2014年2月16日

侮辱罪では勾留されません

色々、不正確な情報が散見されますので、刑事事件に関してのミニ知識として、まとめました。 ※ 現在も進行中の事案ですので、状況変化の可能性がある事に、ご留意ください。(現在は「事件受理」で、捜査中段階。)
85
リンク www.moj.go.jp 法務省:刑事事件フローチャート 法務省のホームページです。
モトケン @motoken_tw

侮辱罪で起訴される限りは心配しなくてもいいですよ、と誰か言ってあげればいいのに。言っても聞かないのかな? http://t.co/5PNag26M4k

2014-02-16 18:09:07
平石和之♪臨海さん( ・᷅ὢ・᷄ ) @Peta_hiraishi

@motoken_tw 一般論では侮辱罪なら起訴されても在宅起訴になるかとおもうのですが、余計なTweetしてると、逃亡の恐れありとして在宅起訴してくれないんじゃ無いかと心配になります。

2014-02-16 18:30:07
モトケン @motoken_tw

@Peta_hiraishi 侮辱罪では勾留できないです。刑訴60条3項。

2014-02-16 18:33:41
リンク law.e-gov.go.jp 刑事訴訟法
平石和之♪臨海さん( ・᷅ὢ・᷄ ) @Peta_hiraishi

@motoken_tw あ、そうなんですね。逃亡の恐れありの時だけは勾留もありかと思ってました。ありがとうございます。

2014-02-16 18:41:14
モトケン @motoken_tw

.@Peta_hiraishi 起訴になるとしても九分九厘科料ですね。その意味で、身柄拘束の心配はほとんどない。名誉とか面子の問題はあると思いますが、科料なら、検事は略式手続を提案するでしょうから、それに応じる可能性はどうなんでしょうかね。

2014-02-16 18:49:48
平石和之♪臨海さん( ・᷅ὢ・᷄ ) @Peta_hiraishi

@motoken_tw 同感です。きっとその流れであろうことは、被告訴人と取り巻き以外は予想していると思います。 やたらと騒いでいますが、心配ごとは杞憂ばかりで、それよりも告訴された重みと、されるに至った自らの言動を反省してくれれば良いのですが。 周りも反省の機会を奪ってますし。

2014-02-16 19:07:34
モトケン @motoken_tw

マジに思いますが、刑事告訴された場合には、竹野内氏の真似をしては絶対にいけませんよ。政治闘争または思想闘争を最優先に考える場合は別にして。

2014-02-16 19:02:20
風棲@AKガーデンL21&22 @huusei

@motoken_tw そのうち罪状が侮辱罪から名誉毀損にランクアップしそう(´・_・`)

2014-02-16 20:07:34
モトケン @motoken_tw

@huusei 今後の問題として、一番心配すべきはそこだと思います。

2014-02-16 20:19:35
モトケン @motoken_tw

既出だけど、ネットの発言を巡るトラブルに関する相談を受けた場合は、依頼者と相手方の双方の過去ログを読む必要がある。そうしないと、トラブルの原因が把握できない。

2014-02-16 19:36:41
モトケン @motoken_tw

刑事告訴されたり被疑者として捜査対象になった場合に、被疑事件について沈黙するかどうかはケースバイケースだけど、発言する場合は、その目的と効果を慎重に検討する必要がある。そして、多くの場合、そういう問題について素人は的確な判断ができない。

2014-02-16 19:47:32
モトケン @motoken_tw

刑事司法には、一罰百戒という言葉が当てはまる事件処理がある。 http://t.co/j7JUsuCohm 百の中から一つとして選ばれるというのには、それなりの理由があると思われる。その理由の当否も今後の検討対象になるべきだとは思うけど。

2014-02-16 20:36:55

コメント

luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年2月16日
まとめを更新しました。(タイトル直した。)
0
neologcutter @neologcuter 2014年2月16日
ここまでくると #デマリン は本当にちゃんとした弁護士に相談しているのか謎だね。ツイッターしか信じてないのかも?
12
ざの人 @zairo21 2014年2月16日
ややこしいことに、勾留と拘留は 声に出して言えば 「こうりゅう」だけに かぎこうりゅう と てこうりゅう として区別しなきゃいけないし、勘違いしやすいのに注意。拘留刑(てこうりゅう)は30日未満(最長29日)の間身柄拘束をする刑罰で、竹野内氏はこちらにはなることが予測されることを私はネットで調べて、繰り返し述べてきた。だから、判決で拘留刑(てこうりゅうのほう)が言い渡されて、確定してから拘留されることになる。
3
ざの人 @zairo21 2014年2月16日
もし確定すると 1万円以内の科料、もしくは29日以内の拘留(てこうりゅうのほう)が適用される。 で ここでいっている勾留(かぎこうりゅうのほう)とは? 被疑者が逃げないよう身柄を拘束する処分 その中にも被疑者の勾留と被告人の勾留とがあり。被疑者の勾留は,逮捕に引き続き行われるもので,罪を犯したことが疑われ,かつ,証拠を隠滅したり逃亡したりするおそれがあるなどの理由から捜査を進める上で身柄の拘束が必要な場合に,検察官の請求に基づいて裁判官がその旨の令状(勾留状)を発付して行う。
3
ざの人 @zairo21 2014年2月16日
実は私も 音声だけで こうりゅう という言葉を聞いてただけに、ネットで調べるまでは混同してたのは内緒ですw。
2
ざの人 @zairo21 2014年2月16日
私もモトケンさんのまとめと、訴えに共感したからこそまとめをつくったけど モトケンさんの「マジに思いますが、刑事告訴された場合には、竹野内氏の真似をしては絶対にいけませんよ」って事に尽きると思う。けども どうも竹野内氏には リアル古美門研介?と思わせるような弁護士が付いて これと逆な方向で炊きつけている模様。
3
シネサル @cine_sal 2014年2月16日
彼女の弁護人は依頼人を勝たせる気はなくて、調子を合わせて信頼され続けることで彼女からお金を吸い取る事しか考えてない、という可能性はないかな? 詳しくないから判らないけど。#デマリン
11
JET雪駄 Jet Set Junta @kickinside666 2014年2月16日
塾の先生を嘘つき呼ばわりして訴えられた、群馬の中学教師の例もまだ新しいというのに・・・・
1
2nd_Stain @2nd_Stain 2014年2月16日
kickinside666 自分のものとして咀嚼していないんでしょう。だから同じような過ちを犯すんだと思います。
1
JET雪駄 Jet Set Junta @kickinside666 2014年2月16日
2nd_Stain なんにしても、批判はいいけど侮辱はアウトだという単純なことですよね。何かの固い信念を持って動いている人の言葉は、あたりが強いですし。
1
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2014年2月16日
こういうのこそ正に確信犯という奴だなぁと思うなど。しかし、署名集めたらどうにかなると本当に思ってるんだろうか?それでどうにかなるなら、「風評被害を煽る者に厳罰を」という署名集められてより立場不味くなるように思えるんだけど。
3
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年2月17日
「拘留」についても「起訴になるとしても九分九厘科料ですね。その意味で、身柄拘束の心配はほとんどない。」となっています。
4
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年2月17日
ただし、本来の被疑者のすべき行動を見事に裏切っているので、今後については予断を許しません。というより、これは本人の行動が何故か、自らの罪を強める行動になっているためなので...。
6
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年2月17日
そもそも、本来なら沈黙する時期になっているはずで、せめて反省とか、謝罪とかしていれば、ずいぶん印象も違う。勿論、強制するつもりはないが。 行動は各自の自由。ただし、行動には責任を伴う。
6
安東 @andou0725 2014年2月17日
Twitterしかというよりは、「自分のいうことを聞いてくれる」人しか信用していない印象です。刑事に演説かまして逆に感謝されたなんて与太Postをしてるのを見ると、的外れでは無いんじゃないかなー。
7
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2014年2月17日
rt_luckdragon 確信犯だからじゃないですか。正しい行いをしているのに罰せられるなんて、そもそも犯罪性を疑われること自体がおかしい、と本気で思ってるからこその行動かと。だから反省や謝罪をしないし、必要とも思ってない。
8
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年2月17日
社会に於いて、というか法治国家に於いては、正しい事、というのは自分が決めるんじゃないんです。法に則り、社会が裁可します。刑法に於ける、刑事裁判制度です。(実施手順は、まとめ冒頭)
4
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年2月17日
時に、私も反論したくなるような、冤罪は存在します。 が、本件に於いては、証拠事実が公開されて明確に存在する訳で。
2
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年2月17日
警察が事件受理した段階で、本人にその事実認定が無いのは、非常に危険な状態だと思います。 重ねて強調しますが、本人の自由意思は尊重します。ただ、それには責任が伴うという事です。
2
MaliS @MaliSNacht 2014年2月17日
「拘留」と「勾留」の区別は、「拘留」は人の更生を目的とする刑罰だから「手」間かけなきゃいけない、って覚えるって教わった。
4
ざの人 @zairo21 2014年2月17日
あと 侮辱罪は一番軽い刑なので執行猶予は有りません。刑が決まったら即科料か拘留が待ってます。
1
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2014年2月17日
訴えられた当人に反省の余地が見られないばかりか、ほぼ確定的に侮辱と取られている表現を更に拡散しようとしているので、名誉毀損や民事賠償へのアップグレードも近そう。
8
Nanbu @8j11cb 2014年2月17日
正直、この人の場合科料じゃ意味がないと思うんですよね。インターネット3年間禁止とかの処置が一番適当だと思うのですが刑事事件ではそのような条件を付ける判決は出来ないんでしょうね
1
粒㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳あ㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳ん @keroa18 2014年2月17日
話題の方に関して言えば、親族の方々から専門医による受診をお勧めして頂くしか無いかと。随分と進行していらっしゃる様ですし。
1
細川啓%求職中断 @hosokattawa 2014年2月17日
刑訴法へのリンクが第八章になっていますが、これは起訴後の不出廷に対する手続きですね。しかしいわき簡裁に召喚されたら抵抗するかな。彼女が心配しているのはたぶん起訴前の逮捕勾留でしょうが、これもおとなしく出頭すれば逮捕されることはない。ないけれど、おとなしく出頭するかなぁ。
2
細川啓%求職中断 @hosokattawa 2014年2月17日
rt_luckdragon 29日の拘留が確定した例もありますよ。調べた範囲では事件そのものは大したことがなさそうなので、無罪の抗弁がよほど検察官・裁判官の心証を害したのでしょう。
3
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年2月17日
刑事訴訟法のリンクは、勾留の章です。モトケンさんの発言に準じて。60条3項付近になってます。
1
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年2月17日
hosokattawa 29日の拘留ですか。判決文を見てみたいのですが、裁判所と判決日分かりますか? 事件番号でも良いですが。
1
細川啓%求職中断 @hosokattawa 2014年2月17日
rt_luckdragon wikipediaの侮辱罪の項目に載っている事例と思われます。判例DBを当たりましたが見つけられませんでした。「侮辱罪 大月市議」で検索すると報道を元にしたブログなどが見つかりますが、元記事はいずれも削除あるいは有料ページに移行しているようです。一審が2006年1月19日(都留簡裁)、上告棄却決定が2006年9月11日。
1
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年2月17日
hosokattawa検索してみましたが、最高裁判決、簡裁判決、共に裁判所データベースには収録されていませんね。都留簡裁で閲覧かけてみるしかないのかも。(判例タイムス図書館で、探すとか。)
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年2月17日
ちなみに、同時に書類送検された知人の方は、罪を認めて、七千円の科料で済んでいるんですね。要するに、これって実際に起きた事とされることを、あくまで拒否した結果、らしい。(推測)
1
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年2月18日
8j11cb 事後法の禁止、罪刑法定主義の「罪刑の事前決定の原則、厳密性の保持」で、現在法律にない刑罰は言い渡すことができないんですね。(行為の禁止なので、自由刑の変形刑罰ですね。)
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年2月18日
まあ、これは当然で、突然に法律にない刑罰を言い渡されてしまっては、被疑者も困ってしまう訳で。 ただ、今後、類型問題が積み重なった場合、新たな罪刑として、条文が設定される可能性はあります。
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2014年2月18日
ちなみに、根拠条文は、憲法31条「何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。」です。
0