14
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
皆さまこんばんは。はじめましての方は初めまして。ログ・ホライズンTRPG広報担当のエリッサです。先日よりお知らせしておりました、ログ・ホライズンTRPG小話&質問コーナーを始めさせていただきます。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
今日のツイートは、ログ・ホライズンTRGPの広報のために皆さまから開発チームへ送られた質問に答えたりしながら、最新情報をお届けするためのものです。お付き合いいただけると幸いです。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
ということで、本日は皆さまからの質問に答えるエリッサの質問コーナーとログ・ホライズンTRPGリプレイの最新情報についてお知らせの二本立てを予定しております。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
それではさっそくですが…。「TRPGは原作に沿ってやるのか、完全なオリジナルなのか」という質問をいただいています。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
TRPGでは、様々なストーリーを遊ぶことができます。皆さん方の考えたキャラクターで、原作の物語に沿ってシロエたちと共に戦うことも、原作に描かれなかった物語を体験することも、また、原作とは違う「if」の物語を作り出すこともできます。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
TRPGは色んな遊び方ができますので、皆さんの望む形のストーリーを楽しむことができるということですね。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
それでは次の質問です。何件もいただいてるものですが「ダイス(さいころ)は何をどのくらい使いますか?」という質問をいただいております。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
ログ・ホライズンTRPGでは皆さま一番馴染みがある六面体のサイコロを使います。すごろくなどでおなじみですね。最低2個あれば十分ですが、暗殺者や妖術師のような攻撃役はもうちょっと多めに6個ぐらい用意しておくと遊びやすいです。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
どしどしきておりますが、続いて「ログ・ホライズンTRPGでは知り合いとの協力プレイは可能ですか」とのご質問にお答えします。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
TRPGという遊びは、ゲームの進行役と、主人公たちに相当するその他の参加者数名(3~5人ぐらい)とで遊ぶことになります。ですので、友人の皆さまと1つのパーティーを組んで冒険に出ることになりますね。もちろん協力プレイということになります。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
それから、今度は内容についてもいくつか質問を頂いておりますのでそちらについて回答させていただきます。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
「海外サーバーの地域クラス等の内容はありますか?」「大地人PCは作れますか?」「ダンジョンやアイテムデータはどんな感じですか」といった質問を複数いただいておりますので一通り回答したいと思います。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
まず、地域別12職ですがログ・ホライズンTRPGはヤマトサーバーでの12職を収録しております。ただ、12職は地域別に調整していても性能は基本的に大きく変わらない事になっていますので、呼び名を変えることでの対応は可能かと思います。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
次に大地人のキャラクターですが、ログ・ホライズンTRPGのルールでは、プレイヤーが担当するのは冒険者となっております。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
ええとそれから…シナリオやアイテムのデータについてですが、現在できる限り盛りだくさんにしようという事で、開発チーム、編集部、デザイナーの協力体制で作業を進めております。ご期待くださいませ。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
では引き続き次の質問を。これも大変多くの方が気にされておりました「ルールブックの値段はいくら?」ですね。こちらも現在お答えできる範囲で回答させていただきます。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
こちら、一時期いろんな値付が飛び交っていましたが、ただ今編集部全力で調整中です。まおゆう・ログホラでおなじみのエンブレホビー書籍部なので1500円以下となるようにがんばっていただいております。詳しいお知らせは続報をお待ちください。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
続いて次はなんと海外!からいただいております「TRPGの海外展開はありますか?」との質問です。こちらも回答させていただきます。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
TRPG書籍の海外展開ですが、残念ながら現在その予定はありません。やはり採算の面などから難しいというのがあります。ログ・ホライズンは海外からも注目されていますし、開発チームとしてはWeb上でのサポートや情報発信をしていきたいと思っています。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
大分時間が押してしまいましたね。次の回答で申し訳ありませんが次の回答で最後とさせていただきます。 「TRPG化の経緯などよろしければお聞かせください」との質問にお答えします。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
そもそもログ・ホライズンTRPGはログ・ホライズンのプロジェクトの一部として始まりました。原作者橙乃ままれ先生がTRPGファンだったことから企画がスタート。開発段階にはFEARさまのご協力もありました。この場を借りてお礼申し上げます。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
ログ・ホライズンはその基本方針として、広くユーザーの方々が参加できるというプロジェクト方針を持っています。 それはスタート地点のWeb小説であったころから、書籍、コミカライズ、アニメのメディアミックスにいたるまで、ファンの皆さんがご存知のとおりです。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
ログ・ホライズンTRPGはそのプロジェクトの中で、「ログ・ホライズンの作品世界に参加してみたい」という皆さんの希望を叶えるべく、その入口として設計されました。その方向性に向けて、編集部、イラストのハラ先生、監修の桝田省治氏の協力をえて開発を進めています。 #LHTRPG
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
ログ・ホライズンTRPGはTRPGのシステムではありますが、ログ・ホライズンファンのみなさんがこの世界に参加してみたいと思った時、そのお手伝いができるようなツールであることが制作チームの願いです。 #LHTRPB
広報エリッサ @loghorizon_TRPG
書籍以外のサポートやリリースも企画中です。よろしければみなさんも、ログ・ホライズンの世界にご参加ください! #LHTRPG
残りを読む(13)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする