滅私奉公的な「忠義」の発生について

とあるRTから始まって、滅私奉公的な捉えられ形をする事が多い「忠義」について、そんな認知をされるようになったのは何時頃からか、また、その関連でのあれこれの話が続いたので、まとめてみたり。
57

最初はとあるRTから

るけい♎ @rukeis

厨二のころに「俺に意思はいらない。主のためのただ一本の剣であれればそれでいい」みたいなキャラクターに憧れてたA君が、社畜歯車として感情を摩耗させつつあるらしいので夢を叶えていてすごいなと思いました

2014-02-09 22:28:59
神無月久音 @k_hisane

RT先、思わず笑ったのですが、こういう塩梅に、中二ワードを「要するにそれって滅私奉公だよね。サビ残休出オールOKみたいな」と言い換えるのは実も蓋もなくて愉快で砂。

2014-02-15 19:09:35

滅私奉公的な「忠義」の発生について

神無月久音 @k_hisane

そういや、こういう滅私奉公的な忠義を美徳とするのっていつ頃から広まり始めたんでしょうか喃。近世でも「主の言う事にとにかく従う」みたいなタイプの忠義って、むしろやったらアカンやつ的扱いだったような。葉隠でも「奉公の至極の忠節は、主に諫言して、国家治むる事也」と言ってる訳ですし。

2014-02-15 19:17:06
神無月久音 @k_hisane

まあ、そもそもそんな大層な忠義自体、そう誰も彼も持ってた訳ではないから、美徳として讃えられてた訳で、そこですらアカン扱いされてるのって、そりゃお話になってないってことでしょうし喃。

2014-02-15 19:22:16
神無月久音 @k_hisane

近代以前だと、武士にとって最優先される徳目って「面目」ですし喃。「武士は忠義が第一」って基本的にお題目の類ですし。「忠義のために面目を失うくらいなら家を出る」とか結構ありふれた話ですし。

2014-02-15 19:32:29
和泉樹林 @IzumiKibayashi

@k_hisane 終身雇用制あたりじゃないですかね。

2014-02-15 19:20:40
神無月久音 @k_hisane

「いいからとにかく上に従え。文句言うな」ってのは、裏を返せば、下が理屈で上を批判するから、ってのもあるのかもですねー。無条件服従前提でないと、従ってくれないと。 @Izumi_asato 終身雇用制あたりじゃないですかね。

2014-02-15 19:26:02
まとめ管理人 @1059kanri

@k_hisane ぶっちゃけ倫理として確立されたのは明治からですよねw

2014-02-15 19:19:05
神無月久音 @k_hisane

まあ、その頃か、下手すりゃ戦前ちょい前くらいとかかもで砂。@1059kanri ぶっちゃけ倫理として確立されたのは明治からですよねw

2014-02-15 19:23:29
まとめ管理人 @1059kanri

@k_hisane でしょうね。あの「滅私奉公」というのは殿様ではなく天皇への忠誠ですから。

2014-02-15 19:26:23
神無月久音 @k_hisane

古代や中世を振り返って見ると、「え?天皇への忠誠で滅私奉公?何それ?ギャグ?」という印象が。 @1059kanri でしょうね。あの「滅私奉公」というのは殿様ではなく天皇への忠誠ですから。

2014-02-15 19:27:57
和泉樹林 @IzumiKibayashi

@k_hisane 大伴氏「おうそれオモロイな。もう一回言ってみぃ」

2014-02-15 19:30:30
神無月久音 @k_hisane

なんぞあるのかしらんと思ったら、こんな人もいるんで砂。大伴部博麻http://t.co/qq9hYMGLgI これはえらい。 @Izumi_asato 大伴氏「おうそれオモロイな。もう一回言ってみぃ」

2014-02-15 19:38:13
神無月久音 @k_hisane

おお、こちらもあるんで砂。なるほど。 @wani_leo 海行かばhttp://t.co/VhEKvGwdZE … 大伴氏

2014-02-15 20:01:46
イセスマC(鎮守府)T(提督) @delete_masinCT

@k_hisane 近代明治以後の教育とも関与してきそうな問題かも?

2014-02-15 19:32:45
神無月久音 @k_hisane

大衆というか、被支配層の知識と権利意識の拡大と合わせての話なのかもで砂。 @delete_masinCT 近代明治以後の教育とも関与してきそうな問題かも?

2014-02-15 19:39:36
@ab9654sd

@k_hisane あのう、変なことを申し上げてたらごめんなさい。江戸期からの商人の丁稚奉公というのは源流として考えられませんでしょうか。

2014-02-15 19:40:18
神無月久音 @k_hisane

あー、「奉公」って言うと、そっちもありま砂。元の話が中二ワード的な忠義の話だったので考えから抜けてましたけど。 @ab9654sd 江戸期からの商人の丁稚奉公というのは源流として考えられませんでしょうか。

2014-02-15 19:42:19
イセスマC(鎮守府)T(提督) @delete_masinCT

@k_hisane 鎌倉武士団(御家人)のーー御恩と奉公ーーとの関係は、また別物でせうか。

2014-02-15 19:54:51
神無月久音 @k_hisane

あれは基本的にはギブアンドテイクだから、滅私奉公的な文脈で語るのは無理があるような。 @delete_masinCT 鎌倉武士団(御家人)のーー御恩と奉公ーーとの関係は、また別物でせうか。

2014-02-15 19:57:23
残りを読む(26)

コメント

☢️山下238☣️HPVV打ったよ @Yamashita238 2014年2月16日
「利己的な遺伝子」的な話なら戦国時代の滅私奉公は意味がなくはないけど、(親戚の生存率を上げるから)所謂ブラック企業で身をすり減らすのは生物学的には全く無意味だと思う。
1
Simon_Sin @Simon_Sin 2014年2月16日
明治になったあとででっち上げられたファンタジーである『明治武士道』(新渡戸が犯人)は、そもそも軍の統制が困難だったから作られたのだ、とゆー話はきいたことがあるな。確かに「ナニも考えんで命令通りに死んでこいや」って鉄砲玉養成には最適だもんな、明治武士道って。
3
闇の聖母ガラテア @galatea_rs3 2014年2月16日
よっぽど素晴らしい会社なんだろうな
0
言葉使い @tennteke 2014年2月16日
Simon_Sin 映画「二百三高地」で、ロシア兵の機関銃がおっかなくてへたりこんじゃった日本の兵隊を、おそらく下士官がベルトを持って引きずって前進させているシーンがあって、なんか納得したことがあります。
1
tales_of_recursive @tales_of_recurs 2014年2月16日
「われわれはイン殺さんが好きすぎです」
0
ののまる @nonomaru116 2014年2月16日
『大日本史』も、本来は天皇に対する論賛があったし、神代は荒唐無稽と排除して神武天皇から始めたとか、いろいろなところから証拠集めようとしたとか(だから資料収集や研究員確保にものすごく金がかかってただでさえ耕地の少ない水戸藩の財政を圧迫しまくった)、それなりに「科学的」な態度で編集が進んでたんですよね。後期水戸学でいろいろひっくり返されましたがw
1
冷たい熱湯 @Tuny1028 2014年2月16日
メッシ奉公とはなんぞや(大喜利)
0
neologcutter @neologcuter 2014年2月16日
「ディルバート」http://goo.gl/i80Xv3でも滅私奉公ぶりが見られるので、こりゃ日本だけの問題じゃないですね~
0