編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

第37回 #1SS ミニトーク恵比寿映像祭開催直前プレトーク」

恵比寿 NADiff a/p/a/r/t 3階の TRAUMARIS にて開催 入場無料 トークゲスト : 東京都写真美術館 キュレーター 田坂博子さん 恵比寿映像祭2014は、多様性を象徴的に示す「トゥルー・カラーズ」をテーマとし、グローバル化が進行する現代社会における文化や伝統、主義等の多様性を、映像体験を通じて提示、ヴェネチア・ビエンナーレ2013で銀獅子賞を受賞したアーティスト カミーユ・アンロによる映像作品の上映の他、世界各国の国際映画祭で高い評価を受けている映画監督 王兵(ワン・ビン)のジャパンプレミア映画作品の上映、さらに日本、中国、韓国のアーティスト・ユニット西京人が担当するオフサイト展示などを予定しています。 本展が始まる前に見所や裏話なども聞けそうです。 続きを読む
アート
2013view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
1
(-_-)...zzzZZZ @ikeyan0809
AFTプレスリリース今見たけど、3月1日の #1SS がプレイベントなのね!! #AFT14
ミチコ @michi_k
行きます!“@waitingroom_: 第37回 #1SS ミニトーク「恵比寿映像祭開催直前プレトーク」2月1日(土)に開催。トークテーマは恒例の「恵比寿映像祭」東京都写真美術館よりキュレータの田坂博子氏と柳生みゆき氏をお招きして行います。お食事はアルマスの美和子さんですよ!”
Takahiko Azuma @Az_Takahiko
本日1土は恵比寿トラウマリスで毎月第一土曜開催の1stSaturdaySlaon #1ss 。第37回の今回は都写美の方を招いて2/7土より始まる第六回恵比寿映像祭がテーマ。20時スタート、トークは21時から1時間。1ドリンクorフードで
Takahiko Azuma @Az_Takahiko
ちなみに来月の #1SS は3月1日、アートフェア東京について金島隆弘さんが登場。アートフェア東京の公式プレイベントとして混雑必至。
星田大輔 @d_hoshida
今日の1SSは好物の恵比寿映像祭関連ということであるのだが夕方から明日にかけて東北へ出張であるのだなぁ…
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
本日の #1SS のトークテーマは恒例!「恵比寿映像祭開催直前プレトーク」東京都写真美術館よりキュレータの田坂博子氏と柳生みゆき氏をお招きします。場所はお馴染み TRAUMARISさんで20時頃から。お食事はアルマスの美和子さん!参加無料ですが、ドリンクかフードのワンオーダー制!
WAITINGROOM @waitingroom_
同じく本日20時からは定例イベントの #1SS です!武居展の2次会としてトラウマリスに流れる予定。21時〜のトークテーマは「恵比寿映像祭開催直前プレトーク」東京都写真美術館よりキュレータの田坂博子氏と柳生みゆき氏をお招きします。武居オープンニングとあわせて是非!
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS そろそろトーク始まります!連投しますので、よろしくお願いします。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 本日のテーマは 恵比寿映像祭プレトーク。今年の映像祭のテーマはTRUE COLORS トゥルーカラーズ
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 会期は2/7-2/23。本日のトークゲストは写真美術館のキュレーターの田坂さん、プレスの小久保さん、高野さん。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 今年からメインキュレーターが北澤さんになりました。今年のトゥルーカラーズというテーマも彼女の発案です。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS テーマがあがるとキュレーターチームで意見を交わす事で、解釈の幅が広がりやすくなる。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 本年のテーマはカラーズのズの部分。に現代社会の写し鏡としての裏と表などの意味も含まれている。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 野外のオフサイト展示は西京人。既にコンテナが立ち上がってます。これで例年の寒さ問題も少しは解消?
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 西京人は日本、韓国、中国のアーティストのユニット。日本では始めての展示。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 野外のオフサイト展示は美術館を目指していないお客様へのアピールにもなるのでは?
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS ガーデンプレイスのセンター広場は日常的に憩いの場なので、それを意識した展示をすることで、面白さが増す。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 今年は例年に比べ、アジア、東南アジアの作家が多い。メディアアート、映像人類学、現代アートなど。映像に関わる領域が広がり、それぞれの分野が近くなり交わったりしている。←映像人類学の視点からの接点を発見して展示する。分藤さん。や田村友一郎さん。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 田村さんは第三回の映像祭にも出展。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS デイヴィット・ホックニーはヴィデオ・インスタレーション。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS ジョウシン・アーサー・リュウのコラという作品は絶対観て欲しいですね。巡礼などをテーマにしている。5Kで撮影。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 上映プログラムではアンリ・サラの特集。初期のものも!
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS ラブ・ディアスの作品は250分!彼の作品は商業的なフォーマットに合わせてないので、上映される機会が少なく、貴重。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS Norteと言う、ドストエフスキーの罪と罰を題材にした作品。YouTubeにもトレーラーがあります。 http://t.co/0zXdYqPPaK
 拡大
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 250分って意外とすっと観れる程良い作品なのです。そしてカラーの作品も珍しいのです。
残りを読む(27)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする