このところの『気象異常』に対して『人工雪説』『気象操作説』を考えるほどに気象予報に不審をもってしまった人の雪の日のまとめvol1

エジプトに雪が降って以来、気象現象が異常に思ってきました、また最近の2・9の雪も『粘り気』があったと話題になっていて2・14以降の雪についても関東にあれほどの積雪量があり『人工雪』『気象操作』は可能か?それとも本当に異常気象なのか?という思いで、関連情報や、海外の動画で気になったもの、雪の当日について ツイートや画像等、記録をまとめました。 (※注※出てくるツイートの大半は自然現象と思ってる方一般の方々です。ただ画像で状況を知り、伝えるために使わせていただきました。)緊急時の大雪の場合の政府の対策についても付け加えました。また、専門的に成分や結晶を調べて、検証して教えてくれる人がいればお願いします。奇想天外な話だと思いほとんどの人が『自然災害』であると捉えていることは承知しています。
自然 気象操作 陰謀 人工雪 陰謀論 気象異常
14
@q_MW_p
CIA、天候操作術研究に63万ドル投下 http://t.co/ordEWWkeKN 気象兵器を欲する米国軍部 http://t.co/KGxa50A1XL エジプト http://t.co/MVZCWpKXne
拡大
リンク japanese.ruvr.ru CIA、天候操作術研究に63万ドル投下 米CIAは天候を操る技術の開発に関心を注いでいる。
リンク japanese.ruvr.ru 気象兵器を欲する米国軍部 米国の特務機関は、地球の気候を支配する可能性に関心を持っている。米国中央情報局(CIA)は、しかるべき研究を科学アカデミーに要請しており、この事は、米国が攻撃用気象兵器を開発する考えがあるのではないかとの懸念を引き起こした。, アルチョーム コーブジェフ
リンク japanese.ruvr.ru ドゥバイ、酷暑でも雪を降らせる気象管理システムの設置へ 真夏でも雪を降らせることのできる屋外型の気象管理システムがドゥバイ沿岸の人工諸島「ザ・ワールド」で使われることが決まった。地元のKhaleej Timesが報じた。
リンク 時事ドットコム 時事ドットコム:スモッグ軽減に人工降雨=大気汚染対策で中国気象局 【北京時事】21日付の中国紙・新京報によると、中国気象局は大気汚染対策として、人工降雨の利用を研究する方針を打ち出した。人為的に雨を降らせたり、降雨量を増やしたりして、スモッグを洗い流す考えだが、実
リンク jp.reuters.com 気候変動は「大量破壊兵器」、米国務長官が各国に対策呼びかけ | ワールド | Reuters [ジャカルタ 16日 ロイター] -ケリー米国務長官は16日、訪問先のインドネシアで、気候変動が「大量破壊兵器」だと述べ、生活様式を破壊する懸念があると警告。各国が対策に取り組む必要があると強調した。 ケリー長官はジャカルタの商業施設内にある文化センターで学生を前に講演し、「インドネシアが世界で最も気候変動の影響を受けている国の一つであることは明らかだ」と指摘。「生活様式が危険にさらされていると言
@q_MW_p
文部科学省「渇水対策のための人工降雨・降雪に関する総合的研究」「人工雪」技術が堂々と書いてある。文明はそこまで進んでるんだ。詳しくはこちら↓ http://t.co/KL0eihoeMG http://t.co/CeqBNj5aCB
拡大
リンク www2.nhk.or.jp 人工雪のつくりかた|NHK for School NHKは、2011年度からNHK for Schoolをキーワードに学校向けサービスをさらに充実します。クリップの再生画面です。
@q_MW_p
【人工降雨】 http://t.co/sjEIUWasa0 中国、インド、米国、ロシア、インド、各国で研究されている。 アメリカには気象調整を行う民間会社まである。
@q_MW_p
気象レベルでの人工降雪は、人工降雨と原理的に変わらない。雲の中にヨウ化銀を撒布する方式が主に用いられる。 http://t.co/PAcnPmkqRT
@q_MW_p
文部科学省「渇水対策のための人工降雨・降雪に関する総合的研究」のサイトhttp://t.co/KLJniBsLdO 人 私たちは、これまでの研究でその可能性が明らかとなってきた山岳性降雪雲の人工調節手法の高度化を図り、水資源確保のための人工降雪技術の確立をめざします

気象異常

リンク 朝日新聞デジタル エジプト・カイロで雪! 「100年ぶり」と大興奮:朝日新聞デジタル 【カイロ=川上泰徳】エジプトで13日、首都カイロの郊外などで雪が降った。政府系アハラム紙のインターネットサイトでは雪だるまをつくる子どもたちの写真が掲載された。同紙はカイロでの雪は1979年以来とす
リンク ハフィントンポスト あらゆるものが凍りついた「アメリカの大寒波」(写真集) アメリカでは現在、南部から東部一帯を大寒波が覆い、各地で記録的な寒さとなっている。この寒さは今後も数日続くと予想されている。 このような極寒の中では、普段見られない現象を体験できる。例えばカナダのオンタリオ州では、摂氏マイナス41度(華氏マイナス41.8度)の大気にお湯を放ち、瞬時に「雪」に変わる様子をとらえた動画が投稿され、話題になった。

気象操作・気象兵器 動画集

リンク Wikipedia 気象兵器 気象兵器(きしょうへいき)とは人為的に気象を操作することにより敵対する国家や地域に損害を与えることを目的とした兵器の一種。環境改変技術のひとつでもある。1977年の環境改変兵器禁止条約においては、環境改変技術(Environmental Modification Techniques)と表現され、「自然の作用を意図的に操作することにより地球(生物相、岩石圏、水圏及び気圏を含む。)又は宇宙空間の構造、組成又は運動に変更を加える技術」と定義されている(本項目で後述)。 人間に被害を与える気象現象を軍事目的で人
リンク Wikipedia 天候デリバティブ 天候デリバティブ(てんこうデリバティブ、Weather Derivative)とは金融派生商品の一種。気象現象によって発生するリスクを取引(契約)の対象とする。損害保険とは異なり、気象現象を直接の対象とした権利(オプション)を売買する。気象デリバティブとも称される。 天候デリバティブは、気象現象である気温、湿度、降雨量、降雪量、霜、風速、台風などを基準として条件(ストライク値)を定め、条件を上回れば(または下回れば)自動的に補償額が支払われる権利(オプション)を取引するものである。購入者はオプション料(一

天候デリバティブは1997年にアメリカ、エンロン社で開発され、1999年にシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)において上場された。日本では1999年に三井海上火災保険などで取扱いが開始されている。

残りを読む(324)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする