福島の甲状腺癌は多発といえるのか―cyborg0012さんによる検証

 2011年3月11日の東日本大震災にともなう福島原発事故によって、放射能汚染が広範囲に広がり被曝による健康被害が懸念されています。健康被害をどう考えればいいのでしょうか。  以下では、その一例として、次第に明らかになりつつある福島県内の小児甲状腺癌の実態を考えてみましょう。小児甲状腺癌とはどのような病気なのでしょうか。そもそも福島県内で多発しているのでしょうか。cyborg0012氏による考察続きを読む 2011年3月11日の東日本大震災にともなう福島原発事故によって、放射能汚染が広範囲に広がり被曝による健康被害が懸念されています。健康被害をどう考えればいいのでしょうか。  以下では、その一例として、次第に明らかになりつつある福島県内の小児甲状腺癌の実態を考えてみましょう。小児甲状腺癌とはどのような病気なのでしょうか。そもそも福島県内で多発しているのでしょうか。cyborg0012氏による考察です。(2014年3月2日作成) 関連まとめ&参考サイト: cyborg001さんによる福島県第14回健康管理調査、男女比異常について http://togetter.com/li/628754 cyborg001さんによる福島県第14回健康管理調査、年齢について http://togetter.com/li/629709 東京GIGOさんによる福島県第14回「県民健康管理調査」について http://togetter.com/li/627604 cyborg0012さんによる「低分化癌」についての解説 http://togetter.com/li/632205 [福島の子どもの初期被ばく問題 前編] http://togetter.com/li/583189 [福島の子どもの初期被ばく問題 後編] http://togetter.com/li/583193
dabitur 18651view 33コメント
63
ログインして広告を非表示にする
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 02:00:11
    連投ツイート失礼いたします。周知のように「福島の癌が多発か否か」には論争があります。福島の多発はスクリーニング・バイアスによる「見せかけの多発」であるとは安全派の方々の言い分です。今回、2006-08年の韓国のスクリーニング例と福島を比較し、この問題を直接考えてみたいと思います。
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 02:06:12
    2006-08年韓国K.サムソン病院で7491人に甲状腺エコー検査が行われ、46人の悪性(要手術)が発見された。延世大学医学部が論文にまとめている(Y. J. Choi et al. 2008)。以下図は福島と韓国の比較データ。 http://t.co/ZXD7danS4q
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 02:11:39
    福島、韓国ともにスクリーニングで癌が発見されており、かつ韓国は最近の検査でもあるので、両者の比較は有意義と思われる。まずは、延世大学論文に依拠し、2006-08年検査の概要を説明したい(以下図)。 http://t.co/REB5dzU7dc
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 02:15:16
    以下図は韓国検査のフローを示している(Y. J. Choi et al. 2008)。被験者7491人、結節・のう胞等で病変を絞り、悪性所見疑い者に穿刺細胞診を行った。悪性79人のうち、要手術者46人、経過観察が33人であった。 http://t.co/TUO8zarBKk
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 02:21:37
    以下図は検査で発見された癌患者46人の臨床データ。なお、延世大学論文では、自覚症状で来院した通常癌患者との比較も行われている。両者の顕著な相違は腫瘍径である。スクリーニング症例は平均径0.59センチである(微小癌割合63%)。 http://t.co/jHtM3KZxqc
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 02:26:55
    福島と韓国の比較に入る前に、韓国検査での「のう胞・しこり保有率」に目を向けたい。被験者の平均年齢は51.3才であり、保有率は58.3%であった。福島や対照群との比較に難があるが、最新の検査でもあり、重要なデータである(以下図)。 http://t.co/OqJfWk02su
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 02:35:22
    韓国成人のシコリ・のう胞保有率58%と比較する、我が国の小児甲状腺病変保有率はかなり高い。日本全土が程度の差あれ被曝群と考えれば、疫学で言う選択バイアスが働いている可能性もある。環境省対照群検査の「科学的検討」は急務であろう。 http://t.co/U0GtEiSQrC
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 02:43:38
    次に、福島と韓国検査との比較に移りたい。議論には「論敵」が必要。医科大鈴木真一氏にご登場をお願いする。鈴木氏いわく「福島では精度の高い検査で、小さな癌がたくさん発見された」。このスクリーニング効果説は韓国との比較でも有効なのだろうか? http://t.co/y5893d0rEH
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 02:54:51
    福島では91-96年山下俊一氏らチェルノブイリ検査の発見率10万人対52人に匹敵する癌が発見。「精巧な検査で小さな癌がたくさん検出された」。しかし、鈴木氏のこの発言は韓国検査にはドンピシャだが、福島には全く的外れである(以下比較図)。 http://t.co/dixvZZP7dX
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 02:59:57
    韓国スクリーニングの63%が1センチ未満の微小癌であった(平均径0.59センチ)。これに対して、田島なおき氏が解析しているように、福島では平均径1.43センチ。7割が1センチ以上の「大きな癌」(この意味は後述)で占められている。 http://t.co/0m2dC1osOC
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 03:07:20
    では、同じくスクリーニングで発見されているベラルーシと福島の腫瘍径は?鈴木氏は「福島は小さな癌が多く、見せかけの多発。チェルノブイリとは比較不可能」と言っている。以下図はそのイメージ図(東京GIGO氏作成の素晴らしい図を基にした)。 http://t.co/fTUSwEjcmj
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 03:17:26
    上記イメージ図はデタラメである。福島、ベラルーシ、韓国スクリーニング症例の平均径を比較した以下図が真実である(ベラルーシはDemidchik Y. et al. 2013)。福島がどちらと似ているか?小学生でも分かる。 http://t.co/5ytgCSu2sE
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 03:23:57
    「福島の癌は小さい」(鈴木氏)どころか、ゴメリ州山下調査(91-94年、Masahiro Ito et al 96年)よりも福島の最大腫瘍径は大きい。以下図は年齢に応じてゴメリ患者の腫瘍径をプロットし、福島と比較したもの。 http://t.co/bjsswTg8oL
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 03:30:39
    つまり、「高技術のスクリーニングで小さな癌がたくさん発見。見せかけの多発」ウンタラカンタラは韓国06-08年のケースを指すのであって、福島の多発を説明できていない。福島医科大の先生方が一番よく分かっている。以下図が真実である。 http://t.co/OxJyvPxWZm
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 03:37:46
    ここからが大事。なぜ腫瘍径にこだわるのかと言うと、「癌はある大きさを超えると成長スピードが上がる」という法則があるから。これを「癌の閾値」と呼びたい。医科大も以下図のように閾値説を採用し、実際に5ミリ超の結節に注意を呼び掛けている。 http://t.co/uau3Cw6pju
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 03:47:45
    医科大だけでなく、伊藤病院も閾値説を採用している。162人の微小がん患者を手術せず、じっと経過観察してみた。すると、ほとんどの微小癌にサイズの変化はなかった。何と1割は小さくなっていた。 http://t.co/3TYqToxCVA
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 03:57:34
    甲状腺微小がん伊藤病院論文(Yasuhiro I. et al. 03年)のデータは以下図を参照。初診平均径は6.9ミリ、5年の経過観察を経ても7ミリ。ほとんど変化なし。伊藤病院によれば、微小癌は「無害な癌」で大部分は経過観察でOK。 http://t.co/FCR3b9jLfm
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 04:08:34
    しかし、これは大人の話だ。子供の場合、癌の閾値は1センチではなく、0.4センチとなる(山下俊一氏)。甲状腺の小容積、小児癌の進行の速さ、などが理由である。(3.11前のまともな)山下氏は小児と成人甲状腺癌の混同をきつく戒めている。 http://t.co/DbyD5rlu1w
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 04:17:30
    よって、小児と成人甲状腺癌を臨床比較するには、腫瘍径を年齢補正する必要がある(以下図)。大人の閾値1センチ(微小癌の基準)は、子どもでは0.4センチとなる。「子どもには微小癌という言葉は使うな」とは、甲状腺医学の常識である。 http://t.co/S53sCpX84c
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 04:28:45
    確認すると、「閾値」とは「癌がある大きさになると増殖スピードが上がる臨界点」(福島医科大)である。大人で1センチ、子供で4ミリである(医科大は5ミリに設定している)。福島、ベラルーシ、韓国2症例の平均径に閾値を入れたのが以下図である。 http://t.co/0oUqG5KcBO
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 04:47:01
    子供の場合、癌が4ミリを超えると進行スピードが上昇する。福島、ベラルーシともに閾値を超えている。これを「無害な癌」(鈴木氏)とは言わない。対照的に、韓国は閾値未満である。韓国とは異なり、福島は即手術が必要な症例(経過観察不可)となる。 http://t.co/TrMCcFfz9F
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 04:56:21
    さらに、韓国スクリーニング症例との比較を行いたい。韓国では細胞診を経た要手術者46人(平均径5.9ミリ)。有病率では10万人対614人となる。「検査すると小さな癌がたくさん発見される」というスクリーニング効果説を裏付けるデータである。 http://t.co/zTz2p3eVCc
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 05:03:31
    これはどのくらいの多発なのか?以下の簡単な式(有病率/通常罹患率=多発率)で求められる。福島との比較のために日本の通常罹患率(0-85才以上)を使用しよう(10万人対7.12人)。韓国スクリーニング症例の多発率はおよそ86倍である。 http://t.co/MIJAAxc9Q8
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 05:07:40
    韓国はスクリーニングで通常より86倍多く癌が発見された。福島では、H23年10万人対42.1人、H24年10万人対42.9人、H25年10万人対20.3人である(東京GIGO氏解析)。同じように多発率を求めてみる。 http://t.co/UEN3AkymrR
     拡大
  • cyborg001 @cyborg0012 2014-03-02 05:11:37
    すると、福島ではH23年で通常の200倍、H24年が204倍、H25年が96倍である。平均多発率は167倍である。韓国のスクリーニングでは多発率86倍なので、同じスクリーニング症例との比較でも福島は「多発」と結論づけられる。 http://t.co/t6b8u7W3SJ
     拡大

コメント

  • 酋長仮免厨 @kazooooya 2014-03-02 10:50:51
    福島の子どもと韓国の大人を比べてどうしたいのだろう?大人になると有所見率が高いというのは分かった。 それにしてもいつも元ソースのリンクを貼らずスクショ画像だけってのはどういう訳か…。
  • リョウ・アルジャーノン @ryoFC 2014-03-02 11:11:05
    そもそも条件の違うものを比較して検証になるのだろうが。探せば探すほど見つかるもの。くらいしかわからないんじゃないすかね。
  • リョウ・アルジャーノン @ryoFC 2014-03-02 11:16:35
    http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/44.html ここらへんに私がまとめた甲状腺についての情報があります。参考にしてください。
  • リョウ・アルジャーノン @ryoFC 2014-03-02 11:19:03
    http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/267.html ここに(わざわざ条件が違う韓国の調査と比較して多発と結論づけなくても)福島と他県の調査の比較があります。むしろ福島のほうがしこりの判定が少ないという結果が出てますけど、なぜこの比較を優先して「多発」と結論付けるのか分かりません。参考情報として検討するのは良いでしょうけど。
  • リョウ・アルジャーノン @ryoFC 2014-03-02 11:21:19
    また「放射性ヨウ素によって【小児】甲状腺がんが多発」というのはチェルノブイリからの教訓であることはよく知られていますが、(いわゆる危険派の方々が)福島とチェルノブイリの甲状腺等価線量の差を議論しないの不自然です。(続
  • リョウ・アルジャーノン @ryoFC 2014-03-02 11:25:32
    http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/283.html ここに福島とチェルノブイリの甲状腺被曝の比較をしています。結論から言うと等価線量で1000分の1から一万分の1。そして甲状腺がんの発症率は線量に比例すると言われていますので、1Fの事故による甲状腺への影響は非常に少ないとかんがえられるのが当然の帰結と思います。つまりこのような大前提があるのにも関わらず【わざわざ】韓国の調査を持ってきて【多発と結論】づけるのがとても不思議ということです。
  • mjinkanj1nn0 @mjinkanj1nn0 2014-03-02 14:05:24
    被まとめ人のTLを見た。予想通りのメンバーだった。
  • なとろむ @NATROM 2014-03-02 20:38:19
    「福島では平均径1.43センチ」の根拠が明確でないので断言はできませんが、福島スクリーニングでは韓国スクリーニングと比較して腫瘍径が大きいのは、穿刺細胞診や手術を行う「閾値」の差を反映しているだけに過ぎない可能性があります。
  • なとろむ @NATROM 2014-03-02 20:38:31
    1cm以下の小さな甲状腺腫瘤に対し、穿刺細胞診を行うべきかどうかは難しい問題です。穿刺にはリスクが伴います。経過を観察しつつサイズが増大傾向あったときに穿刺するという「保存的」な方針もあれば、少しでも癌の可能性があれば穿刺を行う「積極的」な方針もあります。
  • なとろむ @NATROM 2014-03-02 20:38:39
    まったく同じ集団に対し、穿刺細胞診の「閾値」が異なる方法でスクリーニングしたとしましょう。「保存的」な方針では小さな甲状腺がんは見逃されますので、最終的な癌の平均腫瘍径は大きくなります。一方で「積極的」な方針では小さな甲状腺がんも発見されますので、癌の平均腫瘍径は小さくなります。
  • なとろむ @NATROM 2014-03-02 20:38:50
    そもそも、韓国スクリーニングでの「平均径0.59センチ」はいくらなんでも小さすぎるような気がします。原著論文(Choi YJ et al, Yonsei Med J. 2008 Oct 31;49(5):748-56)を見に行ったのですが、これって、表に誤りがないですかね?
  • なとろむ @NATROM 2014-03-02 20:38:58
    表3( http://f.hatena.ne.jp/NATROM/20140302203244 )と表4( http://f.hatena.ne.jp/NATROM/20140302203245 )、異なる集団なのにSizeがまったく同じです。本文からは"the screen-detected tumors"のサイズは(0.59センチではなく)0.852 ± 0.439 cmであるように読めます。cyborg0012さんは原著論文を読まれたのでしょうか?
  • なとろむ @NATROM 2014-03-02 20:39:08
    そもそも仮に被ばくによる甲状腺がんが福島県で多発しているのなら、まだ数年しか経っていない現在、むしろ平均腫瘍径は小さいはずであると考えます。もし福島スクリーニングで平均腫瘍径が小さいという結果が出ていたら、cyborg0012さんは「これこそが多発の証拠である」と主張したのではないですか。
  • sogapalag(さよならニッポン) @SOGAPALAG 2014-03-03 17:53:04
    0.4センチ以下の甲状腺がんて自然治癒すんの?
  • PKA @PKAnzug 2014-03-03 20:34:28
    これ実際に甲状腺のエコー検査をしてると言うまでもない&やったことないとまず気付かないことなんですけど、1mmとか2mmのスポットなんて頑張って探しゃ幾らでも見つかるんですよ。人体は工業製品じゃないんで、そんくらいの「病変とも病変でないとも言い難いもの」は結構出てくる。キリがないから普通はそんなもん異常所見として拾わないんです。
  • PKA @PKAnzug 2014-03-03 20:34:37
    自分の皮膚を見ても、薄いホクロみたいなちっこい色素斑なんかはいっぱいあるでしょう?で、それは正常所見ではないけど病変ではないから、医者が見る時にも特に相手しない。でも必要と判断される場合には記録する場合もある。そのどこまで記録するかは必要性や検査者の感覚で変わるし、記録する下限が変わると数は思いっきり変わるんです。小さい「病変」ほど多いですから。
  • PKA @PKAnzug 2014-03-03 20:35:01
    福島の場合、2mm大の微小嚢胞まで記録されてることが実際に受けた方の話から明らかになってる。そんなの普通はスルーする所見ですが、福島の場合はそれの記録も必要と判断したんでしょう。他地域の検査と比較するなら、単純に数だけを比較するのではなく、たとえば「5mm以上の病変」みたいに足切りラインを設定してやらんと間違った結果しか出ませんよ。
  • PKA @PKAnzug 2014-03-03 20:35:49
    参考までに。これは今言い出した話ではなく、私は以前から言ってることです。これ2012年9月の発言。 https://twitter.com/PKAnzug/status/246554472434782209
  • fukuoka_donax @fukuoka_donax 2014-03-03 20:44:43
    多発か多発でないのかはっきりしない、ということなら、『危険かも』という方にしとくの無難です。普通なら。なんでそんなに一生懸命安全ということにしたいのだろう。『危険かも』で十分。
  • じぇりい @t_jerry 2014-03-03 20:51:48
    ほくろがいっぱいあっても危険とは言わんよね。てゆーか何が危険か分かってる人が言ってるのならともかく。
  • PKA @PKAnzug 2014-03-03 20:53:48
    あと、異なった事例を比較する場合、同じ手法を使うよう心がけてやった場合にもしばしばバイアスが入り込んで苦労するくらいですんで、条件やら基準やらを全く揃えてない2つの検査を比較したいなら、せめて両方の検査の生データを整理し直して条件が揃うようにしてやらんと、意味がないどころか嘘の結果が出ます。それこそ「貴重なデータ」を誤用でゴミにする行為。
  • PKA @PKAnzug 2014-03-03 21:07:08
    「自分の体の中には自分が気付いていないだけで癌がある可能性がある」はあらゆる人において成立しますんで、安全な可能性も危険な可能性もある場合に危険寄りで考えるのが無難だと思っている方は、どうぞ無難に「自分の体を今まさに癌病変が蝕んでいるかも」と考えながら毎日生きていって下さいね。そういう呪詛が有害であることを理解できない方も、もしかしたらわかるようになるかもしれません。
  • じぇりい @t_jerry 2014-03-03 21:21:02
    あ、ひとつだけ、穿刺吸引細胞診の針刺すだけでも嗄声が出る事があるのはお忘れなく。何でも刺しゃいいってもんじゃないんですわ。小さな嚢胞でも刺せって人がいるみたいだけど、隈病院の先生方が出してる甲状腺超音波の黄色い本でも読んで勉強していただきたい。
  • まるすた @maroonstar7001 2014-03-03 21:22:48
    小さなリスクもすべて危険とすると、一番負担がかかるのは本人でしょ。何が無難だ。
  • リョウ・アルジャーノン @ryoFC 2014-03-03 21:41:39
    fukuoka_donax 可能性が極々小さいのに「ガンかも」「死ぬかも」と毎日言われたとしてどんなストレスがかかるか想像してみてください。それが想像できないなら「所詮他人事」と自白してるのと同じです。
  • リョウ・アルジャーノン @ryoFC 2014-03-03 21:42:30
    あ。すでにPKA先生が言ってましたね。かぶりました。失礼
  • fukuoka_donax @fukuoka_donax 2014-03-03 21:57:16
    PKAnzug あ、持病ありますんで分かりますよ。ただ、安全と声高に言う方にも違和感があるので僕は『危険かも』と言う程度で考えておきます。
  • リョウ・アルジャーノン @ryoFC 2014-03-03 23:13:26
    fukuoka_donax いや持病がある。というのはリスクについてある程度わかっているということじゃないですか。「どうなるかわからない。ガンになるかも。死ぬかも」というのとは全く違うんです。そういう情報の受け手の感じ方について、貴方の想像力の欠如があるから「危険よりに考えれば尚良い」というバイアス掛かってしまうんですよ。そして「安全寄り=間違い」という結論になる。
  • リョウ・アルジャーノン @ryoFC 2014-03-03 23:18:21
    未知性(わからない)と受動性(自分がどうしようもできない例タバコよりも自動車事故等)がリスクを強く感じる要素になる。また慣れるとリスクを弱く感じます。つまり、持病なら慣れているし、ある程度リスクを回避する方法がわかっているので「感じにくい」ってこと。つまり貴方は「わかってない」んじゃないですかね。
  • shun @shun148 2014-03-04 08:56:53
    リスクをどう語るかという話とは別に、平均腫瘍径に関した分布図などを用いた解説は上で指摘されているように間違っているわけですから、考え直された方がいいと思います。
  • リョウ・アルジャーノン @ryoFC 2014-03-04 12:42:11
    いや誰も貴方の持病について教えろなんて言ってませんよ (twitterで直接@来たのでこちらで返信)RT @fukuoka_donax: @ryoFC あんまり持病に付いて説明したくないんですが・・(^^;) 現状維持以上のリスクが有るとだけ行っておきますね。 
  • 鍵っ子きっし= @lr_ishy 2014-03-04 17:11:25
    韓国は大人だから小さいものでもなんでも刺せたけど、福島は子供相手だから細胞診する結節をかなり吟味しているってことなんじゃ。とりあえず、条件が違い過ぎて比較が難しいと思う。いずれにせよ、もうすぐ二巡目始まるから経過を見てみれば。
  • dreswl @dre_swl 2014-03-04 18:16:03
    上で紹介されたhttp://togetter.com/li/595816と似たような事がここでも起きていましたか・・。「策士策に溺れるべからず」。 実情に詳しい人々の意見も取り入れて冷静に分析し直されるとよいと思います。

カテゴリーからまとめを探す