Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能
2014年2月4日

伊東乾先生itokensteinの「憲法とは国権を縛るのが主たる目的の国家の最高法規で、日本はこれに従って国会や最高裁、内閣などの制度が定められているの。公務員も公職も法に従わねばなりません。これがルールです。」

日本の憲法は国権を3権に分立するなど、国を律する最高法規だが、もし万が一 その意味を理解しないで行政の長、内閣総理大臣の職位にあるとすれば、いやな言葉だけれど「偏差値低過ぎ」レベルの話で(まだその答弁自体を確認していないが)どういう票がどう集まっても即刻不信任動議を提出すべき対象
17
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

Ph.D Prof. Komponist-Dirigent / Raummusik Kollegium Berlin. Habe viele Interesse an der Wissenschaft und am Mitleben dadurch.

伊東 乾(いとう けん)ITO, Ken
東京大学大学院 情報学環・学際情報学府
准教授 学環所属(基幹・流動教員)
http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/professor.php?id=379

伊東 乾(いとう けん、1965年1月27日)は日本の作曲家、指揮者、作家。東京都中野区生まれ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/伊東乾_(作曲家)
 
 

Chakapon @11ComeOn

日本が近代以前にあることの象徴ですな。安倍首相「(憲法は)国家権力を縛るものだという考え方があるが、それはかつて王権が絶対権力を持っていた時代の主流的考え方だ」|2/3時事:衆院予算委の質疑要旨 http://t.co/BHcYRD3Vac

2014-02-03 23:20:40
リンク 時事ドットコム 時事ドットコム:衆院予算委の質疑要旨 3日の衆院予算委員会での質疑要旨は次の通り。 【デフレ脱却】 佐々木憲昭氏(共産) 法人税率を下げても企業の内部留保に回り賃金アップにつながらない。 安倍晋三首相 大企業の内部留保をためるために復興

3日の衆院予算委員会での質疑要旨

【憲法】
畑浩治氏(生活) 憲法の性格をどう考えるか。
首相 国家権力を縛るものだという考え方があるが、それはかつて王権が絶対権力を持っていた時代の主流的考え方だ。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201402/2014020300729

Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

なんですか、これは? ↓ ↓ ↓  学生であれば単位の出ない答案。 

2014-02-04 00:03:57
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

日本の憲法は国権を3権に分立するなど、国を律する最高法規だが、もし万が一 その意味を理解しないで行政の長、内閣総理大臣の職位にあるとすれば、いやな言葉だけれど「偏差値低過ぎ」レベルの話で(まだその答弁自体を確認していないが)どういう票がどう集まっても即刻不信任動議を提出すべき対象

2014-02-04 00:10:40
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

笑い事で済ませていいい話と、そうでない話のけじめを 代議士諸兄にはしっかり持っていただきたい。これは党派を超え基本的な話

2014-02-04 00:12:49
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

@nagoyoko ギャグにする気になりません。病気の薬のせいで誇大妄想の気という話はよくききますが、本当にこんなことをいっているのなら、こういうのは何とかしないといけないでしょう。

2014-02-04 00:21:03
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

以下の答弁によると日本国憲法によって行政は縛られないと内閣総理大臣が認識している事になる。即刻手を打つべき妄言に読めます。【憲法】畑浩治氏(生活) 憲法の性格をどう考えるか。首相 国家権力を縛るものだという考え方があるが、それはかつて王権が絶対権力を持っていた時代の主流的考え方だ

2014-02-04 00:36:46
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

「ご臨終メディア」という本があるが ご臨終内閣というか、終わっている宰相というか、これが本当に憲法に手をつけたら日本のひとつのレジームは終わると思います。ただそうはならないと僕が考えているのは、残念ながら日本の力でなく米国が危険視しているからで、いよいよとなったら何かあるでしょう

2014-02-04 00:45:15
中日山 鉄馬/Haruyama,Tetz @nagoyoko

@itokenstein ふざけるつもりは無かったのですが、失礼しました。もし本当にこのような認識であるならそれはただ憲法のみならず、近代以降のあらゆる歴史的文化的な知識と理解が包括的に欠落しているとしか考えられず、ここが違うという指摘では対処できないと思います。

2014-02-04 00:52:06
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

日本の大学教育では、多くの場合「文系」ではディシプリンのトレーニングがない。社会はそれを求めてこなかったので法学部を出ても誰も法の専門家と思わないし経済学部を出ても経済のスペシャリストとは扱われない。安倍晋三氏が何学部を出たのかはさておき一つのディシプリンも持たないのは痛恨の国恥

2014-02-04 00:53:38
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

@nagoyoko どれだけ選挙で票を集めた議員の多数決で決めても、落第答案は落第ですし、劣等生は劣等生、利口は利口バカはバカ、白黒はっきりしなければいけません。野党が何をするか、よく見なければならないでしょう。

2014-02-04 00:55:08
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

.@nagoyoko いえ、そうではないと思います。ピンポイントで指摘してやらないと、できの悪い生徒に個別の点で改善を図ることはできない。この場合「憲法とは国権を縛るのが主たる目的の国家の最高法規で、日本はこれに従って国会や最高裁、内閣などの制度が定められているの。分かるかな?」

2014-02-04 01:25:31
Takanobu Yamada @kibi_fuutarou

@itokenstein @nagoyoko 2013年7月4日党首会談で発言。今回だけではなく持論です。「安倍氏:権力をすべて縛るものであるという考え方は王権の時代、専制主義的な政府に対する憲法という考え方だ。いまは民主主義の国家だ」http://t.co/JL0NtH6BCm

2014-02-04 01:28:41
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

しっかし、それにしても「放送法の骨子を理解しないNHK会長」「憲法の基本的役割を学ぶことなくむかし法学部を出たことになっている総理大臣」って、いったいどういうレベルの低さなんだ、いまこの国が陥っている出来の悪い状態というのは・・・

2014-02-04 01:31:19
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

@kibi_fuutarou @nagoyoko 党首会談と国会答弁では全く性質が異なります。後者では進退を問われて当然。持論をどこでもしゃべるというのは、どこかのNHK会長がやったのと同じ「ゆるふん」状態

2014-02-04 01:33:07
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

「持論」ではなく、ただの「落第答案」の感想に過ぎません。石原慎太郎とか、そのキャラクターでマスコミを慣れさせてしまったのは本当に万死に値する日本社会への罪と思います。

2014-02-04 01:34:16
モフ @mofjd

@itokenstein 今日も言ったのですか。去年も言ってましたよ。空いた口がふさがらないとはこのことですね。

2014-02-04 01:36:25
Takanobu Yamada @kibi_fuutarou

@itokenstein @nagoyoko 確かに、国会という場での重みが違います。ただ、橋下市長と同じく「選挙で選ばれた、民意だ」という論理が、強弁を支えているのでは無いでしょうか。

2014-02-04 01:39:02
okaeri @okaeri2014

@itokenstein 法政大学法学部だそうです。

2014-02-04 01:41:14
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

@okaeri2013 成蹊ですよ、小学校から大学までエレベータで受験を一切経験していない。

2014-02-04 01:43:42
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein

@kibi_fuutarou @nagoyoko それは単に、己の職位を定める法を理解していない アホウのホウ というだけのことで 背任ものの愚かしさといわねばなりません。上方のほうのとは あほの性質が違うと思いますが・・・なんなんでしょう、このレベルの低さはいったい

2014-02-04 01:45:23
残りを読む(158)

コメント

iga9984 @iga9984 2014年2月4日
そんなら、先生総理に講義しにいったら?w
1
Hornet @one_hornet 2014年2月4日
なんか、藁人形な気がする
3
とげとげ @togetoge10 2014年2月4日
憲法の最初に書いとけばいいのに、って思いました。
1
五円玉(餡は脳に優しいスイーツ) @Goendama 2014年2月4日
そう言えば「憲法には三権分立なんて書いていません(キリッ」と主張していた元総理大臣も居たっけな、そう原発を爆発させた奴。
4
m @moriyatomo 2014年2月4日
国家権力を縛っていない憲法もあるでしょ。実際に。
0
山本八平 @yamamoto8hei 2014年2月4日
安倍首相の立憲主義への認識に噛みついている護憲派が多いが、いささか教条主義的反応だと思う。憲法で権力をギチギチに縛りさえすれば万事上手くいく訳ではない。立憲主義というのは「民が”主”という意識・責任感を喪失させる一面がある」と私は思うが、その欠点に全く気付いていない人が多い。そしてそういう人に限って教条的で異論者に対して全否定的、
5
山本八平 @yamamoto8hei 2014年2月4日
安倍首相の憲法認識は落第生レベルで話を終わらせる事は簡単だけど、そう非難する護憲派だって、現実にそぐわない憲法の部分については平然と無視している。自己のおかしさを棚に上げて他を批判しているだけでいいのかね?
4
山本八平 @yamamoto8hei 2014年2月4日
立憲主義を守れ!と主張する人達には、どうも「権力=悪で民=善」という思い込みがあるように思う。君主制の時代ならそうなのだろうが、"民"主制の時代は民が暴走する事が多い。その民を放置しておいて権力だけ縛っても意味が無いだろうに…。
4
山本八平 @yamamoto8hei 2014年2月4日
立憲主義という「他律」だけで権力を制御するという考え方が、他人任せの姿勢を生み、"民"主である事の自覚を失わせ、自律的に制御する事の大切さを忘れさせているように思う。護憲派は特にその傾向が強い。
3
さたびー@ちえりすと @satavy 2014年2月4日
安倍総理の元発言を見る限り、総理は憲法を「権力を縛るもの」+「目指す国家像を書いたもの」と認識していて、別に前者を否定してはいない(むしろ肯定してる)んだけど、何でか立憲主義否定と取られているのは不思議なんだぜ。
6
barubaru @barubaru14 2014年2月4日
えーと、この人の経歴を見ると法学とは縁がなさそうですが一体何を語ってるんでしょうか。
0
barubaru @barubaru14 2014年2月4日
そういや名古屋大法学部の大屋教授は「憲法は国家権力への制約。義務規定はおかしい」というのを妄言俗説と退けてましたね。国民主権の国では権力は国民にあるわけで憲法が国家を縛ると言うなら国家「だけ」でばく国民も縛るでしょうよ。
5
iga9984 @iga9984 2014年2月5日
barubaru14 その通りだと思いますよ。ホッブスの言う「万人の万人に対する闘争」を終わらせ、国と言う集団に秩序をもたらす第一の法が憲法なのですから。
1
iga9984 @iga9984 2014年2月5日
barubaru14 ただ、「国民の縛り方」というのも立憲主義においては「権力への縛り」を通じて間接的に縛るものが多いんですよね。まあ「民主的に選ばれた政府だから何をしても良いわけじゃないよ。こういう風に縛るよ」と言う形で選んだ国民を縛ると言う感じですか。
1
iga9984 @iga9984 2014年2月5日
「国民への直接的な義務規定」については、それが「基本的人権(自然権)への侵害」でなければあっても不自然ではないし、総理の憲法認識とか自民党憲法草案への批判なら、その辺考えてやればいいのに、「改憲派の奴ら頭悪いwww憲法不可侵じゃ!」で話がいつも終わるから護憲派巻き込んだ改憲論議が深まらんのだよねえ。もう「ひたすら護憲!」じゃジリ貧だって国会勢力見れば明らかだろうに。
1
iga9984 @iga9984 2014年2月5日
Goendama そいつは確か、「民主主義とは、政権交代可能な独裁だ」と言っていたそうです。「国家権力の暴走」を正当化しようとしたこの政治家こそ、戦後日本で最も「日本国憲法と立憲主義をわかっていない総理」だと自分は思っています。
3
Nagata Harunori/永田晴紀 @nagataharunori 2014年2月5日
「国家権力は憲法に縛られる」なら正だけど、「憲法は国家権力を縛るためのもの」なら違うんじゃないかな。国会の立法権も裁判所の司法権も憲法が根拠を与えている。勿論、どちらも国家権力。納税等の国民の義務も憲法が根拠になってる。
3
Nagata Harunori/永田晴紀 @nagataharunori 2014年2月5日
国家権力をガチガチに縛った上で「これだけ縛っておけば誰が権力を握っても同じ」とばかりに政治に対する当事者意識を放棄して議会制民主主義を堕落させるような人が多い気がする。縛ればいいというもんじゃない。
2
Nagata Harunori/永田晴紀 @nagataharunori 2014年2月5日
立法権や司法権等の国家権力の根拠を憲法が与えている側面だけを見て「憲法とは国家に権力を与えるためのもの」と主張するのがおかしいのと同じくらい、「憲法とは国家権力を縛るためのもの」という主張はおかしい。
3
Nagata Harunori/永田晴紀 @nagataharunori 2014年2月5日
大体、「日本国憲法によって行政は縛られないと内閣総理大臣が認識している」と解釈してる時点で、論理学の基本が出来てない。「生きていくには水が必要」に対して「水に溺れて死ぬ人もいるよ」と斜め上の反論をする人のレベル。
2
空弁者 @scavenger0519 2014年2月5日
「国家権力を縛るものだという考え方があるが、それはかつて王権が絶対権力を持っていた時代の主流的考え方だ。」をどう読むと「「権力を縛るもの」+「目指す国家像を書いたもの」と認識」になるんだろ?。「かつては国家権力を縛るものだという考え方だったけれど、現在は、少なくとも俺(安倍首相自身)はそうは思っていないんだ。国家権力を縛るものって考え方は時代遅れの古いものなんだぜ!」といっているように思うが。
1
空弁者 @scavenger0519 2014年2月5日
別に「憲法は国家権力を縛るもの」と言う人と「憲法は国民を縛るもの。統治するお上に力を与えるもの」と言う人、「憲法は法の基本が書いてあればどの立場でも良い」と言う人など、それぞれ主張するのは構わないと思うし、それぞれの人が自身の主張を正しいと思うのも結構です。僕は「憲法は国民を縛るもの。統治するお上に力を与えるもの」って憲法は遠慮させていただきます。(^_^;)
1
空弁者 @scavenger0519 2014年2月5日
経歴に法学とは縁がないように見えても、伊東さんは世間一般の人よりはるかに、頭が良く、知識も広く深ーく豊富な人だけれどね。音楽だけの専門バカじゃないよ。
0
Hornet @one_hornet 2014年2月5日
scavenger0519 それはもちろん「目指す国家像を書いた物」という答弁がこの要旨から省略されているからですね。@itokensteinさんやあなたやまとめ主がどれだけ知識が広く深ーいかは知りませんが、要旨だけ読んで勘違いするだけでなく、公の場で他人を誹謗するのであればバカと呼ばれるに充分値するかと思います。
3
Hornet @one_hornet 2014年2月5日
この先生が単位をあげてはいけないのは、むしろ論文のアブストとして序論と問題点だけ纏めたのを出してきた時事の記者な気がします。
4
山本八平 @yamamoto8hei 2014年2月5日
立憲主義ガーとうるさい護憲左翼は自分達が無謬の善だと思い込んでいるから、”諸悪の根源”である国家権力さえきつく縛ればよいと勘違いしている。”民”主制の時代なのに「自らの持つ権力性に無自覚」だから、お任せ衆愚制に転化してしまうのだ。
2
山本八平 @yamamoto8hei 2014年2月5日
立憲主義は、改憲阻止の盾であった「憲法9条守れ!」の呪文が効果なくなった今、改憲反対の理由として「最後の抵抗の砦」みたいなものかな。結局、安倍政権には改憲の資格がないと「資格論で否定したいだけ」なのよね。
2
山本八平 @yamamoto8hei 2014年2月5日
このまとめで得意げに安倍首相にダメ出ししている伊東先生 @itokenstein は、異論を唱えられると小馬鹿にはぐらかした返答しかせず、マトモな反論一つできないまま、自分はそんな事は言っていないだの、相手のコメントを取消せと要求するわ、匿名は卑怯だと言い出すわ、挙句の果てにはスパブロするような御仁なのよね。穏やかな言辞を弄しているけど、一皮剥けば護憲左翼に典型的なテンプレどおりの反応だから、ホントがっかりだよ。
2
ネガ @negangan 2014年2月7日
「憲法は国を縛る」という話は憲法入門書なんかにもよく書かれていて割かしポピュラーなんですが、法学者の大屋雄裕氏は"妄言俗説"とまで言い切ってますので、参考までに>http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20120503/p4
1
ネガ @negangan 2014年2月7日
大屋氏はじめ「歴史的な問題として君主の絶対的な主権を前提にしてそれに制限を加えるという考え方で書いた時代と、新たに国家権力と人民の関係を取り決めるという感覚で書いた時代の差というものもある」という考えもありますので、首相の発言もそれに則ったものなんじゃないかなぁ、と想像します。
1
ネガ @negangan 2014年2月7日
比較的ポピュラーな説と違う考えを突きつけられて「なんだって~!」と思う気持ちはわかるけど、単位のでない答案とまで言い切っちゃうのは、仮になりも学者という身分でありながら、かなり勇み足かと思いますねぇ。
1