2014年2月21日

2.15@明学 セヴァン・スズキの Love is the Movement!

セヴァン・スズキの Love is the Movement! 「もっと経済成長?もっと消費?」から「しる・つながる・つくる」で ユカイな未来へ 続きを読む
2
吉度ちはる @hiworisun

セヴァン・スズキのLove is the Movement!「もっと経済成長?もっと消費?」から「しる・つながる・つくる」でユカイな未来へ  始まりました。 @hiworisunでツイッターレポート、失礼します。ユーストリーム中継→ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 13:45:11
吉度ちはる @hiworisun

「Love is the Movement」愛とは行動することだ! は、映画「オキュパイラブ」の中からとらせてもらった。/進行 高坂勝さん/セヴァン・スズキのLove is the Movement! ユースト http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 13:50:46
吉度ちはる @hiworisun

6年びるの来日。この6年間、いろいろなことがありましたね。私にもそうです。リオで20年後の集まりがあり、311の大震災。世界中がかたづをのんで見守ってきた。/セヴァン・スズキのLove is the Movement! ユースト→http://t.co/euL16if0Os

2014-02-15 13:52:43
吉度ちはる @hiworisun

ダウンシフトした。カナダの西海岸の沖のハイダ族のコミュニティの一員になった。今日は、大きな町から田舎に移住した人が来ているが、私もそう。/セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 13:54:35
吉度ちはる @hiworisun

福島の原発事故は、海のむこうの私たちにとっても重大な関心事。バンクーバでも、この事故を受けて会議をもうけている。問題の根冠にはエネルギー問題がある。何をエネルギーとして使うかという単なる問題ではない。/セヴァン・スズキ http://t.co/euL16if0Os

2014-02-15 13:57:04
吉度ちはる @hiworisun

エネルギーを何で作るのかより、私たちがエネルギーをどう使うのか、どう浪費しているのかが問題。/セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 13:57:52
吉度ちはる @hiworisun

私たちは、気候変動の時代にいる。非常に保守的な政権でも、気候変動をなんとかするために我々がしなければならないとみとめざるを得なくなっている。/セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 13:59:38
吉度ちはる @hiworisun

22年前に世界のリーダーたちに訴えたのは、必ず世界はよくなると信じていたから。その後、どれだけの会議と名のつくものに出たかわからない。20年の間に、政治家たちが世界の巨大企業家たちの手の平の上に乗ってしまった。/セヴァン・スズキ http://t.co/p9yWYS0WXY

2014-02-15 14:01:49
吉度ちはる @hiworisun

巨大な力を持った企業が、私たち市民になんの責任ももたない。彼らの唯一の関心事は、利益をあげること、株主たちを喜ばせること。/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:03:20
吉度ちはる @hiworisun

世界中、数えきれないほどの危機にみまわれている。けれど、世界の指導者たちは私たちをよい方向へ導く能力も気力もない。既に政治家たちは、大企業にのっとられている。私たちは、この時代にどうしたらいいでしょうか?/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:05:55
吉度ちはる @hiworisun

対照的なことが起こっている。世界のトップレベルの指導者が何もできないのに対し、草の根的に行っている指導者たちがいる。この問題に対処する知恵が、草の根レベルでどんどん増えている。世界のあちこちに持続可能な地域が増加/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:08:12
吉度ちはる @hiworisun

イギリスのブリストルでは、市長が地域通貨で給料をもらっている。バンクーバの若者たちの間でいちばんかっこういいのは、都市農業。ブータンのGNH.。トランジッションネットワークが世界中に。つい2日前、浜松の強力な会に/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:11:12
吉度ちはる @hiworisun

ブラジルのパルマス銀行は、地域通貨を発行。そして、日本のスロームーブメント。#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:13:08
吉度ちはる @hiworisun

世界中で若者たちが自分たちの不満を、おかれている状況を訴え始めている。世界中で始まったオキュパイ運動。そのきざしは、世界中に。単に一部の活動家たちが話し手いることではない。科学者たちでさえ、抵抗を呼びかけている/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:14:36
吉度ちはる @hiworisun

経済学者たちでさえ、大きな変換を呼びかけている。みなさん、何かが起こっているんですよ。何かとても重要なこと!/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:15:39
吉度ちはる @hiworisun

講演をしていると質問をよく受ける。あなたは、まだ希望を持っているの? という問いが来る。こういう人は絶望している。シニカル。それで、希望について考えてきた。希望は、人間が変化というもの引き起こすためのエネルギー。/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:17:09
吉度ちはる @hiworisun

希望というのは、苦しいとき、つらいとき、苦難のときにやってくるエネルギー。/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:17:45
吉度ちはる @hiworisun

希望というのは、人間を人間としている根本的なものだと思う。人類を生き伸びさせてきた力。戦争のとき、飢饉のとき。奴隷という存在ほど、人間が抱え込む絶望感ないのではないか? どうやって奴隷は生き延びたのか? /#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:19:31
吉度ちはる @hiworisun

マーチン・ルーサー・キングのことを思う。彼は絶望していたか? それから1世代あとに、アメリカの大統領室に黒人がいるんです。/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:21:07
吉度ちはる @hiworisun

経済とはまったく違う原理によって動いていることをわすれてはいけない。それが、愛の力だと思う。一人一人が愛の力がどんなに強いか知っていると思う。/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:22:29
吉度ちはる @hiworisun

愛は、私と、私のよりよい未来の私をつなげる力。愛を買うことはできない。愛を閉じ込めることはできない。そして、愛を過小評価してはいけない。/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:24:08
吉度ちはる @hiworisun

1992年、私は両親の子どもだった。2014年、4歳と2歳の子の母親。あのときのスピーチがいまだに多くの人々に届いて動かし続けている理由は、人々の中にある自分の子どもたちあへの責任を思い出させてくれるからだと思う/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:25:54
吉度ちはる @hiworisun

立教大学経済学部教授の郭洋春氏/アメリカの先住民は、7世代の先のことを考えて生きている。ということは、現在は7年前に先祖が考えて行動していたということ。/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:31:56
吉度ちはる @hiworisun

立教大郭洋春氏/現代の経済成長の5つの幻想。1 資源は無限である 2 自分たちの生活(環境)は安全・安心である 3 すべての国家は(経済)成長できる 4 自ら舞えk組にならない →5 世の中は永続的に成長する/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:34:43
吉度ちはる @hiworisun

立教大教授郭洋春氏/私たちは基本的に今のことしか考えていない。原発の核廃棄物は将来の人たちにもっていってしまう。私たちは自然に対して無頓着。人間のことしか考えていない。成長しているということを、量としてかみない。/#セヴァン・スズキ http://t.co/ZNbJ3qMlxk

2014-02-15 14:39:00
残りを読む(35)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?