75
こんぱすろーず @flowerclass
えーと、「グリーゼ581から光信号」の件、このガセネタがなぜひろまってしまったかについて、現時点で分かっている事をまとめてみました。長文の連続ポストになりますが、なにとぞご容赦いただきたく。ブログもってないもんで。
こんぱすろーず @flowerclass
グリーゼ581からの信号の話、なんのことはないデイリーメールの記者がいい加減だっただけとのこと。http://worldofweirdthings.com/2010/10/15/weird-things-talks-to-astronomer-ragbir-bhathal/
こんぱすろーず @flowerclass
事実1.2008年12月に、西シドニー大学の研究者が、球状星団「きょしちょう座47番」(別名NGC104。地球からの距離約16000光年)を観測中に、人工的なレーザー光のように解釈できる光を捉えた。ただしその1度だけしか観測できず、真偽についてその研究者は判断を保留している。
こんぱすろーず @flowerclass
事実2.グリーゼ581は地球から約20光年の距離にある恒星。複数の惑星をもっていると考えられている。惑星のうち「グリーゼ581g」は、恒星との距離から考えて生命の存在に適した環境があるのではないかと期待されている。ただしあくまで期待されているだけで何も確認されていないことに注意。
こんぱすろーず @flowerclass
虚偽1.10/1付のデイリーメール紙の記事では、この2つの互いに全く関係のない事実を、さも関係があるかのようにごちゃ混ぜにして取り上げている。特に光の発信源については、きわめて曖昧な記述しかされておらず、発信源がグリーゼ581であると読者に誤解させるような書き方がなされている。
こんぱすろーず @flowerclass
虚偽2.日本での火元は、2chに掲載された記事の「要約」であると思われるが、この「要約」も不正確。西シドニー大学のBhathal博士(要約ではラグバー博士)は、記事中では「文明によるパルス信号の可能性」などとは発言していない。きょしちょう座47番の観測経緯について述べているだけ。
こんぱすろーず @flowerclass
結論.「グリーゼ581から地球外生命体の信号が検出された」事実は存在しない。まずデイリー・メール紙がいい加減な記事を載せた。その記事を深く読むことなく「要約」をつくった人がいた。そしてたくさんの人がそれに騙された、そういうことです。
こんぱすろーず @flowerclass
ソースがねぇ、という反応があったのでソース。 http://bit.ly/dtgXHD デイリーメールの元記事 http://bit.ly/cBoxG0 weird things(科学技術ブログメディア)。Bhathal博士がデイリーメールのやり口についてぼやいている。
こんぱすろーず @flowerclass
http://en.wikipedia.org/wiki/47_Tucanae きょしちょう座47番について http://bit.ly/aiQE1e Bhathal博士によるきょしちょう座47番からのレーザー光らしき信号の発見報告(リンク先PDF)

コメント

Kagamikimihiko XVI @Kagamikimihiko 2010年10月26日
サンタクロースが本当は誰かなんて実はどうでもよくてプレゼントをくれる事が重要なのよね。
(´・ω・`)たまなか湖 @roberuto789465 2010年10月26日
騙しおったな・・・・・(´・皿・`)騙したなフリーザーーーー!
@websk 2010年10月26日
捕まったっていいじゃないうちゅうじんだもの ゆきを http://twitpic.com/30vszp
@Hata_Syouchan 2010年10月26日
都合の良いニュースはよく確認せずに信じたくなるよね。 それにしても残念。
まっぴ @mappityper 2010年10月26日
そうか・・・地球に興味を持った宇宙人などいなかったのか・・・(現時点ではその可能性が高いのか・・・)
@carp_kin 2010年11月1日
でも、レーザー光と思われる光は捉えてる訳だから、完全に嘘だったって訳じゃないんだよね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする