当世のファシズム解釈について交差する笠井潔氏の考察とWKT氏の考察【補足版】

同じ時を生きる一人として、耳の側で息遣いまで感じるほどの内容です。 特に、安倍自公政権が事実上の集団的自衛権の行使容認を閣議決定し、解釈改憲を断行した今にあって。
6
笠井潔 @kiyoshikasai

一昨年の尖閣危機前後に、政治的な分析をかなりの回数ツイートした。その後の総選挙、安倍内閣の成立、参院選、秘密保護法などの流れは、一昨年に予見したことの延長上だったが、今回の都知事選は少し違う。これについて、感想を少しまとめてみたい。

2014-02-14 15:44:28
笠井潔 @kiyoshikasai

主要候補の得票は、舛添211万、宇都宮98万、細川95万で、大雑把に2:1:1だった。 61万票の田母神は、0・6ということになる。原発の是非に則して分類すると、再稼働賛成派が272万、即時廃止派が193万票。しかし今回の都知事選では、原発問題が最大争点だったとはいえない。

2014-02-14 16:02:59
笠井潔 @kiyoshikasai

かといって、総合的な政策の評価で票が分かれたともいえない。むしろ各候補の政治的・思想的スタンスに則して、票は配分されたようだ。とりあえず分類してみれば、保守主流は舛添、保守リベラルは細川、左翼は宇都宮、右翼は田母上という具合である。この比率が大雑把に、2:1:1:0・6になる。

2014-02-14 16:10:25
笠井潔 @kiyoshikasai

仮に「保守主流」としたが、現状維持を基本線として福祉や生活環境の相対的な行政的改善を求める秩序派である。戦後日本の「平和と繁栄」の受益層で、いまだに「昨日のように暮らしていきたい」と望んでいる層が今日でも最大勢力だとしても、しかし、すでに半分を割っているのも事実だ。

2014-02-14 16:23:28
笠井潔 @kiyoshikasai

宇都宮と田母上に流れた票は、掲げる方向性こそ対極的だが、「平和と繁栄」の戦後社会が内的に崩壊したことを示している。細川票の場合は、脱原発という点で戦後的な繁栄からの決別を意図するが、その秩序の枠組みは「保守」したいという二面性が窺われる。

2014-02-14 16:31:40
笠井潔 @kiyoshikasai

ところで田母上を支持した勢力は、伝統的な自民党極右派(旧青嵐会的・慎太郎的)支持者と、ネトウヨ的な新排外主義が二本柱である。自民党極右派は自民党タカ派を母体としていたし、この勢力は1950年代後半の岸派、それ以降は清和会として存続してきた。現在は安倍晋三に代表される。

2014-02-14 16:39:35
笠井潔 @kiyoshikasai

「行動する保守」を標榜する新排外主義勢力は都知事選候補者の田母上に、田母上は石原慎太郎や百田尚樹に、百田は安倍晋三に繋がる。いうまでもなく安倍は自公政権の首相であり、日本の行政権力の頂点に位置する人物だ。しかし自公が推したのは舛添で、ここにはネジレがある。

2014-02-14 16:47:07
笠井潔 @kiyoshikasai

他方、宇都宮候補の場合も戦後左翼の共産党・社民党と、新世代の反貧困運動や反原発運動と、支持層には2本の柱があった。ほんとうの意味で21世紀的なのは、「行動する保守」の新排外主義と、ここ数年のあいだに形成されてきた反貧困・反原発・反排外主義の新興勢力である。

2014-02-14 16:55:33
笠井潔 @kiyoshikasai

反排外主義の新興勢力のあいだでは、とりわけ秘密保護法反対闘争以降、安部政権をファシズムと規定する意見が少なくないようだ。一昨年の首相官邸前(反原発)から、昨年は新大久保(反ヘイト・反レイシズム)に大衆闘争の焦点的な現場は移動した。

2014-02-14 17:01:19
笠井潔 @kiyoshikasai

新大久保の排外主義デモに対抗したレイシストしばき隊(現CRAC)は、自身をヨーロッパのアンティファ運動に重ねあわせている。ヨーロッパでは、アンティファ(シズム)の敵はネオナチだから、この反ファシズムに定義上の問題はない。事実そのままである。

2014-02-14 17:05:30
笠井潔 @kiyoshikasai

しばき隊をはじめとするカウンター勢力が街頭で対峙した排外主義デモには、ヒトラーやナチズムを肯定する人物が多数参加しているが、自称「行動する保守」を21世紀日本のファシズム運動と定義できるだろうか。

2014-02-14 17:10:11
笠井潔 @kiyoshikasai

先に述べたように排外主義デモが、田母上を象徴的な中間項として安倍政権まで連続しているとしても、この政権をファシズムと規定できるだろうか。アンティファ運動の「敵」という意味を込め、厳密性を要求しない大衆的スローガンとして「安倍=ファシスト」を用いるのなら、それでもかまわないが。

2014-02-14 17:14:06
笠井潔 @kiyoshikasai

「安倍=ファシスト」論にこだわるのは、日本の戦後左翼による「オオカミが来る!」式の安易な大衆煽動、危機感の煽りたてを反復しても意味がないと考えるからだ。「××は戦争とファシズム(軍国主義)への道だ」という決まり文句で、1960年代まで社共は大衆を動員してきた。

2014-02-14 17:22:28
笠井潔 @kiyoshikasai

「××は……」の××には、破防法でも警職法でも、安保改定でも日韓条約でも、ありとあらゆる「反動攻勢」が代入できた。戦後日本人の戦争嫌悪、戦中の抑圧体制嫌悪を呼び起こせばなんとかなるという安直さでは、戦後の「平和と繁栄」を批判する運動にはなりえない。

2014-02-14 17:31:17
笠井潔 @kiyoshikasai

また、この種の戦後左翼の大衆動員法は、戦争体験世代が減少するにつれて必然的に有効性を失ってきた。宇都宮支持派の二本柱のうち、戦後左翼の政党勢力はともかく、新世代の大衆運動派は第二次大戦の記憶をもたない。

2014-02-14 17:38:32
笠井潔 @kiyoshikasai

「オオカミが来る!」式の戦後左翼の大衆煽動とは無縁の場所で、「安倍=ファシスト」という規定が自然発生的になされてきた以上、そのことの意味が問われなければならない。

2014-02-14 17:41:05
笠井潔 @kiyoshikasai

ファシズムには狭義と広義と、二つの意味がある。狭義はムソリーニを首領とするイタリアのファシズム。広義は、ドイツのナチズムやスペインのフランコ派などを含めた1930年代の反共・反民主主義の政治勢力。スペイン戦争でも共和国派はフランコ軍やイタリア、ドイツをファシストと一括していた。

2014-02-14 17:52:00
笠井潔 @kiyoshikasai

広義のファシズム概念が流布したのには、ソ連の影響が大きい。もっとも反動化した帝国主義の政治的上部構造として、コミンテルンはイタリアやドイツの政治体制をファシズムに括った。広義ファシズム概念の、もうひとつの発信源はアメリカだった。

2014-02-14 17:56:29
笠井潔 @kiyoshikasai

第二次大戦を民主主義(連合国)とファシズム(枢軸国)の対決として捉えたのが、アメリカだ。この観点からは、連合国の一翼だったソ連が反民主主義の収容所国家である事実も、英米と独日の対立が帝国主義間対立だった事実も抜け落ちている。

2014-02-14 18:02:08
笠井潔 @kiyoshikasai

ソ連側のファシズム論はいろいろあるが、アメリカ側のそれは第二次大戦後にハンナ・アレントが『全体主義の起源』を発表するまで、理論的には乏しいものだった。ただしアレントの論は、ナチズムとボリシェヴィズムを「二つの全体主義」として論じたもので、大戦中の連合国vs枢軸国の図式とは異なる。

2014-02-14 18:05:26
WKT @msadralapse

古典的なファシズムは、政治において戦争のための権威主義国家、経済において「大きな国家」だ。いまの安倍政権は福祉予算を削りまくるネオリベなので、後者の特徴が当てはまらないように見える。

2014-02-14 18:13:29
笠井潔 @kiyoshikasai

コミンテルンも日本共産党も、日本の政治構造をファシズムとは規定しなかった。天皇制は半封建的な君主制であり、日本は軍事的・封建的帝国主義国家だと考えられていた。日本共産党は、今日にいたるまで戦中日本をファシズム国家とは認定していない。中国共産党は日本軍国主義の語を用いる。

2014-02-14 18:15:21
WKT @msadralapse

20世紀のファシストは「民族の生命圏」を保護・拡大すべく、一部の基幹産業を国有化し、グローバル資本主義を非難する。良質な兵士=労働者を再生産し続け、民衆の喝采を集めるため、差別的な仕方ではあるが、福祉政策を徹底する。

2014-02-14 18:17:44
WKT @msadralapse

それは安部自民党には当てはまらない。だが、経済の統制と生命圏の守護によるグローバル資本主義批判は、戦間期の植民地獲得競争で負けた国の大企業にとってそのほうが資本蓄積の再開に適していたから採られた政策にすぎない。つまりファシズムの本質ではないと思う。

2014-02-14 18:24:13
WKT @msadralapse

ファシストの経済政策の本質は、むしろ社会ダーウィン主義(優れたものが生き残るべき)とコーポラティズム(平等よりも適材適所のヒエラルキー的共同体)を、権威(カリスマ、二世、エリートの威光)で結合する点にある。

2014-02-14 18:27:30
残りを読む(122)

コメント

もうれつ先生 @discusao 2014年2月19日
ケネス・オルフ『紀元二千六百年 消費と観光のナショナリズム』で言及されている、イタリヤ・ファシスト&ドイツ・ナチの物語と日本・皇国史観の物語の差、すなわち国家再生の物語か古代から持続しているという物語かの差の指摘も、このまとめに大きく関与していると思われます。
0