ニック・バーリー「世界を動かすプレゼン力」イベントまとめ

2020年東京オリンピック招致の影の立役者であるニック・バーリー氏の本、「世界を動かすプレゼン力」刊行記念イベントに出席しましたのでそのまとめ。2/26刊行予定。
1
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

五輪招致で尽力したニック・バーリー氏のイベントに来ています http://t.co/0qb94dvIMU

2014-02-20 18:44:06
拡大
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

ニック・バーリー氏の会社はseven46といって、これはロンドン五輪招致が決まった時刻からとっているそう #プレゼンイベント

2014-02-20 19:10:10
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

国際的な舞台でのプレゼンは Impact, Clarity, Understanding。つまりインパクト、明瞭さ、相互理解から成り立っている (ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:11:39
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

リオのオリンピック招致、そして東京2020オリンピック招致でも活躍した。でも負けたこともある (ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:12:42
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「オリンピックは明らかに世界で最大のゲーム。それはテレビでみていてもそうだけど、現実にスタジアムにいたら実感することだろう。それは保証する」それは行ってみたいなあ(ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:15:45
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「この最大のゲームを招致するには biggest pitch、もっとも説得力のあるプレゼン、が必要」(ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:16:39
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「これから紹介するのは、プレゼンを行う際に大事な7つのプリンシプル。それらはオリンピック招致くらいの大きな話から、小さなプレゼンでも有効」(ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:23:11
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「第一の原理:Do the math。たとえば話すスピードに対してコンテンツの量。項目なら偶数ではなく奇数。客が関心を失うまでの5分でなにを話すか」(ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:25:20
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「Power of three を見方につける。123、abc、3はとても安定している」(ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:28:44
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「東京の招致でも Delivery / Celebration / Innovation と、東京の強みを3つに集約して説明した」(ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:29:51
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「第2の原理:オーディエンスを理解する。聞いている人を結びつけているものはなにか?」(ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:36:41
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「第3の原理:インパクトを生み出す」(ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:37:51
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

ここでヘミングウェイの最も短い小説の話を引用するか...これたったの6単語でつらいんだよ...(泣) (ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:38:28
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「東京の招致ではいきなり最初に若い女性の、個人的な物語を投入することで一気にアテンションを奪った。そしてなにより、彼女の笑顔がすばらしいことに注目した注目した」(ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:39:41
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「笑顔はすべての国に共通するほぼ唯一のポジティブなメッセージ」(ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:40:44
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「第4の原理」(でいいのかな?)「Keep making an imapact。衝撃がやまないうちに畳みかける」 (ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:44:32
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「パンチのあとでつまらない、パンチのあとでつまらないという、ノコギリ歯のようなプレゼンはとてもきいていて苦痛」(ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:46:15
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「よいプレゼンはサイン波のように、ゼロから開始して、ピークへ。そしてゆるやかにペースを落としては盛り上げるの繰り返しがある」(ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:47:15
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

(そういえばオリンピック招致のピークの時には北極だったのでいろいろ知らないんですよね...。よくわからない話題が次々とw)

2014-02-20 19:52:13
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「第5の原理:Be visual。ジョブズは見た目での勝負がおそろしくうまかった」 そしてビジュアルでの勝負は誰にでもできる面があるよね (ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:54:13
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「メッセージを体現するたったひとつのビジュアルがある強み。たとえばリオデジャネイロの招致でつかわれたスライドは南米で五輪をおこなうべきというメッセージを体現していた」(ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:56:13
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「第6の原理:パフォーマンス。聴衆の前で、メッセージを体現するための動き、演技が必要」(ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:58:31
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「プレゼン中の胸に手を当てるジェスチャーを招致チームで共有した」って言ったのかな? それはすごいな... (ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:59:36
堀正岳 @ テレワーク全事典10月1日 @mehori

「プレゼン中の胸に手を当てるジェスチャーを招致チームで共有した」って言ったのかな? それはすごいな... (ニック・バーリー『世界を動かすプレゼン力』イベント)

2014-02-20 19:59:36
残りを読む(5)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?