまり過酷に扱えば、労組から争議行為という合法的で強力なリアクションがある」という認識があれば経営者もブラック化への誘惑に勝てるが、「どんなに労働者に血しぶきを上げさせても彼ら自身からは何の抵抗もない」と認識すればどうなるか。それが現状である。
  • theophil21 @theophil21 2014-01-29 11:53:14
    争議リスク(6)この点では、先進諸国の中で、日本の経営者ほど甘えた立場にある経営者はいないだろう。どの国でも経営者は、労組の争議行為・ストライキを想定しながら、少なくとも日本とは比較にならない緊張感をもって労組と対峙しているのである。この惨状は、もちろん経営者だけの責任ではない。
  • theophil21 @theophil21 2014-01-29 11:54:56
    争議リスク(7)労組に呼ばれて労働法の講義をするとき、よく「ストライキの話はしないでくれ」と言われる。差しさわりがあるからだそうだ。冗談じゃない! ストは憲法で直接国民に保障されたゆるぎない権利であって、使用者の経営権と対等もしくはそれ以上の位置づけをされているのだ。
  • theophil21 @theophil21 2014-01-29 11:58:29
    争議リスク(8)そして、誰も「もっとストライキをやれ」などと言っているわけではない。前ツイしたように、「いざとなればストをやる」ことを示して労使交渉にあたることで、交渉の中身を労使双方にとって実質的で有益なものとすることが最大の意義なのだ。実際のストは満を持してまれに行えばよい。
  • theophil21 @theophil21 2014-01-29 12:01:46
    争議リスク(9)以上のような争議行為の本意を理解しようともしない労組の責任は大きい。繰り返すが、争議権が労働者に与えられているのは、何も経営者に無理じいをするためではない。対等で合理的な交渉により双方に実りある合意をもたらすためなのだ。
  • theophil21 @theophil21 2014-01-29 12:05:55
    争議リスク(10)小沢征爾のように、「従業員の処遇をできるだけ改善しよう。ストは回避したい」という「国際標準」のまっとうな経営感覚をもった経営者が多数派になるために、経営者自身も勉強してほしいし、連合をはじめとする中央団体は日本の惨状克服に本気で取り組んでほしい。
  • 地下猫 @tikani_nemuru_M 2014-01-29 12:12:21
    ユニオンに関わっています。ストどころか労組すらない中小零細においては、経営側が従わざるをえない措置は最終的に裁判しかなく、労働者にはハードルがあまりに高い状態です。やれば勝てる裁判でも経済力がなくては戦えない。見渡す限り「女工哀史」ですよ。@theophil21
  • 地下猫 @tikani_nemuru_M 2014-01-29 12:15:10
    ユニオンとの団交に応じるのはまだしもマトモな経営者。悪質な経営者、あるいは悪質な弁護士・社労士がついた経営者は、団交なんてガン無視です。こちらには最終的な強制力がないのを知っている。ストは絶対的に必要です。抑止力が必要なのです。@theophil21
  • theophil21 @theophil21 2014-01-29 12:26:17
    @tikani_nemuru_M おっしゃる通り。労使関係によって労働条件を形成する、という憲法の原則からすれば、惨状が惨状という表現も甘いほどのレベルに達していると言わざるを得ない。どこから、どのように解きほぐしてまっとうな方向へ一歩でも踏み出せるのか、模索しつつ行動。
  • 早雲 @souun_udoku 2014-01-30 21:26:38
    争議リスク:theophil21氏http://t.co/4ZzhaW9DTG小沢征爾は、ボストンフィルを30年以上指揮した回顧話の一つとして、できるだけ団員の処遇をよくすることに気を使ったことを記している。 その理由が「ストライキを避けるため」。これは非常に正常な認識である。
  • 早雲 @souun_udoku 2014-01-30 21:31:02
    労使関係によって労働条件を形成する、という憲法の原則からすれば、惨状が惨状という表現も甘いほどのレベルに達していると言わざるを得ない。どこから、どのように解きほぐしてまっとうな方向へ一歩でも踏み出せるのか:theophil21氏http://t.co/4ZzhaW9DTG

コメント

  • 杉山真大@震災被災者 @mtcedar1972 2014-01-31 10:52:08
    でも、このまとめ作成してみて思ったけど、最近内田樹辺りが主張し多くのサヨや「リベラル」の支持を得ている「多くの国民が苦しむのはグローバル化のせい!」って言説が、この事実からして間違いであるかがよく解るよな。それこそ内田の薦めている「ポスト=グローバリズム」の所産だったりするのに。
  • 不如帰 @tam99z 2014-01-31 11:36:53
    ストを決行する労組が、従業員から嫌われたって話もあるんで。御用組合ってまるで社畜扱いされる時もありますけど、月に20回もストやる馬鹿労組があってみ?
  • 不如帰 @tam99z 2014-01-31 11:39:36
    ちなみに今の非正規雇用を認め、同じ職場の非正規雇用の非組員からの要望とか「組合員じゃないから」と建前上聞かないのは判らないでもないけど、後手後手無策で自分らの首を絞めて後で慌てて非正規雇用問題を前面に出したの、労組再大手の連合さんだから。
  • 2hooo! @2hooo 2014-01-31 19:26:46
    労働待遇改善以外の動員が多すぎて労組が信用落としたのも大きいと思う。労組が労働者のための活動のウェイト減らして専従連中が他人の財布で趣味に走ったら、そりゃ人も離れるわ。まともにストをうてる労組に戻すには上層部の粛清が必要なんじゃないの。
  • ざの人 @zairo21 2014-01-31 19:30:06
    実質、一定以上の人数でやらなければ、会社が回らない人数でストをしないと意味が無い。更に、とうとう派遣の期間の3年間が無効になれば、単重労働は皆派遣化され、ますます団体交渉なんかできなくなる現状に追いやられる、かと言って あんまり労働者を舐めると、農薬混入事件 なんて多額の損失というしっぺがえしも起こるので、経営者は労働者をなめすぎるなよ!と言いたい。
  • 濱口桂一郎の祖先 @hamachanance 2014-01-31 19:38:19
    野川は相変わらず馬鹿だなあ。http://www.jacd.jp/news/column/100513_post-49.html >労使は協調路線である。労働組合員の利益と経営者の利益は基本的に一致しており、労働者は長期雇用保障、年功賃金なので、企業が成長しなければメリットはない。そのためストライキをして企業の利益を減らせば、結局自分に跳ね返ってくる。
  • 濱口桂一郎の祖先 @hamachanance 2014-01-31 19:54:46
    実社会を知らない化石サヨクの妄言。
  • Domeki @Domeki 2014-01-31 19:57:55
    日本の場合、労組が反戦平和イデオロギーと直結してるのが問題。労働者の為に法整備を行うならまだしも、民主党や共産党、酷い労組は中核派や革マル系だったりするので、うかつにそっちにコミットして養分になりたくない。
  • Domeki @Domeki 2014-01-31 20:00:39
    大体、連合が賃金ベースアップに妥協しまくって、保守政権の長が企業にベースアップを求めてる現状見て、労働組合を支持母体に持つ政党は恥ずかしくないんだろうか。君らの存在価値はまずそこなんだがな。
  • 酷道探検隊@酔いどれアークス @tocch 2014-01-31 20:03:03
    特定政党との過剰な癒着と本来の組合活動の閉塞感の打破には組合革命が必要だね。ホレお前らの大好きな革命だぞ、ぶっ壊せよ専従さんよ。
  • Domeki @Domeki 2014-01-31 20:20:37
    今現在「労働者は長期雇用保障、年功賃金」の恩恵受けてる労働者ってどれだけ居るんだろう。正直形だけの労使交渉よりも、法整備による中抜規制と、特定派遣の禁止だけでかなり効果あると思うわ。ピンはねをヨーロッパ並に制限してみろということ。
  • IJN @JapanNavy_Blue 2014-01-31 20:57:26
    上尾事件、ってのがありましてね
  • たさか(隣人部員) @ktasaka 2014-01-31 21:26:46
    最近になってやっとワタクシやっと連合の罪深さと無能さを理解してきたのにwww
  • フレーバー@6/30Roselia @stflaver 2014-01-31 22:52:33
    労働運動が変な方向に先鋭化したこと、それと60~70年代の国労のスト、労働運動にのみ特化すべきが、実際に上でも述べられているように反戦運動などに拡散してしまい、結果的に目的がぼやけてしまったという、これらの歴史と経験によって本来救うべき労働者が救われないということですな。
  • おばた はじめ @yamamoto1208815 2014-01-31 23:31:44
    まとめの意見はよく分かるんですが、ならどうして今の労働組合はすっかり大人しくなってしまったのか?なぜ世論の支持を得られない、あるいは得られるような行動が出来ないのか、動けない労働組合をどう動かしていけばいいのか、このあたりに言及がないと現状の変革は難しいんじゃないでしょうか
  • チェスト鉄火巻 @saru_23 2014-01-31 23:51:29
    たとえば愛社精神というものが「頑張れば会社は報いてくれる」という会社への労働者の信頼がその根源にあるとすれば同様に組合へは「訴えれば聞き入れ、動いてくれる」という信頼が必要。現状政治団体と化した組合への不信感こそが機能不全の原因と思うのですが むしろ政治動員のほうが多いし、ウチの組合。利用されてるみたいでイヤなんですよね
  • eternalwind @juns76 2014-02-01 00:08:28
    理由は単純で、正規の下に非正規という奴隷階級をおいたからでしょう。大企業の正規が特権階級化したなかで、階級闘争が起きるわけがない。
  • eternalwind @juns76 2014-02-01 00:15:17
    「労働組合が組合員に対して獲得する賃上げは、主として組合の外にいる他の労働者の犠牲においてである」ミルトン・フリードマン
  • eternalwind @juns76 2014-02-01 00:17:46
    mtcedar1972 内田樹は、明らかに団塊老人の既得権益を代表し、若者の窮乏化を加速する言説ばっかり唱えてますな。間違いなく奴は人間のクズ。典型的団塊野郎
  • eternalwind @juns76 2014-02-01 00:23:59
    ルネサスをやめた技術者が面白いことを言っていたな。ルネサス従業員は電機労連に所属するわけだが電機労連は、給料アップや待遇改善はそっちのけで。沖縄問題やTPP反対とかばっかり言ってると。
  • eternalwind @juns76 2014-02-01 00:26:16
    んで、ルネサス従業員ならみんな知ってることだが、日本の半導体がかつての特権的な地位を失ったのは、日米半導体交渉で、農業で譲歩してもらう代わりに、アメリカの不当な要求を丸呑みし、輸出規制回避のために韓国へ技術供与したことがそもそものきっかけだとはだれでも知ってると。
  • eternalwind @juns76 2014-02-01 00:27:49
    だから電機労連が、むしろ自分たちの職を守る方向にいくならTPPはむしろ賛成すべきなはずだとね。
  • mnnkaanjinno @mnnkaanjinno 2014-02-01 15:15:43
    つまり労働者がストライキする欧米企業の経営者は皆謙虚だということですね。
  • ざの人 @zairo21 2014-02-01 23:29:47
    結局 会社に睨まれたくない。 それに属してたら 待遇面で冷遇されるってことがあるから、今の御時世だったらいくらでも理由つけてやめさせられて、組合はそれに対して全く機能しなければ、ただ存在しているだけ だから熱も入らないというのが現実。
  • ざの人 @zairo21 2014-02-01 23:36:52
    会社の信用のために 作られた労働組合も世の中にあって、結局御用組合となっている現実も有る。 組合があるのに実質活動はしていない場合は、そこに原因が有る。
  • ざの人 @zairo21 2014-02-01 23:45:13
    実社会を知らない化石サヨクの妄言。って言ってる人いるけど それこそ企業論理の詭弁。だから したり顔で「労働組合員の利益と経営者の利益は基本的に一致」なんて嘘を垂れ流す。一致してたら、一方的に派遣や契約社員ばかりの構成にして、農薬混入なんて馬鹿げた事件が起こるわけないんだわ。
  • ざの人 @zairo21 2014-02-01 23:47:01
    労働者はお金を稼ぐための道具 これが現実。 経営者と労働者には 大きな隔たりがある。それが資本主義社会の現実だろう。
  • くみちす 愛知県おっさんレンタル @ahoaho1313 2014-02-02 16:25:02
    Domeki >日本の場合、労組が反戦平和イデオロギーと(後略 ほんとコレ。中韓とか反原発とか反軍事とか言い出さない、労働問題だけ扱う左翼が欲しい。
  • name @unagi_anago 2014-02-03 12:16:35
    一般向けサービスの提供企業で、労働者がストを打って、その提供が止まった時に、停止の責任が直接的な「スト」のみのせいにされ、その先の経営側の態度が問題にされることがないからでしょう。要は妬み。「俺ら安月給で我慢してんのに、お前ら個人の待遇改善のためにストなんか打って、俺らに迷惑かけんな」と。
  • 杉山真大@震災被災者 @mtcedar1972 2014-02-03 13:41:59
    unagi_anago まさに旧国鉄がそう。元々巧くいっていなかったのに、いわゆるマル生運動(生産性向上運動)で決定的に対立。ILO勧告とかの後押しがあると踏んでスト攻勢に出たら、私鉄や自動車という競合相手の存在で打撃にならず、国労・動労は完全に悪者扱い・・・・・

カテゴリーからまとめを探す

「政治」に関連するカテゴリー