10周年のSPコンテンツ!

いじめ自殺の背景にみえる民族差別

続き:「民族差別と学校でのいじめ問題対策」     http://togetter.com/li/63464     「ガキの自殺を自分の主張のために使った」という主張に対する金明秀氏の反論及び弁明     http://togetter.com/li/63798 続きを読む
コメント欄レイパー 差別 いじめ
92
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
今日はテロリズムを考える日。
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
民族浄化のただなかにあって、暴力的な抵抗以外になすすべがないというとき、テロリズムは自生し、また、正当化される。
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
実際には、しかし抵抗にいたらず、自死を選ぶことが圧倒的に多い。
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
桐生市の小学生自殺にしても、これほど明白な民族差別もなかろうに、今なお、関係者すべてが民族差別としての問題化を避けて、いじめの問題に回収しようとしている。まるで、もともと民族的出自などなかったかのように。ぼくには、死してなお、民族浄化の被害を受け続けているとしか思えんな。
yonezu tokuya @mujigedari
79年に自殺した林賢一君(埼玉県上福岡市)のケースもそうでしたね。 RT @han_org: 桐生市の小学生自殺にしても、これほど明白な民族差別もなかろうに、今なお、関係者すべてが民族差別としての問題化を避けて、いじめの問題に回収しようとしている。まるで、もともと民族的出自など…
yonezu tokuya @mujigedari
79年、埼玉県で起きた在日朝鮮人3世・林賢一君の自殺を契機に、市の教育委員会が作成した文書。桐生市の小学生自殺を機に思い起こす。 / 「上福岡市在日韓国・朝鮮人児童・生徒にかかわる教育指針について」上福岡市教育委員会 1983年3月31日 http://htn.to/pDyL9S
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
ぼくが子供の頃と変わってないと気付くたび、無力感と罪悪感を覚えますね。 RT @mujigedari 79年に自殺した林賢一君(埼玉県上福岡市)のケースもそうでしたね。 RT @han_org: 関係者すべてが民族差別としての問題化を避けて、いじめの問題に回収しようとしている。
yonezu tokuya @mujigedari
中1で自殺した在日朝鮮人3世・林賢一君(埼玉県)に関するルポ。 / Amazon.co.jp: ぼく、もう我慢できないよ―ある「いじめられっ子」の自殺 (講談社文庫): 金 賛汀: 本 http://htn.to/iPLPAZ
イチ(イクチ生) @a334
@han_org いじめはいじめそれ自身が目的です。理由はなんだっていいんです。事件の背景がまだよくわからないですが、民族問題だけにこだわっても本質は見えづらくなると思います。(もと、いじめられっ子より...)
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna
@han_org いや、差別問題に回収されても困るんですが。。。イジメよくない、が通じない子供は、差別よくない、だって通じない。特異性の高い属性をもつ子の方がみんな安心してイジメれるという意味で民族的な少数者がターゲットになりやすいので、教師は特に注意すべきとは思いますが。
cloudgrabber @cloudgrabber
@han_org ネット上で母親がフィリピン出身だったという噂を見ましたが、どうも確証が。。どこかで確定的な報道はされているんでしょうか? RT 桐生市の小学生自殺にしても、これほど明白な民族差別もなかろうに
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
@cloudgrabber その点に触れたメディアはとても少ないですが、例えばこちら → http://www.asahi.com/national/update/1026/TKY201010250498.html
cloudgrabber @cloudgrabber
@han_org ありがとうございます。やはり本当なんですね。。
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
どうやら @mujigedari さんの切り口がもっとも適切なようだ。
cloudgrabber @cloudgrabber
「署や市教委などによると、母親はフィリピン出身だが、この女児は日本語が堪能だったという」 http://bit.ly/d6h8bi
cloudgrabber @cloudgrabber
「『母親はフィリピン出身』だからいじめられる理由がないわけではないが、『女児は日本語が堪能だった』ので、そんなにひどいいじめをうけるのはあんまりだ」とでも言いたいかのように読めてしまうのは、穿ちすぎ?
yonezu tokuya @mujigedari
第2章「教育」の項に、民族差別のために自殺した林賢一君のケースがとりあげられている。当初は「単なるいじめ」として報道されたが、後の調査で真相が明らかになった。 / 神奈川の韓国・朝鮮人 第 II 部 在日韓国・朝鮮人は今(昭和5… http://htn.to/yVChu3
cloudgrabber @cloudgrabber
母親がフィリピン出身という事は、ほとんどのメディアで触れてないようですね。。 http://bit.ly/d6h8bi QT @fu4 母親にプレゼントするためのマフラーで自殺。。(涙) http://ow.ly/2ZiYO 宋さん(@sohbunshu)がさかんにつぶやいていた
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
「中学一年の少年が一二階建てのマンションから飛び降り自殺をした。彼(林賢一君)は、単に「ひよわ」で「無口」|で「いじめられたから」自殺したと新聞で報道された。しかし、事件後の子どもたちから|「林は朝鮮人だからいじめていい」という発言が」 http://htn.to/yVChu3
404 Not Found @wataro_
ひどい… RT @han_org 「中学一年の少年が一二階建てのマンションから飛び降り自殺をした。彼(林賢一君)は、単に「ひよわ」で「無口」|で「いじめられ…しかし、事件後の子どもたちから|「林は朝鮮人だからいじめていい」という発言が」 http://htn.to/yVChu3
@Nandesukaina
@a334 @han_org ささいな出来事であったり、ちょっとしたストレスが原因ってよくありそうですよね。よく考えるとそんな大問題ではないのに、何となく周りが大きくしてしまうってのもあると思います。理由も何も関係ない別の問題に変わってみたり今は携帯メールの力もあるので大変ですね
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
桐生市のいじめ自殺問題。背景がわからないから、これでも抑えに抑えてるんだけどね。まずは遺族が悼むことが重要であって、いまは外野が口をはさむタイミングではないと思うから。それでも、こらえきれずに書いたツイートを読んで、「民族問題だけにこだわって」と解釈したか。
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
1979年の事件です。こどものいじめ自殺の先駆けといえる事件。でも、民族差別の背景は在日のメディアでしか取り上げられませんでした。 RT @kazutas: ひどい… RT @han_org 中学一年の少年が一二階建てのマンションから飛び降り自殺|「朝鮮人だからいじめていい」
金明秀 KIM, Myungsoo @han_org
境界線は偶発的、恣意的にひかれる。だが、ランダムにひかれるわけではない。既存の境界線を利用して常に排除される側に置かれる者も出てくる。それを、差別というんだ。 RT @Nandesukaina: @a334 @han_org ささいな出来事であったり、ちょっとしたストレスが原因|
残りを読む(145)

コメント

腹痛二郎 @kagurazaka1019 2010年10月27日
そもそもいじめなんて曖昧な言い方しないで、障害、恐喝、強盗、窃盗とか罪状をはっきりさせて、誰が誰に何をしたのかはっきりさせて処罰するべきじゃないのかなあ。いじめる理由や状況はいろいろだと思うけど、やった行為が犯罪であることをやった本人にきっちり自覚させるべき
wwitz @wwitz 2010年10月27日
子どもたちがそれをいじめだと思っていたかどうか。所謂「いじめ」と、自分たちの行動がイコール/ニアリイコールになるかを判定できたかが気になる。
@Friday666 2010年10月27日
子供のいじめに差別意識なんてないよね。なんでも差別差別と発言しちゃうのは思考停止。ただ、母親がフィリピン人だったということは報道してもよいというかするべきだ。
R@横鎮 @ryo_miya 2010年10月27日
いじめ等は他者との差異が原因であって、民族の違いなどは原因のひとつにしかなりえない。民族が違えば6割以上いじめになるとか、同じ民族であればほとんどいじめは起きないというならば理解できなくもないが、そうでないなら視野が狭すぎる。
@sengoku380 2010年10月27日
「いじめ」の問題は、なんとかしなければならない。今回の件以外にも多数おきている社会問題だ。ただし、他のニュースにも言えることだから何かあると「民族差別だ!!」と叫ぶ輩がいるのが問題だ。これは「いじめ」問題だ。何でもかんでも民族差別に絡めたら議論があさっての方向に行ってしまう。
@justamemory 2010年10月27日
子供なんて、何か著しく違ったら違和感を覚えてしまうのは当然じゃないの。そういった違いへの「抵抗感」を薄めていく教育してんの?「ダメだ!」つっても、違和感が消えるわけじゃないから、仲良しこよしってわけには行かないこともあるだろう。あと、それが今回のイジメの原因になってるかどうかわからないし、イジメという攻撃的な意識があったかどうかもわからない。少なくとも生徒のレベルで見れば、民族差別だぁ~とは言えないね。
@ScottVoid 2010年10月27日
自殺の原因になったいじめが民族差別に基づいたものだったとして、それが他のいじめに比べて特別視されるべき理由が解らん。いじめは全て等しくダメに決まってる。こんな当たり前の話すら通じないのか。
@justamemory 2010年10月27日
今まで4回転校したらしい。父親曰く、今まではイジメがなかったそうだ。今回「いじめられてるから転校したい」って言ってるのに、学校に通わせ続けたクソみたいな根性論のせいで自殺に繋がっただけで、民族差別やイジメがひどかったせいで死んだとは思えない。今回の自殺について考えるのなら、環境の問題だ。
御神楽@被展開体 @rena_mikagura 2010年10月27日
人種差別じゃないと主張する人がいるけど、出自をからかったんだから人種差別の一種なのは当然でしょ。ただ「いじめ」をやる子供には、まずいじめるという目的があって理由は後から見つける。だから民族/人種差別として扱っても問題は解決しないというだけで。
matsurowanu @matsurowanu 2010年10月27日
あくまでいじめの問題。そして、民族差別でも人種差別でもなく、外見差別と考える。「母親もおまえもゴリラ」といじめられたらしい。
中川苦行(キコ) @yura3x3x3 2010年10月27日
色々難しいこといってますけどね。親が「あの子のお母さんフィリピン人らしいわね(眉ひそめる)」つうのを子供が見るだけで、いじめに発展する理由として十分ですよ。小学正が小学校という閉鎖的なコミュニティでどこからの情報を一番影響うけてるかなんて、ちょっと考えてみたらわかる事だと思うんですけどね。
matsurowanu @matsurowanu 2010年10月27日
やはりあくまで「差異への襲撃」。その差異が民族的であるか非民族的であるかは、本質的な問いではない。「子供は残酷」という一般論に回収される。
@sengoku380 2010年10月27日
どうしても「民族差別」をベースに議論したい人たちがいるんだよ。
ナカバヤシ @nakabayashi_135 2010年10月27日
これはいじめの問題であるけれど,背後には他民族への差別視があったのは否めない.民族差別の問題だけ取り上げてもいじめの問題は解決しないが,かといって民族/人種差別の問題を棚に上げて表層のいじめだけみても問題は解決しないと思う.要はいじめと人種差別はつながっているのだから無理矢理違う問題として切り分けることはあまり意味が無いということ.
地下猫 @tikani_nemuru_M 2010年10月27日
母親がフィリピン人であることが揶揄の内容であったというのが事実なら、この件に民族差別が絡んでいたことは明白だよ>@hadakadesu をはじめとする脳の煮えたバカども
地下猫 @tikani_nemuru_M 2010年10月27日
あと、「ガキのやることだから差別とは無関係」というのもお花畑がすぎて暴力だな。進化心理学でも社会構築主義でもそんなお花畑は通らないし、ガキをちゃんと観察したこともないんだろう。馬鹿は嫌だね。
dayo @dztp 2010年10月27日
差別撤廃を叫ぶ人々に対して寛容でない社会ってどうなんだろうね
有村悠%1/22砲雷撃戦・に-10 @y_arim 2010年10月27日
当事者が「いじめ」と認識していなくても「いじめ」は成立するし(そもそも具体的な行為を論ずるべきではあるが)、同様に当事者が差別と認識していなくても差別は成立するよね。民族差別もまたしかり。
しるば @shilva 2010年10月27日
クラスで浮いてる奴がいたら何らかのレッテル張りをして虐めるのが小学生の学級社会。20年位前に自分が味わい続けたそれと変わらない。今回は偶然その要素が民族差別に繋がる内容だったと。多分喧嘩とか出来ない大人しい性格の子だったのかな。
しるば @shilva 2010年10月27日
で、これ立てた人はいじめの問題に収束されるのに不信感を持っていると。多分、学校側はいじめの問題に収束した方が対応が楽なんだろう。「いじめ自殺」の報道での事の顛末やら学校側の対応って2,30年前から全然変わらないあたり、学校側(ひいては教育委員会側)でマニュアルらしきものが出来てるのかなと推測できる
有村悠%1/22砲雷撃戦・に-10 @y_arim 2010年10月27日
「いじめの理由なんて何でもいいんだ」と言いつつ、民族差別を論ずることへのカウンターとして「ただのいじめ」なるものを想定するのはよろしくない。そういう要素を取り除いていったら、最後に残るのはおそらく、「誰もが被害者のせいにできる(合理的な)理由」だからだ。
しるば @shilva 2010年10月27日
で、「子供は残酷」という発言が引っかかったんだけど、そういう周囲から浮いている人を疎ましく思う差別感情って成長して社会に出てからも少なからず持ってるもんだと思う。それを僕自身、現在進行形で感じている。三つ子の魂なんとやらというかね。
しるば @shilva 2010年10月27日
「和を持って尊しとすべし」という日本固有の言葉の裏側にある背景かもしんない。
matsurowanu @matsurowanu 2010年10月27日
あらゆる差別の起源を見取りうるのであって、民族差別を見取るのはあまりに素朴な認知バイアスですよ。小学生に民族というコンセプトが理解できるのかという疑問は真っ当です。差異に対する反応が問題なのです。
matsurowanu @matsurowanu 2010年10月27日
@shilva さん。例えば、いい歳をした大人なら、誰かに対し、面と向かって「お前の母さんゴリラ顔だからお前もゴリラだ」的なことを言いはしないだろうという一般論です。
放蕩息子と青瓢箪 @P_S_JP 2010年10月27日
今回の件は民族差別だと思うし、そういう指摘は重要だけど、そこだけを論じるには抵抗がある。人が一人死ぬ、ということには様々な要因があって、論じる際にはそこをくまなく見る必要があるんじゃないかと。
放蕩息子と青瓢箪 @P_S_JP 2010年10月27日
人の本性から考えて戦争は起こりうる蓋然性が非常に高いものと考える、という姿勢と同等に、人の本性から考えていじめは起こりうる蓋然性が高いものと考える。そこに立脚してどうしたら防げるか、という観点を持ちたい。今回の件はどうも学級崩壊状況だったフシもあるし、転校生であるがゆえに地域コミュニティの恩恵を受けにくかったという点も含め、負の方向に物事がかみ合ってしまったように思う。
おだま @teodama 2010年10月27日
実際に指導する際に子供になんて言い聞かせてあげるのがいいんですかね?
agraj42 @agrasyak 2010年10月27日
子供は残酷ですからね。下手に「〇〇は差別された歴史があります」と教えれば、それを理由に明日からいじめるようになるかもしれない。直面しなきゃらないし、知らなきゃならないけど、情報は武器になってしまうこともある。
@minazuki_eve 2010年10月27日
「今回のいじめが差別であったか否か」(認識)と「いじめをなくす為にどのような施策が最善か」(行動)は違う話なので一方を根拠にもう一方をジャッジするのは混乱のもとになる。個別に独立して考えるべき。
@justamemory 2010年10月27日
民族差別とは言わないまでも、民族が違うことに対して大きな壁を作ってしまうことはあるだろう。なぜなら、そういうことに対処する教育を、日本が怠ってきたからだ。朝鮮の人、アフリカ系の人、イスラムの人、いろんな人が日本にいるのに、その文化や違いに慣れさせて、衝突を少なくするための、じゅうぶんな教育がなされているとは思えない。そのあたりは、もう少し責めてもいいと思う。
jackでーす @jackpot10009 2010年10月27日
何人か触れているが、たとえば「女の子をいじめた連中とその親」を「いじめたという事実を認めさせて反省させたい・諭したい」のか「吊るしたい・罰したい」のか、はたまた「民族差別者として糾弾したい・在特みたいにdisりたい」のか、アプローチとか最終的解決がまったく見えないしよくわからないんだよね。ラディカルに語ったらどうなんだろ、ハンオルグのおっさんも児童小銃の人も。
紙魚 @silver_fishes 2010年10月27日
民族差別批判をしておいて朝鮮人→日本人差別については「広く観察される現象ではありますが、今の文脈でそれをいう必要はありませんね。」だって。どうしようもなく頭の悪い類の差別がなくならないのはこういう人たちがいるからだろうなあ。
tobitaQ @tobitaQ 2010年10月27日
なんつうか、いじめそのものがすでに「差別」だろうと思うわけで。
紙魚 @silver_fishes 2010年10月27日
そもそもいじめ自体が差別なわけで、「いじめ対象だから民族で差別する」(逆じゃないよ)がありうる以上、詳しいことがわからないうちに「原因は民族差別」とはいえない気はする。というか、いじめって民族差別の有無関係なしに叱るべきもんだと思うけど。民族差別以外はどうでもいいってんでもない限り。
紙魚 @silver_fishes 2010年10月27日
で、被害者の子供の親がフィリピン人なのが報道されないと怒ってる人は、他の事件の加害者が外国人なのが報道されないのをどう思ってるのかなあ。「民族の属性は、被害者のときはきちんと報道されるべきで、加害者のときは隠匿されるべき」って民族差別だと思うんだけど。それとも本当の目的は民族差別否定じゃないのかな?
ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna 2010年10月27日
27日朝に僕がつぶやいた @hasu0107 さんへの返事を追加しました。
@sengoku380 2010年10月28日
議論は2グループに分けたほうがいい。(1)とにかく「民族差別」問題として拘るグループ。(2)「いじめ自殺」問題について全般的に議論するグループ。僕は(2)の立場だけど。
dayo @dztp 2010年10月28日
民族と言う属性で人を見るなって話じゃない?被害者が民族と言う属性でイジメを受けていた可能性があるならば明らかにすべきだって話で。加害者側に回った場合、民族を明らかにしたところで阿呆が「これだから〜人は」とか言い出すきっかけにしかならないし、それは間違ってる。そもそも属する民族が原因で犯罪を犯すことなどあり得ない。ナチュラルボーン犯罪者なんていないんだからさ。
紙魚 @silver_fishes 2010年10月28日
“最後に残るのはおそらく、「誰もが被害者のせいにできる(合理的な)理由」だからだ。”その理由とやらがあったらどうだってんだろ。問題は「理由がないのにやるな」だけじゃなく「理由があったらなんでもしていいわけじゃない」でもあるのにねえ。こういう「理由があればやっていい」の人がいるから(略)
@justamemory 2010年10月28日
まとめられたコメントで「民族問題云々」て言い出してた方は、小さい頃に苦しい思いをしたんだろう。しかし、在日朝鮮人と日本人は同じで、両者に何も違いが無いとは思わないだろう(だから、母国の名前を使っているのでしょう?)。そこの「区別」は捨てられないだろう。日本の場合は、そういう違いに敏感なのだ。日本人同士でも同じ。「ヨソモノ」という考え方が昔からある。だから、問題にすべきは、民族問題ではなく「違いを寛容するかどうか」という精神性だ。民族問題だけに焦点を絞っても、何も解決しないだろう。
紙魚 @silver_fishes 2010年10月28日
んじゃあ実際に例もあることだし、「加害者が民族という属性を接点に犯罪へ積極的になった可能性があるから明らかにすべき」だよなー。「民族の状況が原因で犯罪を起こすこと」はあり得るしねえ。
letoro_mania @letoro_mania 2010年10月28日
小学生のときに同級生に何人かフィリピンハーフいたけど「ちょっと色黒(人によっては濃い顔)の子」程度にしか皆認識してなかった。少年野球とか(スポーツで日焼け)やってる子と同レベルの認識だった。日本語が堪能というか、全員日本語オンリーだったし。隠してたわけでもなくてわざわざ話題には出さないけど近所の子は知ってたけど特に何も無かった。小学生で「外国人だから」の差別はあるのかなぁ…? 自分のときは『別民族』の認識さえなかった記憶しかないけど。地域とか教育の差なのかなぁ?
西口昌宏 @mahbo 2010年10月28日
どんな事でもイジメの原因になるよね。だから民族差別がイジメの原因でないとは言えないし、民族差別が原因であったとしてもそれ以外がイジメの原因ではないとも言えない
西口昌宏 @mahbo 2010年10月28日
イジメの理由なんて単なる難癖、別に何でも良いんだよ。だから親が外国人ならそれは当然イジメの理由になってしまうよ。イジメの原因(?)なんてイジメられっ子に有るんじゃなく、イジメっ子側に有ると思うよ
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月28日
ここまで「民族差別」という言葉にアレルギー反応を示す一部の「日本人」の言動に正直ゲンナリ。この根深い差別意識はなかなか抜けないんだろうな…
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月28日
ここまで「民族差別」という言葉にアレルギー反応を示す一部の「日本人」の言動に正直ゲンナリ。この根深い差別意識はなかなか抜けないんだろうな…
@SCat_A 2010年10月28日
エスニシティと子供のいじめはそもそも別の事象なんだろうな。交差することも独立することも可能だから、議論すること自体うまくいかないのだろう。 そういや、学校の社会科の授業で在日外国人のことを勉強した時、授業の流れで「2世?3世?」と質問したばっかり、に「あいつは差別主義者だ」といじめられるようになって退学した子を知っているなあ……。
@noringon 2010年10月28日
ガキなんて「○○だから気に入らない」んじゃなくて「気に入らないと思ったやつが○○だった」だろ。○○は外人とかデブとか属性だけど、同じ属性でもいじめられないやつはいるだろ。部落差別とか民族差別って当事者が敏感すぎる。で、都合のいいときだけ平等って言いすぎ。
@kaiko_hy 2010年10月28日
民族差別が原因だとしても、民族差別をなくすことがいじめの根絶にはならない。いじめる者達は次々いじめる為の理由を探す。その理由一つ一つをいちいち論破するのはいじめの根絶にはつながらないと思う。
烏蛇 @crowserpent 2010年10月28日
リスト自体もコメント欄も長くなってきているので、続きの議論を新たにリストにまとめました。http://togetter.com/li/63464
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月28日
@kaiko_hy殿その他、つまらんゴタクの言い訳並べる前に人種だの民族が違うだの、「違う」ということを言い訳にして他人をいじめたり「区別」だの「差別」だのとつまらんこと言い出すその根性を、まず叩き直すのが先だろうと、心の底から思います。
紙魚 @silver_fishes 2010年10月28日
朝鮮人がいじめられた話を自分でしたのに、朝鮮人がいじめてた話を「その話は違うよね」と「区別」する性根は気にしないのかなあ?
サイレントトラベラー@令和マイナス3×年生まれ @slpolient 2010年10月28日
この手のツイートをみて、てっきり桐生市で自殺した子は在日韓国・朝鮮人だと思った。母親がフィリピン人なのね…
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2010年10月28日
kagurazaka1019さんの意見と同じでイジメなどと抽象的なことをいうから責任逃れが始まる、暴行とか恐喝だから、刑務所に送ると、子供ではなくて、その親に知らせるのが一番効果がある。またa334さんの指摘される例は非常に多い、たいてい理由などない、ただ、いじめた側が自己正当化するために、理由を持ってくるというだけ。つまり差別故にイジメが起きるのではなくて、イジメの自己正当化として差別が持ち出されると言う方が近い気がする。
瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2010年10月28日
だからと言って差別がなかったと言うつもりは毛頭ない。もちろん差別はあっただろうし、それが原因かどうかは別として、恣意的にmediaがその生徒の国籍を報道しなかったというのも納得がいかない、それが理由であるかどうか、というのは報道を見た人が考えることであって報道する側の仕事ではない。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月28日
@silver_fishes 在日コリアンであることは差別される原因にはなる。たとえば「在日コリアンであることがいじめをする理由だ」みたいな妄想をまくしたてたがる人間が現にいること、とかね。その理由はその人物が「日本人である」からではなく、単にそういう個々人が下卑な人間であるから、というだけ。
烏蛇 @crowserpent 2010年10月28日
区切り線として、リスト作成時点の自分のTweetを追加。
N(エヌ) @tanapiN 2010年10月28日
この事件の根底に民族差別があるのではないかとということをマスコミは報道すべきではないかという問題提議は当然あって然るべき。一方で報道がそう動けば、この話題が民族差別のみに帰結してしまいそうなのもわからないではない。(メディアが慎重になってるのは別の理由だろうけど。) 特に実際にイジメを受けた経験がある人間にすれば、イジメの問題を民族差別のみの問題にすり替えられたら納得いかないだろうね。 民族差別、親の給与差別、運動音痴差別、趣味差別、性格差別、容姿差別、病気差別…あるいは過去の行動が差別の原因になって
N(エヌ) @tanapiN 2010年10月28日
「俺が(わたしが)イジメられたときの材料と違う!」という単なる戸惑いは勿論、なんでもイジメの原因になりうるという恐怖を知って欲しい、本当にイジメをなくすにはどうしたらいいかを議論して欲しいと言う思いもあるだろう。
keyray @Keyray7 2010年10月28日
不特定の悪意の仮定はたいてい筋悪、「意識的な悪意はまったくからんでいない。状況がそうさせているにすぎない」「「オッカムのかみそり」のいうとおり、10台の子どもが不幸な理由を、それ以上せんさくする必要はない」とポール・グレアムも言っていた。 http://www.blog.net/nerds-jp.htm
放蕩息子と青瓢箪 @P_S_JP 2010年10月28日
私の親戚がいる長野の「田舎」ではブラジル人労働者が多いせいか保育園は下駄箱がジョルジーニョくんの下が姜さんちだったりする。田舎だから地方だからという事に集約してしまってはますます本質からそれてしまう。
さかいペット @sakaipet 2010年10月28日
@rna さんに同意します。いじめの原因は太り具合だったり、不細工さだったり、色の違い(浅黒さ)だったり無数にある中で、それぞれ具体的な詳細(体重、顔写真、色)を公表する必要は無いと思います。 同様に今回 @han_org さんが主張されているように、強引に人種差別を入れてしまうと、相違点⇒いじめ⇒自殺となってしまう構造そのものに対する根本的な対策ができにくくなってしまう。   @han_org さんの意見を穿ってみると、今回の子がもし同じように色の浅黒い子でも日本人ならば同じ結果にはならない可能性があ
さかいペット @sakaipet 2010年10月28日
今回の子がもし同じように色の浅黒い子でも日本人ならば同じ結果にはならない可能性があった、とおっしゃているように感じてしまいます。
@minazuki_eve 2010年10月28日
可能性だけならあったでしょうよ。 歴史にifはないけどね。
Iosif Takakura@月曜南ホ18b「恢徳堂」 @huideyeren 2010年10月28日
いじめの理由が何でもいいというのは同意できるなぁ。容姿だったり、成績だったりとか。僕もアスペ故の人との違い故にいじめられた経験があるけど。
Bunga@はてなブログ @Bunga_Snail 2010年10月28日
私もいじめられた1人として。差別ってのはどこにでもあるもんです。人種だったり肌の色だったり、顔の形だったりそれはもう様々。差別というのはいじめの発端や引き金に過ぎません。そこからいじめに発展するかどうかが重要なんです。だからそこにどんな差別があったかどうかを探ることは、ナンセンスです。いじめが起こる土壌では、1つの差別を取り除いても、また直ぐに別の差別という原因が浮き彫りになり、またいじめが起こります。
@minazuki_eve 2010年10月28日
あるいは大人がやれば差別やハラスメントとよばれることを子供に限って「いじめ」と、ちょうど「窃盗」が「万引き」に変わるように使い分けているのが悪いのかもしれない。
Bunga@はてなブログ @Bunga_Snail 2010年10月28日
人間はもともと多かれ少なかれ差別をする生き物です。差別をしていない人なんていません。ただ、その差別から個人攻撃をして、さらにグループで1人の人を攻撃することでいじめが起こります。 いじめが起こるプロセスを良く分析して、いじめが起こる前に小さな差別という形で解決できるようにするのが、いじめ問題を無くす最善の方法と考えます。
さかいペット @sakaipet 2010年10月28日
そうですね。確かに浅黒い日本人ならいじめにならなかった可能性はあったでしょう。しかしなったかも知れない。
Bunga@はてなブログ @Bunga_Snail 2010年10月28日
@minazuki_eve そうですよね、大人と子供を分けて考える必要は無いです。会社でもサークルでも、大人になってもいじめと同じ構造はどこにでも転がっています。ただ、大人はいじめられたとしても、社会という受け皿が大きいので、耐えられるものも、子供にはその状況を回避する能力や住んでいる社会が小さい事で、耐えられないのです。
さかいペット @sakaipet 2010年10月28日
そのように相対的な『単なる違い』のみによって無数にできてしまう、いじめの種のうちの一つを消すことと、いじめ発生から自殺になってしまう構造の対策は分けて考えたほうが良いと思うということです。
Bunga@はてなブログ @Bunga_Snail 2010年10月28日
いじめられている子供に、「私は味方だよ」と手をさしのべる子が1人でもいれば、状況は格段に良くなります。しかし人と同じ事が良しとされる現代社会では、いじめられている子をかばう事が出来ない子供が多いのが現状です。ひとりぼっちがなによりも寂しく、死に体気持ちにさせる要因です。いかに味方見つけてあげられるかが、ポイントだと思っています。
さかいペット @sakaipet 2010年10月28日
@Bunga_Snail さんに同意します。親、教師、共同体ももちろん非常に大切だと思いますが、一番に大切なのはクラスメイトや年代の近い子供の味方だと思います。
Bunga@はてなブログ @Bunga_Snail 2010年10月28日
@6tenbin9 私もその意見に同意です。差別の中には議論すべきものが沢山あるとは思いますが、無数にある差別の1つを無くしてもいじめの対策としては効果が薄いのです。今いじめられていても、短い人生の中では大したことではなく、かえって糧となる事を、今いじめられていて、自殺を考えている子供達に分かって欲しい。
さかいペット @sakaipet 2010年10月28日
@Bunga_Snail そのとおりですね。だから自分としては通じるところはあると思いますが、大人(社会)の差別問題と、学校での『いじめ』は分けて考え、いじめ解決には重要な教育的な意義もあると思うのです。
さかいペット @sakaipet 2010年10月28日
このような視点から、上のコメントの中に、(外部の)法による『取り締まり』が解決法とされている方がいらっしゃいますが、少し疑問に感じます。当然、違法状態のものが認識されるようなことなら補導は必要だと思います。
さかいペット @sakaipet 2010年10月28日
いじめが起こってしまったことを、親、先生、そして生徒の中で共有し、話し合い、解決すること。そのような経験を積むこと自体はそこまで悪いとは思えないのです。解決を何もかも外部に委託してしまうことがモンスターなどを産んでるようにも感じます。
@sengoku380 2010年10月28日
民族差別をテーマにしないと議論が盛り上がらないかも知れませんが「いじめ自殺問題について包括的・多面的に考えてみる」場所を作っておきました。 http://togetter.com/li/63556
三毛招き @mikemaneki 2010年10月28日
イジメって、原因があって結果があるものじゃないもの。原因は結果から逆算されるものにすぎない。「民族問題」という原因にこだわるのは違和を覚える。
三毛招き @mikemaneki 2010年10月28日
自分がこういう言説で危惧するのは、原因がわかっちゃうと原因取り除くだけで終わっちゃうよってこと。
saebou @Cristoforou 2010年10月28日
「日本的イジメの特徴は、不特定個人が(不特定の理由で)ヘイト対象になること」とあるけど、これは少なくともうちの知識ではアメリカやイギリスでも問題になっていることだよ。レイチェル・シモンズ『女の子どうしって、ややこしい!』(アメリカのカウンセラーが書いた本)にはそういう事例がいっぱい紹介されてるし、マイノリティの女の子がどうやっていじめを回避しているかとかについても興味深い分析がある。
saebou @Cristoforou 2010年10月28日
…あと、子供は民族差別なんかしないんだって言う人にはこの絵をみてほしいな。アメリカのものだけど。ノーマン・ロックウェル「我々みなが抱える問題」http://www.lewisbond.com/rckwellpgs/problem.html
ぽんず @ponzoo 2010年10月28日
イジメる時、被害者を孤立させ無力状態に突き落とせばイジメの効果は倍増するので、その時被害者の違いを強調するのは手段の面があると思う。社会に民族差別があれば、味方が少ない、違いが強調できるという理由で真っ先に外国人が標的になると思う。
木村拓弥 @kimutakura 2010年10月28日
ああ、この人には何を言っても無駄なんだろうなっていつ気づくんだろう。 ひどい無力感を感じるだけなのに
さかいペット @sakaipet 2010年10月28日
@kimutakura 『何を言っても無駄』『無力感を感じるだけ』とは全く思わないですし、@kimutakuraさん発言のほうがむしろ失礼で差別的発言だと思います。傍から見ても気分悪いのでやめたほうが良いですよ。
さかいペット @sakaipet 2010年10月28日
誰だって『仲間・身内』がこのようないじめに巻き込まれたらある程度怒りは覚えるでしょうし、その原因の排除を求めるのも当然だと思います。ただ、自分が思うに今回の場合は、それを置いておいてもいじめの加害者に責任を取らせること、再発防止をすることにフォーカスすべきだと思うのです。
さかいペット @sakaipet 2010年10月28日
@han_org さんの主張だと、どうしても責任のありかが一般論化してしまい(民族差別が日本の風潮だから『仕方がない』となり)いじめ殺人の加害者、関係者の責任の所在が逸れてしまう、というのはおかしいと思います。だから分ける必要があると思うのです。
紙魚 @silver_fishes 2010年10月28日
なんか変だなー、ということを言ってる人がいたのでツッコんでみたら返答なのかよくわからないことを言われたよ…と思ったら実はどうも凄い人だったみたい。http://togetter.com/li/51502あー、これは。さすがに。ちょっと。いくらなんでも。
木村拓弥 @kimutakura 2010年10月28日
上の私の発言は主にrnaさんに向けたものですが。もう一つ言いたい事があります。バッカじゃねーの、差別なんてバ韓国はもっと強烈でしょう。それに差別は当然だから仕方ないなんて風潮日本にはありません。いじめはどこにでもありますし、それが人種かデブか頭が悪いか障害があるかの違いが原因なのを、民族差別だ!などと被害妄想もイイトコ。民族差別を無くそうなどと運動するのはそういったことを利用しようとするクズが群がってくる。もし本当にいじめを無くそうと考えるならば、違いを認められる考えを刷り込まなければいけない。生物は基本
愛・蔵太(素人) @kuratan 2010年10月28日
火炎瓶先生、キャラ立ってるからなぁ。
haru@朝食にやきそばパン食べたがる人 @NelFreire 2010年10月29日
日本の外国人問題は歴史的に根の深い在日コリアン他アジア系では民族差別的要素が強いと思うけど,それ以外は民族差別というよりも異分子排除のムラ的な心性によって引き起されてるんじゃないかと思う.とにかく「違ってたら」叩く.
haru@朝食にやきそばパン食べたがる人 @NelFreire 2010年10月29日
群馬の小6少女の自殺の原因に民族差別があるかどうかはともかく,このあいだの【宝塚女子中学生放火・殺人未遂事件】の少女がブラジル国籍だったこともあるし,外国人の移民問題として捉えるべき子どもたちの問題が学校でかなり起ってるのではないだろうか.
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@tanapiNさんが書いている「イジメの問題を民族差別のみの問題にすり替えられたら納得いかないだろうね」という感覚が、まったくよく分からないんだよな。いじめ/差別の被害者であることを競い合っているというか、「私はいじめられたんだ」というのが特権意識みたいになってるとでも考えるべきなのか…。自分が辛い思いしたら他人がそんな目に遭うのはヤダ、となると思うんだけど。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
あと誰とは言わないけれど(複数名いるけど)、たとえば人種・民族差別について「原因を取り除く」っていう言葉に恐怖感を覚えるのは僕だけだろうか?ナチスによる「最終的解決策」みたいなこと、つまり「異民族がいるのが原因」なのだから…で民族浄化?
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
承前)さすがに「皆殺し」にはしないとしたら、それとも「強制帰化」で「日本人」にして異質性を排除すれば「原因」がなくなるとか?違うだろうに、。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
承前)要は民族にせよなんにせよ、「異質」な少数者を捏造して袋叩きにしたがる性分、あと他人が苦しんでるのを見て見ぬフリしながら心の底では嗤ってて、それでも「知らなかった」とか「自分もいじめられるのが怖いから何もできません」とか、いけしゃーしゃと言う、その卑怯な品性の下劣さ。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
承前)…っていうかアーレントくらい読めよ。英語原文うろ覚え和訳だけど「最終的解決策はどこでも起こりえたと人は言うが、重要なのは、にもかかわららず、それがどこでも起ったわけではないということだ」(続く)
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
承前)あ、ここでいう「最終的解決策」とはもちろんナチのいう「ユダヤ人問題の」です。で再びアーレント「恐怖の条件下において、多くの人間は従ってしまうが、それでも従わない人間も少なくない」(続く)
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
承前)「そのことこそが、この惑星が人類にとって生存可能な場であり続けることにおいて最も重要なことであり、またそれ以上を人間的に言って要求すべきでもない」(イェルサレムのアイヒマン)。なぜこんなシンプルな人間としての基本を忘れて、「いじめ問題が民族差別問題にすり替えられる」とか被害妄想ごっこに耽溺できるのだろう?(続く)
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
承前)。日本の小学校や中学校の「いじめ」にしても似たようなものだ。つまりはいじめを見過ごして来た学校側も、積極加担まではせずとも黙ってみてた同級生も、日本とフィリピン混血のこの少女の自殺に関して、倫理的にはアイヒマン並みに「凡庸さの悪」であるし、この期に及んで「人種差別かどうか」で盛り上がれている連中も、同じくらい「邪悪の凡庸さ」を実践していることくらい自覚して欲しい。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
H・アーレントの『イェルサレムのアイヒマン』のうろ覚え引用訂正最後の部分は正しくは「そのこと【恐怖の条件下にそれでも従わない人間がいること】こそが、この惑星が人類にとって生存可能な場であり続けることの唯一の究極の可能性であり、また人間的に言ってそれ以上を要求することもできない」。で、だとしたらこの国の現在は、人類にとって生存可能な場であり続ける条件を満たしていない。
@oni_oc 2010年10月29日
いじめはあらゆる理由で起こりうる。だから民族差別とは無関係と論じるのは程度の低いゴマカシ。「あらゆる理由で起こりえる」ならば「目立つ理由があれば怒りやすさはさらにUPする」のは自明。
@oni_oc 2010年10月29日
そういう自明姓を覆い隠そうとするのはなぜかと勘ぐってしまうのだが、その論者にアキバの排外デモの都合の悪いことを覆い隠そうとしていた人が混じっている件に符号めいたものを感じるのは気のせいでしょうかね。
御神楽@被展開体 @rena_mikagura 2010年10月29日
@toshi_fujiwara 「原因を取り除く」というのは、人種や民族に関する関心を高めて‥‥という意味だと思います。いや流石に今時まさかそんな‥‥(゚Д゚;)
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@rena_mikaguraさん、それがそうでもないんですわな。関西方面で同和差別だとか在日差別の話を聴いてると、さすがに「民族浄化」はないけど、「そういう場所にいて目立つから差別されるという面もある」とか、まったく無自覚にいう人が多数派ですよ。恐ろしいことだけど。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@rena_mikaguraさん、それがそうでもないんですわな。関西方面で同和差別だとか在日差別の話を聴いてると、さすがに「民族浄化」はないけど、「そういう場所にいて目立つから差別されるという面もある」とか、まったく無自覚にいう人が多数派ですよ。恐ろしいことだけど。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@rena_mikaguraさん、それがそうでもないんですわな。関西方面で同和差別だとか在日差別の話を聴いてると、さすがに「民族浄化」はないけど、「そういう場所にいて目立つから差別されるという面もある」とか、まったく無自覚にいう人が多数派ですよ。恐ろしいことだけど。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@rena_mikaguraさん、それがそうでもないんですわな。関西方面で同和差別だとか在日差別の話を聴いてると、さすがに「民族浄化」はないけど、「そういう場所にいて目立つから差別されるという面もある」とか、まったく無自覚にいう人が多数派ですよ。恐ろしいことだけど。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@rena_mikaguraさん、それがそうでもないんですわな。関西方面で同和差別だとか在日差別の話を聴いてると、さすがに「民族浄化」はないけど、「そういう場所にいて目立つから差別されるという面もある」とか、まったく無自覚にいう人が多数派ですよ。恐ろしいことだけど。
keyray @Keyray7 2010年10月29日
コメントしたい人はコレを見てからする意味があるかを考えるといいんじゃないかな? Togetter - タグ「藤原敏史」のTwitterまとめ http://goo.gl/WOMn
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
「世間が事件を差別問題に回収するなら、それはそれで問題、という意味でいいました」(@rna)←この「回収する」という発想自体がおかしい。強いて言うなら、「いじめ被害者」という自称マイノリティが民族的マイノリティに嫉妬して足をひっぱりたい図。マイノリティであれば「差別の被害者」で「声が大きく」マジョリティが黙ってくれるだろうというウヨ的思い込みから来る病理。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@a334さん、「いじめはいじめそれ自身が目的です。理由はなんだっていいんです」と言うけど、それを言うなら人種差別だって民族差別だって基本的な構図はまったく同じことでしかない。学校内で起っていることを「いじめ」と特化することの方がむしろおかしい。ほとんどの「いじめ」の実態は、差別による人権侵害であり、脅迫、恐喝、傷害、時に殺人。ヘイトクライムそのものに「いじめ」という名前をつけているだけ。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@Nandesukainaさん、「私が子どもの頃同和教育というのがありまして、その差別について学校で授業をうけました。それから数年、私の子どもの代になり地域開発なども手伝ってか、今はそのような話は聞かなくなりました」というのは、具体的に何が起ったのでしょうか?多くの旧部落地帯では、開発でいわゆる部落民の方が出て行った(追い出された)結果差別が「なくなったり…(続く)
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@Nandesukainaさんに続き:…あるいは開発が進んで他の商業施設や新しいマンションなどの建設で「目立たなくなって」同和差別が見えなくなっているだけだったりします。たとえばJR大阪駅直近の中津地区がいい例です。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@Nandesukainaさん「私が子どもの頃同和教育というのがありまして」への返信続き:一方でいわゆる同和地区で、地域住民が残ったまま形だけ「開発」が進んだ地域では、市営住宅などのこれ見よがしな公共事業で暗に「同和利権」を強調するような偽善的な政策が、未だに延々と続き、そうした地域に建てた3セクの商業施設がシャッター街になり、街はゴーストタウン化し、解放同盟などの力が弱まった結果治安も悪化しています。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@Nandesukainaさん「私が子どもの頃同和教育というのがありまして」への返信続き:一方でいわゆる同和地区で、地域住民が残ったまま形だけ「開発」が進んだ地域では、市営住宅などのこれ見よがしな公共事業で暗に「同和利権」を強調するような偽善的な政策が、未だに延々と続き、そうした地域に建てた3セクの商業施設がシャッター街になり、街はゴーストタウン化し、解放同盟などの力が弱まった結果治安も悪化しています。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@rena_mikaguraさん、ですから「今さらそんな」と僕も思いたいですが、上記の@Nandesukainaさんへの返信で書いた通り、さすがに「民族浄化」まではやらないでも、差別される立場の人々がいなくなることで「差別がなくなったように見える」に過ぎないのが、現在でもたとえば大阪市の現状だったりします。平松市長は今度は釜ヶ崎で同じことをやろうとしているようです。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@oni_ociさん「いじめはあらゆる理由で起こりうる。だから民族差別とは無関係と論じるのは程度の低いゴマカシ。「あらゆる理由で起こりえる」ならば「目立つ理由があれば怒りやすさはさらにUPする」のは自明」まったくその通り。「いじめ問題なんだから民族差別にすり替えるな」という一部の主張は、程度の低い誤摩化しでしかない。
時エイトグ @kekerek 2010年10月29日
どっち側の言い分もわかるが、正しい議論の仕方のできない論者がいる方は賛同者が減る
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@kerekさん、「どっち側の言い分もわかるが」ってそうですか?ある意味で僕には「どっち」も分かりませんし、実を言えばその一方は、他方の脳内に存在しているだけですから。「いじめ問題なのに差別問題として論じようとしている」人というのは、実際にはここにはいませんから。
さかいペット @sakaipet 2010年10月29日
理想論として、全てのいじめの原因となるものを解決していくことで、いじめが起きない状態になることはありうるし、いつの日かそうあって欲しいと思います。つまり全員が『善い人』であるという状態になること。しかしそれはやはり理想であって、極端な飛躍を許してもらえれば、それは警察や法などもほとんどいらない世界を作るということに近いと思うのです。
さかいペット @sakaipet 2010年10月29日
現実には残念ながら犯罪者もいる。今回も含め、自殺にまで行くようないじめは、もはや殺人(犯罪)になりうるほどだと思います。それも、もはや日常的といえるほどの数になってしまっている。その他の一般的な犯罪の解決も倫理的なアプローチと、実際に逮捕し罪を償わせるという解決を併用していると思っています。
さかいペット @sakaipet 2010年10月29日
同様にいじめ殺人も倫理的なアプローチ(例えば差別を無くすこと)と、いじめっ子に対して『どんな』理由であろうとも、いじめ殺人になるような一線を越えさせないようなシステム(監視、取り締まり、責任を取らす)をつくるという両方が必要なのではと思うのです。
さかいペット @sakaipet 2010年10月29日
今回の事件に関して、世間的な人種差別の風潮によって起こったいじめ殺人としてしまうことは、いじめっ子や学校の当事者意識を減らしてしまい、犯罪行為の責任を取らせにくくなることや、現状の学校などのシステム改革やサポート強化に繋がりにくくなってしまうのでは、と思います。
さかいペット @sakaipet 2010年10月29日
対処療法になってしまったとしても、いじめ殺人が起きにくい環境を作り、もし起きてしまった場合にはきちんと責任を取らせる制度を作ることは、必要なことではないでしょうか。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@6tenbin9さん、「今回の事件に関して、世間的な人種差別の風潮によって…いじめっ子や学校の当事者意識を減らしてしまい」というのはまったくの詭弁。子供のやることは親や教師の価値観の反映でしかないし、人種差別が平然と横行するような社会では、子供がいじめに走るのも当たり前だというだけの話。なんせ大人が人種・民族的マイノリティをいじめることを自己正当化してるんだから。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@6tenbin9さん、「いじめっ子に対して『どんな』理由であろうとも、いじめ殺人になるような一線を越えさせないようなシステム(監視、取り締まり、責任を取らす)をつくるという…」それは人種差別にしても性的マイノリティ差別にしても障害者差別にしてもDV親父の女性の人権侵害についてもまったく同じこと。学校内の「いじめ」だけを捉えてその上辺だけの対症療法を求めても意味がない。
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2010年10月29日
@6tenbin9さん、「全てのいじめの原因となるものを解決していくことで、いじめが起きない状態になることはありうるし」って、学校と教師の役割とはそういう人間の倫理の基礎中の基礎くらいは徹底的に教えるべきところでしょう?つまり彼らがちゃんと仕事をするだけで、日本の深刻ないじめ問題なんて、とっくに解決されているはずなんですよ。
TANI_Röhei@赭埴菴 @Taroupho 2010年10月29日
「民族差別がある」って何。ある事件の背後に、実体としての民族差別なるものが存在して、その存在を知覚・認識するための超能力が人間に与えられているのだと、本気で信じているわけですか。「差別意識」は不可視なものであると、自分たちで主張したにもかかわらず? 自分が何を言っているのか、少しは考えた方がいいのではないか。民族差別であることとないこととを、誰が、何のために区別する(できる)というのか。そのことに、一体どんな意味があるのか。
TANI_Röhei@赭埴菴 @Taroupho 2010年10月29日
事物の集合を確率的・統計的に取り扱うための指標としてなら、あるいは何らかの抽象的な状況を名指すものとしてなら、「民族差別」という言葉に意味はあるかも知れない。だが、事件はそれ自体としてそこにあるものであり、あなたの頭の中にあるものではない。この人は、目の前のコップが美しいかどうかは確定的事実なのだと信じているのだろうか。自分が美しいと思うから誰に対しても美しくあると主張するのだろうか。虫酸が走る。観念について述べているならまだしも、具体的事件に対して、それを差別であるとか、誰もがそれを差別であると認識すべ
TANI_Röhei@赭埴菴 @Taroupho 2010年10月29日
観念について述べているならまだしも、具体的事件に対して、それを差別であるとか、誰もがそれを差別であると認識すべきだとか、そのようなことを言い出す手合いは許せない。肚立たしくて仕方がない。
THE CRAZY CKD @machdrilll 2010年10月29日
民族差別は、究極的には個人レベルまで細分化できる幾多の差別の中の、一つのわかりやすくまとまった形態に過ぎない。となると、民族差別と闘うという「わかりやすさ」が、いじめの「わかりにくさ」にどれほど通用するのだろうか、という疑問が残る。
@justamemory 2010年10月29日
民族差別という問題は、国籍問わずどこでも置きうる問題なので、もしこの問題を民族差別だとするなら、在日の方も一緒のフィールドにたって話し合うべきだが、彼らは、自分たちには関係ない問題だと思い込んで、日本だけを糾弾しようとしているね。このあたりが、彼らの都合の良いところだね。
@justamemory 2010年10月29日
それに、いじめとは別の問題だ。朝鮮学校って、自殺がおきるような同胞同士のいじめって少ないでしょ? 日本はたっくさんあるわけ。だから日本人は感覚的に、これは民族差別じゃなくて、あの陰湿で凶悪な「いじめ」だぞ、なんとかしなければならないぞと思ってる。民族差別、デブ差別、ハゲ差別、チビ差別、不潔差別、馬鹿差別、ブサイク差別、親の職業差別。分析すればそう見えても、根底は全部同じ「いじめ」という問題なの。どれか一つの問題にこだわりすぎるのは、日本人の被害者を含む「いじめ」に対して、同情してないからだよ。そういう冷た
@burutalow 2010年10月30日
「ヘイトクライム」でない「いじめ」はあるに決まってるじゃないですか
@noringon 2010年10月31日
被害者が日本人であった場合や加害者が外人や混血であった場合も同じように理由を探して憤るのだろうか
りょーこ♪ / Lyoco @happyspeaker2 2010年10月31日
いじめは”違い”への嫌悪から来ていると思う。特異(唯一)性が高いほど、いじめの対象になる可能性は高い。能力(才能)、民族性、身体特徴、社会階級、偶発的な出来事、他、及びそれらの組み合わせの相互作用で、いじめの対象が選りだされる。
りょーこ♪ / Lyoco @happyspeaker2 2010年10月31日
いじめは恐らくなくならない。だが、無くす努力をしていかなくてはならない。特に日本的な集団、村八分的ないじめをは深刻だ。教育現場は、金子みすず女史”みんなちがって、みんないい”でいいのでは?”同じ”を強調するのでなく、”違い”を強調、支持すべき。
りょーこ♪ / Lyoco @happyspeaker2 2010年10月31日
集団からの孤立、集団の中の一人で無い事が悪い事だという発想を代えていくべき。違ったもの同士が協力しあって、一つの形を造っていくのが協調性。現実にはそこに妥協と強制が存在するのは事実だが、協調性は空気を読むこと、意見の無いことでは無い。教職の方々には面倒極まりなくなってしまうだろうが。
りょーこ♪ / Lyoco @happyspeaker2 2010年10月31日
あくまで想像だが、どちらの主張も「いじめの原因の一つは”民族差別”であろう」ということ。だが、民族差別の可能性を示唆しなかった報道への指摘が、受け取る人によっては「民族差別がいじめの原因の全て」であるように聞こえてしまったのではなかろうか。違ってたら、すいません。
イシカワ=サン @GOZEN_R_SAN_2 2010年11月2日
この流れをみると今回の悲劇をイジメ問題として真剣に考えてる人に民族問題として考える人が「民族問題なのに何イジメ問題にしてごまかしてるんだ。そんなんだからこの女の子は死んだんだ!」って言っているように見えてしまう。 そりゃ真剣にいじめ問題を考えてた人は怒るわな、おまえたちの考えは無意味だ言われてるも同然だし。
@noringon 2010年11月2日
ところでタグの「コメント欄レイパー」って何?
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2010年11月3日
そこに差別があったのであれば確かにその周知は必要になってくるのだけど(正直そういう発生の仕方をした虐めを目撃した人は多分少ないし、故に報道しないと問題意識すら持てなくなっちゃうし)
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2010年11月3日
隠蔽したのであれば報道に介入できるところの人間の何らかの意図があるはずなのだけど、誰が一体何を意図して隠蔽したのか、このような報道で差別が昂進されるという予想は流石にしないだろう、色々なパターンの想像は出来るが、どれが正解に近いのか・・・
believe @aLdQYdQ2qEKmDSm 2018年3月1日
同じ人間ですから。言葉はありません。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする