2014年2月26日

広瀬理夫弁護士「子どもの未来を守る法律のお話」

2014年2月25日に千葉県大網白里市で開催された、広瀬理夫弁護士「子どもの未来を守る法律のお話」
1
吉度ちはる @hiworisun

広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」大網語ろう会、始まりました。ツイッター連投レポート失礼します。@hiworisun

2014-02-25 10:07:12
吉度ちはる @hiworisun

安全保障会議がもともとあったが、国会に報告とかあり、国会の関与があったが、これをこまわりがいくように、少数が決めたいと、国家安全保障設置会議が決まった。4人で決める。警察の人員が多く事務局に。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:09:19
吉度ちはる @hiworisun

今回は警察庁が入ってきた。国家安全基本法との関連で警察が入ってきたのは明確に。4人の大臣で防衛、外交が決められる。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:10:51
吉度ちはる @hiworisun

特定秘密保護法は、秘密にする範囲が広い。防衛。外交は前からある秘密。今回は、外国の利益を測る目的で行われる特定有害活動が入る。スパイ活動? /広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:13:39
吉度ちはる @hiworisun

安全脅威活動(特定有害活動)が、修正になって、「公になっていない情報のうち漏洩が我が国の安全保障に支障を与える恐れがあるものを取得するための活動など」となり、ますます秘密にする範囲がわからなくなった。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:15:29
吉度ちはる @hiworisun

秘密の範囲に、テロ活動の防止。デモもテロ活動という考えをもつ者が中枢にいることは問題ではないか。集団で声をあげようとする者が刑事罰になるという法律なので、問題で、廃止を求める。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:17:54
吉度ちはる @hiworisun

行政機関の長、大臣が秘密にする。→だれが見れるかを決めようというのが適正評価制度。この人はいいですというために、あなたのことを調べていいですか? と確認してから調べることになっているが、精神疾患、飲酒の節度、借金、破産、薬物など/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:20:54
吉度ちはる @hiworisun

調べるのは奥さんや親、友人、知人まで全部調べる。本人がいくら大丈夫でも、まわりにいたら秘密を取り扱えない。管理職にはなれない。民間会社の社員も同じような評価を受けないと、その仕事ができない。防衛産業など。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:23:43
吉度ちはる @hiworisun

原子力発電所の配置図も適正評価で合格した人しか扱えない。今までの防衛。外交などで評価はされていた。2011年末で53162人の公務員が調べられている。今度は、民間も入る。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:25:53
吉度ちはる @hiworisun

秘密保護の適正評価のために、あの人とつきあうのはやめよう、友達を選ぼうという方向になる。国民の間に分断を生む。きずな、つながりと言いながら。家族、友人との間に分断が生じるようになる。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:27:37
吉度ちはる @hiworisun

法律で適正評価が正当化されてしまうと、集会もやりにくくなる。情報を得ようとマスコミに聞きにいくと、秘密を得ようとした行為として罰せられるが、何が秘密かわからない。どんな秘密に近づこうとしたか、わからないから裁判でも争えない。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:30:58
吉度ちはる @hiworisun

何を秘密にしているのか、本当にその秘密は正しいのかわからないまま、裁判になり、争えずにそのまま進む。裁判で自分を守れない怖さが特定秘密法にはある。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:32:41
吉度ちはる @hiworisun

国家安全保障基本法案では、我が国と密接な関係にある他国に対する、外部からの武力攻撃が発生したとき、自衛権を公使できる。自衛隊出身者でも、他国にでかけて自衛隊員を殺すことになると懸念している。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:35:56
吉度ちはる @hiworisun

アベさんの見解は、これまで決め手いた内閣法制局長官ではなく、「私が決める」。他国にも応援するために自衛隊を派遣する国家安全保障基本法案を通すために、この見解を国会答弁で出し、みんなを麻痺させる目的ではにか。反応をみている。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:39:44
吉度ちはる @hiworisun

アベさんになってから、急速に進んでいる。いまある憲法を大きく変えようとしている。9条は、親にとって大きな問題。集団的自衛権の中に、国民も協力する義務が明記。人数が足りなければ、場合によっては徴兵制も可能になる。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:42:41
吉度ちはる @hiworisun

生存権(憲法25条)の侵害も、問題。この制度は世界的にもいい制度と呼ばれている。能力に応じた負担。健康保険の治療は平等に受けられる。これが一昨年成立した法律で、いい治療を受けたい人はお金をたくさん出しなさい、と。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:45:19
吉度ちはる @hiworisun

社会保障制度改革推進法は、2012年に成立し、能力に応じた負担から、受益に応じた負担へ変更。国民皆保険制度の崩壊。高度な先端医療を受けたい人はお金をたくさん出す。アメリカの保険会社はのどから手が出るほどそのお金がほしい。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:48:16
吉度ちはる @hiworisun

2013年12月、生活保護法改悪、生活困窮者自立支援法成立。特に困っているのは高齢者。年金だけでは生活できない。体が弱って働けない。こういう人が増えている。今まで働いてきた人が最低限度の生活するのを守るのは当たり前のこと。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:51:16
吉度ちはる @hiworisun

生活保護法ー受給手続きの厳格化。たとえば、今まで連絡をとっていない兄弟がいて、「実はあなたの兄弟が生活保護を受けようとしているのですが、援助できないのですか?」と市町村から連絡がくる。恥をかくから、申請しなくなる。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:54:13
吉度ちはる @hiworisun

労働法制の改悪。派遣法の改悪。3年たったら、その人は引き続きできない。ベテランの派遣社員を長年低賃金で使えなくなるというとこはいいが、3年たったら違う仕事に移らなければならないので、働く人はスキルアップできない。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 10:57:31
吉度ちはる @hiworisun

原発避難の被災者の方はまだまだ困っていて、私も東電との話し合いや、ADR(裁判外紛争解決手続)を通じて解決をはかっている。現地のある市役所職員、廊下で雑魚寝をしながらがんばった人。それに耐えられず退職した件で、東電と交渉。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 11:04:08
吉度ちはる @hiworisun

富岡町の被災者のところに言った。防御服を着て、靴もカバーして。窓ガラスはやぶられ、ドロボーに入られ、ねずみの死骸。奥さんは掃除をしようとちりとりとほうきを持っていったが、あきらめた。保障がなかなか進まない。/広瀬理夫弁護士「子どもんお未来を守る法律のお話」

2014-02-25 11:07:22
吉度ちはる @hiworisun

原発関連死。裁判で、東電は「責任ありません。不可抗力です」。政府は、「東電が……。国に責任はありませ」、全面的に争っているのが現状んです。ひとりずつ確認していって、裁判が何年かかるかわからない。/広瀬理夫弁護士「子どもの未来を守る法律のお話」

2014-02-25 11:12:14
吉度ちはる @hiworisun

福島から逃げてきて、奥さんの徘徊がはじまって苦労しているおじいちゃん。「もう疲れた」と、「東電のいうのをのみます」。いつめどがつくがわからないので、「もう終わりにしたい」となってきている。/広瀬理夫弁護士「子どもの未来を守る法律のお話」

2014-02-25 11:14:20
吉度ちはる @hiworisun

福島から外国に逃げた方。ご主人が「早く帰ってこい」と、帰ってこないならと離婚を求められた。家族を分断する罪つくり。そういう被害がたくさん出ているなかで、原発の再稼働の動きはありえない。/広瀬理夫弁護士「子どもの未来を守る法律のお話」

2014-02-25 11:16:26
残りを読む(10)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?