10周年のSPコンテンツ!
17
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
Summary on Radiation and Thyroid Cancer, co-signed by Shunichi Yamashita. http://t.co/EhLWhrDvJU
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
放射線と甲状腺癌に関する国際ワークショップ 議長サマリー(山下俊一氏) http://t.co/sg9mRug1kU 記者会見動画 http://t.co/T70fMw0du8
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
放射線と甲状腺癌に関する国際ワークショップの議長サマリーの、最後のまとめの部分の和訳。 「県民健康管理調査 検討委員会によると、甲状腺癌の増加が原発事故による放射線被ばくであると同定できる証拠はない。次の特徴がこれを支持する。 (続)
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
1.これまでの検査結果によると、福島第一原発付近の子どもの甲状腺被ばく線量は、チェルノブイリ事故の際に子ども達が被ばくした線量よりもかなり少ない。 2.国際的な観察によると、甲状腺癌の潜伏期間は最短で4−5年とみなされている。(続)
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
2.(続)近年行われたスクリーニングの結果見つかった癌は、原発事故後間もなく、検査を受けた子どもたちに発現した。甲状腺癌の発達がゆっくりでおとなしいという医学的理解の下では、これらの癌が2011年3月の原発事故による放射性ヨウ素131への被ばくによって起こされたとは考えにくい。
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
3.甲状腺癌が確定された子どもたちは、事故当時に幼児ではなくティーンエイジャーだった。幼児は放射線誘発性甲状腺癌への感受性が強いということは知られている。今回の甲状腺癌でみられた年齢分布は、小児における自然発生の甲状腺癌の理解と一致するものである。(以上)
報道
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
NHK◆福島県民健康管理で支援拡充を http://t.co/pR8OV2xSoj 「福島県の住民の健康管理の在り方を考えるシンポジウム」「日本医師会や日本学術会議などが開き、大学教授や福島県で活動する医師らが、被災地の住民の健康管理の在り方について意見を交わしました」21:34
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
①「より科学的な分析を行うためには、血液検査の結果なども十分に集めるべきで、廃炉や除染に当たっている作業員も対象にすべきだ」などという意見も出されました。
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
②「福島県の住民の健康管理については、国が具体的な支援策を拡充する必要があるとして、住民の健康状態のデータベースの構築や、専門家を育成する機関を福島県内に設置することなどを国に求める提言を取りまとめました。
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
メモ) 日医総研・日本学術会議共催シンポ 森口先生の講演資料 http://t.co/JGHczqp6zV  白石さん「木田先生が、医師会が県に、眼底検診と心電図を求めていると発言」「特定検診で9割の人が要医療となっていると」 http://t.co/sxt1AgwbrN
拡大
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
共同◆福島、「事故の影響考えにくい」 http://t.co/UQepuUMKZT 「健康影響を議論する環境省や福島県立医大などが主催の国際研究会が23日、都内で3日間の日程を終え、これまで福島県で見つかった33人の甲状腺がんについて「放射線の影響は考えにくい」との結論をまとめた
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
続)「研究会で、1986年に起きたチェルノブイリ原発事故では、4~5年後から周辺の子どもたちの甲状腺がんが増加したことや、事故時に0~4歳の小さい子どもほどがんになるリスクが高かったと報告された。」20:24
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
福島民報◆世界有数の専門家が議論 放射線と甲状腺がんテーマ http://t.co/fJMNykyl6E 「環境省、福島医大などの主催。WHO、ICRP、アメリカ国立がん研究所、ウクライナ国立医学アカデミーなど各国の研究機関などに所属する専門家約40人が参加している。」22日
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
①「冒頭、福島医大放射線医学県民健康管理センターの阿部正文センター長は「県民にとって甲状腺がんへの心配が一番大きい。ワークショップを通じて疑問が解消されるとともに、福島の現状が正しく理解されることを期待する」とあいさつした。
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
②「福島医大公衆衛生学講座の安村誠司教授が県民健康管理調査の概要について説明するとともに「低線量被ばくの評価について助言、指導してほしい」と呼び掛けた。
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
③「チェルノブイリ原発事故の被ばく患者の治療を手掛けたヴュルツブルク大学病院(ドイツ)のクリストフ・ライネルス博士は「甲状腺がんは世界的に増加しているが、これは検査精度の向上が大きい。
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
続)「チェルノブイリと福島の事故の健康に対する影響を直接比較できないものの、日本の子どもは魚介類を多く食べており、体内のヨウ素が旧ソ連住民より多い」として、食品から摂取したヨウ素が、がんの成長を抑制するとの見方を示した。
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
④「国際がん研究機関(フランス)のヨアヒム・シュッツ環境・放射線部長も…「放射線被ばくよりも、検査精度の向上の方が因果関係が強い」との見解を示すとともに、長期的に追跡調査していくため、さらなる体制強化が必要と指摘した。
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
福島民友◆推計の難しさ指摘 甲状腺の内部被ばく線量で専門家 http://t.co/ZO5qXl0pDI 「環境省と福島医大、経済協力開発機構・原子力機関が東京都内で開いている集会「放射線と甲状腺がんに関する国際ワークショップ」…甲状腺の内部被ばく線量などの分科会を開いた」23日
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
①「放射線医学総合研究所の栗原治氏は、いわき市などの子ども約千人を対象にした事故直後の検査結果などを基に行った甲状腺被ばく線量推計について発表し「(基になる)データが少なく、不確かさが残っている。今後精度を上げる必要がある」と述べた。
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
②「弘前大の床次真司教授は、事故直後に浪江町民らに行った検査の結果を示したが「検査した人数が少なく、推計を多くの人に適用するのは難しい」と報告した。
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
③「国内外の専門家からは「放射性ヨウ素の被ばく線量推計は網羅的にすべきだ」「被ばく線量を議論せず、甲状腺検査の結果だけ出しても(甲状腺がんと放射線との因果関係が分からず)単に心配が増えるだけだ」などと推計の進展を求める意見が出た。
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
④「県民健康管理調査で見つかった甲状腺がんには「放射線の影響が今福島に見られるというのは、これまでの知見に反する」と、原発事故による被ばくとの関係に否定的な意見が出た。
パグさん♪ 🌴 @fvjmac
福島民友◆原発事故影響「考えにくい」 甲状腺がん国際ワークショップ http://t.co/TK4Vvkllcw 放射線と甲状腺がんに関する国際ワークショップ「原発事故による被ばくの影響で甲状腺がんが増えているとは考えにくい」とする結論を発表した。」24日
残りを読む(7)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする