編集可能

ストレートアームっぽく見える江畑選手をどう考えるべきか

今年のバレーボール全日本女子で大ブレイクした日立リヴァーレの江畑選手。チャレンジリーグの選手だが、コース打ちやタッチアウトなど状況に応じた打ち方を常に工夫している。 ストレートアームスイングのように見えるが、あれだけのパフォーマンスを出せるのにはわけがあるはず。 江畑のマネをすれば、高くてパワフルでコース打ちのできるストレートアームを身につけられるのだろうか?
13
トゥッティ @tolutteli
#vabotter なんかストレートアームスイングが「悪」みたいな取り扱いを受けてはいるわけですが,江畑(?)のアタックはホントすごいと思うんです。
トゥッティ @tolutteli
左肘と体幹の回旋をうまく使えば,こんなにパワフルな,かつコースを狙うアタックが打てるというのは,小さなアタッカーにとってお手本になり得ると思うのです。
トゥッティ @tolutteli
もちろんサーキュラーを駆使して理想的なテイクバックをつくりあげることは大事だということは大前提だとはわかってはいるのですが,
トゥッティ @tolutteli
中学・高校の現場,特に女子の指導をしているコーチなんかはそう思っている人もいると思う。ちなみに決してサーキュラー否定派ではなく
トゥッティ @tolutteli
ただ,WSにしか適用されないと思うけど。何となく(´・ω・`) #vabotter
太鉄(パブリック) @taite2
@tolutteli 江畑ってストレートアームですかね。ちょっと違う気が。
トゥッティ @tolutteli
若干肘が右後方へ入ってますよね。だけどボウ&アローでもなさそうな感じだと思います。 それとも人違いか?! RT @taite2: @tolutteli 江畑ってストレートアームですかね。ちょっと違う気が。
太鉄(パブリック) @taite2
@tolutteli ふむ。まぁしかし、ルイスの両足踏み切り然り、じっぱひとからげにこうでなけれらならない、ということでしょうね。物事はすべてが理屈通りにはいかないと。
ぬのT @taknuno55
江畑選手、ストレートアームっぽいところはありますが、体幹はしっかり使われていると思います。もう少し捉えるポイントに横幅があってもいいのでしょうが。RT @tolutteli: #vabotter ストレートアームスイングが「悪」みたいな取り扱い・・・,江畑のアタックはホントすごい
トゥッティ @tolutteli
そうなんです。体幹の回転は起こってるんですよね。だからあえて左肘をあげたんです。ポイントの幅は,彼女の場合,体をよじらせることで代用しているようですね。 RT @taknuno55: 江畑選手、ストレートアームっぽいところはありますが、体幹はしっかり使われていると思います。
トゥッティ @tolutteli
@taknuno55 これ見てツイートしています。20秒くらいから始まる江畑のバックアタック http://bit.ly/b1AbEF
トゥッティ @tolutteli
@taknuno55 この左肘がこのポジションに来ることによって体幹の回旋力が加速していると思うのですが違うかな。 これを左肘を左後方に引くと体幹が回りすぎてうまく加速できないと思うのです。
ぬのT @taknuno55
これを見て、「右肘」の話と思っていました。CMの画像でも、上手く止めれると「右肘がかなり後ろに行った瞬間」が見えます。 RT @tolutteli: 若干肘が右後方へ入ってますよね。だけどボウ&アローでもなさそうな感じだと思います。
ぬのT @taknuno55
@taknuno55 準備動作として見えやすいのは「肘を前に向けて高く上げる」ところなのでストレートアームっぽく見えるけれど、その位置から振り出してはいないのでストレートアームではない。しかし、マネしようとすると「肘を前に向けて高く上げる」をマネしてしまうだろうと。
ぬのT @taknuno55
@taknuno55 「肘を前に向けて高く上げる」をやっても、フォワードスイングを開始するまでに「体幹で腕を振る準備」ができれば、素晴らしいスイングができる。しかし、難しくて、それをできる選手は少なく、あえてそれをやる意味も見いだせない。 @tolutteli
ぬのT @taknuno55
「ストレートアームに見えるのにすごいのはなぜか」を見習ってもらう意義は大きいと思いますが・・・ RT @taknuno55: 「肘を前に向けて高く上げる」をやっても、・・・素晴らしいスイングができる。しかし、あえてそれをやる意味も見いだせない。 @tolutteli
ぬのT @taknuno55
「ストレートアームに見えるのにすごいのはなぜか」を見習ってもらう意義は大きいと思いますが、「肘を前に向けて高く上げる」をやらずに江畑のマネをするのは、すごく難しいと思います。それだったら、もっと簡単なモデルを探す。 @tolutteli
ぬのT @taknuno55
しかし、江畑の最高到達点は305cm(迫田も)。日本のWSでは栗原の308に次ぐ高さ。 RT @tolutteli: 左肘と体幹の回旋をうまく使えば,こんなにパワフルな,かつコースを狙うアタックが打てるというのは,小さなアタッカーにとってお手本になり得ると思うのです。
ぬのT @taknuno55
@taknuno55 「小さなアタッカー」だから、「高さをカバーするために肘を高く上げるべき」で、「江畑のようにやればパワフルな,かつコースを狙うアタックが打てる」というストーリーになるのを懸念しています。 @tolutteli
ぬのT @taknuno55
@taknuno55 ちなみに木村は最高到達点298cm(まあ、いつのデータか分かりませんが、今でも江畑の方が高いでしょう)。それなのに、スパイクの威力は江畑に遜色なく、コース打ちの幅は遥かに勝っています。 @tolutteli
ぬのT @taknuno55
体幹の回旋をしっかり加速できればいい訳ですね。確かに。 RT @tolutteli: この左肘がこのポジションに来ることによって体幹の回旋力が加速していると思うのですが。これを左肘を左後方に引くと体幹が回りすぎてうまく加速できない http://bit.ly/b1AbEF
ぬのT @taknuno55
月バレの記事「全中エースの連続写真から学ぶ!4つのポイントで強力スパイクを打つ」が、あんまりな件。「テイクバックの空中姿勢=床でのブリッジ姿勢」とか、あり得ないですよ。 #vabotter  @bhcor
トゥッティ @tolutteli
うむ,やはりこの手の話にはぬのTが乗ってきてくれてた(´∀`)
ぬのT @taknuno55
ダメなのはここ。RT @taknuno55: 「高さをカバーするために肘を高く上げるべき」 @tolutteli
残りを読む(39)

コメント

ぬのT @taknuno55 2010年10月25日
ちょこっと追加。
トゥッティ @tolutteli 2010年10月25日
ちょろっと追加させて頂きました。
ぬのT @taknuno55 2010年10月25日
追加。「江畑の位置づけ」に、別の面からも反応してくれた人がいて、うれしかった。
ぬのT @taknuno55 2010年11月10日
今、旬の人「江畑」のスパイクフォームについての議論。taite2さんのコメントを修正して、ちょっと追加しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする