2014/02/14 デブサミ2014【14-C-2】受託SIでもDevOpsを!dynaTraceによるWebサイトパフォーマンスチューニング事例 #devsumiC

Developers Summit 2014 Story http://event.shoeisha.jp/devsumi/20140213/ <講演概要> 1日に10回もデプロイするわけではないけど、受託SIでもDevOpsの視点で改善できることはあります。サーバのスケールアウトや、SQLのチューニングはやりつくした、でもパフォーマンスが目標値に達しない、サービスイン後のシステムの経年劣化に対して、Compuware dynaTraceのトランザクショントレース機能続きを読むDevelopers Summit 2014 Story http://event.shoeisha.jp/devsumi/20140213/ <講演概要> 1日に10回もデプロイするわけではないけど、受託SIでもDevOpsの視点で改善できることはあります。サーバのスケールアウトや、SQLのチューニングはやりつくした、でもパフォーマンスが目標値に達しない、サービスイン後のシステムの経年劣化に対して、Compuware dynaTraceのトランザクショントレース機能を用いてパフォーマンスを劇的に改善し、DevOpsを実現している事例をお話します。 <登壇者> 倉持 浩明 株式会社ラック システム事業本部 システム第四事業部長 1974年千葉県生まれ。1996年に株式会社ラックに入社、受託SI事業のSE/PMとして、顧客企業のWebシステムの企画・開発・運用までを支援してきた。自身もパフォーマンスチューニングで失敗・悩まされた経験から、トラブルプロジェクトのシューティング現場で奮闘する、受託SI企業のSEが幸せになることを願ってやまない。 <ハッシュタグ> #devsumiC
devsumic devsumi
natsu_nanana 800view 0コメント
  • 0
  • お気に入り
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
1

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「その他」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする