南京事件を認めてしまった安倍首相は・・・

日中歴史共同研究は、第一次安倍内閣の時、安倍首相と麻生外相(当時)が主導して行わせたものであるにも関わらず、どうもその成果をうまく使っているようには見えない、というまとめです。 なお、コメント欄は閉じておきますので、ご意見はご自分のツイートでお願いします。
歴史観 南京事件 日中歴史共同研究 安倍首相
templa_3 54893view
269
ログインして広告を非表示にする
  • 屋代 聡 @yashirosatoru 2014-02-22 10:45:24
    南京事件についてリプがありましたので、11月14日の僕の呟きをRTします。周囲に「南京虐殺なんてなかった」論者のかたがおられましたら、教えてあげてください。怒りの矛先が違うんじゃないの?と。では、いくつかRTします。
  • 屋代 聡 @yashirosatoru 2014-02-22 10:46:08
    【歴史問題は政治と切り離して歴史家にゆだねるといった安倍首相】 ①2006年10月に安倍首相が訪中した際に胡錦濤国家主席に提案し、翌月、麻生外相と李肇星外交部長との会談で決定されたものがあります。それは日中両国政府の共同歴史研究(2006年―2009年)です。
  • 屋代 聡 @yashirosatoru 2014-02-22 10:46:31
    ②この報告書は2010年1月に公表されました。その報告書収録の日中双方の研究委員の報告に、それぞれ2ページにわたって、南京虐殺が歴史的事実として詳述されています。既に学問的決着は90年代前半にはついていましたが、南京大虐殺論争に日中政府間でも、一応決着がついたのです。
  • 屋代 聡 @yashirosatoru 2014-02-22 10:47:02
    ③この共同研究は安倍、麻生両氏本人の肝煎りであり、そして彼らは「歴史問題は歴史家に委ねる」といっています。しかし彼らはこの成果に反する言動を続け、メディアもこの事を追求していません。 両国民も本当に日中間の共通歴史認識について真剣に考える気があるのか、今一度再考すべきでしょう。
  • 屋代 聡 @yashirosatoru 2014-02-22 10:47:22
    ④かように、安倍首相は歴史問題は歴史家に委ねると言い、自ら組織したチームが「南京大虐殺は事実」としました。この報告書における南京虐殺の犠牲者数は、日本側によれば2~20万、中国側によれば30万と隔たりがあります。しかし日本側も「少なくとも2万人以上の虐殺はあった」と認めたのです。
  • 屋代 聡 @yashirosatoru 2014-02-22 10:47:56
    ⑤旧来の歴史家も、右翼の急先鋒たる安倍氏が自ら選んだ歴史家も、事件の存在を認めてしまいました。繰り返しますが、これは国際協力の共同研究で、”安倍首相から提案し出来上がった”ものです。彼がよく「歴史のことは歴史家に委ねる」と言っているのは、これを指しています。
  • 屋代 聡 @yashirosatoru 2014-02-22 10:48:19
    ⑥ところが、どういうわけかメディアはこれをとりあげません。どういう圧力でしょうね。何しろ首相主導の研究成果でこういう結果が出ちゃったのですから、安倍氏も何も言えません。逆に、僕ら研究者にとっては常識過ぎて、ほとんどコメントの必要がないと思われています。ちょっと問題ですね。
  • 屋代 聡 @yashirosatoru 2014-02-22 10:50:35
    ⑦だから、南京事件否定論者の方は、まず安倍首相や自民党にかみつくべきだと思います。「お前や麻生がコレは!と思った歴史家が、南京事件は事実って認めてしまったじゃないかよ!どうしてくれんだ、売国奴!」って。いやホントに。了 
  • 吉田尚 @namepyon 2014-02-22 11:58:52
    屋代聡さん@yashirosatoruの連続ツイートにあわせて貼っとこう。  外務省サイトより「日中歴史共同研究(概要)http://t.co/NdOCXcqpoY
  • 屋代 聡 @yashirosatoru 2014-02-22 12:02:08
    以下が、日中歴史共同研究の日本語論文です(2010年1月31日発表)。http://t.co/8TxA9ZVfEi これが安倍・麻生の肝いりで始まったことをよく考えてください。ネトウヨの好きな「サヨク」「反日」という言葉で括られる先生方のまとめたものではないのです。
  • 屋代 聡 @yashirosatoru 2014-02-22 12:06:31
    先の報告書をまとめた委員会の面々はこちら。歴史家以外の方が目立ちますし、北岡氏などは「保守」で知られる方ですね?それでも国際的に責任をもって歴史を語るとなれば、こういう報告書になるのです。 http://t.co/EKoDvppo8q

カテゴリーからまとめを探す

「ログ」に関連するカテゴリー