FRJ2014(2/1-/2)セッションメモまとめ。

2014年2/1-/2開催の『ファンドレイジング・日本2014(FRJ2014)』の個人メモツイートまとめです。(+1/31のファーストカマー交流会の3日間のメモ)http://jfra.jp/frj/index.html NPOにまつわるファンドレイジングの大会です。ポイントや印象に残った言葉をセッションごとに簡単にメモしています。 【参加セッション】ソーシャルインパクト評価とは/地域内"志金"循環モデルへの挑戦/米国のモバイルギビング最前線/戦略的に成長に活かすソーシャルメディア/ファンドレイジング5W1H論 など
経営 ファンドレイジング マーケティング frj2014 マネジメント frj NPO ソーシャルインパクト 寄付 sroi
6
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
今週末のFRJ2014に参加します。 1/31のファーストカマー交流会、 2/1の有資格者ランチセッションと懇親会にも参加していますので、 ご参加される方はよろしくお願いします〜!
前川泰徳(メロンパンくん) @melonpan_mae
明日のFRJ2014。お聞きしたいフローレンス・駒崎さんのコマの裏に、「どの団体でも活かせるHP活用術」がかさなっている…(TT) ホームページは業務上外せない…(TT) 豪華すぎる60セッション。#frj2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
FRJ2014ファーストカマー交流会、始まりました! #FRJ2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
今年は参加者が1000人!セッション数は60!行内外の最新成功事例、ツールやノウハウを共有する場。NPOや社会企業家として第一線として活躍する人、ブレークスルーが必要な人 、などなど様々な方が参加。 ファーストカマーはFRJに初参加の方のためのセッション。 #FRJ2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
河内山さん@shin_kouchiyama :(セッションについて)海外から来られる講師は来年も来られるかわからないので行くのがおすすめ。立ち見もありうるので入場はお早めに #FRJ2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
セッションは大きく5テーマに分かれている。 日本と世界の最新動向、共感コミュニケーション、ソーシャルビジネス・ファイナンス、オンラインファンディング、戦略的ファンドレイジング #FRJ2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
FRJには、参加者のセッション選択のお悩みを解決してくれるコンシェルジュサービスがある。 河内山さん:会場移動は階段がおすすめ。 #FRJ2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
「Salseforceを100%活用した支援者獲得」と「CRM最前線」、「新規支援者と継続支援者」のセッションを被らすなんて、ずるすぎる。。
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
鵜尾さん:たくさんセッションあるけれど、一つでいいから学んでいってください。一人でいいから、「この講師、すげーな!」っていう人を見つけていってください。 #FRJ2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
参加セッション決めてたはずなのに、揺らぎますよね〜 #FRJ2014 
河内山信一@認定ファンドレイザー @shin_kouchiyama
違う団体の人から、この目的でこのセッションを聞きたいという情報が入ると、そういう見方もこのセッションはできるのかと新しい発見が生まれます。なので、そのゆらぎは狙い通りですね! RT @ot_haru: 参加セッション決めてたはずなのに、揺らぎますよね〜 #FRJ2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
iPS研、ノーベルが選出!チャリティテーマカラーがあるのですね。|大阪マラソン寄付先決定 iPS研など13団体 http://t.co/ekjzjqkMOb
渡邉文隆 / 寄付者の幸せに貢献したい @fwatanabe
ツイートありがとーございます! RT“@ot_haru: iPS研、ノーベルが選出!チャリティテーマカラーがあるのですね。|大阪マラソン寄付先決定 iPS研など13団体 http://t.co/cwjW4Trg7t
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
全セッションのレジュメが載ってる冊子。 #FRJ2014  http://t.co/w0w2mY0rNp
拡大
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
鵜尾さん:「今の日本の寄付市場は1兆円ほど。日本ファンドレイジング協会は2020年には10兆円規模を目指している。」 5年前、日本ファンドレイジング協会設立時につくったムービーをオープニングセレモニーで放映。 #frj2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
【ニュース①】日本ファンドレイジング協会が3日前ににCFRAインターナショナルとファンドレイザー資格の相互認証の連携開始。 【ニュース②】日本ファンドレイジング協会が日本全国にチャプターを置き、全国展開の発展を目指す。 #frj2014
前川泰徳(メロンパンくん) @melonpan_mae
笹川さん「私達にできないから代わりにやって欲しいという寄付。皆さんが“見える顔”でやってください。鵜尾さんの言う通りにやれば大丈夫(笑)」#frj2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
【訂正】連携開始「提携」ですね。#frj2014 RT@ot_haru 【ニュース①】日本ファンドレイジング協会が3日前ににCFRAインターナショナルとファンドレイザー資格の相互認証の連携開始。
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
世界で最も注目されるモバイルギビング財団創設者のジニ・マニス氏が特別来日公演。「自分のしていることは、寄付を再定義しようという仕事をしている。私自身はファンドレイザーではなく、"技術者"です。」 #frj2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
ジム氏「私自身技術者として、技術の提供先の団体の情報の透明性を担保することが必要。」 #frj2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
続いての特別来日ゲストは、世界ナンバーワンのNPOコンサルタント・バーナード・ロスさん 「日本に来て、ニュースを見るたびに新聞を読むために、世界にある不公平に怒りを感じています。」 #frj2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
ロス氏「私たちは"good"なことはできているけれど、"great"まではできていない。」 『NPOがブレイクスルーを起こすには』の著者。 #frj2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
NPOがブレイクスルーを起こすには? マニス氏「まず最初にアイデアありき。次にニーズを探る。最後にどんな道筋でやるのか。うまくいったところには賛同した仲間がいました。多くの人に共感を集めるのが秘訣のひとつでしょう。」 #frj2014
太田晴子 (Haruko Ota) @ot_haru
鴨崎さん「前職・信頼資本財団で、支援先の団体の選定で審査する際に、財務諸表には表れない受益対象の変化を表しようがなく、2年ほど前に悩んでいた。そしてSROIに関心を持ち始めた」 #frj2014
残りを読む(117)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする