若者を襲う雇用破壊-命奪うブラック企業、急増する就活自殺、40歳代にも広がる孤立無業者162万人

私が企画したインタビュー記事を紹介
経済 就職氷河期 ワーキングプア 就活自殺 ブラック企業
62
国公一般 @kokkoippan
若者を襲う雇用破壊-命奪うブラック企業、急増する就活自殺、40歳代にも広がる孤立無業者162万人 http://t.co/DtSJcIkj67
国公一般 @kokkoippan
バブル崩壊直後の1993年から19年間は、労働者に「雇用破壊」と「賃金破壊」が同時に襲いかかった時期。失業者は1993年166万人から2010年334万人とほぼ倍加。 http://t.co/DtSJcIkj67
国公一般 @kokkoippan
1993年から2011年にかけて、非正規労働者は、986万人から1,756万人へと770万人も増加しています。その一方で、正規労働者は3,756万人から3,355万人へと401万人も減少しました。驚くべき勢いで雇用破壊が進んだ19年間 http://t.co/DtSJcIkj67
国公一般 @kokkoippan
若年労働者の非正規比率は、雇用者全体の非正規比率を上回る勢いで増加。雇用者全体の非正規比率は1990年の20.2%から2010年の34.4%へと1.70倍。15~24歳層では20.6%から46.3%と2.25倍になり、25~34歳層も11.7%から25.9%と2.21倍の伸び
国公一般 @kokkoippan
学生アルバイトを含む民間企業の20~24歳の若者の非正規雇用比率(2010年)は、男性が46.7%、女性が44.2%。以前は、女性の方が非正規雇用比率は高かったのですが、いまでは若者の間では男女の別なく非正規雇用が広がっています http://t.co/DtSJcIkj67
国公一般 @kokkoippan
若者の雇用破壊が急速に進んだ最大の要因は就職氷河期が続いたこと。就職氷河期は、1993年~2005年まで10年以上続き、2005年~2008年の好況期には、若者の就職難は多少改善されましたが、08年秋のリーマン・ショックによる経済危機が深刻化するなかで、いままた新・就職氷河期に
国公一般 @kokkoippan
就職氷河期の到来は、雇用の入り口から雇用破壊が始まったことを意味します。就職先が決まらない学生は2010年には6万6,000人、2011年は7万2,000人にも上っています。 http://t.co/DtSJcIkj67
国公一般 @kokkoippan
2012年新卒で正規の職につけたのは60%。新卒で正規の職につけなかった若者はその後も3人に1人しか正規の職につけていません。 http://t.co/DtSJcIkj67
国公一般 @kokkoippan
就職氷河期は天災なのか?人災なのか? 就職氷河期は明確な人災です。就職氷河期の背景には、1993年のバブル崩壊直後から、財界・大企業がとってきた「新型経営」戦略があるのです。 http://t.co/DtSJcIkj67
国公一般 @kokkoippan
「新型経営」とは、グローバル経済のもとで日本企業が生き残るためには「国際競争力」を強化し、海外市場に販路を広げることが必要だとして、徹底した総額人件費削減をはかることによって「売り上げが伸びなくても利益が上がる効率経営」のことです。 http://t.co/DtSJcIkj67
国公一般 @kokkoippan
「新型経営」戦略にもとづき財界・大企業は、売り上げが伸びなくても利益を上げる体制をつくりあげてきました。このことは、大企業(資本金10億円以上)の売上高と経常利益の推移をみると、一目瞭然です。 http://t.co/DtSJcIkj67
国公一般 @kokkoippan
売上高は1993年度から2010年度までほぼ横ばいで501.0兆円から542.5兆円へと1.08倍。しかし、経常利益は10.3兆円から25.9兆円へと15.6兆円も増やし実に2.52倍にもなっているのです。文字通り、売り上げがそんなに伸びなくても利益だけは上がるようになったのです
国公一般 @kokkoippan
1998年以降、「雇用破壊」は急加速することになります。この時期、正規労働者は減少の一途をたどり、97年の3,812万人から2010年には3,355万人へと、457万人も減少しました。その一方で、非正規労働者は、1,152万人から1,756万人へと604万人も増加しています。
国公一般 @kokkoippan
財界・大企業は、安上がりで、いつでも解雇することのできる無権利の非正規労働者を大量に採用し活用できる社会的条件を当時の自公政権と協力して作りだすことによって、非正規労働者を大々的に活用して、「売り上げが伸びなくても利益だけは上がる新型経営」を実現したのです。
国公一般 @kokkoippan
表にあるように経常利益は99年度以降急速に伸び15.34兆円から23.98兆円へと1.56倍。給与総額は同時期207.5兆円から186.7兆円へと20.8兆円減。非正規労働者は、1,225万人から1,733万人へと508万人も増加 http://t.co/V2AK2pPrbC
拡大
国公一般 @kokkoippan
非正規労働者を大量に活用して、労働者の賃金水準を大幅に引き下げ、売り上げが伸びなくても利益だけは上がる「新型経営」の秘密が、この図表に典型的に示されています。 http://t.co/iPrXfdPdTZ
拡大
国公一般 @kokkoippan
雇用破壊をテコに賃金破壊も急速に進行。非正規が増大すれば、労働市場は買い手市場になります。「給料が多少安くても正規雇用であれば、非正規雇用よりもいい」という求職者が増加 http://t.co/DtSJcIkj67
国公一般 @kokkoippan
「非正規労働者があんなに働いているのに給料は正規より安い。正規労働者もグローバル経済のもとで賃上げは我慢すべき」という財界・大企業の主張がまかり通るようになり、「給料が安くて不満なら会社を辞めてもらって結構。正規の変わりはいくらでもいる」という経営者が増えるようになっています。
国公一般 @kokkoippan
雇用破壊で正規の賃金もどんどん減っています。5人以上の規模の企業に働く正規の現金給与総額(月)は、1999年の41万6,867円から2011年には40万3,563円へと、1万3,304円も減っているのです。年間16万円近くの減収です。 http://t.co/jCa4gRArPm
拡大
国公一般 @kokkoippan
賃金破壊でワーキングプアが急増(図表2)。99年803.7万人から2011年1,069.2万人へと265.5万人も増加。ワーキングプア比率は99年の17.9%から2011年には23.4%へと5.5ポイントも上昇 http://t.co/tI6DonCkox
拡大
国公一般 @kokkoippan
ワーキングプアが増大するなかで、若者の生活の窮乏化が進行。「自身の収入のみ」で生活している若年労働者は半数以下の44.0%に過ぎません。 http://t.co/DtSJcIkj67 http://t.co/Cha02dEl3p
拡大
国公一般 @kokkoippan
正社員でも「自身の収入のみ」で生活しているのは半数ちょっとの51.6%で男性61.7%、女性37.0%。「自身の収入のみ」で生活している若年非正規労働者は30.3%でしかありません http://t.co/DtSJcIkj67 http://t.co/0aSsO9bgCL
拡大
国公一般 @kokkoippan
「自身の収入のみ」は、当然ながら年齢が上がるほど割合が高くなっています。しかし、その比率は20~24歳35.7%、25~29歳48.4%、30~34歳でも49.7%と、確かに割合は高くなっていますが、それでも半数以下でしかないのです。 http://t.co/Q9ijFbAzWS
拡大
国公一般 @kokkoippan
「自身の収入+親の収入」で生活している若年労働者30.6%、うち正社員28.3%、正社員以外34.8%。このほか「他の収入のみ」で生活している若年労働者は8.6%。正社員以外では4割前後が「親の収入」に頼って生活せざるをえない状況 http://t.co/DtSJcIkj67
国公一般 @kokkoippan
重大なのは、自活できない若年労働者が30歳代から40歳代に広がり始めていること。「孤立無業者」が162万人にも増加し、06年(112万人)と比べて4割強も増えているのです http://t.co/DtSJcIkj67
残りを読む(4)

コメント

とげとげ @togetoge10 2014年2月14日
こういうのを見るたびに、努力を怠らずに頑張ろう、って思います。
アキアカネ・高雄型重巡洋艦氏族・高雄 @AkiAkane13End 2014年2月14日
こういうの見るとさ。一度この秩序を焼き尽くさなやきゃって思うよ。私はすでに敗北しているからね。
きんだいち @kanedaichi1 2014年2月15日
便乗して貼っとこう。 「絶望の老後に備え、安楽死を(改訂)」 http://youtu.be/Y6Fz1MYedSw
頭文字爺 @initial_g3 2014年2月15日
ブラック企業問題は経営者そのものを替えない限り根治しないはず。ブラック経営者を変えずに、非難を浴びせたり行政通じて圧力加えたところで、のらりくらりと回避されるだけ。
頭文字爺 @initial_g3 2014年2月15日
本気でなんとかしたいなら、法律を変えるとか大それた事をせずとも、現在の経営者を蹴落とすなり、ホワイト企業を作るなり成長させるなりした方が手っ取り早い。逆に企業すら変えられずにどうして「世の中」を変えられるというのか。
頭文字爺 @initial_g3 2014年2月15日
ちなみに上場企業はご親切にも「会社の経営者を指名する権利」が「株」という名で一般販売している。しかも株の所有者には会社の利益が分配されるし、買った株はいつでも売却できるから金銭的に損をするどころか得する可能性もある。その上で、経営者の指名権まで手に入る。
おばた はじめ @yamamoto1208815 2014年2月15日
既存の正社員中心の労働組合は期待出来ない…これからは派遣労働者やフリーターの間でも労働組合が必要になるでしょうね…しかし、ただ組合を作るだけでは既存の労組と同じように無力になりかねないのでその活動については慎重に考える必要がありますが、とにもかくにも今は同じ境遇にある者同士での「団結」、これを行うことが何より重要だと思う次第です
頭文字爺 @initial_g3 2014年2月15日
ホワイト企業を作るにしても、金が無いなら投資を募れば良いし、才能が無いなら投資などで支えれば良い。足りないのはホワイト企業を作ろうという人間と、それを支えようという人間。「自分達で何かしよう」という人間が足りないとも言える。
Ikunao Sugiyama @Dursan 2014年2月15日
ただね、需要不足に関しては安倍政権が一番いい手を打ってるっていう。
sesamechang @sesamecake 2014年2月15日
非正規になって思ったけれど仕事に愛着が出ないからプラスアルファの事をしようと思わないんだよな。期間でどうせやめるし、だから新しい仕事をまかされることもない、給料も上がんない。時間が余ったら自分のための勉強をした方が徳。これは気づかないレベルで少しずつ少しずつ企業の体力を奪ってる気がする。
はふ @hafucco 2014年2月15日
「売り上げは上がらなくても利益を上げる」というのは企業としては小さく纏まろうとしてる訳だよね。 つまり衰退方向な訳で、こんな方向性が推奨される経済環境は好ましくないと思うのだが……
山極 由磨 @YuumaYamagiwa 2014年2月15日
「売り上げは上がらなくても利益を上げる」遭難者がじっとしてカロリー消費を避けて生き延びようとするのと同じ。レスキューが来ることが前提だけど、来なきゃ餓死。
hamp@横浜山中 @32hamp 2014年2月15日
とりあえず、反感買うのを覚悟で「今までの」「正規雇用」「高賃金」ってのが、先ず異常じゃ無かったのか(高度経済成長時代に確立されたスキームが異常じゃなかったのか?)という点を挙げとく。つまり、労働者が酷い目に遭ってるのは事実だが、誰かが私腹を肥やしてるだけだからそこを正せば簡単に30年前に戻る、と言うわけではないと言うこと。
hamp@横浜山中 @32hamp 2014年2月15日
成長が頭うちした成熟社会に入った時点での新スキームがうまく作れていない(というか、新しい産業構造というでかいビジョンを政府が立てられないから、各企業が小手先の改善策を行い、社会全体として迷走している)ディレクター不在という現状を先ず認識しないといけないと思う。そう言う視点で見ると「正規雇用」という言葉にもの凄い違和感がある。年寄りが貰えて、若手が憧れる「正規雇用」って、多分、もう、実質実行できない。
hamp@横浜山中 @32hamp 2014年2月15日
AkiAkane13End なんつーか、「成長という秩序が焼き尽くされた後の北斗の拳状態」なんだと思いますよ、今は既に。 誰も旗振ってないです。
KirimiSakana/切身魚 @Kirimisakana 2016年11月5日
『プレカリアート』で論じられていた内容と関係すると思って。
フローライト@『今日どこさん行くと?』応援中 @FluoRiteTW 2016年11月5日
yamamoto1208815 組合を運営して会費で食っていく人間に権力が集中する。今までは大企業の労組にだけいたそういう連中が非正規の間にも生まれるわけだ。本業がそれだから生粋の”専従”だしな。
他人 @Messiah_Justo 2016年11月5日
「取り換えの利く人材」は学校教育により作られているので、政府や財界に学校教育に口出しさせることをやめさせましょう。教育を国家から共同体の手に取り戻そう。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする