2014年3月2日

ビットコインは救世主か破壊者か

2月28日、ビットコインの取引を停止したMt.GOX(マウントゴックス)の代表が会見、東京地裁に民事再生手続きの開始を申し立てたことが明らかになりました。仮想通貨・ビットコインとは一体何なのか、経済コラムニストの佐々木一寿さんがその本質に迫ります。
10

話題のビットコインとは何なのか(写真:ロイター/アフロ)

ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

広く一般の耳目を集めるようになったのは、2013年10月2日、米FBIがネット上の麻薬取引業者を摘発した事件がきっかけだろう。 http://t.co/azUnNEydJq ビットコインは救世主か破壊者か 新しい仮想電子通貨を経済学的に考察する(佐々木一寿)

2014-03-01 21:54:38
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

“闇サイト”とよばれるもののひとつ「シルクロード(SilkRoad)」は、ビットコインのみで決済可能で、その取引の匿名性の高さから、世界中の麻薬が扱われていたという。 http://t.co/fFTdEUg0LX ビットコインは救世主か破壊者か(佐々木一寿)

2014-03-01 21:55:38
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

FBIが、シルクロードの摘発で約3万BTCを押収。1BTC=1000$とすれば約30億円。この事件によりビットコインという新しい通貨の不気味さと、普及の広がりによる影響力の大きさが浮き彫りになった。 http://t.co/wjq4K4LbeQ ビットコインは救世主か破壊者か

2014-03-01 21:58:12
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

この事件は、さらなる展開をみせる。12億ドルを売り上げた巨大サイト、シルクロードの運営者は29歳の青年。ルームシェアしながら質素な暮らしをしていた彼は、14万BTC(前出のレートで約140億円分)を所有しており、FBIはこれも押収。 http://t.co/jiZSMnkPNq

2014-03-01 21:59:39
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

最近では大手取引所Mt.GOXの取引停止が大きく報道されている。顧客からの預かり資産が盗難されたと見られているが、新しい仮想通貨の管理の仕組みのもろさが露呈してしまった格好だ。 http://t.co/DUYOuJQcug ビットコインは救世主か破壊者か

2014-03-01 22:00:28
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

ビットコインは2009年頃から広まったと言われるが、特にユーロ危機の際、キプロスで銀行預金封鎖が施行されたときにその対策として需要が増した。昨年12月には中国人民銀行がビットコインの利用禁止を発表し、半値近くまで一気に値崩れした。 http://t.co/571HfcvG1Q

2014-03-01 22:01:55
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

今回のMt.GOXの問題に至るまで、その動向は継続的に報道されてきたが、ビットコインをめぐる状況は、今後、社会的にも、法的にも、経済学的観点においても、ますます予断を許さない状況となるだろう。 http://t.co/JJXlzbXfzl ビットコインは救世主か破壊者か

2014-03-01 22:03:41

ビットコインの謎めいた誕生

ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

ビットコインの設計者は日本人ではないかと言われている。中本哲史氏という人物による「ビットコイン:P2P電子マネーシステム」という論文から生まれたとされている。ネット上にあるので誰でも読めるが、中本哲史氏が何者かは明らかになっていない。 http://t.co/9JLkEllHg1

2014-03-01 22:05:35
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

論文の内容は、数学とテクノロジー由来の難解さはあるものの、アイデア自体は非常にシンプル。ひとことで言うなら「決まった数量のバーチャルなコインをネット空間に想定し、ネットワーク上の各人が媒介貨幣的に使い取引を行う」ことの方法論と可能性。 http://t.co/crSFFl66WV

2014-03-01 22:07:19
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

そして、そのシンプルな役割を成り立たせる仕組みがじつに巧妙かつ難解。(1)不正使用防止のため、ビットコイン受け渡しの全記録が公開される(公開台帳は、使用者に関して匿名) (2)高度な暗号システムで台帳の更新をコントロールし、改竄を防止 http://t.co/8Pn1Wle2KL

2014-03-01 22:25:14
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

(3)その暗号システムの堅牢性はPtoPネットワークのコンピュータ能力で担保される (4)一連の台帳更新とそのプロセスの維持に貢献した人にビットコインが振る舞われる(ただし枚数に上限あり) http://t.co/UsMNjkTuip ビットコインは救世主か破壊者か

2014-03-01 22:25:55
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

ビットコインを得るためには、前出のMt.GOXのような取引所で、手持ちの円を交換する。アカウント開設のための本人認証のハードルはかなり高いが、銀行を介さず世界中どこでも送金することができ、手数料もほとんどかからないことなどがメリット。 http://t.co/oIXcP7HSFv

2014-03-01 22:26:42

ビットコインの特異性

ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

ビットコインは、これまでの通貨と何が違うのか。最大の特徴は「なんの権威付けにもよらない」こと。日本円は日銀が発行しているが、国家の権威と信用においてその価値が認められている。自国通貨での支払いであればそれを拒むことは法律上できない。 http://t.co/buoCenlg97

2014-03-01 22:29:05
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

電子決済であれば、あるサービスのホストコンピュータがシステムを管理、クレジットカード等のリアルなアカウント(口座)と紐付いて機能する。ビットコインの場合、「有限のコインがごまかしなく使われた」という記録の正しさを、使う側が承認するだけ http://t.co/AX7KY23TuY

2014-03-01 22:31:00
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

その記録の確かさは、PtoPネットワーク(中心を持たないネットワーク)に繋がったコンピュータのパワー合計が改竄勢力のパワーよりも上回り、ビットコインが公開設定している難解な暗号を攻撃者より早く解き続けることにより担保されている。 http://t.co/I8jePvCwEL

2014-03-01 22:33:16
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

このPtoPネットワークによる大勢の参加者の演算パワーが源泉となっているところがビットコインの肝所で、「どのような権威からも支配を受けない通貨」という存在を可能にしている。つまり、ビットコインには特定の管理者がいないということだ。 http://t.co/GpMFDAXrxq

2014-03-01 22:35:44
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

このようなビットコインの性質は、「低い手数料」と「高い匿名性」を支えるものでもある。このあたりに使い勝手のよさを感じるユーザーたちによって、ビットコインは支持されているものと思われる。 http://t.co/bYVeN1FtOP ビットコインは救世主か破壊者か

2014-03-01 22:36:34

ビットコインの本質的な価値

ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

ビットコインは、数量の有限性があらかじめ設計されている。そのことからビットコインの価値は保証される、という意見がある。これは経済学的には「希少性」の価値における論点で、金やダイヤモンドの価値を正当化するときに用いられる説明と同じ。 http://t.co/xt5iFs7mzQ

2014-03-01 22:38:24
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

ただ、希少性だけでは説明しきれない。たとえば、金は有用かつ貴重な金属として扱われ続けてきたが、ダイヤモンドも希少ながら、ここまで高い価値を認められたのは比較的最近だ(研磨技術の確立以前、ダイヤモンドは単なる硬い石として扱われてきた)。 http://t.co/LcZRpUSXlQ

2014-03-01 22:43:17
ウェッジ編集部 @WEDGE_Infinity

ビットコインの希少性以外の性質、たとえば利便性で考えると、取引における使い勝手のよさにある。通貨圏をまたがる少額決済のほか、財政破綻危機に直面する国の主に富裕層、あるいは自国通貨のインフレ・ヘッジをしたい人には魅力的に映るだろう。 http://t.co/28I2x24tZC

2014-03-01 22:48:09

ビットコインのプライス推移

残りを読む(47)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?