2014/02/14 デブサミ2014【14-D-3】越境する開発 ~あの日開発していたサービスの名前を僕たちはまだ知らない~ #devsumiD

Developers Summit 2014 Story http://event.shoeisha.jp/devsumi/20140213/ <講演概要> ソフトウェア開発のあり方で理想のひとつである「正しいものを正しく作る」にはどのようにすれば向うことができるでしょうか。「正しく作る」ためには、適切なエンジニアリングとともに関係者間それぞれの「期待」をマネジメントし続けることが求められます。また、「正しいもの」を探すためには、プロジェクトに「仮説検証型」「最短距離続きを読むDevelopers Summit 2014 Story http://event.shoeisha.jp/devsumi/20140213/ <講演概要> ソフトウェア開発のあり方で理想のひとつである「正しいものを正しく作る」にはどのようにすれば向うことができるでしょうか。「正しく作る」ためには、適切なエンジニアリングとともに関係者間それぞれの「期待」をマネジメントし続けることが求められます。また、「正しいもの」を探すためには、プロジェクトに「仮説検証型」「最短距離型」の2つタイプがあり、それぞれのタイプに適したプランニング、プロセス、テクニックを選ぶ必要があるという前提に立たなければなりません。そのため使い分けなければならない道具は多岐にわたります。アジャイル開発やリーン開発、リーンスタートアップ、UXデザインと、開発現場を取り巻くものは百花繚乱です。本セッションでも様々な道具を紹介しますが、大切なのはコンテキストに適切な道具を使い分け、自分たちの手に馴染むやり方を見つけることです。 このセッションでは理論ではなく、実践の話をします。必ずしも成功事例ばかりではありません。手痛い失敗からの強烈なフィードバックを含めて、これまでの私の現場での経験を元に話します。開発現場の理想と現実の狭間で揺れ動く皆さんに向けて、「正しいものを正しく作る」ために辿り着いた「越境する開発」をお伝えします。 <登壇者> 市谷 聡啓 開発現場のためのコミュニティDevLOVE 開発現場のためのコミュニティDevLOVEのFounder。SIとサービス開発、性質の異なるシステム開発の経験を得る。関わる人に価値をもたらすシステム開発を追求するべく、アジャイルな開発と向き合い続けている。システム開発を取り巻く環境の改善や推進を目的に開発コミュニティDevLOVEを2008年から立上げ、主催している。 <ハッシュタグ> #devsumiD
devsumi devsumid
natsu_nanana 1086view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「マンガ」に関連するカテゴリー